シスコの
購入のご案内

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ルーテッド オプティカル
ネットワーキング

コンバージド アーキテクチャで実現される大きな革新を体験

パラダイムシフトの発見

コンバージド アーキテクチャが、画期的な運用効率が実現します。

シンプルな運用

コンバージド インフラストラクチャは、ネットワークの設計、計画、および管理をシンプル化し、総所有コスト(TCO)を最大 45% 削減します。

ネットワーク効率の向上

ネットワークの自動化により、ネットワークの効率が大幅に向上し、ビットあたりのコストが削減され、利益が最大化されます。

サービスの収益性向上

同じ設備投資でより多くのサービスを展開し、ユーザあたりの平均収益(ARPU)を拡大して収益性を向上させます。

ルーテッド オプティカル ネットワーキングの概要

ルーテッド オプティカル ネットワーキングとは、コンバージド SDN トランスポート アーキテクチャの構成要素のひとつで、運用効率とシンプルさを向上させる新しいネットワークパラダイムです。このソリューションは、IP サービスと専用回線サービスを単一のレイヤに統合し、すべてのスイッチングがレイヤ3 で行われるようにします。ルータは、標準化されたプラガブル コヒーレント オプティクスを使って、ホップバイホップで接続されます。

IP に基づく単一のサービスレイヤにより、テレメトリやモデルベースのプログラマビリティを活用した柔軟な管理ツールが実現され、ライフサイクル運用が合理化されます。このシンプルなアーキテクチャがオープンデータモデルと標準 API を統合するため、プロバイダーはよりシンプルなトポロジの自動化イニシアチブに集中できます。