Cisco SCE 10000 シリーズ サービス コントロール エンジン

Cisco Service Control Engine 10000

データ シート





Cisco Service Control Engine 10000



Cisco® Service Control Engine 10000(SCE 10000)は、大容量を備えたキャリア グレード ネットワークにおいて、ステートフル アプリケーションおよびセッションベースの分類を実行し、アプリケーションレベルの IP トラフィックを加入者単位で管理できるように設計されています。SCE 10000 は、Cisco SCE 製品ファミリの中で最高のパフォーマンスと容量を誇り、複数の 10 ギガビット インターフェイスをサポートします。


図 1 Cisco Service Control Engine 10000

図 1 Cisco Service Control Engine 10000


プロバイダーがこのプラットフォームを利用すると、あらゆるプロトコルで伝送されたコンテンツの識別、複雑なコンテンツベース アプリケーションの詳細分析や制御、セッションのリアルタイムでの優先順位付けを行うことができます。シスコのサービス コントロール テクノロジーは、伝送方法やコンテンツに依存しません。また、非常に拡張性が高く、完全にプログラミング可能で、既存のネットワーク ファブリックへの統合も容易です。これにより、ネットワーク リソースを最大限に活用してサービス レベルをカスタマイズし、加入者のエクスペリエンスを向上させることができます。この高性能でステートフルな専用のアーキテクチャを採用することで、事業者は、個々の加入者のニーズに合わせてカスタマイズされた一連のサービスを、高い利益率で配信できるようになります。

製品概要


サービス プロバイダーには、これまで以上にアプリケーションや加入者の使用パターンを把握することが求められています。さらに、ネットワーク帯域幅を管理し、革新的なサービスや機能を通じてサービス提供を強化および差別化する必要もあります。Cisco SCE 10000 は、大容量でステートフルなアプリケーション、セッションベースの分類、ならびに、すべての IP ネットワーク トラフィックの管理が必要な、キャリア グレードの導入向けに設計されています。複数の高速 x86 プロセッサによるフロー アクセラレーションを使用する、特許取得済みのアーキテクチャを採用した Cisco SCE 10000 は、Cisco Service Control Engine 製品ファミリのハイエンド モデルです。高度にプログラム可能なプラットフォームにより、単一の IP ネットワーク上で最大 2000 万個の双方向アプリケーション セッションを同時に追跡および管理できます。つまり、Cisco SCE 10000 は、IP 次世代ネットワーク(NGN)の容量とパフォーマンスの要件に合わせて拡張することができます。

Cisco SCE 10000 は、現在のサービス プロバイダー ネットワークのさまざまな容量に合わせて導入することが可能で、コア、アグリゲーションのピアリングポイント、およびエッジに統合して、アプリケーションレベルの帯域幅の高度な最適化、管理、サービス制御を実現できます。また、Cisco SCE 10000 は接続方法に依存しないため、あらゆる IP ネットワーク環境(ケーブル、有線、またはモバイル)で導入できます。導入にあたっては、高速の 10 ギガビット イーサネット インターフェイスを使用し、現在のサービス プロバイダー ネットワークのコア、アグリゲーション、およびエッジ要素に接続します。

ネットワークにおけるこのような重要な接続部分で使用される Cisco SCE 10000 は、高性能で可用性に優れた、堅牢なソリューションです。可用性と信頼性に優れた機能により、非常に厳しい現在のマルチメディア アプリケーションやサービスレベル契約(SLA)の要件にも対応できます。たとえば、シャーシ間だけでなくシャーシ内部にも冗長性が確保されているため、高い可用性が保証されます。また、Cisco SCE 10000 プラットフォームを複数導入することにより、高可用性とフェールオーバーを実現し、シングル ポイント障害を回避することができます。複数の Cisco SCE 10000 のクラスタ化によって高可用性を実現する N+1 トポロジもサポートしているため、ソリューションを線形的に拡張することも可能です。さらに、より高度なパフォーマンスと大容量を実現するために、このプラットフォームでは、特許を取得したシステム ロジックとステートフルなディープ パケット インスペクション(DPI)テクノロジーを採用しています。

