Cisco Prime Network Registrar

Cisco Prime Network Registrar 8.1

データ シート





Cisco Prime Network Registrar 8.1



企業では、Voice over IP(VoIP)、IP ビデオ会議、ワイヤレス、クラウド コンピューティング、仮想化などといった新しい IP サービスやテクノロジーの導入に伴い、所有する IP ネットワークとトラフィックの規模が急激に拡大し、複雑さも増しています。また、ネットワーク上のデバイスの数も急増しており、それぞれが固有の IP アドレスを必要としています。IP アドレス空間、およびドメイン ネーム システム(DNS)サーバとダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)サーバの設定の管理は、近いうちに手に負えない規模に達することが予想されます。


スプレッドシート、独自開発システム、旧バージョンの IPAM ソフトウェアといった従来型の IP アドレス管理(IPAM)ツールは、技術的に時代遅れになりつつあり、現在の環境では信頼性と拡張性も失われています。新しい、複雑さの増した IPv6 ネットワークでは、より動的なアドレス管理が求められています。現在の企業に必要なのは、ネットワーク内で使用される IP アドレス空間を計画、追跡、管理する、フル機能の自動化された IPAM ソリューションです。

製品概要


Cisco Prime™ Network Registrar は、高性能でスケーラブルな信頼性の高いソリューションであり、統合された DNS、DHCP、IPAM(DDI)サービスを提供して IP アドレスの管理と IPv6 への移行を簡素化します。

このソリューションには、次の統合型コンポーネントとそれぞれに対応するサービスが含まれています(いずれも IPv4 と IPv6 の両方をサポート)。

  • デバイス ネットワーク アクセス用の単一の DHCP サーバ
  • IP アドレス変換とサービス提供用の単一の DNS サーバ
  • キャッシュ汚染やその他の攻撃を防ぐ DNS Security Extensions(DNSSEC)に対応した DNS キャッシュ サーバ
  • すべての IP アドレス要件を自動化し、管理する、強力かつ包括的な IPAM システム

主な機能


管理性:Cisco Prime Network Registrar は、管理および制御が一元的に行われる、使いやすく、信頼性の高い、統合された IPAM ソリューションを提供します。管理は自動化によって簡素化されます。これにより、ネットワーク オペレータは運用を大幅に効率化することが可能になり、IP とネットワークの急速な拡大に対処できるようになります。さらに、IP アドレスの競合と設定エラーがなくなります。これにより、DHCP サービスと DNS サービスのダウンタイムが短縮され、ネットワーク運用コストが削減されます。IP アドレスを自動的に検出、追跡、割り振り、再利用する機能と、IP データをモデル化するツールを利用することにより、手動によるシステムから組織を簡単に移行させることができます。

可視性:Cisco Prime Network Registrar の DNS ダッシュボードと DHCP ダッシュボードは、IPv4 と IPv6 のネットワーク、サブネットの使用状況、およびデバイス接続をリアルタイムに可視化し、トラブルシューティングの時間を短縮できます。直感的なグラフィカル ユーザ インターフェイスにより使いやすくなっています。IPAM コンポーネントでは、詳細な IP 監査レポートと診断を実行でき、アドレスの枯渇が近いことを通知するしきい値やアラートをオペレータが指定することもできます。

柔軟性と管理:Cisco Prime Network Registrar の IPAM によって提供される高レベルのコントロールは、組織が独自のポリシーおよび手順に従って IP 空間を管理することを可能にし、ネットワーク モニタリングをビジネス要件に沿って実施できます。特許取得済みの柔軟なコンテナ メカニズムを利用することにより、ユーザは、IP アドレス空間を、導入するトポロジ、地域、およびルータの関連付けに従って編成することができ、それにより、管理が大幅に簡素化されます。この柔軟なコンテナ モデルにより、直感的な方法で IP ブロックをサイトにマッピングできます。管理者のロール、コントロール、レポートが明確に指定されることにより、説明責任が明確化し、監査機能が向上します。DNS および DHCP についてきめ細かいロールベースの IPAM 委任を利用することにより、複数の管理者がシステムを管理できます(少数の IT リソースに基づいて管理する必要がなくなります)。

IPv4 から IPv6 への移行が容易:このソリューションでは、単一サーバ上にデュアル スタックを導入可能であり、IPAM システムの以下の機能を使用して IPv4 から IPv6 への移行(および IPv6 導入計画)を簡単に行うことができます。

  • IPv4 と IPv6 を 1 つのビューで表示
  • IPv4 と IPv6 を統合し、シームレスに移行するオプション
  • IPv6 のアドレス計画と導入を行うための IP アドレスとサブネットの自動検出およびネットワーク インベントリ

DNS:DNS サービスが低速であったり、信頼性がなかったり、セキュリティ上に問題があったりすれば、利用者のブロードバンド インターネット アクセスに問題が生じます。Cisco Prime Network Registrar の DNS は、標準に準拠し、IPv4 と IPv6 の両方に対応しています。また、ハイ アベイラビリティ DNS をサポートすることにより高い信頼性も備えています。高い性能で実現されるクエリーのスループットは、競合ソリューションをはるかに上回っています。

DHCP:Cisco Prime Network Registrar の DHCP は、スケーラブルかつ高速で、強力な機能を備えているため、複雑なネットワークの要求に応え、それらのネットワーク上で多数のデバイスをサポートできます。各機能の性能が非常に高いため、DHCP サーバは、停電後に発生することの多い要求の急激な増加など、著しく高い負荷にも確実に対応することができます。また、このソリューションには、ネットワーク停止後のダウンタイムを最小限に抑えるために、DHCP フェイルオーバーのサポートおよびアバランチ防止用の優れたレート リミッタ(特許出願中)が含まれています。フル機能の DHCPv6 サーバは、IPv6 アドレスを完全に管理するために、アドレス割り当て、ステートレスとステートフルの両方の設定、プレフィクス委任、およびプレフィクス固定をサポートしています。

DNSSEC:DNSSEC 検証を実行するための、独立した超高速キャッシュ専用サーバにより、一般的な DNS 脆弱性からリソース レコードを保護できます。

導入オプション:Cisco Prime Network Registrar は、運用開始までの期間を短縮して時間を節約するために、仮想アプライアンスとして使用できます。

Cisco Prime の概要


企業向けおよびサービス プロバイダー向け管理製品で構成される Cisco Prime ポートフォリオにより、IT 部門はネットワークや提供サービスをより効率的に管理できるようになります。サービス中心の管理基盤上に構築された Cisco Prime 製品ポートフォリオは、ワークフローに基づいた直感的なユーザ エクスペリエンスによって統合型ライフサイクル管理をサポートします。

サービスとサポート


シスコとそのパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方に基づいて、ネットワークの事業価値と投資回収率を高めるために役立つ幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。このアプローチでは、テクノロジーとネットワークの複雑さに応じて、シスコのテクノロジーを適切に導入および運用し、ネットワークのライフサイクル全体にわたってパフォーマンスを最適化するために必要なアクティビティの最小限のセットを指定します。

関連情報


Cisco Prime Network Registrar の詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/pnreg/index.html を参照、または最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。