アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

CCIE Collaboration 認定とトレーニングプログラム

新しい CCIE Collaboration

新しい試験は2020年2月24日より開始予定です

CCIE Collaboration 認定は、複雑なコラボレーションソリューションのスキルを証明します。CCIE Collaboration 認定を取得するには、コア試験とラボ試験の2つの試験に合格する必要があります。コア試験ではコアコラボレーション技術が出題範囲になります。ラボ試験では設計から導入、運用、最適化まで、コラボレーションインフラストラクチャのライフサイクル全体が出題範囲になります。

概要

新しい CCIE Collaboration 認定は、今日のコラボレーション技術におけるエキスパートレベルの職務に備えるためのプログラムです。コラボレーションインフラストラクチャの拡張に寄与する自動化とプログラマビリティが含まれます。

業界で最も高い評価を受けている CCIE 認定を取得すると、テクニカルリーダーとして差別化を図れます。

前提条件

正式な前提条件はありませんが、受験する前に試験の内容をよく理解しておく必要があります。

5年から7年のコラボレーションテクノロジーおよびソューションの設計、導入、運用、最適化の経験を持つことを推奨します。

試験と推奨トレーニング

2020年2月24日に、新しい認定試験を開始する予定です。

CCIE Collaboration 認定を取得するには、コア試験とラボ試験に合格する必要があります。

ステップ 1:コア試験

Implementing and Operating Cisco Collaboration Core Technologies (CLCOR 350-801)

コア試験 Implementing and Operating Cisco Collaboration Core Technologies を受験します。コラボレーションインフラストラクチャの知識が主な出題範囲です。

この試験に合格するとスペシャリスト認定を取得します。目標達成に至る過程の成果も認められることになります。

推奨トレーニング:Implementing and Operating Cisco Collaboration Core Technologies (CLCOR)

ステップ 2:ラボ試験

CCIE Collaboration v3.0

8時間のハンズオンラボ試験を受験します。この試験では、設計から導入、運用、最適化まで、複雑なコラボレーションインフラストラクチャのライフサイクル全体が出題範囲になります。

新プログラムへの移行

2020年2月24日に、現行の CCIE Collaboration v2.0 認定は、新しい CCIE Collaboration v3.0 認定に置き換えられます。

現行の CCIE Collaboration 認定の取得に向けて学習をしている方は、そのまま続けてください。新しいプログラムでは、現行のプログラムで達成した成果に応じてクレジットを獲得することができます。

  • 2020年2月23日までに現行の CCIE Collaboration v2.0 認定筆記試験に合格する場合、2020年2月24日以降に新しい CCIE Collaboration v3.0 ラボ試験を受験できます。
  • 2020年2月24日以降、CCIE Collaboration v2.0 認定筆記試験は、CLCOR 350-801 試験に置き換えられます。CLCOR 350-801 の合格後、Cisco Certified Specialist - Collaboration コア認定を取得します。
  • 2020年2月23日までにCCIE Collaboration 認定を取得する場合、2020年2月24日に新しい再認定ガイドラインに従ってCCIE Collaboration 認定を維持し、更に Cisco Certified Specialist - Collaboration コア認定を取得します。

再認定

CCIE Collaboration 認定は 3 年間有効です。

ニュースを受け取る [英語]

新しいトレーニングや認定、学習リソースのアップデートなどの情報をお送りします。

下記フォームにアルファベットで入力してください。