このソリューションでは、ステートフルなプロトコル モニタリングによって Web ブラウジング(HTTP/HTTPS)、ストリーミング、ソーシャル メディア サービス、Voice over IP(VoIP)、Mobile Communications over IP(MoIP)、ピアツーピア(P2)アプリケーションなど、ほぼすべての IP ネットワーク アプリケーションを検出して管理できるようになります。サービス プロバイダーが Cisco SCE 10000 を利用した場合は、アプリケーションレベルのトラフィックを最適化することにより、ネットワークの輻輳や、それに関連するネットワーク容量のアップグレードを削減することができます。通信事業者が Cisco SCE 10000 を利用した場合は、1 枚の処理カードからマルチシャーシ ソリューションへと段階的にネットワークを拡張することができます。

サービス アプリケーション


Cisco SCE 10000 Service Control Engine は、Cisco SCE ファミリの中で最も高性能な製品で、Cisco Service Control Application for Broadband と組み合わせて使用すると、IP トラフィックをアプリケーションレベルで分類し、コンテンツベースのサービスを、特定の加入者またはグループ別に、リアルタイムで管理および制御できるようになります(図 2)。このソリューションにより、プログラム可能なアプリケーションによる検出と加入者の認識が可能になります。

図 2 Cisco Service Control Engine と Cisco Service Control Application

図 2 Cisco Service Control Engine と Cisco Service Control Application


主なメリット


優れたパフォーマンス

Cisco SCE 10000 は特許を取得したフロー アクセラレーション テクノロジーを使用して、キャリアグレードのパフォーマンスを実現します。また、シャーシ単位で 8 つの 10 ギガビット リンク、200 万人の加入者、および最大 2000 万の双方向フローに対応可能な容量を備えています。フロー アクセラレーションによって、遅延の影響を受けやすいトラフィックの優先順位付けが容易になり、ライン レートでのトラフィックのマーキングが迅速化するとともに、遅延が非常に少なくなり(数マイクロ秒程度)、輻輳時にドロップを生じさせることなく効率的にトラフィックをバイパスできるようになります。

マルチ 10 ギガビット ソリューション

Cisco SCE 10000 は、「マルチ 10 ギガビット」速度に対応したシスコの DPI ソリューションの基盤となります。Cisco SCE 10000 により、シスコは、現在のサービス プロバイダーの IP NGN に対して DPI テクノロジーで高性能なプラットフォームを提供できます。

Cisco SCE 10000 のクラスタは、マルチ 10 ギガビット リンクをサポートしたり、IP トラフィックのロードバランシングを行ったりするように構成できます。それと同時に、クラスタによって、各 IP セッションを同じ Cisco SCE 10000 で処理できるようになります。この堅牢性と拡張性に優れた構成により、既存のネットワーク機器への投資を保護しながら、トラフィックの増加に合わせて Cisco SCE 10000 を段階的に導入することで、成長に応じてソリューションを拡張できます(図 3)。

図 3 マルチ 10 ギガビット ソリューション

図 3 マルチ 10 ギガビット ソリューション


ステートフルなディープ パケット インスペクション

Cisco SCE 10000 では、パケットを個別のイベントとして処理するのではなく、アプリケーション セッションごとに個別のトラフィック フローとレイヤ 7 ステートを完全に再構築します。ステート情報を維持することで、Cisco SCE 10000 は動的に割り当てられたポート番号を使用するアプリケーションを容易に識別できます。また、(VoIP またはマルチメディア ストリーミング プロトコルによく見られる)複数の関連フローや生成フローを処理するアプリケーションを追跡できます。また、Cisco SCE 10000 は、データ フローのアドミッション ポリシーやセッション特性の制御の一環としてルールを適用します。

IP トラフィックをアプリケーションレベルで分類することによって、特定の加入者または加入者グループ別のリアルタイム分析やコンテンツベース サービスの制御が可能になります。リアルタイムの高度な制御機能には、詳細な帯域幅シェーピング、クォータ、およびリダイレクションなどがあり、これらは、プロトコル固有の、ステートに基づくトラフィック フロー分析を利用しています。

