Guest

ワイヤレスに関する競合他社との比較表

Gartner によるシスコのランクをご覧ください。

Gartner によるシスコのランクをご覧ください。

シスコは、Wi-Fi および BLE インドア ロケーションサービスで業界をリードしています。

シスコ

HPE

Huawei

すべて展開

イノベーション

1400 を超えるアプリケーションを認識し、対応します。シスコのアクセス スイッチはトラフィックとアプリケーションのフローを検査し、Cisco Flexible NetFlowDNS-ASNBARPrime Infrastructure を介してネットワーク アクセス ポリシーを適用し、攻撃から保護できます。HPE のスイッチング プラットフォームは、ACL を利用した基本的なトラフィックの分類およびポリシーの適用に制限されています。アクセス スイッチング プラットフォームのメモリ容量という制限もあります。制限付きiPCA による制限的な SLA モニタリングです。
暗号化されていないアプリケーションと暗号化されたアプリケーションを区別し、ビジネスクリティカルなトラフィックを適切に処理します。シスコのアクセス スイッチはトラフィックとアプリケーションのフローを検査し、Cisco Flexible NetFlowDNS-ASNBARPrime Infrastructure を介してネットワーク アクセス ポリシーを適用し、攻撃から保護できます。HPE のスイッチング プラットフォームは、ACL を利用した基本的なトラフィックの分類およびポリシーの適用に制限されています。アクセス スイッチング プラットフォームのメモリ容量という制限もあります。iPCA による制限的な SLA モニタリングです。
BLE または Wi-Fi 経由で、ユーザのロケーションをトラッキングCisco CMX仮想 BLE ビーコンおよび Hyperlocation を使用して、最大 1 ~ 2 m のロケーション精度で BLE および Wi-Fi デバイスのトラッキングをサポートします。制限付きHPE では、アクセス ポイントが Bluetooth を限定的にサポートしていますが、正確な Wi-Fi ベースのロケーションには対応していません。
BLE と Wi-Fi のどちらによるトラッキングでも、現実的で粒度の高い顧客ロケーションを表示できます。Cisco CMX仮想 BLE ビーコンおよび Hyperlocation を使用して、最大 1 ~ 2 m のロケーション精度で BLE および Wi-Fi デバイスのトラッキングをサポートします。HPE では、アクセス ポイントが Bluetooth を限定的にサポートしていますが、正確な Wi-Fi ベースのロケーションには対応していません。
ロケーションに関する顧客エンゲージメントCisco CMX ソリューションにより、ユーザと環境との関係をより深く理解でき、ビジネスで的確な意思決定が行えるようになります。HPE は、アクセス ポイント、タグ、および Meridian アプリケーションで BLE ロケーション機能を実装しており、ウェイファインディングや顧客エンゲージメントの用途で使用しています。
関連するビジネスの意思決定を行い、顧客にはよりパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。Cisco CMX ソリューションにより、ユーザと環境との関係をより深く理解でき、ビジネスで的確な意思決定が行えるようになります。HPE は、アクセス ポイント、タグ、および Meridian アプリケーションで BLE ロケーション機能を実装しており、ウェイファインディングや顧客エンゲージメントの用途で使用しています。
エンドポイント タイプ別のモニタリングシスコの分析機能、つまり StealthwatchNetFlowで動作を監視し、TrustSec でネットワークのエッジと内部の通信を分類できます。制限付きAruba のトンネル化ノードは制限付きソリューションとして提供されるため、機能は非常に限られています。制限付きiPCA がオプションとして提供されますが、プラットフォームのサポートと可視性は制限されています。
問題を特定するのに重要なデバイスの動作とデータをモニタして分類します。シスコの分析機能、つまり StealthwatchNetFlowで動作を監視し、TrustSec でネットワークのエッジと内部の通信を分類できます。Aruba のトンネル化ノードは制限付きソリューションとして提供されるため、機能は非常に限られています。iPCA がオプションとして提供されますが、プラットフォームのサポートと可視性は制限されています。
メジャー アップグレードすることなく新機能をサポートカスタム ASIC、UADP、およびモジュール型のアクセス ポイントを統合することにより、シスコは新しいイノベーションをサポートします。制限付きモジュラ AP はサポートされません。スイッチング プラットフォームは、拡張性が限定されたカスタム AISC を使用します。モジュラ AP またはスイッチは現在サポートされていません。
既存のアクセス ポイント、コントローラ、スイッチを活用することにより、メジャー アップグレードを行わずに済むため、パフォーマンスへの影響がありません。カスタム ASIC、UADP、およびモジュール型のアクセス ポイントを統合することにより、シスコは新しいイノベーションをサポートします。モジュラ AP はサポートされません。スイッチング プラットフォームは、拡張性が限定されたカスタム AISC を使用します。モジュラ AP またはスイッチは現在サポートされていません。

