Cisco Unified Personal Communicator

Cisco Unified Personal Communicator 8.0

データ シート





Cisco Unified Personal Communicator 8.0



製品の概要


シスコ ユニファイド コミュニケーションは、固定およびモバイル ネットワーク上に音声、ビデオ、データ、およびモバイルのアプリケーションを統合して、いつでもどこからでも容易にコラボレーションを実現するソリューションです。

Cisco Unified Personal Communicator は、ソフトフォン、プレゼンス、インスタント メッセージング、ビジュアル ボイスメール、社員ディレクトリ、通信履歴、ビデオ、Web 会議といった最も使用頻度の高いコミュニケーション アプリケーションやサービスへのアクセスを統合し容易にすることで、インターネットに接続できる場所であればどこからでも、効果的にコミュニケーションやコラボレーションができるように支援するクライアント アプリケーションです。

より効果的なコミュニケーション


今日のグローバルな分散作業環境は、適切な人材に連絡を取ることを難しくし、コミュニケーションの量や方法を大幅に増やすなど、従業員に重大な課題をもたらしています。Cisco Unified Personal Communicator は、統合された一連のコミュニケーション ツールに迅速かつ簡単にアクセスできるようにすることで、生産性を向上させ、ビジネス プロセスを高速化します(図 1)。たとえば、統合ディレクトリと動的なプレゼンス情報を使用すると、同僚やパートナーが応対可能かどうかを確認することができます。このアプリケーションにはエンタープライズ インスタント メッセージング機能が含まれているため、即時性が求められるビジネス プロセスではリアルタイムでコミュニケーションを取ることができ、電話の行き違いを回避できます。音声、ビデオ、会議の各機能が統合されているため、電話での会話、お互いの顔を見ながらのアイデア交換、ドキュメントの共有によるコラボレーションなどが自由に行えます。また、ボイス メッセージの表示や再生もすばやく簡単にできます。Cisco Unified Personal Communicator を使用すれば、いつでも、どこからでも、コミュニケーションやコラボレーションのツールにアクセスできるため、よりスマートで効果的なコミュニケーションを行うことができます。

図 1 Cisco Unified Personal Communicator の例

図 1 Cisco Unified Personal Communicator の例


豊富なプレゼンスおよび連絡先情報でコミュニケーションの遅延を緩和


Cisco Unified Personal Communicator では、組織内外の同僚やパートナーが応対可能かどうかがわかります。相手のステータスは常時接続のネットワークベースのプレゼンス エンジンによってさまざまなソースから収集された情報を使用して動的に更新されるため、アドレス帳の各連絡先の状態(オフライン、応対可能、多忙、通話中、応答不可など)が一目でわかります。「お客様との会議中」などの独自のステータス情報も作成できるので、追加情報を提供したり、連絡の取れやすい方法を相手に知らせたりできます。連絡先カードは、追加の連絡先情報やコミュニケーションを開始するための各種オプションを提供します。これらの機能を活用すればより素早く連絡を取ることができるため、コミュニケーションの遅延が減り、意思決定が迅速になり、生産性も向上します。

ボーダレスなエンタープライズクラスのインスタント メッセージングで迅速なコミュニケーションを実現


インスタント メッセージングは、今日のマルチタスク ビジネス環境で効率的にやり取りすることを可能にする重要なコミュニケーション オプションです。Cisco Unified Personal Communicator は、オープンな標準規格である Extensible Messaging and Presence Protocol(XMPP)に基づき、Jabber テクノロジーを採用した、エンタープライズクラスのインスタント メッセージング機能を備えています。このソリューションではパーソナル チャット、グループ チャット、常設チャット ルームを利用できるため、個人やグループとすばやく連絡を取り、会話を継続することができます。また、クライアントの履歴機能で以前のチャットの内容を表示したり、サーバベースのロギング機能を利用してメッセージを保存し、利便性の向上、コンプライアンス、規制準拠などに役立てられます。インスタント メッセージングはほかのコミュニケーション機能とシームレスに統合されているため、パーソナル チャットまたはグループ チャットから音声およびビデオによる会話や Web 会議に簡単に移行することができます。Cisco Unified Personal Communicator では、Cisco Unified Personal Communicator、Cisco WebEx™ Connect、Microsoft Office Communicator、IBM Lotus Sametime、GoogleTalk、またはその他の XMPP ベースのサービスを利用する他の組織とセキュアにコミュニケーションを取ることができます。Cisco Unified Personal Communicator が備えるエンタープライズクラスのインスタント メッセージング機能は、より効率的で柔軟な、ボーダレス コラボレーションを実現します。