プログラマビリティ

Cisco SCE 10000 は、プログラミングや拡張が可能です。そのため、新しいプロトコルや IP トラフィックの管理要件に容易に適合させることができます。標準 ML(SML)は、特にサービス提供用に開発されたプログラミング言語ですが、これによって、Cisco SCE エンジンは、アプリケーションレベルの分析やトラフィックの最適化という動的な要件に対応できるようになり、同時に、HTTPS、Session Initiation Protocol(SIP)、リアルタイム ストリーミング プロトコル(RTSP)、難読化された P2P プロトコルなどの複雑なプロトコルを識別し、管理することができます。

Cisco SCE 10000 のプログラマビリティによって、通信事業者はネットワークへの投資を保護しながら、新しいプロトコルやアプリケーションのニーズの変化に自社のサービス制御インフラストラクチャを適合させることができるようになります。また、Cisco SCE 10000 が提供する柔軟で拡張性の高いネットワーク要素によって、アプリケーション トラフィックの全体的なサービス制御が可能になり、資本設備と運用コストを削減できます。

統合と管理

Cisco SCE 10000 Service Control Engine は、業界標準の API を使用して既存のネットワーク インフラストラクチャ、管理、プロビジョニング、運用、およびサポート システムを統合します。

強力な管理機能とインフラストラクチャは、設定、モニタリング、および障害管理用にコマンド ライン インターフェイス(CLI)と簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)をサポートしているため、透過的な導入や相互運用を容易に行うことができます。さらに、サービスの管理および提供用に、Extensible Markup Language(XML)および GUI ベースのインターフェイスが用意されています。

下位互換性

Cisco SCE10000 は、Cisco Service Control Collection Manager、Cisco Service Control Subscriber Manager、Cisco Service Control Application for Broadband(SCA-BB)、Cisco Insight など、サービス コントロール エンジンの既存のソリューション コンポーネントのすべてと下位互換性があります。そのため、Cisco SCE 10000 ではネットワーク全体を再構築する必要がなく、お客様は Cisco SCE 8000 プラットフォームと接続している既存のソリューション コンポーネントをすべて維持したまま、Cisco SCE 8000 Service Control Engine を Cisco SCE 10000 プラットフォームに置き換えることが可能です。統合に必要な時間が短縮されるため、運用コスト(OpEx)を削減できます。

機能

Cisco SCE 10000 は、広範な IP トラフィックを管理しながら、高いスループットと多数の加入者の同時サポートを実現します。さらに、フェールオーバー保護機能も備えているため、アプリケーションレベルのトラフィック管理において、シングル ポイント障害を発生させないようにすることができます。この強力なソリューションは、2 ラック ユニット(RU)のフォーム ファクタで提供されます(表 1)。

表 1 Cisco SCE 10000 の機能

機能 メリット
トラフィック処理
プログラミング可能なプロトコル検出
  • 2200 を超えるシグニチャのサポート
  • 新たなプロトコルに対する拡張性の高いサポート
  • 適応型ピアツーピア(P2P)認識
  • 非対称トラフィック分類のサポート
  • ヒューリスティック シグニチャによる難読化されたプロトコルの分類
差別化されたサービス クラス(CoS) 以下に対応
  • Differentiated Services(DiffServ)
  • Type of Service(ToS)バイト
加入者管理
  • 個々の加入者単位でのトラフィック フローの分類と制御
  • 加入者のネットワーク リソース使用状況の管理およびレポート(分析および請求用)
  • 前払いコンテンツ課金に対する加入者のクォータ
  • RADIUS リレーまたは RADIUS スニッフィングによる RADIUS 環境との統合
  • ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)リース クエリーまたは DHCP スニッフィングによる DHCP 環境との統合
  • ポリシー サーバと加入者を統合する Direct API
  • Simple Object Access Protocol(SOAP)サーバとの統合によるポリシー情報の取得
  • ケーブル導入で加入者認識とケーブル モデム終端システム(CMTS)認識を実現する Internet Protocol Detail Record(IPDR)プロトコルのサポート
  • ポリシー プロビジョニングおよびクォータ モニタリングに対する Gx インターフェイスのサポート
  • オンライン課金に対する Gy インターフェイスのサポート
  • 複数のサードパーティ ポリシー サーバとの統合
管理ツール
  • GUI 方式のポリシー エディタ
  • GUI 方式のシグニチャ エディタ
  • GUI 方式のレポート ツール
  • GUI 方式の加入者マネージャ
  • 複数デバイスの管理に対応したネットワーク ナビゲータ
    • ポリシーおよびルール ベースのバッチ配信
    • 新しいシグニチャおよびプロトコルのバッチ配信
    • デバイスをサイトへ論理グループ化
    • ソフトウェア更新ウィザード
容量とパフォーマンス1
最大スループット 最大 60 Gbps2
同時処理可能な加入者数 最大 2,000,000 人
同時処理可能な双方向フロー数 最大 20,000,000
信頼性、可用性、有用性(RAS)、およびフェールオーバー
高可用性 N+1 冗長性とロード バランシングを実現するマルチ 10 ギガビット ソリューション
システム バイパスによるリンク保護 10 ギガビット インターフェイス カード内の内蔵型光バイパス モジュールのサポート
現場交換可能ユニット 電源装置、メモリ、プロセッサ、インターフェイス カード、レール キット、RAID コントローラ、ストレージ
内部冗長
  • 冗長電源
  • 冗長ストレージ
  • 冗長ファン
入力電源 AC/DC 電源(デュアル入力)
統合と管理
統合 統合を容易にする業界標準の API
  • プロビジョニング システム
  • オペレーション サポート システム(OSS)
  • 管理システム
  • 請求システム
管理 強力な管理機能:
  • GUI ベースのインターフェイスによるサービス管理
  • CLI および SNMP インターフェイスによる設定、モニタリング、障害管理


