アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Tokyo Moonshot Challenge
ラーニングセミナー

DAY3:宇宙ビジネス事業の持続可能性検討

    日 程 2020 年 2 月 12 日(水)18:30~21:00 受付開始は 18 時から
    会 場 東京:X-NIHONBASHI  イノベーションハブ
    費 用 無料(事前登録制)
    主 催 シスコシステムズ合同会社、慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
    対 象 スタートアップ、企業、研究者、学生など
    定 員 50 名
    その他 東京以外の拠点から参加される方向けに Webex をご用意いたします
    お申込締切 2 月 11 日(火)午後 5 時まで。人数把握の為、出来るだけお早めにお申込み下さい。

    Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

    時間
    セッション
    18:30 ~ 18:35
    オープニング

    シスコシステムズ合同会社 イノベーションセンター センター長 今井 俊宏 氏


    18:35 ~ 18:55
     
    【講演】投資家から見た魅力的な宇宙スタートアップとは


    世界の宇宙スタートアップの数は、2010 年の 100 社未満から 2019 年には 2,000 社を超えるまで急増しました。そして、その数は今後 10 年以内に 10,000 社を超えるとも言われています。投資家から見た魅力的な宇宙スタートアップとはどのような企業なのか。ビジネスモデル、技術、チームなど様々な視点から、宇宙ビジネスの特徴も交えながら宇宙スタートアップの成功に繋がるヒントを共有したいと思います。


    グローバル・ブレイン(株) 
    パートナー/宇宙エバンジェリスト
    青木 英剛 氏

    青木 英剛 氏 オーバーン大学大学院で修士号(航空宇宙工学)を取得後、三菱電機に入社。日本初の宇宙船「こうのとり」の開発等に従事し、多くの賞を受賞。慶應ビジネススクール(MBA)修了後に、ドリームインキュベータ(DI)に参画し、技術系大企業の戦略立案や実行支援及び技術系スタートアップのインキュベーションに従事。2015 年からグローバル・ブレインにて、宇宙やロボティクス領域を中心とした技術系スタートアップへの投資・成長支援に従事。また、「宇宙エバンジェリスト」として宇宙ビジネスの啓発、民間主導の宇宙産業創出に貢献。一般社団法人 SPACETIDE 共同創業者兼理事。一般社団法人 Space Port Japan 共同創業者兼理事。JAXA や政府委員会の委員等を多数歴任。

    18:55 ~ 19:00

    (5 分休憩)

    19:00 ~ 19:45
    登壇者によるパネルディスカッション 及び 会場参加者も含めた全体討議

    神武 直彦 氏

    モデレータ
    慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
    教授 神武 直彦

    青木 英剛 氏パネリスト
    グローバル・ブレイン(株) 
    パートナー/宇宙エバンジェリスト
    青木 英剛 氏
    西野 瑛彦 氏パネリスト
    慶應義塾大学大学院
    システムデザイン・マネジメント研究科
    後期博士課程/助教(有期・研究奨励)
    西野 瑛彦 氏
    19:45 ~ 20:00
    ワークショップ・アイデアコンテストのご案内

    事務局より今後の予定に関する説明
    エコパートナー社のご紹介


    下條 裕之 氏東日本電信電話株式会社
    デジタルデザイン部
    担当課長
    下條 裕之 氏

    20:00 ~ 21:00
    ネットワーキング

    ※ セッションの内容などは予告なく変更となる可能性がございます。

    事前登録はこちら

    事前登録は終了いたしました。
    多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

    ご質問等ございましたら、以下までご連絡お願いいたします。

    シスコシステムズ合同会社
    イノベーションセンター