Cisco 7800 シリーズ Media Convergence Server

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance


シスコ ユニファイド コミュニケーションにおける音声および IP コミュニケーションの製品およびアプリケーションは、コミュニケーションを円滑にし、ビジネス プロセスの短縮、適切なリソースの迅速な活用、および利益の拡大を促進します。シスコ ユニファイド コミュニケーションの製品は、シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューションにおいて重要な役割を担っています。シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、ネットワーク管理の各製品、無線接続、ライフサイクル サービスなどから構成されます。


製品概要

Cisco Media Convergence Server(MCS)7845-I2 Unified CallManager Appliance は、Cisco Unified CallManager 5.1 のための高い可用性を備えたサーバ プラットフォームで、企業のデータ ネットワーク上で新世代の高品質 IP コミュニケーション ソリューションを実現するスケーラブルなアーキテクチャに不可欠のコンポーネントです。Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance は、企業ネットワークに要求される高いパフォーマンスと可用性を備え、展開が容易でコスト効率の高いソリューションです。このサーバ アプライアンスには、オペレーティング システムと Cisco Unified CallManager 5.1 がプレインストールされています。また、初期起動時から運用可能で、IP アドレスやドメインなど、いくつかの設定項目を入力するだけで済みます。わずか 2 RU の高さの Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance は、ラック スペースを節約できる薄型シャーシの中に強力な機能を装備しています。Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance は、アプライアンスあたり最大 7,500 台の IP フォン、クラスタあたり 30,000 台の IP フォンをサポートします。機能とコンポーネントを次に示します。

  • Intel Woodcrest Xeon 2.33 GHz(以上)プロセッサ、1333 MHz Front Side Bus(FSB; フロント サイド バス)、および 4 MB レイヤ 2 キャッシュ
  • 超高速完全バッファ型の Chipkill 保護付き 4 GB 667 MHz PC2-5300 Double-Data-Rate(DDR)II ECC メモリ(常にペアで搭載)
  • IBM ServeRAID 8k Redundant Array of Independent Disks(RAID)コントローラ(256 MB メモリとバッテリ バックアップ式キャッシュを装備)
  • 2 ポート ギガビット イーサネット コントローラ(内蔵型)
  • 取り付けが簡単なサードパーティ製レール キット
  • 最大 8 基の小型フォームファクタのホットプラグ対応ハード ドライブおよびホットプラグ対応の冗長電源装置
  • ホットプラグ対応の冗長ファン
  • 障害コンポーネントの特定に役立つ IBM Light Path 診断機能

主な機能と利点

パフォーマンス

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance は、最新の IP コミュニケーション アプリケーションをサポートするように設計された、可用性の高い堅牢なサーバ プラットフォームです。速度可変式ファンのサポート、NetBAY ケーブルのサポート、Light Path 診断機能、および Chipkill メモリのサポートなど、多くの最新技術が採用されています。このアプライアンスが占有する 2 RU のスペースだけで、高い可用性を備えたサーバ プラットフォームに最も必要とされる機能を実装できます。Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance の初期出荷時には Intel Woodcrest Xeon 2.33 GHz プロセッサが 2 基搭載されていますが、将来は Intel 社の新型プロセッサに対応して Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance でも新型プロセッサを搭載していくため、プロセッサ速度は増強されます。

高い可用性

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance では、以下のメカニズムによって高い可用性を実現します。

  • 冗長性のあるホットスワップ対応 835 W 電源装置
  • ホットスワップ対応 Serial Attached SCSI(SAS)ハード ドライブ(RAID 1 構成)
  • 冗長性のあるホットスワップ対応ファン
  • IBM Remote Supervisor Adaptor II(RSA II)Slimline

メモリ

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance は、DDR2 メモリを 48 GB まで搭載できます。プロセッサの性能向上と DDR メモリの採用によって、情報検索と情報処理を高速かつ効率的に実行できます。DDR メモリでは、従来の Synchronous Dynamic RAM(SDRAM)メモリに比べて 1 サイクルあたりの動作数が 2 倍になっているので、メモリおよびプロセッサ間のデータ交換速度が実質的に 2 倍になります。

速度可変式ファンのサポート

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance では、速度可変式ファンの採用により、運用時の騒音が低減されています。サーバ内の温度センサを使用してファンの速度を調整し、適正な冷却制御を行います。冷却が必要なときにのみ冷却要件に基づいた速度でファンが作動することで、ファンから発生する騒音を抑制します。