1 Cisco SCE 10000 の容量とパフォーマンス
2 トラフィックの構成によって異なります
3 Cisco SCE 10000 が処理を開始するすべてのフローを指します

製品仕様


表 2 Cisco SCE 10000 Service Control Engine の製品仕様

仕様 説明
モデル Cisco SCE 10000 Service Control Engine
管理インターフェイス 10/100/1000 Mbps イーサネット RJ-45 X 4
コンソール インターフェイス Cisco Integrated Management Controller
光バイパス インターフェイス インターフェイスに内蔵
インターフェイス 2 X 10 ギガビット イーサネット X 4(次のバリエーションをサポートする組み込み光ファイバを使用):
  • シングルモード長距離(LR)ファイバ 1310 nm
  • マルチモード短距離(SR)ファイバ 850 nm
重量 26.5 Kg/58.5 ポンド4
物理寸法(高さ X 幅 X 奥行) 2 RU:8.9 X 48.1 X 80 cm(3.4 X 18.9 X 31.5 インチ)
取り付け 2 RU
温度:動作時 -5 〜 55 °C(23 〜 131 °F)
温度:非動作時 -40 〜 70 °C(-40 〜 158 °F)
湿度:動作時 10 〜 93 %
湿度:非動作時 5 〜 93 %(結露しないこと)
電源 電源ユニット:
  • 公称 200 〜 240 VAC(範囲:180 〜 264 VAC)、公称 50 〜 60 Hz(範囲:47 〜 63 Hz)
  • 930 W -48V DC 電源
電力消費:
  • 400W(AC 電源)、500W(DC 電源)
冷却とエアーフロー 冗長冷却ファン
法規制の遵守 EMC:
  • FCC Part 15(CFR 47)クラス A、ICES-003 クラス A、EN55022 クラス A
  • CISPR22 クラス A、AS/NZS CISPR22 クラス A、VCCI クラス A、EN55024
  • ETS300 386、EN50082-1、EN61000-3-2、EN61000-3-3
安全性:
  • UL 60950、IEC 60950-1、EN 60950-1
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1、AS/NZS 60950.1
安全性および環境に関する適合標準規格 GR-63-Core NEBS レベル 3 および GR-1089-Core NEBS レベル 3 の認定を申請中
  • ETSI 300 019 Storage クラス 1.1、ETSI 300 019 Transportationクラス 2.3
  • ETSI 300 019 Stationary Use クラス 3.1
ソフトウェア リリースの最小要件 Cisco Service Control Software リリース 5.0.0


4 AC 電源 X 2、HDD X 2、SR カード X 4、DIMM X 32 の完全構成

発注情報


View Only ライセンス

View Only ライセンスを利用すると、システムのトラフィック分類およびレポート機能を使用して、アプリケーションのアクティビティに関する詳細な分析と統計情報の収集を行うことができます。このライセンスは、プロバイダーがネットワーク アクティビティを把握して、キャパシティ プランニング、使用状況調査、および市場調査を行う場合に使用されます。

