Cisco WebEx Connect IM

WebEx Connect:新機能

Cisco WebEx Connect の最新バージョンで追加された新機能と拡張された機能について説明します。WebEx Connect C6.7 では、エンド ユーザの操作性が向上し、企業間およびビジネス アプリケーション間のコラボレーションがさらに拡張されました。このリリースには次のような機能があります。

Microsoft OCS および IBM SameTime との XMPP プレゼンス フェデレーション

WebEx Connect C6.7 では、Microsoft OCS および IBM SameTime とのプレゼンス フェデレーションを有効にできます。これらの他のベンダー ソリューションを使用しているパートナー、ベンダー、お客様とのコラボレーションを行う場合にも、プレゼンス ステータスを共有し、インスタント メッセージを使用してコミュニケーションすることが可能です。

Microsoft Office、Outlook および SharePoint との統合

Microsoft Office、Outlook、SharePoint から直接プレゼンス情報を表示して、相手先の応答可能性を確認できます。また、クリック操作でインスタント メッセージングのセッションを開始したり、電話をかけたりできます。社内ディレクトリで電話番号を調べる必要はありません。これらの機能は業務プロセスの効率化に役立ち、従業員はすばやくお客様に対応することができ、販売サイクルや市場投入までの時間を短縮できるようになります。

画面のキャプチャ

デスクトップの画面をキャプチャして電子メールで送信する代わりに、IM で簡単に画像を送信できるようになりました。これにより、状況に応じたコラボレーションをよりすばやく簡単に実行でき、電子メールの受信トレイの容量も節約できます。

Plantronics PURE ヘッドセットのサポート

WebEx Connect をソフトフォンとして使用している場合は、Plantronics 社製のヘッドセットを使用して、コールの応答、切断、ミュート、音量の調節を実行できます。これによって、コールが長引く場合も、コンピュータから離れて会話を続行できるようになります。

操作性の向上

WebEx Connect をより使いやすくするため、さまざまな改善が行われました。IM の会話のスクロール操作と読みやすさが改善され、連絡先とグループの管理や、スピーカー、マイクロフォンなどさまざまなオーディオ デバイスの利用が簡単になりました。また、ショートカット キーが強化され、すばやいナビゲーションが可能になりました。

注目のコンテンツ

Cisco WebEx Connect データ シート (PDF - 1.06 MB)
Cisco WebEx Connect を利用すれば、社員、パートナー、お客様とセキュアにコラボレーションできます。

Cisco WebEx Collaboration Cloud
Cisco WebEx 会議アプリケーションは、お客様が求める高速で信頼性の高い、高度なセキュリティ パフォーマンスを備えたリアルタイムのグローバル ネットワーク、Cisco WebEx Collaboration Cloud で実行されます。

Cisco WebEx Connect ビデオ データシート

Cisco WebEx Connect の機能と特長について、ビデオで説明します。


 

お問い合わせ