大企業のインフラストラクチャの障害コストは、平均で 1 時間あたり 100,000 ドル。*

ネットワーク アシュアランスについて学ぶ

TechWiseTV の解説を見る

ステップ 1:トラブルシューティングの簡素化

自己診断

ネットワークのトラブルシューティングにかかるコストと回復に費やしている時間はどれぐらいですか。

考慮すべきこと

すべてのネットワーク デバイス間で分析を一元化することで、有効性を向上させ、ネットワーク監視とトラブルシューティングのコストを削減できます。

推奨ソリューション

メリット:チームの負担軽減、障害への迅速な対応、リアルタイムにイベントを把握、履歴の参照による傾向把握、問題解決時間の劇的な向上。

ご存知でしたか。

ネットワーク マネージャの 34 % は、11 を超えるツールを使用してネットワーク監視とトラブルシューティングを行っています。

出典:EMA Research、Digital Enterprises Require a Next-Generation Wireless Platform、2018 年

ステップ 2:ワイヤレスの向上

自己診断

ワイヤレス ネットワーク上で一貫性のある優れたユーザ エクスペリエンスを維持するのは難しいですか。

考慮すべきこと

ワイヤレス チャネルの状態、干渉、輻輳、およびデータ スループット パフォーマンスに対する可視性を改善することで、パフォーマンス低下やダウンタイムをプロアクティブに防止できます。

推奨ソリューション

メリット:モバイル ユーザ エクスペリエンスを向上し、ワイヤレスの問題を発生前に防ぐことができます。

ご存知でしたか。

インシデント対応は、上位 3 つのリソース消費型アクティビティに入っています。

出典:Cisco and McKinsey automation research、2017 年

ステップ 3:WAN の分析

自己診断

ブランチオフィスで起きているネットワークの問題を特定できますか。

考慮すべきこと

WAN は IT の制御外にある異種ネットワーク上に構築されているため、多くの場合、問題の特定や監視が困難です。

推奨ソリューション

メリット:高度な分析により WAN 全体にネットワークとサービスの可視性およびアシュアランスを拡張できます。

ご存知でしたか。

障害の 35 % は、修復に 1 ~ 12 時間かかります。

出典:IDC、DevOps and the Cost of Downtime: Fortune 1000 Best Practice Metrics Quantified、Stephen Elliott、2014 年

ステップ 4:アプリケーションの保証

自己診断

データセンターのネットワークに変更を加える前に変更の結果を予測できますか。

考慮すべきこと

データセンター全体にアシュアランスを拡張することで、ネットワーク変更の影響を事前に予測できます。

推奨ソリューション

メリット:人的ミスによって生じるネットワーク障害のリスクを低減しながら、自信を持って変更を加え、変更の俊敏性を高めることができます。アプリケーション パフォーマンスを継続的に監視し、ビジネス ニーズを満たしていることを確認できます。

ご存知でしたか。

インフラストラクチャの障害の 17 % は、修復までに数時間ではなく数日かかっています。

出典:IDC、DevOps and the Cost of Downtime: Fortune 1000 Best Practice Metrics Quantified、Stephen Elliott、2014 年