Cisco IP SoftPhone

Cisco IP SoftPhone バージョン1.3

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

Datasheet

PDF GET ACROBAT データシート

Cisco IP SoftPhone バージョン 1.3



[目次]
[VoIP と PC を利用]
[柔軟性のあるソリューション - どこでも利用可能な拡張電話]
[カンファレンシングとコラボレーションを容易に実現]
[使用および展開が容易]
[主な利点]
[基本機能]
[技術仕様]

Cisco IP SoftPhone は、ユーザのノートブックまたはデスクトップ PC で動作する、高度で最先端の通信アプリケーションです。Cisco AVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)によって実現される Cisco IP SoftPhone は、シスコシステムズの IP Phone 製品ラインに完全に統合された、強力な VoIP(Voice-over-IP)ソフトウェア アプリケーションです。


図 1
Cisco IP SoftPhone

図 1 Cisco IP SoftPhone

VoIP と PC を利用

Cisco IP SoftPhone は PC の有用性を活かしてハードウェアの IP Phone を制御するほか、スタンドアロンのソフトウェア IP Phone としても機能します。Cisco IP SoftPhone は、わかりやすいユーザ インターフェイスや状況に応じた制御機能を装備しているため、楽しく簡単に使用できます。また、Cisco IP SoftPhone は Microsoft NetMeeting と統合し、1 回クリックするだけで、先進的なマルチメディア コラボレーション ツールを使用できます。図 1 を参照してください。

Cisco IP SoftPhone は、Cisco VoIP ソリューションの一部である LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)サービスを最大限に活用しています。企業内ディレクトリで名前を調べ、その情報を Cisco IP SoftPhone にドラッグ アンド ドロップするだけで、電話をかけることができます。パーソナル ディレクトリを使用すると、メイン ディレクトリ サーバに接続しなくても、連絡先リストや接続情報を随時検索できます。

高度な通信サービスに対するニーズは急速に高まっていますが、IP ベースのテレフォニー ソリューションが「インターネット時代」での発展に伴い、Cisco IP SoftPhone も同様の発展を遂げるものと考えられます。

柔軟性のあるソリューション - どこでも利用可能な拡張電話

IP ベースのソリューションの要求される環境に導入する製品として、豊富な機能を備えた Cisco IP SoftPhone は、当然選ばれる選択肢になっています。VPN(Virtual Private Networks)の使用により、出張中も任意のインターネット接続を利用して、オフィスにいるときと同じように電話を使うことができます。パーソナルコンピュータとVoIPを統合し、PSTN(公衆電話網)も相互に利用した いと考えているユーザーは、Cisco IP Phoneを選択するはずです。

カンファレンシングとコラボレーションを容易に実現

Cisco IP SoftPhone があれば、電話会議の設定を迅速かつ容易に実行できます。会議出席者を招待するには、ディレクトリ登録項目を Cisco SoftPhone にドラッグ アンド ドロップして、バーチャル会議室を作成します。

音声会議が確立されたら、出席者をリストから選択するか、または関連のドキュメントをこのバーチャル会議室にドラッグすることによって、デスクトップ上で実行するアプリケーションを出席者全員と共用できます。バーチャル会議室は図 2 に示すとおり、出席者および共用可能なアプリケーションのリストが含まれています。


図 2
Cisco IP SoftPhone バーチャル会議室

図 2 Cisco IP SoftPhone バーチャル会議室

Cisco IP SoftPhone はお客様のデスクトップ PC に、使いやすい、設定度の高い通信デバイスを実現します。

使用および展開が容易

Cisco IP SoftPhone は PC 上で動作するため、従来の テクノロジーの PBX(構内交換機)電話では利用できなかった機能や使い易さを備えています。

Cisco CallManager ベースの VoIP ネットワークに接続すれば、世界中どこにいても、使い慣れた通信プロファイルがただちにご利用になれます。図 3 を参照してください。


図 3
Cisco IP SoftPhone では、どこにいても、使い慣れたプロファイルにログオンして、電話を受けることができます。

図 3 Cisco IP SoftPhone では、どこにいても、使い慣れたプロファイルにログオンして、電話を受けることができます。

また、Cisco IP SoftPhone はスタンドアロン アプリケーションとして、または物理的な IP Phone 用の CTI(コンピュータ テレフォニー インテグレーション)制御デバイスとして容易に展開できるため、システム管理者にとって好都合です。