Report and Monitor ライセンス

Report and Monitor ライセンスは、トラフィック分類とレポート機能を使用して、加入者別にアクティビティの詳細な分析と統計情報の収集を行いたい場合に使用します。このライセンスを使用すると、加入者認識のためにシステムをバックエンド AAA、DHCP、またはポリシーサーバ インフラストラクチャと統合できます。このライセンスは、レポートおよびモニタリングにのみ使用可能で、グローバル制御または加入者単位の制御には使用できません。

Capacity Control ライセンス

Capacity Control ライセンスは、グローバルなトラフィック管理を行い、プラットフォームを使用してアプリケーション トラフィックを最適化する場合に適用されます。このライセンスでは、プラットフォームはバックエンドの AAA、DHCP、またはポリシーサーバ インフラストラクチャと統合されず、加入者別トラフィックのモニタリングや管理を行うことはできませんが、グローバルまたは匿名ポリシーを加入者グループに適用することができます。このライセンスは、プロバイダーが、高度なネットワーク管理アプリケーションによってパフォーマンスの向上とネットワーク リソースの最適化を図る場合に使用します。

Tiered Control ライセンス

Tiered Control ライセンスを利用すると、アプリケーション スイートを使用して、加入者ごとに個別化されたポリシーを提供できます。加入者ごとの制御ポリシーを設定したシステムを認証および登録 OSS システム(RADIUS、DHCP、またはポリシー サーバ)に統合し、加入者のセッションとその制御ポリシーに割り当てられた IP アドレスを動的に結合できます。このライセンスは、プロバイダーが新しいデータ サービスを作成し、その加入者に階層型ネットワークのエクスペリエンスを提供する場合に使用します。

表 3 Cisco SCE 10000 Service Control Engine の発注情報

説明 製品番号
Cisco SCE 10000 Service Control Engine 構成バンドル SCE10000-CONFIG
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、LR NIC X 4、DC 電源ユニット X 2、SSD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-LDS-BUN
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、SR NIC X 4、DC 電源ユニット X 2、SSD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-SDS-BUN
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、LR NIC X 4、AC 電源ユニット X 2、HDD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-LAH-BUN
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、SR NIC X 4、AC 電源ユニット X 2、HDD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-SAH-BUN
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、LR NIC X 4、AC 電源ユニット X 2、SSD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-LAS-BUN
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、SR NIC X 4、AC 電源ユニット X 2、SSD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-SAS-BUN
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、LR NIC X 4、DC 電源ユニット X 2、HDD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-LDH-BUN
Cisco SCE 10000 バンドル(シャーシ、SR NIC X 4、DC 電源ユニット X 2、HDD ストレージ ユニット X 2) SCE10000-SDH-BUN
Cisco Service Control Application View Only L-SCE10000-VO
Cisco Service Control Application Monitor and Report L-SCE10000-MR
Cisco Service Control Application Capacity Control L-SCE10000-CC
Cisco Service Control Application Tiered Control L-SCE10000-TC
Cisco Service Control Application Tiered Control SCA-BB-TC-XXX-R3*
Cisco Service Control Insight ライセンス L-INSIGHT-SCE10000
Cisco Service Control Subscriber Manager ライセンス L-SCMS-NG-SM


* XXX は加入者数(250,000、500,000、または 1,000,000)を表します。

サービスとサポート


シスコは、お客様の成功を支援する幅広いサービス プログラムを用意しています。これらの画期的なサービス プログラムは、人材、プロセス、ツール、パートナーを独自に組み合わせて提供するものであり、お客様からも高い評価を受けています。シスコのサービスは、ネットワーク インテリジェンスおよびビジネスの能力を高めるためのネットワーク投資の保護、ネットワーク運用の最適化、および新しいアプリケーションのためのネットワークの準備を支援します。シスコ サービスの詳細については、シスコ テクニカル サポート サービスまたはシスコ アドバンスド サービスを参照してください。

詳細情報


Cisco Service Control の詳細については http://www.cisco.com/web/JP/index.html を参照してください。