俊敏性

Apple ユーザのエクスペリエンスの向上シスコと Apple は、シスコのネットワークに接続された Apple 端末ユーザのユーザ エクスペリエンスを向上させるために共同で取り組んでいます。制限付き同様の機能は、手動の QoS 優先順位付けと Wi-Fi 標準を通じてのみサポートされます。制限付き機能は、手動の QoS 優先順位付けを通じてのみサポートされます。
すべての Apple デバイス上で、ビジネス関連アプリケーションのユーザー エクスペリエンスを向上します。シスコと Apple は、シスコのネットワークに接続された Apple 端末ユーザのユーザ エクスペリエンスを向上させるために共同で取り組んでいます。同様の機能は、手動の QoS 優先順位付けと Wi-Fi 標準を通じてのみサポートされます。機能は、手動の QoS 優先順位付けを通じてのみサポートされます。
ピーク時のユーザー エクスペリエンスの保証フレキシブル ラジオ アサインメント では、ネットワークを自動的に最適化し、予測できない高密度時間のユーザ エクスペリエンスを向上させます。制限付きHuawei は AP8030 でソフトウェアベースの無線構成をサポートしていますが、その AP はデュアル 5 GHz 無線をサポートしません。
新しいアクセス ポイントを追加しなくても、予測できないピーク時にワイヤレス ネットワークが自動的に最適化されます。フレキシブル ラジオ アサインメント では、ネットワークを自動的に最適化し、予測できない高密度時間のユーザ エクスペリエンスを向上させます。 Huawei は AP8030 でソフトウェアベースの無線構成をサポートしていますが、その AP はデュアル 5 GHz 無線をサポートしません。
ネットワーク全体で一貫性のあるアプリケーション パフォーマンスEasyQoS によって、デバイスが動的に検出され、ポートで検出されたデバイスのタイプに応じてポートが構成されます。限定的
ネットワーク全体で音声およびビデオ エクスペリエンスが自動で一定に保たれます。IT スタッフの関与は不要です。EasyQoS によって、デバイスが動的に検出され、ポートで検出されたデバイスのタイプに応じてポートが構成されます。
新しいデバイスを検出して設定する機能Cisco Auto Smartports によって、デバイスが動的に検出され、ポートで検出されたデバイスのタイプに応じてポートが構成されます。制限付きHPE では、HPE スイッチに接続されている AP を検出して特性を設定できますが、他のタイプの端末は検出できません。
IP 電話、カメラ、アクセス ポイント、またはその他のデバイスが接続すると、QoS、VLAN、セキュリティなどの設定が自動的に適用されます。Cisco Auto Smartports によって、デバイスが動的に検出され、ポートで検出されたデバイスのタイプに応じてポートが構成されます。HPE では、HPE スイッチに接続されている AP を検出して特性を設定できますが、他のタイプの端末は検出できません。
oT および他のデバイスの電源復元力シスコは Persistent PoE および Fast PoE と Universal PoE を提供し、StackWise により複数レベルの冗長性を実現します。制限付きHPE は基本的な PoE/PoE+ (30W) のサポートを提供し、デュアル電源によって 1:1 の電源冗長化を供給していますが、一部のスイッチでのみサポートされています。Huawei は、単一の S5700 プラットフォームで PoE および PoE+ PoH (95W) をサポートしています。1 台の S5700 プラットフォームにおける電源の冗長化は 1:1 PoH(Power over HDMI)(95 W)です。
IoT や PoE 給電の他のデバイスに常時稼働環境を提供します。スイッチ リブート時にも対応します。シスコは Persistent PoE および Fast PoE と Universal PoE を提供し、StackWise により複数レベルの冗長性を実現します。HPE は基本的な PoE/PoE+ (30W) のサポートを提供し、デュアル電源によって 1:1 の電源冗長化を供給していますが、一部のスイッチでのみサポートされています。Huawei は、単一の S5700 プラットフォームで PoE および PoE+ PoH (95W) をサポートしています。1 台の S5700 プラットフォームにおける電源の冗長化は 1:1 PoH(Power over HDMI)(95 W)です。
WAN、WLAN、有線ネットワーク全体で一貫した自動化Prime Infrastructure を使用して、IWAN によって確実に WAN パスのセレクションをプロビジョニングし、APIC-EM および TrustSec によってセキュリティ、暗号化、アプリケーションの可視性、制御を実現します。制限付きHPE は、スイッチおよび AP の自動導入に SDN コントローラと AirWave を使用します。AirWave には WAN 端末を管理する機能がありません。
単一画面を使用し、新しい支店をオンラインで配備し、新しいアプリケーション ポリシーを数分で導入します。Prime Infrastructure を使用して、IWAN によって確実に WAN パスのセレクションをプロビジョニングし、APIC-EM および TrustSec によってセキュリティ、暗号化、アプリケーションの可視性、制御を実現します。HPE は、スイッチおよび AP の自動導入に SDN コントローラと AirWave を使用します。AirWave には WAN 端末を管理する機能がありません。

