アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Intelligent Peering

ピアリングを進化させ、5G 以降のニーズに対応します

Intelligent Peering によるネットワークの改善

お客様は、接続がすぐに機能することを期待しています。また、速度低下、バッファリング、ピクセル化が発生しない接続を求めています。ネットワークをより効率的に使用し、バックホールトラフィックを最小限に抑えることのできる、リアルタイムフロー分析とダイナミックルーティング制御を提供するように設計されたピアリングソリューションにより、お客様の期待を上回ることができます。

アーキテクチャの進化

2022 年までに、全世界の IP トラフィック(ビジネスとコンシューマの両方)の 82% が IP ビデオトラフィックになり、サービスプロバイダーのネットワークキャパシティの 33% が大都市圏で使用されると予測されています1。このトラフィックにより、すでに逼迫した、集約されたピアリングポイントへのバックホールルートに負担がかかります。Cisco Intelligent Peering は、ローカライズされたピアリングに重点を置いて、トランジット運用を改善します。

  • トランジットの距離を最小化し、不要なネットワークホップを排除します。
  • 1 RU あたり 24 X または 36 X –100 G の高密度ルータでスループットとキャパシティを維持します。
  • モデル駆動型テレメトリを採用し、高精度のデータを収集して、輻輳が発生する前に予測して解決します。
  • 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃から保護することで、信頼できるネットワークファブリックを構築します。また、ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルートのハイジャックも検出します。
  • ローカライズされたピアリングを可能にし、1 つの場所で冗長なピアリング接続を行うことでレジリエンスを向上させます。他のリージョンにフェールオーバーするためのバックボーンキャパシティを追加する必要がなくなります。

インテリジェントピアリングのメリット

 

カスタマーエクスペリエンスの向上

コンテンツをクライアントに近づけることで、輻輳と遅延を低減します。

レジリエンスの構築

トラフィックの自動再ルーティングにより、メンテナンスのダウンタイムや停止の影響を軽減します。

総運用コストの削減

ネットワークの最適化とバックホールルートの削減により、CapEx を削減します。運用の自動化、分析主導型の成長モデリング、およびライセンスの柔軟な消費モデルによって OpEx を削減します。

ネットワークの俊敏性の向上

トラフィックを動的に再ルーティングし、局所的な需要拡大時の拡張にかかる時間を短縮します。

Cisco Intelligent Peering ソリューションの要素

  • セグメントルーティングによる、IPv4/IPv6 上に構築されたシンプルなコントロールプレーン。
  • ピアリング ファブリック スパイン(PFS)ルータは ECMP を使用して、ピアリング ファブリック リーフ(PFL)ルータ間でトラフィックを分散し、ファブリック内およびプロバイダーネットワークの他の部分で転送を行います。各 PFS は、コアネットワークのコントロールプレーンに組み込まれるラベルエッジルータ(LER)として機能します。
  • コラプスト設計では、各ピアリングノードが外部 BGP(EBGP)ピアおよびアップストリームのコアに接続されます。
  • 分散設計では、ネットワーク機能が分離されます。ピアリングの終了は PFL ノードで発生します。PFS 集約ノードはコア接続を処理し、より高度な LER 機能を実行します。

NCS 5500 シリーズ
 

Cisco IOS XR ソフトウェアを搭載した高度なルーティング プラットフォームです。高密度、大規模ルーティング、および最適バッファサイズを提供し、ピアリングファブリックのあらゆるユースケースに対応できます。

Crosswork シチュエーションマネージャ

ライブモニタリングとアラートのグループ化を活用して、ネットワークノイズを迅速に抑制し、課題を管理し、将来の成長に備えます。

Network Services Orchestrator

ピアのターンアップ、ピアの変更、ルーティングポリシーの導入、複数のノードへのコントロールリストの導入など、特定のピアリングタスクを実行する、実績のあるオーケストレーション プラットフォーム。

ASR 9000 シリーズ
 

レイヤ 2 およびレイヤ 3 サービスの終端をサポートするシンプルでプログラム可能なルータにより、コンピューティングとコンテンツをエッジに配信するマルチクラウド対応ネットワークを構築できます。

Crosswork Network Insights

対応可能なネットワークイベントに関する豊富な分析、可視化、アラートを提供し、特定と修復にかかる平均時間を短縮します。

技術文書

ピアリングファブリック設計

高密度で省スペースのハードウェアを使用するピアリングファブリックは、旧世代のモジュラシステムに比べてスペースを大幅に節約できます。そのため、これらの機能にノードペアリングを使用する必要がなくなります。

ピアリングテレメトリ

IP ネットワークテレメトリのデータタイプ、使用アプリケーション、ピアリング環境ソフトウェアでの設定を調査して、ネットワークの異常を検出し、ネットワーク動作に関する有益な分析情報を提供します。

インターネット エッジ ピアリング

ピアリングは、インターネットを結び付ける役割を果たすとともに、ネットワーク全体のデータフローを促進します。ピアリングの歴史や、ネットワーク、セキュリティ、テレメトリにおける現在のピアリングアーキテクチャなど、ピアリングの技術的な側面について詳しく説明しています。

エクスプレス ピアリング ファブリック

リージョンのメディアまたはケーブルハブルートを、ローカルピアリング接続に直接接続する方法について説明しています。リージョンのコア集約サイトをバイパスすることで、簡素化されたコントロールプレーンでルートを運用できるため、電力とメモリリソースの消費を抑え、運用コストを節約できます。