アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

2020年2月24日に、新しい CCIE 認定試験を開始する予定です。この新しい試験により、自動化やプログラマビリティを含む最新のテクノロジースキルをもって、差別化できるようになります。

詳しくはこちら

エキスパート認定

Cisco Certified Internetwork Expert(CCIE) および Cisco Certified Design Expert(CCDE)は業界において上級のネットワーク認定として、世界各国で認められています。

シスコエキスパート認定の改定

計画からデザイン、運用、最適化まで、複雑なテクノロジーにおけるエンドツーエンドのライフサイクルスキルを検証できるよう、新しい CCIE 認定を設計しました。

既に CCIE 認定の取得に向けて学習をしている方は、そのまま続けてください。新しいプログラムでは、現行のプログラムで達成した成果に応じてクレジットを獲得することができます。

新しい CCIE 認定に関する詳細:

エキスパートレベル認定

CCIE および CCDE 認定は、世界中のインターネットワーキング エキスパートのトップクラスを区別し、エキスパートレベルのインフラストラクチャ ネットワークデザインスキルを評価するものさしとして開発されました。

現行のエキスパートレベル認定に関する詳細は、以下のリンクをクリックしてください。

CCIE/CCDE 認定保有者は、深いテクニカル ネットワーキング知識をもって、ネットワーク業界を牽引して評判を高めてきました。彼らは、業界において最も技術力が求められる、重要なネットワーク業務に従事しています。エキスパートレベルの認定プログラムは、比類のないプログラムの品質、関連性、および価値を保証するために、テストツールと方法論を継続的に改定します。 厳格な筆記試験とパフォーマンスベースのラボを通じて、エキスパートレベルの認定プログラムはインターネットワーキングの専門知識の基準を定めます。

Cisco Expert-level training for CCIE

包括的なブレンド学習プログラムです。プログラムを通じて、能力をさらに高め、エキスパートレベル認定に必要なスキルを習得することができます。

価格とスケジューリング

価格とスケジューリングに関する詳細は、以下のリンクをクリックしてください。

試験会場

CCIE ラボ試験は、世界中のシスコおよびモバイルラボ会場で実施されています。

CCDE 実技試験は、Pearson Professional Centers (PPC) テストセンターでのみ実施されています。

再認定

2020年2月24日再認定ポリシー が変更される予定です。

変更には次の内容が含まれます。

  • 3年間の再認定期限となります。
  • サスペンドステータス (Suspended status) を選択できません。
  • 試験の合格、ポイントの獲得、またはその組み合わせで、再認定を受けることができます。
  • 必要 CE クレジット数は 100 から 120 クレジットに増加します。
  • Cisco Live アクティビティや試験問題の執筆などのコンテンツオーサリングに関する継続教育ポイントの上限がなくなります。
  • CCIE アクティブまたは CCIE Emeritus を20年以上継続して保有されている方に、Emeritus 更新費用がかからない新たな有効期間を提供します。

2020年2月23日まで、以下の再認定要件は有効です。

アクティブな CCIE ステータスは、組織の成功に欠かせないエキスパートレベルの知識を維持していることを表します。CCIE 認定保有者は、継続的に技術的な知識を拡大することが奨励されており、隔年で再認定試験に合格する必要があります。 有効期間が満了する前に再認定試験に合格しなかった場合、CCIE 認定は1年間資格停止になり、CCIE 認定保有者およびその雇用主は、エキスパートのステータスに関する恩恵を失うことになります。 1年間の資格停止期間中に再認定試験に合格しなかった場合、資格は無効となり、特権および特典をすべて失います。資格が無効となった場合、認定を得るには、CCIE 認定のすべての要件を再度満たす必要があります(筆記試験とラボ試験の両方に合格する必要があります)。

再認定の期限

  • CCIE 認定の有効期間は 2 年間です。
  • 再認定の期限は、いつでもオンラインの認証ステータス で確認できます (ログイン要)。
  • 以降の再認定期限は、最後に再認定試験を受けた時点ではなく、常に最初の認定日に基づいて決まります。

受験者は、CCIE 筆記試験の合格から18か月以内に、最初の CCIE ラボ試験を受験しなければなりません。ラボ試験に合格しなかった受験者は、筆記試験の有効性を保つために、最後にラボ受験した日から12か月以内に再びラボ試験を受験する必要があります。筆記試験の合格から3年以内にラボ試験に合格しない場合、再びラボ試験の受験資格を得るには、改めて筆記試験から受験し直さなければなりません。

再認定の詳細

アクティブステータスを維持するためには、認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • シスコ継続教育プログラムを通じて所定数のクレジットを獲得
  • 現行の CCIE 筆記試験またはラボ試験の 1 つに合格
  • 現行の CCDE 筆記試験または実技試験に合格
  • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格

CCIE 認定を取得すると、CCNA 認定や CCNP 認定など他の認定の有効期間は自動的に延長されます。

受験者は、24カ月の再認定期間ごとに1つの筆記試験に合格、またはシスコ継続教育プログラムを通じて所定数のクレジットを獲得することで、再認定を取得することができます。

筆記試験を再受験するには、前回の試験から 15 日間経過している必要があります。

認定保有者は、保有する認定の有効期間にあわせて、再認定を受ける計画を立てる必要があります。 有効期間が満了する前に再認定試験に合格しなかった場合、CCIE 認定は1年間資格停止になり、その通知が雇用主に通知されます。 1年間の資格停止期間中に再認定試験に合格しなかった場合、資格は無効となり、特権および特典をすべて失います。資格が無効となった場合、認定を得るには、CCIE 認定のすべての要件を再度満たす必要があります(筆記試験とラボ試験の両方に合格する必要があります)。

CCIE 認定の取得または再認定を受けた場合、現在保持する有効な認定(エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、スペシャリスト)の有効期限は、新たに取得または再認定を受けた CCIE/CCDE/CCAr 認定資格の有効期限まで延長されます。

プロファイルが正しく更新されるように、常に同じ ID を使ってください。ID については、CCIE サポートまでお問い合わせください。

シスコ継続教育プログラム

シスコは、エキスパートレベル認定保有者に向けて新しい再認定要件を発表しました。再認定を受けるために、関連試験に合格するという現在の要件、またはシスコ継続教育プログラムを通じてクレジットを獲得するという新しい要件から選択することができます。

ポリシー

CCIE/CCDE 認定プログラムに関連するポリシーについては、下記のリンクをクリックしてください。

リソースと特典

CCIE または CCDE 認定保有者は、リソースや特典を利用できます。

ニュース

CCIE ラボ会場のアップデート

2018年11月、テキサス州リチャードソン [英語]に常設の CCIE ラボを追加し、ノースカロライナ州リサーチトライアングルパーク (RTP) とカリフォルニア州サンノゼがモバイルテストサイトになりました。 ラボテストへの便利なアクセスを受験者に提供するために、現在40か所以上の拠点をグローバルに提供しています。ラボの需要を引き続き監視し、必要に応じて配信会場を調整していきます。

CCIE Data Center 筆記・ラボ試験の変更点

CCIE Data Center v2.1 への変更では、新しいソフトウェアリリースの反映およびトピックの重み付けを調整しました。

最新テクノロジー試験内容の変更

  • 最新テクノロジードメインが CCIE/CCDE レベルのすべての筆記試験に導入されました。