CiscoWorks LAN Management Solution 3.2 以前

CiscoWorks LAN Management Solution 3.1

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。


データ シート





CiscoWorks LAN Management Solution 3.1


製品概要

CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)は、シスコ ネットワークの設定、管理、監視、およびトラブルシューティングを簡素化する、統合型管理ツール群です。CiscoWorks LMS アプリケーションは、一般に普及しているインターネットベースの標準に基づいて構築されており、ブラウザベースのインターフェイスを使って、時間を問わずにネットワークのあらゆる場所からアクセス可能なネットワーク管理を可能にします。CiscoWorks LMS は、シスコのすべてのネットワーク デバイスとそのクレデンシャルを一元管理するリストを保持しています。このリストは、CiscoWorks アプリケーションがローカルにインストールされているか、またはマルチサーバ展開により分散配置されているかにかかわらず、すべての CiscoWorks アプリケーションのための単一のリポジトリとして機能します。CiscoWorks LMS Portal は、ネットワーク運用スタッフ個々人またはグループのニーズを満たすカスタマイズされた機能ビューを可能にし、シスコのアプリケーション機能と他のサードパーティ製アプリケーション機能の統合とナビゲーションを簡素化します(図 1)。

図 1 CiscoWorks LMS Portal

図 1 CiscoWorks LMS Portal
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

新しいワークフロー エンジンである CiscoWorks Assistant は、CiscoWorks Server のセットアップとネットワークに関する問題のトラブルシューティングを行うための一連の手順をわかりやすく示します(図 2)。

図 2 CiscoWorks Assistant

図 2 CiscoWorks Assistant
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

CiscoWorks LMS は、共通の中央集中型システムとネットワーク インベントリに関するナレッジを使用することで、ネットワーク管理のオーバーヘッドを削減し、トラブルシューティングを容易にし、ネットワーク全体の可用性を高めるクロスファンクショナルな管理機能を備えた単一のプラットフォームを実現します。

CiscoWorks LMS アプリケーションは 1 枚の DVD で提供され、Windows オペレーティング システム用と Solaris オペレーティング システム用があります。インストールは 1 つのインストーラを使用して迅速かつ簡単に実行できます。CiscoWorks LMS アプリケーションのバージョンは、次のとおりです。

  • CiscoWorks Device Fault Manager(DFM)3.1
  • CiscoWorks Campus Manager 5.1
  • CiscoWorks Resource Manager Essentials(RME)4.2
  • CiscoWorks Internetwork Performance Monitor(IPM)4.1
  • CiscoWorks CiscoView 6.1.8
  • CiscoWorks Common Services 3.2
  • CiscoWorks LMS Portal 1.1
  • CiscoWorks Assistant 1.1

CiscoWorks LMS は、CiscoWorks ファミリの製品の 1 つであり、タスクの自動化、簡素化、および統合によって、IT 組織の効率を改善するための包括的なネットワーク管理ソリューションを提供します。CiscoWorks LMS は Cisco Proactive Automation of Change Execution(PACE)ソリューションの構成要素の 1 つです。PACE は、設定、変更、およびコンプライアンス管理を一元化するために統合されたシスコの製品およびサービス群です。


機能と利点

CiscoWorks LMS 3.1 は、スケーラビリティ、パフォーマンス、およびアプリケーションレベルの機能が強化された新たなマイナー ソフトウェア リリースです。すべてのアプリケーションでデバイス情報を共有し、管理性を改善するとともに、ネットワークに変更が生じたときにも管理システムが動的に対応できるようにするため、中央集中型のシステムを提供しています。CiscoWorks LMS アプリケーションは 1 枚の DVD で提供され、改善された新しいインストール手順によってより速やかに運用を開始でき、無人モードでのインストールも可能です。新しいポータル インターフェイスは、ツール間の迅速なナビゲーションを促進し、個人のニーズに応じて変更できます。ネットワークのデスクトップには、システム管理者が変更できる 3 つのデフォルト ビューとともに、カスタム ビューも表示されます。

  • 機能ビュー:現在出荷されている製品と同様に、アプリケーションおよび関連機能の一覧を表示します。
  • システム ビュー:ジョブ ステータス、バックアップ情報、システムレベルのイベント、アプリケーション関連の詳細情報を含む、システムレベルの各種属性の状態を表示します。
  • ネットワーク ビュー:ネットワークに関する問題をすみやかにトラブルシューティングするのに役立つネットワークレベルの各種レポートを迅速に表示します。
  • カスタム ビュー:ユーザ独自のビューを定義して保存することもできます。

