運輸

Internet of Everything 導入事例:ASFINAG

オーストリアの高速道路が交通のさらなる円滑化を実現

メディア資料

オーストリアの高速道路が交通のさらなる円滑化を実現

オーストリアの高速道路管理会社 ASFINAG は、数千台のセンサーを大規模なネットワークに接続し、交通渋滞を未然に防ぐことを目的とした スマート ハイウェイを構築しました。ASFINAG は、 Internet of Everything により、道路の安全とドライバーの快適さを保つために 必要なデータを収集しています。

課題

  • 道路、交通状況、天候に関するデータを収集
  • ドライバーに正確な情報を提供

ソリューション

  • 耐久性を高めたスイッチおよびルータで構成されるシスコ ネットワークで数千台のセンサーを接続
  • Cisco IPICS の導入により、関係当局との一元的な高速通信をさまざまな無線通信規格で実現

結果

  • 道路利用率の向上により、投資の必要性が低減
  • 全国の道路、ドライバー、関係当局をネットワークで接続
  • EU の道路交通基準を上回る成果

当社は 70,000 を超えるセンサーと 6,500 を超える交通監視カメラを接続することにより、緊急車両の誘導やドライバーへの最新情報の提供を可能にしました。
- ベルント・ダトラー氏
ASFINAG 傘下の通行料徴収会社
マネージング ディレクタ

お問い合わせ