ビジネスクラスの IP テレフォニーとビデオをデスクトップに実現


Cisco Unified Personal Communicator は、ビジネス品質の音声とビデオを提供します。このアプリケーションは、市場をリードする Cisco Unified Communications Manager 呼制御ソリューションと共に展開され、高音質のワイドバンド音声、標準ベースの高精細(HD)ビデオ(720p)、デスクフォン制御の各機能を備えた統合型ソフトフォンを提供します。つまり、高品質で可用性の高い音声およびビデオ テレフォニーがあらゆる場所で、ユーザのデスク フォンやソフト クライアント、モバイル デバイスから利用できるということです。シスコはオープンな標準規格を積極的に採用しており、細部にわたる音声およびビデオの相互運用性テストを実施しているため、相手がどんなデバイスを使用していても問題なくコミュニケーションを行えます。また、ワンクリックで音声通話とビデオ通話を切り替えることができます。

マルチパーティ会議でチームのパフォーマンスが向上


Cisco Unified Personal Communicator は、Cisco WebEx や Cisco Unified MeetingPlace® などのシスコ会議ソリューションと統合されているため、すぐにドキュメントを共有したり、個人間のチャットや会話に他の参加者を加えてマルチパーティの音声、Web、ビデオ会議にしたりできます。Cisco Unified Personal Communicator とシスコ会議ソリューションは標準ベースの音声およびビデオ テクノロジーを使用しているため、ビデオ通話やマルチパーティ ビデオ会議を使用したお互いの顔が見える効果的なコラボレーションに、標準ベースの他のビデオ エンドポイントを使用する会議室や参加者を加えることができます。

直感的なユーザ エクスペリエンスで普及を加速


Cisco Unified Personal Communicator は、使いやすいユーザ インターフェイスを通してユニファイド コミュニケーションをデスクトップに提供します。直感的でビジュアルなデザインが、基本機能だけでなく高度な機能の普及を促し、充実したコミュニケーションを無理なく仕事の流れに取り込み、ユニファイド コミュニケーションが約束する効率と生産性を実現します。ステータス情報とそれに応じて選択できるコミュニケーション ツールは、ビジュアル ボイスメールやチャット インターフェイスなどアプリケーションのどこからでも利用できるため、より効率的なリアルタイム コラボレーションが可能です。

一般的なビジネス アプリケーションからのコラボレーション


Cisco Unified Personal Communicator の機能には、Microsoft Outlook、SharePoint、Web ブラウザ、その他の Microsoft Office アプリケーションなど、一般的なデスクトップ アプリケーションからアクセスできます。ユーザのステータスを確認して、アプリケーションを切り替えることなくコミュニケーション(個人またはグループの音声/ビデオ/チャット セッションなど)を開始できるため、時間を節約し、プロセスを合理化できます。

柔軟な導入オプション


シスコのユニファイド コミュニケーションでは、ソリューション全体を導入することも、選択した機能のみを導入することもできます。たとえば、Cisco Unified Presence と Cisco Unified Personal Communicator をエンタープライズ インスタント メッセージング機能限定で導入できます。Cisco Unified Personal Communicator には、利用可能なサービスを表示するインテリジェントなユーザ インターフェイスが用意されています。つまり、コスト効率の高いプレゼンスとインスタント メッセージングのみの導入か、ユニファイド コミュニケーションの全機能の導入かを問わず、Cisco Unified Personal Communicator は、ユーザがわかりやすい直感的な方法で各機能が表示されるよう支援します。