CiscoWorks LMS 3.1 は、ユーザ特権を管理しやすくするために、Cisco Secure Access Control Server(ACS)に登録されているセキュリティ情報を使用します。Cisco Secure ACS との統合によって、ユーザのロールを柔軟に定義でき、特定のデバイス、デバイス グループ、もしくは地理的または論理的ネットワーク セグメント別のセキュアなユーザ ビューをサポートできます。さらにバックグラウンド タスクのマルチスレッド化などによってパフォーマンスが大幅に改善されており、ネットワークのアップデート配信、レポート生成といった作業に要する時間が短縮されました。また、効率的なタスク処理と管理対象デバイスの共有データベースが実現されたことで、CiscoWorks LMS をより大規模なネットワークに展開できるようになりました。

CiscoWorks LMS は、操作性を重視したツールから構成されています。 これらのツールでは、障害管理、拡張可能なトポロジ ビュー、高度な設定、レイヤ 2 およびレイヤ 3 のパス分析、音声サポート付きのパス トレース、WAN パフォーマンスのトラブルシューティング、エンドステーションの追跡、デバイスのトラブルシューティングといった機能が提供されます。CiscoWorks LMS は、CiscoWorks Common Services 管理インフラストラクチャに基づいて構築されています。この設計により、データの収集、監視、および分析を行う各ツールの連携を図り、アプリケーション間の操作ワークフローを円滑化し、さらに、これらすべてを単一のデスクトップ アプリケーションから実行することが可能です。たとえば、応答速度の低下や IP Phone の接続状態の悪化に対するユーザの不満は、CiscoWorks LMS レイヤ 2 パス ツールを使用して迅速に診断できます。 このツールは 1 つのデータベースに格納されたユーザパス情報を自動的に取得し、トポロジ マップ上のデバイスを強調表示します。さらに、スイッチまたはルータの設定をすみやかに検証し、異常や変更の必要性を検出します。このような処理を行う際には、1 つまたは複数のアプリケーションからの情報を使用する場合もあります。

CiscoWorks LMS は、インターネット標準に基づいて、最高品質の複数のツールを連携させ、データおよびタスクの統合標準に従って各ツールの機能を利用します。Common Information Model(CIM; 共通情報モデル)と Extensible Markup Language(XML)を使用し、これらの業界標準に基づいてデータを共有することで、CiscoWorks LMS は広く使用されているネットワーク管理製品からデータを取得して利用するための手段となります。

表 1 に CiscoWorks LMS 3.1 のアプリケーション、表 2 に CiscoWorks LMS 3.1 の機能および利点を示します。

表 1 CiscoWorks LMS 3.1 のアプリケーション

アプリケーション 説明
CiscoWorks DFM デバイスごとのシスコのベスト プラクティスに基づいたデバイス ナレッジと障害ルールを使用した、リアルタイムの障害検出、分析、およびレポート機能
CiscoWorks Campus Manager デバイスおよび接続の検出、詳細なトポロジ ビュー、Virtual LAN/LAN Emulation(VLAN/LANE; 仮想 LAN/LAN エミュレーション)および ATM 設定、エンドステーション追跡、レイヤ 2 およびレイヤ 3 のパス分析、および IP Phone のユーザおよびパスの情報に対応する強力なレイヤ 2 ツール セット
CiscoWorks RME インベントリとデバイスの変更管理、ネットワーク設定とソフトウェアイメージの管理、ネットワークのアベイラビリティ、および Syslog 分析を使用したシスコ デバイス管理ツール
CiscoWorks CiscoView デバイスのバックパネルとフロントパネルを動的かつ色分けしてグラフィカルに表示する GUI。デバイスステータスの監視、デバイス固有のコンポーネントの診断、およびアプリケーションの起動を簡素化
CiscoWorks IPM ネットワークの応答時間とアベイラビリティに関するトラブルシューティング用のアプリケーション。ネットワーク エンジニアがリアルタイム レポートと履歴レポートを使用してネットワーク パフォーマンスの問題をプロアクティブにトラブルシューティングできるよう支援
CiscoWorks Common Services どの管理デスクトップにおいても共通の操作性を実現するインフラストラクチャと、すべての CiscoWorks アプリケーションにセキュアにアクセスするためのサービスを提供。すべてのアプリケーションで共通のデバイスとクレデンシャル リポジトリが含まれ、管理ネットワークで検出を実行後、リポジトリを読み込む。ファシリティには、その他のシスコ アプリケーションおよびサードパーティ アプリケーションと統合するための基盤が組み込まれている

