アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ケーブル ネットワークの変革

デジタル化、仮想化、相互接続

ネットワーク変革をナビゲート

ケーブル アクセス ネットワークをデジタル化し、これを最初のステップとしてアナログ システムを拡張性に優れたデジタル ネットワークに変革できます。次に、デジタル ネットワークを活用して、仮想化による Web スケールの俊敏性を実現できます。最後に、ネットワークとサービスをシームレスなシステムとしてインテリジェントに相互接続できます。ネットワーク変革は、エンドツーエンドに及ぶ包括的な工程です。そのナビゲートは、シスコにお任せください。

デジタル化

Remote PHY によってアナログからデジタルに移行

仮想化

ハードウェア ヘッドエンドをクラウド ネイティブなデータセンターに変革

相互接続

自動化と拡張性を提供するインテリジェント ネットワーク ファブリックを構築

ACG Research のホワイトペーパー:ケーブル インフラストラクチャの刷新

ケーブル事業者は、ネットワークと運用を変革する必要性に迫られています。分散アクセス アーキテクチャ(DAA)を基盤として構築されるこの変革は、デジタル化から始まります。運用の最適化、ハードウェアの仮想化、および将来に備えたスケーリングを行いながら、アナログからデジタルへのネットワーク変革をナビゲートする方法が示されています。

Full Duplex DOCSIS への道程

将来の帯域幅に合わせて拡張できるように、今からネットワークを準備しましょう。Full Duplex DOCSIS 対応のテクノロジーと設計によって拡張性に優れた基盤を構築すると同時に、ネットワーク全体の監視と制御を強化できます。

Infinite broadband unlocked

使用帯域に応じたライセンス モデルで運用を簡素化すると同時に、ビジネスの成功を促進できます。ネットワークの制御、新しい高速ブロードバンド サービスの簡素化、およびビジネス リスクの緩和が実現されます。

ネットワーク変革のための構成要素

ネットワークのデジタル化、仮想化、および相互接続のための製品とソリューション

シスコのケーブル アクセスの適用例

ネットワークの変革は、段階的に進められます。最初はデジタル化、次に仮想化、最後が相互接続です。

Midco のクラウド ネイティブへの移行

ケーブル事業者の Midco は、Remote PHY を使用してアクセス ネットワークをデジタル化した後に、ネットワーク変革の次の段階に進み、ヘッドエンド機能の仮想化を開始しました。Midco は、Cisco Cloud Native Broadband Router(cnBR)を使用して、ハードウェア、スペース、電力、およびメンテナンス要件を緩和しつつ、DevOps の俊敏性と Web スケールを活用しています。

シスコ ソリューションの価値の実証

cnBR によるヘッドエンドの仮想化

Cloud Native Broadband Router を使用して、ハードウェアベースの機能をソフトウェアに変換します。クラウド ネイティブに移行して、ネットワークのサービスを再定義します。

分散アクセス アーキテクチャ(DAA)への移行

すべてのサービスを統合し、運用を簡素化し、将来の機会を最大化するために、ネットワークを計画し、設計し、構築します。