Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

Cisco TelePresence Video Communication Server データ シート

データ シート





Cisco TelePresence Video Communication Server



Cisco TelePresence Video Communication Server:高度なアプリケーションと セッション管理


製品概要


図 1 Cisco TelePresence Video Communication Server

図 1 Cisco TelePresence Video Communication Server


Cisco TelePresence® Video Communication Server(Cisco VCS)は、テレプレゼンス会議のセッション管理と制御を簡素化します。柔軟で拡張性に優れた会議アプリケーションを備えているため、従業員の生産性が向上し、パートナーやお客様とのコミュニケーションが強化されます(図 1)。

Cisco VCS は、Cisco TelePresence Provisioning 2.0 機能を活用することで、優れた拡張性と復元力、安全なコミュニケーション、簡素化された大規模なプロビジョニングとネットワーク管理を実現します。

Cisco VCS は、Cisco® Unified Communications Manager(Cisco UCM)とシームレスに連動し、Cisco UCM を導入している組織に豊富なテレプレゼンス サービスを提供します。また、サードパーティ製のユニファイド コミュニケーション、IP テレフォニー ネットワーク、Voice over IP(VoIP)システムとの相互運用も可能です。

Cisco VCS は、アプライアンスとしても VMware 上の仮想化アプリケーションとしても導入でき、Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS™)プラットフォームもサポートしています。

Cisco VCS は、組織内で使用する Cisco TelePresence Video Communication Server Control(Cisco VCS Control)として、または外部と通信するための Cisco TelePresence Video Communication Server Expressway(Cisco VCS Expressway)として導入できます(図 2)。Cisco VCS Expressway は、Cisco VCS Control の機能を備えており、安全性の高いファイアウォール越え機能で強化されています。Cisco VCS Starter Pack Express は、Cisco VCS Expressway に代わる、中堅・中小企業(SMB)に適したソリューションです。導入可能なオプション パッケージには、Cisco TelePresence FindMe(FindMe)、デバイス プロビジョニング機能、デュアル ネットワーク インターフェイス(Cisco VCS Expressway のみ)などがあります。

図 2 Cisco VCS Control と Cisco VCS Expressway

図 2 Cisco VCS Control と Cisco VCS Expressway


Cisco VCS Control


Cisco VCS Control は、Any-to-Any のエンタープライズ規模の会議やセッション管理機能およびインターワーキング機能を提供します。Session Initiation Protocol(SIP)準拠および H.323 準拠のエンドポイント間でのインターワーキングや、サードパーティ製エンドポイントとのインターワーキングが可能になり、テレプレゼンス会議の対象範囲が広がります。Cisco UCM と統合すると、サードパーティ製 IP 構内交換機(IP PBX)ソリューションをサポートできます。Cisco VCS Control により、ルーティング、ダイヤル プラン、帯域幅の使用率などの定義をはじめとする、クリエイティブなセッション管理に必要なツールが導入され、同時に、組織レベルの要件に合わせてカスタマイズされたコール管理アプリケーションの定義が可能になります(図 3)。

図 3 ネットワーク内の Cisco VCS Control

図 3 ネットワーク内の Cisco VCS Control


機能と利点


Cisco VCS のメリットは次のとおりです。

  • 広大な対象範囲:Any-to-Any の相互運用性により、標準ベースおよびサードパーティのクライアント ユーザ間のビデオ コミュニケーションが容易になります。
  • 効率的な会議管理:管理者は、直感的に使える Web ユーザ インターフェイスを通じて、問題が起きないように会議を監視および構成できます。これにより、帯域幅の使用率をリアルタイムで最適化して、優れたビデオ エクスペリエンスを提供できます。
  • 高い拡張性:クラスタリング サービスとポリシー サービスの統合などの機能を備えた Cisco VCS は、企業の成長に対応するように設計されています。使用率の増加に合わせてスムーズに拡張できるため、ビデオ インフラストラクチャへの投資を保護できます。
  • コミュニケーションの場:FindMe を使用することで、ユーザは常につながることができます。
  • 拡張されたテレプレゼンス機能:Cisco UCM と統合することで、ユーザにとって使いやすいものとなり、個々のエンドポイントの機能に関係なく、企業内にある SIP 準拠および H.323 準拠のエンドポイント間でインターワーキングが促進されます。
  • 省スペース:このソリューションには、プレゼンス サーバ、H.323 ゲートキーパー、SIP プロキシ、SIP レジストラの機能が組み込まれています。
  • 安全:Cisco VCS の安全性は業界でも認められており、管理者はネットワーク セキュリティに不安がありません。
  • 差別化:ポリシー サービスの統合とダイヤル プランの構成を通じて、カスタマイズ可能な柔軟性の高いテレプレゼンス ソリューションを開発して、価値を提供し、増え続けるお客様の要件を満たすことができます。
  • 柔軟性:管理者は、組織のニーズに応じて Cisco VCS をアプライアンスまたは仮想アプリケーションとして導入できます。

Cisco VCS の機能は次のとおりです。

  • SIP レジストラ、SIP プロキシ サーバ、プレゼンス サーバ、プレゼンス ユーザ エージェント:Cisco VCS は SIP プロトコルをサポートして、SIP レジストラとして機能し、登録されたエンドポイントのレコード アドレスを格納し、SIP プロキシ サーバとして SIP 要求を転送します。また、SIP for Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions(SIMPLE)プロトコルをサポートし、プレゼンス サーバおよびプレゼンス ユーザ エージェントとして機能することができます。
  • H.323 ゲートキーパー:Cisco VCS には H.323 ゲートキーパー機能が備わっています。H.323 エンドポイントからの登録を承認し、アドレス変換やアドミッション制御などのコール制御機能を提供します。
  • 相互運用性とインターワーキング:Cisco VCS により、SIP および H.323 規格に準拠したエンドポイント間で相互運用が実現します。IBM Lotus Sametime、Microsoft Office Communicator Server(OCS)、Microsoft Lync のエンドポイントとの通信もサポートしています。
  • IPv4 と IPv6:Cisco VCS は、IPv4 と IPv6 のインターワーキングにより、IPv4 と IPv6 をサポートします。
  • ゾーンと帯域幅の管理:Cisco VCS は、サイト、エンドポイント、エンドポイント グループ間の帯域幅の割り当て管理をサポートします。ゾーン間およびゾーン内のコールで使用可能な帯域幅の量を指定することができ、使用する帯域幅の選択やコールの優先順位付けの制御が可能になります。Cisco VCS の帯域幅管理機能には、次のような特長があります。
    • 指定ゾーンとデフォルト ゾーンを使った、柔軟でカスタマイズ可能なゾーン構成
    • コールごとおよび総利用ベースでの帯域幅管理。ローカル サブゾーン内およびネイバー システムとゾーンに対して個別に設定可能
    • 利用可能な帯域幅を超過したコールに対する自動ダウンスピード オプション
    • 以下に対応するデフォルト設定:
  • Cisco UCM ネイバー ゾーン
  • Cisco TelePresence Advanced Media Gateway
  • Microsoft OCS 2007 および Microsoft Lync のネイバー ゾーン
  • Nortel Communication Server ネイバー ゾーン
  • ダイヤル プランとコールルーティング制御:管理者は、Cisco VCS でダイヤル プランを作成して、ネットワーク内で処理されるコールを定義できます。送信元/宛先アドレス情報を変換して、汎用的なルーティング ルールを定義することもできます。ダイヤル プランは、次のようなコール要素をベースにすることができます。
    • 送信元/宛先アドレス、ゾーン、またはサブゾーン構成
    • 認証済みまたは未承認のエンドポイント向けのコール ポリシー
    • FindMe™ の設定
  • 認証:認証済みのエンドポイントも未承認のエンドポイントも同じ VCS に登録し、各エンドポイントの認証ステータスに基づいて運用を制御できるように、Cisco VCS を設定することができます。Cisco VCS では、次をサポートします。
    • H.325 認証
    • SIP ダイジェスト認証
    • Windows NT LAN Manager(NTLM)認証
    • 許可/拒否リストを通じて、登録可能なエンドポイントの選択を制御
    • Cisco TelePresence Movi のために Microsoft Active Directory(AD)を統合
    • Active Directory を通じた管理者認証
    • 軽量ディレクトリ アクセス プロトコル(LDAP)でアクセス可能な H.350 ディレクトリとの統合
  • ポリシー サービス:ポリシー サービス インターフェイスを使用して、組織内に適用するコール ポリシーを定義できます。たとえば、時間帯、送信元/宛先アドレス、またはさらに複雑なアルゴリズムに基づいて、コールの処理を変えることができます。ポリシー サービス インターフェイスは呼処理言語(CPL)をサポートしています。
  • クラスタリング:Cisco VCS は、スタンドアロン システムとして、またはキャパシティと冗長性を向上させるクラスタ構成内で機能できます。Cisco VCS クラスタリングは、次をサポートします。
    • 最大 6 台の Cisco VCS ピアのクラスタリング
    • クラスタ内でのコール ライセンスの共有
  • 管理:Cisco VCS には、ネットワーク構成をセットアップ、管理、モニタリングできる、管理用インターフェイスが備わっています。Cisco VCS の管理機能は次のとおりです。
    • 初期設定のための内蔵セットアップ ウィザード
    • システムおよびステータスの概要
    • 高度な診断サポート
    • Web インターフェイス、Telnet、Secure Shell(SSH)Protocol、Secure HTTP(HTTPS)を通じたシステム管理
    • Cisco TelePresence Management Suite(TMS)との統合で、スケーラブルなプロビジョニングと構成を実現

オプション機能は次のとおりです。

  • Cisco TelePresence FindMe™
  • Cisco TelePresence Multiway
  • デバイスのプロビジョニング
  • Microsoft Office Communications Server 2007 Enhanced Interoperability オプション
  • Advanced Account Security Joint Interoperability Test Command(JITC)

Cisco VCS 1 台の容量は次のとおりです。

  • 最大 2500 件の登録
  • 最大 500 件の非トラバーサル コール
  • 最大 100 件のトラバーサル コール
  • 最大 1000 件のサブゾーン

Cisco VCS 6 台分のクラスタの容量は次のとおりです。

  • 最大 10,000 件の登録
  • 最大 2,000 件の非トラバーサル コール
  • 最大 400 件のトラバーサル コール

表 1 に Cisco VCS の基本仕様、表 2 にネットワーク、管理、セキュリティの仕様をまとめました。

表 1 Cisco VCS の仕様

機能 製品仕様
ユーザ インターフェイス
  • Internet Explorer 7、8、および 9、Firefox 3 以降、Chrome の Web インターフェイスをサポート
サポートされる Cisco TelePresence エンドポイント
  • H.323 または SIP 規格に準拠したすべてのビデオ会議デバイスおよびテレプレゼンス デバイスに対応。プロビジョニングと構成は Cisco TelePresence エンドポイントにのみ対応
管理インターフェイス
  • HTTP(S)、XML、Simple Network Management Protocol(SNMP v2 と v3)、セキュア コピー プロトコル(SCP)、SSH などの業界標準のサポート
  • 初期設定のための内蔵セットアップ ウィザード
  • Cisco TMS バージョン 12.5 以降と統合
  • コールのログと診断
アーキテクチャ (Cisco VCS アプライアンス)
  • 安全なアプライアンスベースのアーキテクチャ
  • フラッシュ メモリとハード ドライブ
復元力と信頼性
  • 6 台の冗長クラスタに導入可能
  • クラスタ全体でライセンスを共有可能
  • システムを再起動しても維持できる登録機能
  • クラスタの構成を複製可能
セッション制御と登録
  • H.323 および SIP のエンドポイントの手動登録をサポート
  • H.225/Q.931、H.245 コール制御ルート モードおよび非コール ルート モードをサポート
  • H.323-SIP インターワーキング暗号化をサポート
  • H.323-SIP インターワーキング DuoVideo をサポート
  • H.323 ID および E.164 のエイリアスとサービスの登録をサポート
  • グローバルな実装を可能にする Unicode(UTF-8)登録をサポート
  • Uniform Resource Identifier(URI)ダイヤリングをサポート
  • ネイバー設定された Cisco VCS、ボーダー コントローラ、ゲートキーパー間のダイレクト コール シグナリングをサポート
  • コール ポリシーとユーザ ポリシー(FindMe™)を含むコール ポリシー管理(RFC 3880)をサポート
  • マルチポイント コントロール ユニット(MCU)クラスタ向け会議ハンティングをサポート
  • コール ルート モードをサポート
  • コール ループ検出をサポート
ゾーン制御と帯域幅管理
  • リモート ゾーン モニタリングをサポート
  • リモート ゾーンの冗長化をサポート
  • 最大 200 のネイバー ゾーンをサポート(Cisco VCS、ボーダー コントローラ、ゲートキーパー、SIP プロキシを含む)
  • 帯域幅管理を可能にするサブゾーン エリア定義をサポート
  • 指定ゾーンとデフォルト ゾーンによる柔軟なゾーン構成をサポート
  • ネイバー ゾーンへのリクエスト転送をサポート
  • 登録制御(Open、Specifically Allow、Specifically Deny)をサポート
  • ゾーン間の帯域幅管理をサポート:コールごとに定義可能
    • コールあたりの最大帯域幅
    • 全ネイバー ゾーンの最大集約帯域幅
  • ゾーン内の帯域幅管理をサポート:コールごとに定義可能
    • コールあたりの最大帯域幅
    • 最大集約帯域幅
  • コールあたりの最大帯域幅を超過した場合のための自動ダウンスピードをサポート
  • ゲートウェイのロード バランシングをサポート
  • 自動ネットワーク フェールオーバーをサポート
  • ユーザと管理者に対する容量警告をサポート
言語
  • 英語
寸法(高さ X 幅 X 奥行)
  • 43.5 X 426 X 457.2 mm (1.72 X 16.8 X 18 インチ)
  • 1 ラック ユニット(RU)ラックマウント シャーシ
インターフェイス
  • 10/100/1000 BASE-TX イーサネット ポート(RJ-45)(前面)X 4
  • RS-232 コンソール ポート(RJ-45)(前面)X 1
重量
  • 8 kg(17.6 ポンド)(梱包なし)
電力
  • 自動検知 250 W(最大)580 BTU/時の電源
  • 90 〜 264 VAC 全範囲 @ 47 〜 63 Hz
冷却システム
  • システム冷却用の 40 mm ファン X 5
システム コントロールおよびインジケータ
  • 電源 LED X 1
  • アラーム LED X 1
  • 電源オン/オフ スイッチ(背面)X 1
  • Act/Link/10/100/1000 LED(イーサネット ポート上)X 4
動作環境
  • 動作温度:0 〜 40 °C(32 〜 104 °F)
  • 保管温度:-20 〜 60 °C(-4 〜 140 °F)
  • 相対湿度:10 〜 90 %(結露しないこと)
仮想環境のサーバ
  • Cisco UCS C200 M2 サーバ、UCS C210 M2 サーバ、または UCS B200 M2 サーバ
適合認定
  • LVD 73/23/EC
  • EMC 89/366/ECC
  • ICSA ラボ認定
  • Cisco VCS バージョン X7 は ICSA ラボ認定
受賞 受賞
認定および適合規格
  • 指令 73/23/EEC(低電圧指令)
  • 標準 EN 60950
  • 指令 89/336/EEC(EMC 指令)
  • 標準 EN 55022、クラス A
  • 標準 EN 55024
  • 標準 EN 61000-3-2/-3-3
  • UL 60950 および CAN/CSA C22.2 No. 60950 認証取得
  • FCC15B クラス A 準拠
  • 統合相互運用テスト コマンド(JITC)


表 2 Cisco VCS のネットワーク、管理、セキュリティの仕様

ネットワーク
  • ドメイン ネーム システム(DNS)アドレッシングをサポート
  • IPv4 と IPv6 を同時にサポート
  • IPv4 と IPv6 の変換サービスをサポート
インターフェイス
  • 10/100/1000 BASE-TX イーサネット ポート(RJ-45)(前面)X 4
  • RS-232 コンソール ポート(RJ-45)(前面)X 1
サポート対象 RFC
  • RFC 2543、3261、3264、1889、3265、3325、3515、3891、3892、2327、4566、5626、5627、5389、5766
セキュリティ
  • HTTPS、SSH、SCP によるセキュアな管理
  • セキュアなファイル転送
  • 非アクティブ タイムアウト
  • IP サービスのロック ダウン機能
  • HTTP(S)、Telnet、SSH、SCP 上で認証を要求
  • H.235 認証サポート
  • SIP シグナリングでのトランスポート レイヤ セキュリティ(TLS)
  • パスワードで保護されたロールベースの GUI ユーザ アクセス
  • 厳密なパスワードの強制機能
  • SSH の Telnet を経由したルート アクセスの無効化機能
管理
  • Telnet、HTTP(S)、XML、SNMP、SCP、SSH などの業界標準をサポート
  • 初期設定のための内蔵セットアップ ウィザード
  • Cisco TMS 12.6 以降による高度な管理サポートと構成
  • コールのログと診断
  • ローカル タイム ゾーン認識
  • ポート使用状況ツール


発注情報


Cisco VCS の購入方法については、「購入案内」および表 3 を参照してください。

表 3 Cisco VCS Control の発注情報

製品名 製品番号 準拠モデルの番号
Cisco Video Communication Server Control(VCS アプライアンス)
付属品:Video Communication Server、ゲートウェイ機能、デバイス プロビジョニング機能、ケーブル
注:VCS Control アプライアンスをご注文いただく場合は、最低 10 の非トラバーサル ライセンスを選択する必要があります
CTI-VCS-CONTRL-K9 TTC2-04
Cisco Video Communication Server Control(仮想化アプリケーション)
付属品:Video Communication Server、ゲートウェイ機能、デバイス プロビジョニング機能、FindMe™ 機能
注:VCS 仮想化アプリケーションをご注文いただく場合は、最低 10 の非トラバーサル ライセンスを選択する必要があります
R-VMVCS-CTRL-K9 TTC2-04
Cisco VCS Control の発注オプション
Cisco VCS Control の非トラバーサル コール X 10 LIC-VCS-10 なし
Cisco VCS Control の VCS Advanced Account Security(JITC) LIC-VCS-JITC なし
Cisco VCS Control の VCS Enhanced OCS Collaboration LIC-VCS-OCS なし
Cisco VCS Control の追加用非トラバーサル コール X 20 LIC-VCS-20 なし
Cisco VCS Control の追加用非トラバーサル コール X 50 LIC-VCS-50 なし
Cisco VCS Control の追加用非トラバーサル コール X 200 LIC-VCS-200 なし
Cisco VCS Control の追加用非トラバーサル コール X 300 LIC-VCS-300 なし
Cisco VCS Control 向けデバイスのプロビジョニングの有効化 LIC-VCS-DEVPROV なし
Cisco VCS Control 向け VCS FindMe™ アプリケーション (VCS アプライアンスのみ) LIC-VCS-FINDME なし


サービスとサポート


シスコは、お客様の成功を支援する幅広いサービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化し、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業の拡張を進めていただくために、シスコのサービスをぜひお役立てください。シスコの各種サービスについては、シスコ テクニカル サポート サービスまたはシスコ テレプレゼンス サービスを参照してください。

関連情報


Cisco VCS の詳細については、Cisco TelePresence Video Communication Server をご覧ください。または、担当のシスコ アカウント マネージャまでお問い合わせください。