表 2 CiscoWorks LMS 3.1 の機能と利点

機能 コンポーネント 説明
シスコ デバイスをインテリジェントに自動検出し、ネットワークのトポロジ ビューを作成 CiscoWorks Campus Manager トポロジ サービスは、シスコ デバイスを検出してレイヤ 2 レベルでの相互関連を計算し、ATM ドメイン、VLAN Trunking Protocol(VTP)ドメイン、LAN エッジ ビュー、および一般的なレイヤ 2 ビュー別のシスコ ネットワーク ビューを提供
トポロジ ステータスの表示 CiscoWorks Campus Manager トポロジ マップによって、シスコ デバイスの検出状況と Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)ステータスを示す。また、これらのマップは、その他の CiscoWorks アプリケーションの起動ポイントにもなる
VLAN と ATM のサービスおよびネットワークの設定、管理、および監視 CiscoWorks Campus Manager VLAN を作成、削除、および編集するためのツールを提供。また、仮想回線を表示したり、Soft Permanent Virtual Connection(SPVC; ソフト相手先固定接続)および Soft Permanent Virtual Path(SPVP; ソフト相手先固定パス)を設定したりするための ATM ツールを提供
スイッチ ポートに接続されたエンド ステーションおよび IP Phone の検出と、ユーザ ID に基づくユーザの場所の識別 CiscoWorks Campus Manager ユーザ追跡機能によって、MAC アドレスと IP アドレスをスイッチ ポートに対応付ける。さらに、Microsoft PDC および Novell NDS ツリーと統合すれば、ユーザの特定と追跡をさらに効率化するユーザ ID を提供可能。ポート関連アクティビティの「リアル」タイム収集を行う動的オプション
ネットワーク内の 2 点間(デバイス、サーバ、電話機など)のレイヤ 2 およびレイヤ 3 接続のトレース CiscoWorks Campus Manager パス分析ツールによって、デバイスのホスト名または IP アドレスを使用してレイヤ 2 およびレイヤ 3 デバイスのパス分析を実行し、その結果をマップ表示、テーブル表示、またはトレース表示により示す
自動修正オプションによる不一致のレポート CiscoWorks Campus Manager ポートレベルの不一致、つまりポート速度の問題を迅速に特定し、問題の自動修正機能を提供
ネットワークが切断される前に問題を検出するため、障害の状態をインテリジェントに分析 CiscoWorks DFM 自動化された障害検出機能によって、ネットワーク内の共通の問題を認識。ユーザは個々にルール セット、SNMP トラップ フィルタ、またはデバイスポーリング インターバルを定義する必要はない
デバイス レベルと VLAN レベルの両方で障害の状態を解析 CiscoWorks DFM 事前に定義された 100 台を超えるシスコ ルータおよびスイッチの特性情報を備えた新たなデバイス サポート機能を、Cisco.com から簡単に追加可能。Cisco DFM により、レイヤ 2 環境とレイヤ 3 環境の両方の管理が簡素化
PSIRT 情報および販売終了/サポート終了関連情報を含む、詳細なソフトウェアおよびハードウェアのインベントリ レポートを提供 CiscoWorks RME ネットワークに関する判断を下すために必要な、メモリ、スロット、ソフトウェア バージョン、および BootROM を含む、正確なシスコ製品のインベントリ ベースライン情報を提供。PSIRT(製品のセキュリティ インシデント)および販売終了/サポート終了デバイスに関するレポート生成機能を提供
デバイスのソフトウェアと設定の変更に対応する自動化された更新エンジンを提供 CiscoWorks RME スケジュールに従って、ソフトウェアおよび設定の更新を選択されたデバイスに送信。これにより、ネットワークの更新に要する時間を短縮し、関連するエラーを削減
統合されたトラブルシューティング ツール センターを提供 CiscoWorks RME 広範なスイッチおよびルータ分析ツールに、1 箇所からアクセス可能。サードパーティ アプリケーションをツール センターに連結
中央集中型の変更監査ログを提供 CiscoWorks RME 包括的な変更監視ログによって、ネットワーク上でアクティブとなっているユーザとアプリケーションの情報を記録
グラフィカルなデバイス管理の提供 CiscoWorks CiscoView シスコ ルータおよびスイッチ デバイスを、それぞれの動作状態を示す色で色分けしてブラウザ上に表示。この表示から、設定ツールや監視ツールにアクセス可能
WAN ネットワークにおけるネットワーク応答およびアベイラビリティに関する情報を提供 CiscoWorks IPM レイテンシやネットワーク遅延に関与しているデバイスを簡単に識別できるため、WAN 管理者はネットワークに実装された Voice over IP(VoIP)および QoS(Quality of Service)機能の効果的な管理が可能
ユーザに対する柔軟な表示を実現するネットワーク ポータル CiscoWorks LMS ポータル技術によって、ユーザがネットワーク管理アプリケーション機能に関するカスタム ビューを作成することも、用意された 3 つのデフォルト ビューから 1 つを選択することも可能
効率的なセットアップとトラブルシューティングを可能にするワークフロー CiscoWorks Assistant CiscoWorks Assistant が提供するワークフローによって、CiscoWorks のセットアップを簡素化し、デバイスに関する問題のトラブルシューティングを迅速化
アプリケーションへのアクセスのセキュリティを提供 CiscoWorks LMS 管理デスクトップによってアプリケーションへのユーザ アクセスを制御し、適切なクラスのユーザだけがネットワーク パラメータを変更するツールへアクセスでき、それ以外は読み取り専用のツールへアクセスするように保証
共通および共有デバイス リストとクレデンシャル リポジトリの提供 CiscoWorks LMS CiscoWorks Server はすべてのアプリケーションで共通のデバイスとクレデンシャル リポジトリを提供し、管理ネットワークで検出を実行後、リポジトリを読み込む
Network Management Integration Module(NMIM)と同等のサードパーティ製の統合ツールおよびインターフェイスを提供 CiscoWorks LMS CiscoWorks Server によって、サードパーティ製管理ツールおよびその他のシスコ製管理ツールとの Web 統合を簡素化