機能と利点


  • コミュニケーションの統合:音声/ビデオ通話、個人/グループでのインスタント メッセージング、常設チャット ルーム、ボイスメールの再生、Web 会議、コミュニケーション履歴、および統合ディレクトリを、直感的な 1 つのインターフェイスから利用できます。
  • プレゼンス:エンタープライズ ネットワーク内外の同僚やパートナーが応対可能かどうかをリアルタイムで表示します。
    • Microsoft Office Communicator、IBM Lotus Sametime、Cisco WebEx Connect、Jabber クライアント、Cisco Unified IP Phone、GoogleTalk などのユーザや、XMPP 標準ベースのクライアントを使用するユーザとプレゼンス情報を交換し表示します。
    • オフライン時に表示するメッセージをはじめ、ステータスに関するメッセージを作成して表示できます。
    • Microsoft Outlook カレンダーおよび Exchange Server の予定あり/なしのステータスに基づく状態の表示も可能です。
    • 応答不可(DND)ステータスを使用すると、着信を簡単に遮断できます。DND ステータスは、Cisco Unified Personal Communicator と Cisco Unified IP Phone 間で自動的に同期されるため、インスタント メッセージングと電話連絡の両方でプライバシーを確保できます。
    • Cisco Unified Mobile Communicator を使用すると、携帯端末とプレゼンス情報を交換できます。
  • エンタープライズ インスタント メッセージング:インスタント メッセージングを使用してリアルタイムでチャットができるため、時間の節約になり、電話の行き違いも少なくなります。
    • ポイントツーポイントのチャットやグループ チャットをさまざまな方法で開始できます。
    • 常設チャット ルームを作成し、ディスカッションを長期間継続できます。
    • オフラインの相手にインスタント メッセージを送信すると、相手はアプリケーションに接続したときにそれを受信します。
    • 個人のインスタント メッセージ履歴を保存し、参照することができます。
    • XMPP ベースのクライアント(Adium、iChat、Trillion、Pidgin など)、Microsoft Office Communicator、IBM Lotus Sametime、Jabber クライアントなど、他のチャット クライアントをコンピュータやモバイル デバイスで使用している社内外の相手ともチャットが可能です。
  • ドメイン間の連携:2 つの組織がどちらも Cisco Unified Presence を実行している場合、あるいは一方が Cisco Unified Presence を使用し、もう一方が Cisco WebEx Connect、Microsoft Live Communications、Microsoft Office Communications Server(OCS)、IBM Lotus Sametime、または任意の Jabber Extensible Communications Platform を使用している場合にも、プレゼンス情報やインスタント メッセージングをやり取りできます。GoogleTalk サービスとの連携もネイティブでサポートされます。
  • 連絡先リスト:1 つの使いやすいインターフェイスから個人の連絡先リストと共有電話帳の両方を検索して連絡相手を見つけ、あらゆる形態のコミュニケーションをすばやく簡単に開始できます。
  • メディア エスカレーション:対話中にコミュニケーション方式を追加できます。たとえば、インスタント メッセージング セッションを電話に切り替えたり、音声通話に映像を追加してビデオ通話にしたり、インスタント メッセージ、音声またはビデオ通話に Web 会議を追加したりできます。チャット、音声、ビデオ、Web のポイントツーポイント コミュニケーションでも、グループ コミュニケーションでも、ボタンをクリックするだけで簡単に変更できます。
  • 音声通話とビデオ通話の統合:PC の画面に表示されるビデオ ディスプレイと、ソフトフォンまたはデスクフォンによる音声会話を連動させて、相手の顔を見ながら意見を交換することができます。
    • ビジネス品質のコミュニケーションが、さまざまなビデオ解像度(上限は高精細 720p)と高音質ワイドバンド音声でサポートされています。
    • コールのパークおよび取得、コール転送、自動転送、オンデマンド会議といった機能や、アクティブなコールを携帯電話やその他のテレフォニー デバイスに簡単に移行できる機能など、さまざまなコール制御オプションを利用できます。
    • エンタープライズクラスの IP テレフォニーの信頼性と Cisco Unified Communications Manager のフェールオーバー機能をサポートしています。
  • IP Phone の制御:Cisco Unified Personal Communicator を使ってデスクトップの Cisco Unified IP Phone を制御し、音声およびビデオ通話の発信、受信、制御ができます。リアルタイム コミュニケーションのニーズに対応するために、コール転送、オンデマンド会議へのエスカレーション、コールのパークおよび取得、自動転送といった機能や、アクティブなコールを携帯電話やその他のテレフォニー デバイスに簡単に移行できる機能などのコール制御機能も用意されています。
  • 会議:マルチパーティの音声、ビデオ、Web 会議を開始できます。
    • グループ チャット、常設チャット ルーム、音声およびビデオ会議セッションをワンクリックで簡単に開始できるため、会議のスケジュールや会議への招待および参加に他のアプリケーションやインターフェイスを使用する必要がありません。
    • Cisco Unified MeetingPlace または Cisco WebEx の Web 会議を開始して、プレゼンテーション ドキュメントやデスクトップなどのコンテンツを共有できます。
  • ビジュアル ボイス メッセージへのアクセス:ボイス メッセージにアクセスし、管理できます。
    • Cisco Unity® または Cisco Unity Connection のボイス メッセージを表示、再生、分類、削除できます。
    • プライベートおよび暗号化ボイス メッセージのサポートにより、セキュアなメッセージングを実現します。
  • Microsoft アプリケーションおよびブラウザの統合:Cisco Unified Personal Communicator の連絡先ステータス情報とコミュニケーション機能を他のデスクトップ アプリケーションから使用できるため、アプリケーションを切り替えたり、連絡先情報を検索したり、電話番号をダイヤルしたりといったことが不要となり、時間を節約できます。
    • Microsoft Outlook および Microsoft SharePoint から直接ユーザのステータスを確認し、ワンクリックで音声またはビデオ通話、チャット セッション、Web 会議セッションを開始することができます。
    • Microsoft Outlook または Microsoft SharePoint の連絡先リスト、カレンダー、電子メール内から、個人または配信リスト内の全員とワンクリックで電話やチャットを開始できます。
    • Word および Excel などの Microsoft Office アプリケーション、Internet Explorer、Firefox ブラウザ内からワンクリックで任意の番号に音声またはビデオ通話を発信することができます。
    • Web ページやその他 Web ベースのアプリケーションに TEL: URI を挿入すると、任意のブラウザから便利なクリックツーコール機能を利用できます。
  • ローカリゼーション:アラビア語、中国語(繁体字中国語および簡体字中国語)、デンマーク語、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語、ロシア語、スウェーデン語、ポーランド語、トルコ語に対応しています。