ACT

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance では、IBM の最新の NetBAY Advanced Connectivity Technology(ACT)製品がサポートされています。これにより、管理システムをカテゴリ 5 ケーブルで接続でき、Keyboard/Video/Mouse(KVM)のコストを削減できます。全体的なコストが削減できるだけでなく、ACT の採用によって、かさばって乱雑になりがちなケーブルを減らすことができ、ラック内のサーバを保守しやすくなります。

保守性

Light Path 診断機能

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance には、Light Path 診断機能が装備されています。Light Path 診断機能では、カバーを取り外さずに確認できる中央情報 LED パネルのほか、システム全体に取り付けられた個々の LED ランプがあります。これらの LED ランプには、メモリ DIMM、Peripheral Component Interconnect(PCI)スロット、電源装置、CPU などの状態が表示されます。IT スタッフがすばやくシステムの状態を確認し、保守スタッフが障害の発生しているコンポーネントを正確に特定できるので、ダウンタイムと保守コストを削減できます。また、技術スタッフ以外でも、上部カバーを取り外さずにエラー状況を報告できるので、重要なコンポーネントを危険にさらす必要がなく、可用性が向上します。サーバの前面にあるシステム エラー LED が点灯すると、サーバ内部または電源装置に取り付けられた 1 つまたは複数の LED が点灯します。これらの LED によって、サーバ コンポーネントに関する問題の識別と特定が容易になります。点灯しているランプをたどっていけば、発生したシステム エラーのタイプをすばやく識別できます。Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance は、サーバがシャットダウンした場合でも、AC 電源が正常で電源装置が +5 VDC の電力をサーバに供給可能なかぎり、点灯している LED までもが消灯しないように設計されています。

Light Path 診断では、次の障害状況を表示できます。

  • 片方または両方の電源装置での最大定格を超える電力消費
  • 電源装置 1 の障害
  • 電源装置 2 の障害
  • Voltage Regulator Module(VRM; 電圧調整モジュール)でのエラー
  • 片方または両方のプロセッサでの障害
  • ハードウェア コンフィギュレーション エラー
  • メモリ エラー
  • マスク不可能な割り込み
  • システム ボードでのエラー
  • サービス プロセッサの障害
  • PCI-X スロット A、B、または C に搭載されたアダプタでのエラー
  • ハード ディスク エラー
  • ファン障害または回転速度の低下
  • システムでの最大定格温度の超過
  • ソフトウェア エラー
  • RAID コントローラ エラー

リモート管理

RSA II SlimLine によって、アクセラレーテッド グラフィック機能の追加と高度な制御機能および監視機能の提供が可能になり、事実上、時間と場所を問わずに Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance を管理できます。アダプタ カードはプレーナに接続するコネクタを介してサーバに搭載できます。このアダプタによって、テキストとグラフィックを使用したコンソール リダイレクションが容易に利用できるとともに、システム管理 LAN 接続を介したキーボードとマウス(オペレーティング システムでの Universal Serial Bus [USB] サポートが必要)のサポートも可能になります。アダプタ ハードウェアにはビデオ圧縮機能が内蔵されており、市場での標準となりつつある大きな画面と高いリフレッシュ レートに対応できるように設計されています。この機能によって、ユーザは電源投入から稼働状態にいたるサーバ アクティビティをリモートで表示でき、リモートからの操作が事実上いつでも行えます。組み込み型の Web サーバを備えているので、任意の標準 Web ブラウザを使用してリモート制御が行えます。リモート管理用ワークステーションにソフトウェアを追加する必要はありません。CLI を使い慣れたユーザの場合、管理者は Telnet セッションから所定の CLI を使用して、Web サーバから実行可能な機能の一部を実行することもできます。RSA II SlimLine を使用することで、サーバが電源オフの状態でも、あるいは使用不可能な状態でも、サーバの状態を問わずにシステムのリモート管理および制御が行えます。

DAT テープのサポート

Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance には、36/72 GB USB 外付け Digital Audio Tape(DAT)ドライブ(製品番号 DAT-USB-EXT-72=)または 36/72 GB USB ラックマウント DAT ドライブ(製品番号 DAT-USB-RM-72=)をオプションで取り付けることができます。このテープ ドライブの接続には、Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance サーバに搭載されている 4 つの USB 2.0 ポートのいずれかを使用します。