OS 要件

LMS 3.1 は、次の OS 上で動作します。

  • Solaris
    • Solaris 9
    • Solaris 10

LMS 3.1 は、Solaris 10 OS のグローバル ゾーンにデフォルトでインストールされています。LMS 3.1 のインストールは、ノングローバル ゾーン全体でもサポートされています。詳細については、Support for Zone-based Virtualization in Solaris 10 を参照してください。また、LMS 3.1 は、ロジカル ドメイン(LDoms)および ZFS ファイル システムをサポートしています。これらの OS にインストールされる Solaris のパッチについては、Solaris Patches を参照してください。

  • Windows
    • Windows Server 2003 Standard Edition
    • Windows Server 2003 Enterprise Edition
    • Windows Server 2003 R2 Standard Edition
    • Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition
    • Windows Server 2003 Standard Edition(Service Pack 1 および 2)
    • Windows Server 2003 Enterprise Edition(Service Pack 1 および 2)
    • Windows Server 2003 R2 Standard Edition(Service Pack 1 および 2)
    • Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition(Service Pack 1 および 2)

32 ビットおよび 64 ビット OS は、上記のバージョンでサポートされています。

  • 仮想化システム *
    • VMware ESX server 3.0.1
    • VMware ESX Server 3.5.0
    • VMware ESXi 3.5 Update 2

