Cisco Aironet AP1100 シリーズ

Cisco Aironet パワー インジェクタ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

データ シート


Cisco Aironet パワー インジェクタ


Cisco Aironet パワー® インジェクタ製品では、ローカル電源、インライン電力対応のマルチポート スイッチ、およびマルチポート 電力パッチパネルに代わる代替電力オプションを提供することによって、Cisco Aironet ワイヤレス アクセス ポイントおよびブリッジの展開の柔軟性が向上します。

シングルポートの Cisco Aironet パワー インジェクタでは、48 VDC 電力とデータ信号が組み合わされ、双方が Cisco Aironet アクセス ポイントやブリッジに送信されます。Cisco Aironet 350 シリーズ アクセス ポイントおよびブリッジには、統合型の電源とインジェクタが搭載されています。Cisco Aironet 1100 および 1200 シリーズ アクセス ポイント対応のパワー インジェクタは、アクセス ポイントに提供される電源によって動作します。

Cisco Aironet パワー インジェクタ メディア コンバータは、ファイバ メディアを Category 5 メディアに変換し、生成されたデータ信号を電力と組み合わせて、アクセス ポイントやブリッジへ配送します。パワー インジェクタ メディア コンバータは、ローカル電源のバレル コネクタまたは代替の 48 VDC 電源のいずれかから、48 VDC 電力を受け取ります。提供された電源装置のピグテールを使って接続された代替の 48 VDC 電源により電力供給された場合、パワー インジェクタ メディア コンバータは、UL2043 認証され、環境保護の空間でのインストールに適しています。ローカル電源は、Cisco Aironet 1100 および 1200 シリーズ アクセス ポイントで提供されますが、Cisco Aironet 350 シリーズ アクセス ポイントおよびブリッジに適用可能なローカル電源は個別に利用可能です。

図 1 に、パワー インジェクタおよびパワー インジェクタ メディア コンバータ用に考えられる展開シナリオを示します。


図 1  Cisco Aironet パワー インジェクタによって Cisco Aironet アクセス ポイントやブリッジに提供されるインライン電力

このパワー インジェクタは、Category 5 イーサネット ケーブルの未使用のワイヤー ペアを使って、最大 15 ワットの電力(Cisco 電源モデルによって異なります)を提供します。これは、最長 100 m のケーブルを使用するのに十分な電力です。

製品仕様

表 1   Cisco Aironet パワー インジェクタの仕様

説明 Cisco Aironet パワー インジェクタ メディア コンバータ   1100、1200 シリーズ用 Cisco Aironet パワー インジェクタ   350 シリーズ シングル ポート パワー インジェクタ  
部品番号

AIR-PWRINJ-FIB

AIR-PWRINJ3

AIR-PWRINJ

LAN 接続

最大ファイバ ケーブル長:2 km

タイプ:MT-RJ(マルチモード ファイバ)

ラベル:100BASE-FX To Network

速度:100 Mbps

通信方式:全二重

最大 Cat 5 ケーブル長:100 m

タイプ:RJ-45

ラベル:10/100BASE-TX To Network

最大 Cat 5 ケーブル長:100 m

タイプ:RJ-45

ラベル:To Network

デバイス接続

最大 Cat 5 ケーブル長:100 m

タイプ:RJ-45

ラベル:100BASE-TX To Device

速度:100 Mbps

通信方式:全二重

自動 MDI-X

最大 Cat 5 ケーブル長:100 m

タイプ:RJ-45

ラベル:10/100BASE-TX To Device

最大 Cat 5 ケーブル長:100 m

タイプ:RJ-45

ラベル:To AP/Bridge

LED

2 - 電力状態

アップリンクとの接続

2 - 電力状態

デバイスとの接続

1 - 電力状態およびデバイスとの接続

連結機能

×

使用された有線ペア

Category 5 ケーブルの 2 組の未使用ペア、ケーブル 4 と 5(マイナス)および 7 と 8(プラス)に電力を投入します。

Category 5 ケーブルの 2 組の未使用ペア、ケーブル 4 と 5(マイナス)および 7 と 8(プラス)に電力を投入します。

Category 5 ケーブルの 2 組の未使用ペア、ケーブル 4 と 5(マイナス)および 7 と 8(プラス)に電力を投入します。

電気特性

入力電圧:48 VDC(外部電源により供給)

出力電圧:48 VDC

入力電圧:48 VDC(外部電源により供給)

出力電圧:48 VDC

入力電圧:48 VDC(外部電源により供給)

