ユニファイド コミュニケーション

NTT コミュニケーションズがクラウド型コミュニケーションサービス「UCaaS プラン」の提供を開始

ユーザ事例





NTT コミュニケーションズがクラウド型コミュニケーションサービス「UCaaS プラン」の提供を開始

NTTコミュニケーションズ株式会社

プラットフォームにシスコのHosted Collaboration Solution (HCS)を採用、シームレスなサービスをグローバル規模で展開



 NTT コミュニケーションズとシスコシステムズは 8 月 30 日、共同記者会見を開催し、「UCaaS(ユーキャス)プラン」の提供開始と、「SIP Trunking プラン」のサービスエリア拡大を発表した。

 「UCaaS プラン」とは、グローバル規模の多様なコミュニケーション手段を ID 単位で利用できる、クラウド型のコミュニケーション サービス。「SIP Trunking プラン」と共に、NTT コミュニケーションズが展開している「Arcstar ユニファイド・コミュニケーション・サービス」の一環として提供される。

UCaaS プラン サービス概要

UCaaS プラン サービス概要
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

 具体的な機能としては、自席電話と携帯電話を同時に呼び出すシングルナンバーリーチや、他の端末も自分の電話のように使えるエクステンションモビリティ、海外の出張先から会社の電話サービス経由で発信できるモバイルアクセスなどのIP電話機能のほか、相手の在席状況を確認できるプレゼンス機能、気軽にチャットを行えるインスタンスメッセージ、ビデオ会議や資料共有が可能なカンファレンス機能等が用意されている。これらの機能を、固定電話や PC、スマートフォン等さまざまな端末で利用可能だ。

 これによって社内の固定電話や移動時の携帯電話等、業務で使用する電話の全着信を 1 つの電話番号に統合し、利用者がどこにいても指定した端末に着信させることが可能になるため、ビジネス機会の損失を防止できる。また、プレゼンス機能で相手のステータスを確認した上で、最適なコミュニケーション手段を簡単に選択でき、迅速な意思決定や効率的な共同作業など生産性向上に大きく貢献可能だ。ID 単位でサービスを導入できるため、必要なときに必要な分だけを導入でき、TCO削減にも貢献する。それらをArcstar グローバル IP-VPN 提供国を中心に世界158カ国でシームレスに提供できるという点が大きな特長だ。

 一方「SIP Trunking プラン」は、海外拠点等から安定した品質の外線通話を安価に提供するサービス。従来はシンガポールのみでサービスが提供されていたが、2011 年 8 月から提供国を 15 国に拡大、2012 年 3 月には主要 30 カ国で利用可能にする計画だ。「UCaaS プラン」をこれと組み合わせれば、海外からの外線通話コストを大幅に削減できるという。

NTTコミュニケーションズ゛株式会社 取締役 ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部長 若井 昌宏氏<p></p>

NTTコミュニケーションズ゛株式会社
取締役 ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部長
若井 昌宏氏

 NTT コミュニケーションズ取締役の若井 昌宏氏は「多くの企業は現在、加速するグローバル展開に伴うさまざまな経営課題を解決するためのソリューションを求めています」とサービスの背景を説明。この要求に対し、グローバル規模で同じ機能をクラウド型で提供するのが「UCaaS プラン」なのだという。「NTTコミュニケーションズは安心してシームレスに使える通信環境と、堅牢で信頼性の高いクラウド型サービスをグローバル規模でワンストップに提供することで、お客様の効率化に大きく貢献できると考えています」

 「UCaaS プラン」を支えるプラットフォームとしては、シスコシステムズの「Cisco Hosted Collaboration Solution(Cisco HCS)」を採用。これはCisco Unified Computing System(Cisco UCS)をベースとしたクラウド最適化プラットフォームとネットワークアーキテクチャ、マネジメントシステム、およびコラボレーションアプリケーションを統合し、シスコのパートナーがクラウド経由で多様なコラボレーションポートフォリオを顧客に提供できるようにしたものだ。

HCSが 提供するもの

HCSが 提供するもの
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

HCS – 完全なクラウドソリューション

HCS – 完全なクラウドソリューション
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

Cisco® Hosted Collaboration Solution は、シスコのパートナーがクラウド経由で「as a service」モデルによりシスコのさまざまなコラボレーションアプリケーションをお客様に提供することを可能にする新しいホスティング型のコラボレーション ソリューションです。同ソリューションは、パートナーのデータセンターから実行する設計となっており、また Cisco Unified Service Delivery ソリューションの 1 構成要素である Cisco Unified Computing System™ によりデリバリに向けた最適化がなされています。Cisco Unified Service Delivery は、データセンターの能力とネットワークの能力を融合することで、サービス デリバリを変革し、クラウド サービスの基盤を構築します。

シスコシステムズ副社長 アジア地区サービスプロバイダー事業統括 堤 浩幸

シスコシステムズ
副社長
アジア地区サービスプロバイダー事業統括
堤 浩幸

「シスコはサービスプロバイダーとの協業モデルを積極的に推進しています」と説明するのは、シスコシステムズ副社長の堤 浩幸。NTT コミュニケーションズはエンドツーエンドで高信頼かつ高品質なネットワークをグローバルで運営しており、この上で Cisco HCS を動かすことで、多様なニーズに対してフレキシブルに対応できる付加価値の高いクラウドサービスを実現できるという。その一方で若井氏も「シスコのグローバルレベルのシェアと実績を高く評価しました」と、シスコのソリューションを採用した理由を説明する。

 両社の説明の後、実機を使ったデモも披露。プレゼンス機能を使った在席確認、ワンクリックでの電話発信、ビデオ会議、資料共有等が、シンプルな使い勝手で行えることが示された。

 NTT Comでは、海外に進出する日系企業だけでなくグローバル規模でビジネス展開をしているお客様への提供に力を入れていく。

お問い合わせ

御社のコンタクトセンターを利益モデルの核に。