* VMWare は、CWLMS-3.0-10K-K9(デバイス 10,000 台)SKU には対応していません。

表 3 および表 4 に、サーバおよびクライアントのシステム要件を示します。

表 3 CiscoWorks LMS 3.1 システム要件:サーバ

製品番号(SKU) Solaris(推奨するメモリ、ハードウェア) Microsoft Windows(推奨するメモリ、ハードウェア)
CWLMS-3.0-100-K9 非サポート 1 CPU あたり 2GB RAM、4 GB スワップ スペース
CWLMS-3.0-300-K9
  • Solaris 9 ― 1 CPU あたり 2 GB RAM、4 GB スワップ スペース
  • Solaris 10 ― 1 CPU あたり4GB RAM、8 GB スワップ スペース
1 CPU あたり 2GB RAM、4 GB スワップ スペース
CWLMS-3.0-1.5K-K9 2 CPU あたり、4 GB RAM および 8 GB スワップ スペース 2 CPU あたり 3.66 GHz、4 GB RAM および 8 GB スワップ スペース
CWLMS-3.0-5K-K9 デバイス 5000 台未満の場合の、CiscoWorks LMS スイートの全製品向け単一サーバ:4 CPU あたり、8 GB RAM および 16 GB スワップ スペース デバイス 5000 台未満の場合の、CiscoWorks LMS スイートの全製品向け単一サーバ:4 CPU あたり、8 GB RAM および 16 GB スワップ スペース
CWLMS-3.0-10K-K9 LMS スイートの各製品に対する専用サーバ: 2 CPU あたり、4 GB RAM および 8 GB スワップ スペース LMS スイートの各製品に対する専用サーバ:2 CPU あたり、4 GB RAM および 8 GB スワップ スペース
最小ディスク

管理可能な 100/300 デバイス:25 GB

管理可能な 1.5K/5K/10K デバイス:35 GB

管理可能な 100/300 デバイス:25 GB

管理可能な 1.5K/5K/10K デバイス:35 GB

プロセッサのサポート
  • UltraSPARC III
  • UltraSPARC IIIi プロセッサ
  • UltraSPARC IV プロセッサ
  • UltraSPARC IV+ プロセッサ
  • UltraSPARC T1 プロセッサ
  • UltraSPARC T2 プロセッサ

Intel プロセッサ

  • Intel Xeon プロセッサ(デュアルコア)
  • Intel Core Duo プロセッサ T2600 〜 T2300
  • Intel Pentium プロセッサ Extreme Edition 965(デュアルコア)
  • Intel Pentium D プロセッサ 960(デュアルコア)
  • Intel Pentium 4 プロセッサ、Hyper-Threading Technology 対応
  • Quad Core Intel Xeon
  • Intel Itanium プロセッサ
  • Intel-VT プロセッサ(VMWare 最適化ハードウェア)

AMD プロセッサ

  • デュアルコア AMD Opteron プロセッサ
  • AMD Opteron プロセッサ
  • AMD Athlon 64 FX プロセッサ
  • AMD Athlon 64 X2 デュアルコア
  • AMD -V

表 4 システム要件:クライアント

説明 仕様
ディスク容量
  • Solaris1 GB スワップ スペース
  • Windows1 GB 仮想メモリ
メモリ 512 MB
ハードウェア/ソフトウェア
  • IBM PC 互換システム(Intel Pentium IV 以上のプロセッサを搭載)
  • Windows 2003 Standard Edition および Enterprise Edition(Service Pack 2[32 ビットおよび 64 ビット])
  • Windows 2003 Standard R2 Edition および Enterprise R2 Edition(Service Pack 2[32 ビットおよび64 ビット])、Windows XP(Service Pack 2)
  • Windows Vista Business Edition(英語版および日本語版のみ)
  • Solaris 9、Solaris 10(英語版および日本語版のみ)
ブラウザ
  • Internet Explorer 6.0.Service Pack 2 — Windows Server 2003、Windows XP(Service Pack 2)
  • Internet Explorer 7.0(Windows Vista、Windows XP[Service Pack 2]、および Windows 2003 対応の Internet Explorer)
  • Firefox 2.0


発注情報

CiscoWorks LMS 3.1 は、シスコの販売代理店から購入できます。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。

CiscoWorks LMS のライセンス オプションについては、次の URL にある CiscoWorks LMS Product Bulletin(英語)を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/cscowork/ps2425/prod_bulletins_list.html popup_icon


サービスおよびサポート

シスコとパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方を活用して、ネットワークのビジネス上の効果と投資利益率の向上を可能にする幅広いエンドツーエンド サービスとサポートを提供しています。これにより、テクノロジとネットワークの複雑性に基づいて最小限必要な作業を定義することで、シスコのテクノロジを効果的に展開および運用し、ネットワークのライフサイクルをとおしてパフォーマンスの最適化を実現できるよう支援します。


関連情報

CiscoWorks LMS に関するその他の情報については、http://www.cisco.com/jp/go/lms/ をご覧ください。

お問い合わせ