システム要件


表 1 および表 2 に、Cisco Unified Personal Communicator のコンピュータ要件およびシスコ ユニファイド コミュニケーションのシステム要件を示します。

表 1 Cisco Unified Personal Communicator(Microsoft Windows)のコンピュータ要件

  IM/音声のみ QCIF ビデオ CIF ビデオ VGA ビデオ 720p HD ビデオ
メモリ 1 GB 1 GB 1 GB 1 GB 2 GB
ディスク空き容量 1 GB 1 GB 1 GB 1 GB 1 GB
アプリケーション起動前のディスク空き容量 350 MB 350 MB 350 MB 350 MB 500 MB
Windows エクスペリエンス インデックス(WEI)の最低プロセッサ スコア 2.0 4.0 4.0 4.8 5.9 または CPU コアを 4 つ以上搭載したシステム
ビデオ カード - 最小ビデオ RAM 要件、DirectX 9 対応必須 Windows XP 該当しない 128 MB 128 MB 128 MB 256 MB
Windows Vista 該当しない 256 MB 256 MB 256 MB 256 MB
Windows 7 該当しない 256 MB 256 MB 256 MB 256 MB
I/O ポート USB オーディオおよびビデオ デバイスを使用する場合、USB 2.0 が必要。 HD 対応 USB 2.0 Web カメラ、HDMI キャプチャ カード、HD カメラ。

注: 自社が提供するデバイスで Cisco Unified Personal Communicator が使用できることを Cisco Technology Developer Program を通じて検証済みのベンダーのリストは http://www.cisco.com/pcgi-bin/ctdp/Search.pl [英語] でご覧いただけます。これらのデバイスはラボ テストに合格済みで、相互運用性の基準を満たしており、シスコ製品の仕様を満たしています。