製品仕様

表 1 に、Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance の製品仕様を示します。

表 1 製品仕様

項目 仕様
プロセッサ(製品標準装備)
プロセッサ(CPU) Intel Woodcrest Xeon DP
プロセッサ内部クロック速度 2.33 GHz 以上
レベル 2 キャッシュ 4096 KB
最大プロセッサ数 2
出荷時のプロセッサ数 2
BIOS タイプ フラッシュ メモリ
メモリ
最大メモリ容量 48 GB
メモリ バス クロック 667 MHz
メモリ技術 PC2-5300 667 MHz DDR2 SDRAM
マルチビット エラー緩和 Chipkill
合計 RAM スロット数 12
搭載メモリ容量 4 GB(1 GB DIMM × 4)
RAID コントローラ
コントローラ モデル IBM ServeRAID 8k コントローラ(メザニン型)
インターフェイス マザーボードへの接続
キャッシュ 256 MB
バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ あり
サポートされる RAID レベル 1
最大ドライブ数 14/チャネル
ハード ディスク(72 GB)
搭載ハード ディスク 72 GB ハード ディスク × 8(Cisco MCS 7845-I2 Unified CallManager Appliance の全モデルに搭載)
ハード ディスク Route Processor Module(RPM; ルート プロセッサ モジュール) 10,000
ハード ディスク平均シーク時間 4 ms
ハード ディスク インターフェイスのタイプ SAS
ネットワーク接続
Network Interface Card(NIC; ネットワーク インターフェイス カード) オンボード 10/100/1000 × 2
イーサネット コネクタ RJ-45 コネクタ× 2(サーバ背面)
10 BASE-T ケーブルのサポート EIA カテゴリ 3、4、または 5 Unshielded Twisted-Pair(UTP; シールドなしツイストペア)(2 または 4 ペア)、最大 100 m(328 フィート)
100 BASE-TX ケーブルのサポート EIA カテゴリ 5 UTP(2 ペア)、最大 100 m(328 フィート)
1000 BASE-T ケーブルのサポート EIA カテゴリ 5 UTP(推奨)、カテゴリ 5E UTP、5 UTP、最大 100 m(328 フィート)
インターフェイス
シリアル ポート 1
パラレル ポート 0
USB 2.0 ポート 7
キーボード ポート USB ポートのいずれか(PS/2 ポートは提供されません)
マウス ポート USB ポートのいずれか(PS/2 ポートは提供されません)
オーディオ ポート なし
システム管理ポート IBM RSA2 専用 RJ-45 イーサネット ポート
VGA ポート 前面に 1、背面に 1
セキュリティ
  • 電源投入時パスワード
  • サーバ セットアップ用の特権アクセス パスワード
  • 無人ブート モードでキーボードをロックし、パスワード以外の入力を禁止
  • 選択可能なブート シーケンス
業界標準準拠
  • Advanced Configuration and Power Interface(ACPI)2.0 準拠
  • PCI 2.3 準拠
  • PCI-X 仕様 v1.0a
  • International Organization for Standardization(ISO; 国際標準化機構)9241、Part 3
  • Multiprotocol over ATM Server(MPS)1.4
  • Microsoft ロゴ認定
装置の適合規格と安全性
  • Federal Communications Commission(FCC; 米国連邦通信委員会)認可:FCC ルール Part 15、Class A 準拠
  • カナダ Information Collection and Evaluation Standard(ICES)-003、Issue 3、Class A
  • Underwriters Laboratories(UL)1950
  • CSA C22.2 No. 950
  • NOM-018
拡張オプション
ホットプラグ非対応 133 MHz/64 ビット PCI-X スロット 2
ホットプラグ非対応 PCIe スロット× 8 1
電力
定常状態出力電力 835 W
オートレンジ AC 電源入力 あり
力率補正(回路)Power Factor Correction(PFC) あり
ホットスワップ対応最大電源数 2
出荷時のホットスワップ最大電源数 2
電源入力周波数範囲 47 〜 63 Hz
入力電圧(ローレンジ)
  • 90 〜 137 VAC(最小)
  • 180 〜 265 VAC(最大)
入力電流(電源装置あたり)
  • 10.0 A(公称 100 VAC)
  • 5.0 A(公称 200 VAC)
環境仕様
温度(0 〜 914 m [0 〜 3,000 フィート]) 10 〜 35°C(50.0 〜 95.0°F)
温度(914 〜 2,133 m [3,000 〜 7,000 フィート]) 10 〜 32°C(50.0 〜 90.0°F)
相対湿度 8 〜 80%
BTU 定格(最大構成) 2840 BTU/Hr
最大音響ノイズ 6.6 bel
外形寸法
フォーム ファクタ 2 RU
ラックマウント 標準のサードパーティ製ラックに対応
重量(最大) 28.1 kg(65 ポンド)
重量(ドライブ取り外し時) 21.1 kg(46.5 ポンド)
高さ 8.54 cm(3.36 インチ)
44.36 cm(17.5 インチ)
奥行 69.8 cm(27.5 インチ)