出力電圧:48 VDC

入力電流 -.380A

入力電流 -.320A

入力電流 -.380A

出力電流 -.320A

入力電流 -.200A

出力電流 -0.125A

電源要件

Cisco Aironet 電源または代替 DC 電源1、48 VDC ± 5 %、18 ワット

Cisco Aironet 電源、48 VDC ± 5%、18 ワット

Cisco Aironet 電源、48 VDC ± 5%、9 ワット

寸法

13.93 x 5.43 x 3.45 cm(5.49 x 2.14 x 1.36 インチ)

13.93 x 5.43 x 3.45 cm(5.49 x 2.14 x 1.36 インチ)

2.54 x 4.70 x 8.38 cm(1 x 1.85 x 3.3 インチ)

重量

113 g(4 オンス)

113.40 g

85 g(3 オンス)

環境

0 ~ 55°C(32 ~ 131°F)

0 ~ 90 % 湿度(結露しないこと)

提供された電源装置のピグテール1使用時、環境保護の空間向けに UL 2043 認証済み

0 ~45°C(32 ~ 113°F)

10 ~ 90% 湿度(結露しないこと)

0 ~40℃(32 ~ 104゚F)

10 ~ 90 % 湿度(結露しないこと)

1提供された電源装置のピグテールを使用する場合、National Electrical Code NFPA70、Canadian Electrical Code, Part 1, C22、IEC 364, Part 1 ~ 7 など、現地および国内の既定に従って、ピグテールを接続してください。

発注ガイド

Cisco Aironet 350 シリーズ アクセス ポイントおよびブリッジの場合、Cisco Aironet パワー インジェクタ(部品番号 AIR-PWRINJ)が製品に同梱されています。Cisco Aironet 1100 および 1200 シリーズ アクセス ポイントの場合、Cisco Aironet パワー インジェクタ(部品番号 AIR-PWRINJ3)を注文に合わせて構成可能です。また、すべての Cisco Aironet アクセス ポイントおよびブリッジでは、適切な Cisco Aironet パワー インジェクタ(Cisco Aironet パワー インジェクタ メディア コンバータ(部品番号 AIR-PWRINJ-FIB))を予備部品として、個別に注文できます。

アクセス ポイントまたはブリッジを識別し、表 2 からパワー インジェクタと電源を選択してください。

表 2   Cisco Aironet パワー インジェクタと電源オプション1

製品   サポート対象パワー インジェクタ   外部電源  
Cisco Aironet 350 シリーズ アクセス ポイントおよびブリッジ

AIR-PWRINJ= 2

不要

AIR-PWRINJ-FIB=

AIR-PWR-A= 3 または 外部 48 VDC ± 5 %

Cisco Aironet 1100 シリーズ アクセス ポイント

AIR-PWRINJ3=

AIR-PWR-A=

AIR-PWRINJ-FIB=

AIR-PWR-A=、または外部 48 VDC ± 5%

Cisco Aironet 1200 シリーズ アクセス ポイント

AIR-PWRINJ3=

AIR-PWR1200=

AIR-PWRINJ-FIB=

AIR-PWR1200=、または外部 48 VDC ± 5%

1Cisco Aironet 1400 シリーズ ワイヤレス ブリッジには、パワー インジェクタ LR が同梱されています。パワー インジェクタ LR は予備部品としても入手できます(部品番号 AIR-PWRINJ-BLR1=)。パワー インジェクタ LR は 1400 シリーズ ブリッジ専用です。本パワー インジェクタの詳細については、Cisco Aironet 1400 シリーズ ワイヤレス ブリッジのデータ シートをご覧ください。

2Cisco Aironet パワー インジェクタ(部品番号 AIR-PWRINJ=)は、電源にあらかじめ組み込まれています。追加の電源は不要です。

3350 シリーズアクセス ポイントおよびブリッジには、スタンドアロンの電源は同梱されていません。こうしたデバイスでパワー インジェクタ メディア コンバータ(部品番号 AIR-PWRINJ-FIB=)を使用するには、部品番号 AIR-PWR-A= の電源を調達するか、外部 48 VDC 電源を提供する必要があります。

Cisco Aironet 1100 および 1200 シリーズ パワー インジェクタは、Cisco Aironet 350 シリーズ デバイスで使用可能ですが、Cisco Aironet 1100 および 1200 シリーズのアクセス ポイントでは電流要件が厳しいため、Cisco Aironet 350 シリーズ パワー インジェクタを Cisco Aironet 1100 および 1200 シリーズ デバイスで使用することはできません。




お問い合わせ