Guest

200-150 DCICN

Introducing Cisco Data Center Networking

試験番号 200-150 DCICN
関連資格 CCNA Data Center
試験時間 90 分(55 ~ 65 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

CCNA Data Center 認定の取得を目指す受験者は、2017年4月11日まで、200-150 DCICN または 640-911 DCICN から、受験する試験を選択できます。CCNA Data Center 認定 試験内容の変更点 を参照してください。

200-150 Introducing Cisco Data Center Networking(DCICN)試験では、データセンターの物理インフラストラクチャ、データセンター ネットワーキングの概念、データセンター ストレージ ネットワーキングに関する知識が問われます。この試験の出題内容に合わせたトレーニングには、Introducing Cisco Data Center Networking v6(DCICN)コースがあります。

試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 15%     1.0   データセンターの
                         物理インフラストラクチャ

      • 1.1

        ケーブル配線のさまざまなタイプ、使用方法、制約の説明

      • 1.2

        トランシーバのさまざまなタイプ、使用方法、制約の説明

      • 1.3

        サーバの物理コンポーネントの特定および基本的なトラブルシューティングの実施

      • 1.4

        物理ポートの役割の特定

      • 1.5

        電源の冗長モードの説明

  • 23%     2.0   基本的なデータセンター
                         ネットワーキングの概念

      • 2.1

        OSI モデルと TCP/IP モデルの比較対照


      • 2.2

        従来のイーサネットの基礎の説明

        • 2.2.a

          転送

        • 2.2.b

          フィルタ

        • 2.2.c

          フラッディング

        • 2.2.d

          MAC アドレス テーブル


      • 2.3

        スイッチング コンセプトの説明および基本設定の実施

        • 2.3.a

          STP

        • 2.3.b

          802.1q

        • 2.3.c

          ポート チャネル

        • 2.3.d

          ネイバー探索

          • 2.3.d.i

            CDP

          • 2.3.d.ii

            LLDP

        • 2.3.e

          ストーム制御

  • 23%     3.0   高度なデータセンター
                         ネットワーキングの概念

      • 3.1

        基本的なルーティング動作

        • 3.1.a

          IPv4/IPv6 アドレッシングの説明およびデモンストレーション

        • 3.1.b

          スタティック ルーティングとダイナミック ルーティングの比較対照

        • 3.1.c

          SVI/ルーテッド インターフェイスの基本的な設定の実施


      • 3.2

        First Hop Redundancy Protocol の比較対照

        • 3.2.a

          VRRP

        • 3.2.b

          GLBP

        • 3.2.c

          HSRP


      • 3.3

        一般的なデータセンター ネットワーク アーキテクチャの比較対照

        • 3.3.a

          2-Tier

        • 3.3.b

          3-Tier

        • 3.3.c

          Spine-leaf


      • 3.4

        アクセス コントロール リストを使用して基本的なトラフィック フィルタリングを実施する方法の説明


      • 3.5

        認証、認可、アカウンティングの基本的な概念とコンポーネントの説明

  • 19%     4.0   基本的なデータセンター ストレージ

      • 4.1

        ファイル ベース ストレージ プロトコルとブロック ベース ストレージ プロトコルの比較


      • 4.2

        FC/FCoE ポート タイプの役割の説明


      • 4.3

        VSAN の目的の説明


      • 4.4

        ブロック ベース ストレージ プロトコルのアドレッシング モデルの説明

        • 4.4.a

          FC

        • 4.4.b

          iSCSI

  • 20%     5.0   高度なデータセンター ストレージ

      • 5.1

        FCoE の概念と運用に関する説明

        • 5.1.a

          カプセル化

        • 5.1.b

          DCB

        • 5.1.c

          vFC

        • 5.1.d

          トポロジ

          • 5.1.d.i

            シングル ホップ

          • 5.1.d.ii

            マルチホップ

          • 5.1.d.iii

            ダイナミック


      • 5.2

        ノード ポートの仮想化の説明


      • 5.3

        ゾーン タイプとその使用方法の説明


      • 5.4

        イニシエータとターゲット間の通信の検証

        • 5.4.a

          FLOGI

        • 5.4.b

          FCNS

        • 5.4.c

          アクティブ ゾーン設定

  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Introducing Cisco Data Center Networking (DCICN) v6.0

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。英語版はこちらpopupから購入できます。

    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム