Supervisor Engine 720/720-3B/720-3BXL

イントロダクション

 

シスコのモジュラ型 マルチレイヤ スイッチの最上位機種であるCatalystョ 6500シリーズは、ワイヤリング クローゼットからコア、データセンター、WANエッジに至るまで、さまざまなニーズに応えるセキュアな統合サービスを提供します。Supervisor Engine 720ファミリは、総所有コスト(TCO)のさらなる削減を目的としたCatalyst 6500の第3世代スーパーバイザ エンジンです。
Supervisor Engine 720ファミリには、WS-SUP720、WS-SUP720-3B、WS-SUP720-3BXLの3モデルがあり、それぞれ搭載されているPFC3の種類が異なります。
Supervisor Engine 720ファミリの機能および特長は、以下のとおりです。

  • Catalyst 6500の既存の構成での投資保護を強化し、あらゆる既存モジュールとの完全な互換性を維持
  • ハードウェアで高速化したIPv6、Multiprotocol Label Switching(MPLS;マルチプロトコル ラベル スイッチング)、Generic Routing Encapsulation(GRE;総称ルーティング カプセル化)、およびNetwork Address Translation(NAT;ネットワーク アドレス変換)を使用する新しいアプリケーションとサービスの実現
  • 第3世代Policy Feature Card(PFC3;第3世代ポリシー フィーチャ カード)をはじめとする新たなルーティング⁄フォワーディング エンジンと高性能な720 Gbpsスイッチ ファブリック バックプレーンの統合(第3世代ポリシー フィーチャ カード[PFC3]を含む)により、スロットの利用効率を向上
  • スケーラブルで予測可能なパフォーマンスを提供:Cisco Express Forwarding(CEF)を使用した中央集中型フォワーディングの場合48 Mpps/720 Gbps、高速CEFの場合400 Mpps(最大)/720 Gbps、dCEFの場合400 Mpps(継続)/720 Gbps
  • ネットワーク運用の簡素化と多岐に渡る機能
  • 高性能なバックボーンやデータセンター サービス プロバイダー、エンタープライズ環境に最適
製品資料
データシート

お問い合わせ