表 2 シスコ ユニファイド コミュニケーションのシステム要件

プラットフォーム 説明
Cisco Unified Communications Manager
  • Cisco Unified Communications Manager 6.1:6.1(4) 以降
  • Cisco Unified Communications Manager 7.0:7.0(2a) 以降
  • Cisco Unified Communications Manager 7.1:7.1(2) 以降
  • Cisco Unified Communications Manager 8.0:8.0(1) 以降
Cisco Unified Presence Cisco Unified Presence 8.0(2) 以降
LDAP
  • Microsoft Active Directory 2008
  • Microsoft Active Directory 2003
  • OpenLDAP 2.4
Cisco Unified IP Phone デスクフォン制御モードの場合は Cisco Unified IP Phone が必要(注:すべての電話ロードがコンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)をサポートしているわけではありません。詳細は『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください
  • Cisco Unified IP Phone 6900 シリーズ(サポートされる具体的なモデルについてはリリース ノートを参照)
  • Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ(サポートされる具体的なモデルについてはリリース ノートを参照)
  • Cisco Unified IP Phone 8900 シリーズ(サポートされる具体的なモデルについてはリリース ノートを参照)
  • Cisco Unified IP Phone 9900 シリーズ(サポートされる具体的なモデルについてはリリース ノートを参照)
Web 会議 Web 会議のエスカレーションに必要なもの:
  • Cisco Unified MeetingPlace 7.0 または 8.0
  • Cisco Unified MeetingPlace オンプレミス スケジューラを用いたCisco WebEx Meeting Center
ボイスメール再生 ボイスメール再生に必要なもの:
  • Cisco Unity Connection 7.1(4) 以降、8.0(1)
  • Cisco Unity 7.0(2) ES19 以降、8.0
ビデオ会議 アドホックのビデオ会議に必要なもの:
  • Cisco Unified Videoconferencing 5.7、7.0 または 7.1
  • Cisco Unified MeetingPlace 8.0
  • Cisco Unified MeetingPlace Express-VT 2.0

注: すべてのバージョンのシステム コンポーネントですべての機能がサポートされるとは限りません。サポートされている機能の詳細については、各製品のリリース ノートを参照してください。

発注情報


シスコ製品の購入方法については、「購入案内」および表 3 を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、ソフトウェア ダウンロード ページにアクセスしてください。

この製品は、Cisco Unified Workspace Licensing の一部です。Cisco Unified Workspace Licensing の詳しい情報、およびこのプログラムがお客様に適しているかどうかを判断するための情報については、http://www.cisco.com/jp/go/workspace_licensing/ を参照してください。

表 3 発注情報

製品名 製品番号
Cisco Unified Personal Communicator UPC8-K9-PC

注:

  • 発注した製品ごとに Product Authorization Key(PAK; 製品認証キー)と、Cisco Unified Personal Communicator の購入を確認し、ソフトウェアをダウンロードする場所をお知らせするドキュメントが送付されます。
  • Cisco Unified Personal Communicator をはじめ Cisco Unified IP Phone を使用するには、Phone Technology ライセンスを購入する必要があります。
  • Cisco Unified Personal Communicator は、Cisco eDelivery(電子配布)アプリケーションの一部として提供されています。Cisco eDelivery の場合、お客様の使用ライセンス、エンド ユーザ ライセンス契約、ライセンス請求フォームなどのソフトウェア ライセンス資格ドキュメントの管理とダウンロードを、パートナーが書面送付ではなく電子メール経由で支援できます。

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス


シスコと認定パートナーは、セキュリティと耐障害性に優れたシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの導入をお手伝いすることで、厳しい導入スケジュールを実現し、ビジネスの優位性を高めます。シスコのサービス ポートフォリオは、固定およびモバイル ネットワーク上に音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する実証済みの手法に基づいています。

ソリューションのライフサイクルの各段階で必要なアクティビティは、サービスに対するシスコ独自のライフサイクル アプローチによって定義されています。計画立案および設計のカスタマイズ サービスは、お客様のニーズに合うソリューションの作成に重点を置いており、受賞実績のあるテクニカル サポートが業務効率を向上させます。またリモート管理サービスによって日々の業務が簡素化され、さらに最適化サービスによって、お客様のビジネス ニーズの変化に応じてソリューションのパフォーマンスを向上させることができます。

関連情報


Cisco Unified Personal Communicator の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/unifiedpersonalcomm/ を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

お問い合わせ