ユニファイド コンピューティング システムとは

ユニファイド コンピューティング システムとは

Cisco Unified Computing System™ は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ インフラストラクチャに管理と仮想化を組み合わせることでアプリケーションの導入とパフォーマンスを加速させ、ひときわ優れた性能、リアルタイム分析、卓越した信頼性を実現するコンピューティング アーキテクチャです。

重要である理由

あらゆるワークロード、あらゆる規模に 1 つのプラットフォームで対応

Cisco UCS は分析能力を中心に据えたクラウド管理型コンピューティング アーキテクチャです。運用を簡素化するほか、高度なアプリケーション パフォーマンスと実証済みのセキュリティ機能を提供します。

マルチクラウド対応

Cisco UCS は幅広いワークロードと IT 運用モデルをサポートする真にプログラム可能なシステムです。ファブリック ベース設計を基盤とした、マルチクラウド環境向けの高度な適応型インフラストラクチャです。

プログラム可能なポリシーベースのセキュリティ

Cisco UCS はポリシーベースのエンドポイント構成により、マルチテナント環境でアプリケーションを保護します。開発者が利用するツール セットと緊密に統合されています。

Cisco UCS で可能になること

Cisco UCS により、データセンターの生産性が向上し、総所有コスト(TCO)が削減されるほか、俊敏性や拡張性の実現が容易になります。

ファブリック ベース

Cisco UCS はさまざまな I/O チャネルを単一の高性能ファブリックに統合します。これにより、ワークロードのニーズに合わせた調整が可能になるほか、プロビジョニングが簡単になり、各ワークロードでバランスを取ることができます。

100 % プログラム可能

Cisco UCS は基盤のハードウェアを運用プレーンから抽象化し、複数のワークロードを同時に実行できるようにして優れた適応性と最適化を実現します。

インテント ベース

UCS では変化しやすいビジネス ニーズにすばやく対応できるため、管理者はビジネス目標やアプリケーション エクスペリエンスに固有の要件に基づいて設定やタスクを自動化できます。

分析ベース

エンドポイント認識型アプローチでは物理、仮想、コンテナのホース エンドポイントが可視化されるため、分析と機械学習をさらに活用して支援機能や自律型機能を提供できます。知識は力です。UCS はイベントや使用モデルを学習、追跡、予測し、実際のインシデントとビジネスの目的を比較して最適な成果を導き出すことができます。

4 倍 パフォーマンスの向上
12.5 倍 クエリの迅速化
400 % 導入の高速化
99 % プロビジョニング時間の短縮

出典:Cisco UCS: Changing the Economics of the Datacenter. 顧客導入事例。Cisco UCS のパフォーマンス ベンチマーク。

卓越したパフォーマンス

Cisco UCS は世界中で 62,000 を超えるお客様のビジネスを支えて高い成果を上げています。

「シスコのサーバ インフラストラクチャは、データセンターのサイロ構造を解体し、単一のコンピュータ プラットフォームを確立するために大いに貢献しました。このプラットフォームは他のベンダーのプラットフォームと完全に統合され、俊敏なビジネスを可能にしています」

? Ben Issa 氏
(ING DIRECT Australia 社、IT 戦略担当部長)

Cisco UCS について詳しく見る

何よりもまず、人の成果

Cisco UCS がどのように 3 社の成功を支援し、優れたユーザ エクスペリエンスを創出し、生活の質を向上させたのかをご覧ください。

お客様の事例を見る

Fortune 500 企業の 85 % が Cisco UCS を導入している

Cisco UCS の主要なコンポーネントと、150 を超えるパフォーマンス レコードを打ち立てた理由についてご覧ください。

ホワイトペーパーを読む

デジタル変革を始めるには

企業が日々競い合う今日の市場では、テクノロジーが重要な差別化要因になります。デジタル化を進める中で、Cisco UCS こそがデータセンターのソリューションとなる理由についてご覧ください。

インフォグラフィックを表示する

あらゆるワークロードで求められる速度、効率性、拡張性

データ集約型のワークロードをターゲットにしたシスコの戦略は、拡大する顧客基盤や、お客様の進化するニーズにも臨機応変に対応します。