Cisco IP SoftPhone は典型的な Windows アプリケーションであり、標準の、公開された API(アプリケーション プログラム インターフェイス)を使用しています。

主な利点

Cisco IP SoftPhone は従来の TDM(時分割多重)電話で実現できなかったネットワークとPCアプリケーションの統合によってのみ可能になる先進的な利点をも たらします。

  • 統合した企業ネットワークおよび従来型技術のネットワーク(PSTN または PBX)のどちらであってもコールの発信/着信が可能。
  • 共同作業(コラボレーション)の統合 - Microsoft NetMeeting との統合。
  • 互換性 - 多くの VPN 構成で動作可能なため、どこにいても(インターネット上でも)通話が可能です(通常インターネット上では QoS は保証しません)。
  • 多機能 - ソフトウェア専用 IP Phone として、または物理的な Cisco IP Phone を制御する目的で使用可能です。
  • 設定可能なオンライン表示 - ダイヤル パッド、ディレクトリ、コール履歴など。
  • 便利なキーボードショートカット --- PCのキーボードを使って電話番号の入力ができます。IP SoftPhoneの英数字は、電話のダイヤルボタンの数字に対応しています。
  • ドラッグ アンド ドロップ操作 - ディレクトリから登録項目をドラッグすることで、コール転送、会議出席者の追加が可能です。
  • グリーティング機能 - ユーザが録音したメッセージを、発信者に対して再生します。
  • コール履歴の記録 - ユーザがかけたコールの記録(発信先電話番号、発信時間、電話時間など)を自動的に記録するので、ログにある番号に電話をかけたり、アドレス帳に保存したりできます。
  • ヘルプ - 状況に応じたオンライン ヘルプを表示します。
  • WebInstaller - ソフトウェアおよび構成のエンドユーザへの配布を容易にします。

バージョン 1.3 で拡張された機能は以下のとおりです。

  • ロード時間を大幅に短縮。
  • 音声ストリーム用の音声カード デバイスと、USB 受話器/ヘッドセットの統合を改善するためのリンガーを、別途選択する機能。
  • ユーザ名、パスワード、Cisco CallManager アドレスの設定ダイアログへのアクセスが容易になり、複数ユーザによる PC の共用が容易に。
  • コール ログ拡張機能。
  • 中国語(簡体字)バージョンと韓国語バージョン。
基本機能

Cisco IP SoftPhone には、以下を含む、デスクトップ型のビジネス電話が持つ機能をすべて備えています。

  • コール タイマ
  • 発信者 ID の表示
  • コール宛先変更 - ボイス メールや他の宛先に、コールを自動的にルーティング可能
  • コール転送 - 通常またはブラインド転送など
  • コール保留
  • 電話会議
  • 「Do Not Disturb」(着信拒否)
  • リダイヤル
  • パブリックおよびプライベート(電話帳)ディレクトリの統合
  • ディレクトリ名の入力またはドラッグ アンド ドロップによるコール開始
  • キーボードまたは画面のダイヤル パッド
  • ボイスメールの統合
  • PC のスピーカまたはヘッドセットの音量制御
  • マイクロフォンの音量および消音制御
  • リンガーの音量および消音制御
  • Cisco CallManager 3.1 の完全冗長化サポート
  • 英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、および簡体字の中国語バージョン
技術仕様
  • Microsoft Windows 98 SE、Windows ME、Windows NT 4.0(Service Pack 4 以上)、Windows 2000 または Windows XP が必要
    • 基本的なシステム要件
    • Pentium II 266-MHZ(電話制御モードだけで使用する場合は Pentium 166-MHZ MMX)
    • 64 ~ 128 MB の RAM(機能の起動による)
    • 最大 40 MB の空きディスク スペース(インストール オプションによる)
  • Windows と互換性のある全二重の音声カード(スタンドアロンの電話モードの場合)
  • サポート規格
    • テレフォニー API(TAPI)に準拠
    • T.120(NetMeeting と統合した場合)
    • H.323
    • G.711、G.723.1、および G.729A のコーダ/デコーダ(codec)サポート
  • サーバ要件
    • Cisco CallManager 3.0.6 以降
    • 冗長化をサポートする場合は Cisco CallManager 3.1 以降
  • CD-ROM からインストール可能。または Web パッケージの構成可能なインストールを使用してネットワーク上でインストール可能。

更新日:2002 年 8 月 12 日

お問い合わせ