Cisco SCE 10000 シリーズ サービス コントロール エンジン

イントロダクション

加入者トラフィックの管理を改善

Cisco Service Control Engine(SCE)10000 シリーズは、大容量でステートフルなアプリケーションとセッションベースの分類が必要とされる、キャリアグレードの導入向けに設計されています。アプリケーション レベルの IP トラフィックを加入者単位で制御および管理しやすくします。

優れたパフォーマンス

Cisco SCE 10000 は、高い負荷がかかる状況でも優れたパフォーマンスを実現できるように設計されています。特許を取得したフロー アクセラレーション テクノロジーを使用して、以下を可能にします。

  • 遅延の影響を受けやすいトラフィックの優先順位付けと、ライン レートでのトラフィック マーキングの迅速化
  • 非常に遅延の少ない運用(数マイクロ秒程度)
  • 輻輳時にサービス損失を生じさせることなく、効率的にトラフィックをバイパス

下位互換性

Cisco SCE 10000 は、Cisco SCE 8000 Service Control Engine(SCE 8000)の既存ソリューション コンポーネントとの下位互換性を維持するように設計されているため、以下が可能になります。

  • SCE 8000 と SCE 10000 の容易な交換(PCRF(ポリシーおよび課金ルール機能)またはポリシー サーバ、Subscriber Manager、Collection Manager、Insight などの既存ソリューション コンポーネントはすべて維持可能)
  • 統合の加速化および運用コスト(OpEx)の削減

仕様の概要

機能 メリット
最大スループット 最大 60 Gbps
同時処理可能な加入者数 最大 2,000,000 人
同時処理可能な双方向フロー数 最大 20,000,000
管理インターフェイス 10/100/1000 Mbps イーサネット RJ-45 X 4
インターフェイス 2 X 10 ギガビット イーサネット X 4(次のバリエーションをサポートする組み込み光ファイバを使用):
  • シングルモード長距離(LR)ファイバ 1310 nm
  • マルチモード短距離(SR)ファイバ 850 nm
重量 26.5 kg、58.5 ポンド
物理寸法(高さ X 幅 X 奥行) 2 RU:8.9 X 48.1 X 80 cm (3.4 X 18.9 X 31.5 インチ)
取り付け 2 RU
電源 電源ユニット:
公称 200 〜 240 VAC(範囲:180 〜 264 VAC)、公称 50 〜 60 Hz(範囲:47 〜 63 Hz)、930 W - 48 V DC 電源
消費電力: 400 W(AC 電源)、500 W(DC 電源)
冷却とエアーフロー 冗長冷却ファン
製品資料

お問い合わせ