電源装置

イントロダクション

スケーラブルでコスト効率の高い電源装置

Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ用 8700 W 拡張 AC電源装置は、スケーラビリティに優れた Power over Ethernet(PoE)を提供し、メンテナンスの時間とコストの削減を可能にします。

この電源装置には、次のような機能および利点があります。

  • PoE のスケーラビリティ:最大 420 台の IEEE 802.3af クラス 3(15.4W)の PoE デバイスを単一のシャーシでサポートできます。Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの冗長性が PoE デバイスにも拡張され、キャンパス アクセス レイヤでの高密度の PoE 展開における TCO(総所有コスト)が削減されます。
  • 外部リレー コントローラを使用したリモートからの電源オン/オフおよびシャットダウン:スーパーバイザ エンジンの Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)にアクセスせずにスイッチをリモートから電源オン/オフおよびシャットダウンできるため、メンテナンス コストが軽減され、MTTR が短縮されます。
  • Cisco IOS ソフトウェア CLI を使用したリモート リスタート:Cisco IOS ソフトウェア CLI を使用してスイッチをリモートから電源オン/オフできるため、メンテナンス コストが軽減され、MTTR が短縮されます。
  • 複数電源入力(3 系統):完全に独立した複数の電源入力を使用して、必要に応じてシステムの共有電源量を柔軟に拡張できます。
  • 電源のユニバーサル入力(110-220 VAC、50 ~ 60 Hz):アベイラビリティと出力電力の必要性に応じて、高入力電圧(200 ~ 220 V)と低入力電圧(100 ~ 120 V)のどちらの回路も供給できる柔軟性があります。
  • 投資の保護:8700 W 拡張 AC電源装置は、既存の Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの 6、9、13 スロットシャーシのいずれにも導入できます。


製品資料

データ シート



お問い合わせ