Cisco WebEx Connect IM

WebEx Connect:テクノロジーの概要

XMPP によるインスタント メッセージングの拡張

セキュリティを犠牲にすることなく、他のネットワーク(AIM や Google Talk など)のユーザとインスタント メッセージを送受信したり、多数の参加者によるインスタント メッセージ会議を実施したりすることが可能です。Cisco WebEx Connect では、Jabber 社が開発した Extensible Messaging and Presence Protocol(XMPP)を使用します。

XMPP は優れた柔軟性を持ち、カスタマイズが容易です。WebEx Connect は、Internet Engineering Task Force(IETF)で承認された唯一のリアルタイム メッセージングおよびプレゼンス プロトコルを使用します。

異種ネットワーク間でもセキュアなコラボレーションを実現

ネットワークのセキュリティを犠牲にすることなく、社員、パートナー、お客様、ベンダーと連携できます。WebEx Connect は、Cisco WebEx Collaboration Cloud 上で稼動します。Cisco WebEx Collaboration Cloud は、高性能でインタラクティブな環境を常に提供するキャリアクラスのマルチレベル ネットワークです。この WebEx Collaboration Cloud はインターネット上で稼働し、WebEx トラフィックだけを伝送します。128 ビット SSL および 256 ビット AES 暗号化を使用して、伝送中のプライバシーを確保します。

組織要件に応じたポリシーのカスタマイズ

WebEx Connect の使用者や使用方法は管理可能です。WebEx Connect の管理パネルを使用して、組織内の個人やグループのポリシーを管理し、世界各地のリモート ワーカーや従業員のポリシーをカスタマイズできます。組織全体で機能を有効/無効化してセキュリティ ポリシーを適用することも、個別にきめ細かく権限を設定することも可能です。

SaaS ベースの IM と Cisco Unified Communications Manager を統合して最大限の柔軟性を発揮

ハードウェアやメンテナンス リソースを追加することなく、IM の対象範囲をグローバルに拡張できます。トラフィック、セキュリティ、更新の管理を行う WebEx Collaboration Cloud で提供される、SaaS ベースのインスタント メッセージング機能を利用することで、IT 担当者はミッションクリティカルなオンプレミス(自社運用)アクティビティの管理から解放されます。

自分の PC から直接、自社ベースの Cisco Unified Communications サービス(ソフトフォン、通話中制御、ボイスメール、デスクフォン制御、電話のプレゼンスなど)を使用して、場所を問わずにコラボレーションできます。

迅速かつ簡単に導入して総所有コストを削減し、デスクトップ統合の利便性と組み合わせることで、オンプレミス ネットワーク サービスの制御(帯域幅の管理や企業ポリシーの制御など)を可能にする、スケーラブルでコスト効率の高いコミュニケーション システムが実現します。

注目のコンテンツ

Cisco WebEx Connect データ シート (PDF - 1.06 MB)
Cisco WebEx Connect を利用すれば、社員、パートナー、お客様とセキュアにコラボレーションできます。

Cisco WebEx Collaboration Cloud
Cisco WebEx 会議アプリケーションは、お客様が求める高速で信頼性の高い、高度なセキュリティ パフォーマンスを備えたリアルタイムのグローバル ネットワーク、Cisco WebEx Collaboration Cloud で実行されます。

Cisco WebEx Connect ビデオ データシート

Cisco WebEx Connect の機能と特長について、ビデオで説明します。


 

お問い合わせ