発注情報

アプライアンスの発注方法は、次のとおりです。Cisco.com の Dynamic Configuration Tool で CALLMANAGER-5.0 と入力すると、Cisco MCS Unified CallManager Appliance および関連するライセンスのリストが表示されます。次の製品番号を使用して、各コンポーネントを個別に発注することもできます。

  • MCS7845I2-K9-CMA2
  • LIC-CM5.1-7845=
  • KEY-CCM-ADMIN-K9=(2 個から発注可能)
  • DAT-USB-EXT-72=(オプションの外付け USB DAT テープ ドライブ)
  • DAT-USB-RM-72=(オプションのラックマウント USB DAT テープ ドライブ)
  • DAT-USB-ADPT=(DAT-USB-EXT-72= または DAT-USB-RM-72= を使用するために必要)
  • LIC-CCM5.X-2500=(アプライアンスあたり 2,500 ユーザを追加する場合、オプションで発注可能)

アプライアンスのスペア品

スペア アプライアンスを発注する際は、表 2 を参照してください。

表 2 スペア アプライアンスの発注情報

アプリケーション スペア製品番号
Cisco Unified CallManager 5.1 MCS7845I2-K9-CMA2


現場で交換可能なスペア品

アプライアンスのスペア製品を発注する際は、表 3 を参照してください。

表 3 アプライアンスのスペア製品の発注情報

説明 スペア製品番号
スペア 72 GB Ultra320 ホットプラグ SCSI ドライブ(Cisco MCS 7845-I2 用) HDD-7845-I2-72=
スペア 625 W 電源装置(Cisco MCS 7845-I2 用) PWR-7845-I2=
スペア ファン(Cisco MCS 7845-I2 用) FAN-7845-I2=
スペア外付け USB 36/72 GB DAT ドライブ DAT-USB-EXT-72=
スペア ラックマウント USB 36/72 GB DAT ドライブ DAT-USB-RM-72=
PCI-to-USB DAT アダプタ DAT-USB-ADPT=
(DAT-USB-EXT-72= または DAT-USB-RM-72= を使用するために必要)

※なお、日本国内では DAT ドライブに電源を供給するための電源ケーブルとして CAB-JPN= の発注が必要です。


サーバの CPU 速度の識別方法

Cisco MCS 7845-I1 Unified CallManager Appliance では、Intel 社によって高速のプロセッサが更新されると、サーバのプロセッサが変更されます。表 4 は、シャーシに記載されるシスコの製造製品番号を示しています。これによって個々のサーバのプロセッサ速度を識別できます。

表 4 製造製品番号(プロセッサ速度別)

プロセッサ 製造 P/N(サーバに記載) 導入
Intel Woodcrest Xeon 2.33 GHz 74-4518-01 アプライアンスの初期生産時
Intel Woodcrest Xeon 3.4 GHz 74-4490-01 レイヤ 2 キャッシュ を 4 MB にした新プロセッサを搭載


シスコ ユニファイド コミュニケーションのサービスおよびサポート

シスコシステムズとパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方を活用して、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムをサポートするための幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。これらのサービスは、IP コミュニケーション ソリューションの構築、運用、および最適化に効果のある手法を基にしています。たとえば、早期段階に計画サービスおよび設計サービスを活用すると、厳しいスケジュール要件を満たすことができ、導入作業中のネットワークの停止を最小限に抑えます。運用サービスを使用すると、専門家の技術サポートによって通信の中断リスクを軽減できます。最適化サービスを使用すると、ソリューションのパフォーマンスが向上し、運用効率が高まります。シスコとそのパートナーは、耐障害性の高い統合型ネットワークの構築および維持に役立つシステムレベルのサービスおよびサポートを提供し、企業ニーズに対応しています。


保証に関する情報

シスコは、Cisco MCS について 1 年間のハードウェア保証を行っています。この保証の条件については、http://www.cisco.com/en/US/products/prod_warranties_listing.html popup_icon をご覧ください。

お問い合わせ