セキュリティ

脅威の検出シスコの効果的なセキュリティ ソリューションにより、ネットワーク全体の脅威を排除できます。StealthwatchTrustSecIdentity Services EngineRapid Threat Containment などの製品があります。
ネットワーク全体(有線およびワイヤレス)の脅威を 1 つの場所から瞬時に除去します。シスコの効果的なセキュリティ ソリューションにより、ネットワーク全体の脅威を排除できます。StealthwatchTrustSecIdentity Services EngineRapid Threat Containment などの製品があります。
ワイヤレスにおける干渉または脅威の原因を識別Cisco Aironet アクセス ポイントは、Clean AirHyperlocation モジュールフレキシブル ラジオ アサインメントを使用して、セキュリティに関する脅威または RF 干渉をスキャン、検出、排除します。HPE の使用するソフトウェアベースのソリューションは効率性に欠けており、全チャンネルで連続スキャンを行いません。
パフォーマンスに影響を与えずに、ワイヤレス ネットワークにおける脅威や RF 干渉源を自動的に検出および軽減します。Cisco Aironet アクセス ポイントは、Clean AirHyperlocation モジュールフレキシブル ラジオ アサインメントを使用して、セキュリティに関する脅威または RF 干渉をスキャン、検出、排除します。HPE の使用するソフトウェアベースのソリューションは効率性に欠けており、全チャンネルで連続スキャンを行いません。
セキュリティのアクティブな学習Cisco Talos のフィードによってセキュリティを強化し、既知の脅威および新たな脅威から保護できます。Niara は ClearPass に買収統合されたため、HPE は、セキュリティ問題に対応する機械学習を提供できます。
ハッキングされる前にネットワークに対する新しい脅威を阻止します。Cisco Talos のフィードによってセキュリティを強化し、既知の脅威および新たな脅威から保護できます。Niara は ClearPass に買収統合されたため、HPE は、セキュリティ問題に対応する機械学習を提供できます。
簡素化されたユーザ、デバイス、およびグループのセグメンテーションIdentity Services EngineTrustSec を使用して、ネットワーク全体にコンテキスト ベースのポリシーを適用できます。
ネットワークの特定のリソースに対して、ゲストや契約業者のアクセスを許可します。ユーザとデバイスが WLAN でも有線でも、支店間やキャンパス間を自由に移動できます。Identity Services EngineTrustSec を使用して、ネットワーク全体にコンテキスト ベースのポリシーを適用できます。

まだ決断できない場合は、こちらをご覧ください。

他のネットワーク テクノロジーと比較する