2020 年には、毎秒 6,300 万台の新しいデバイスがエンタープライズ ネットワークに接続される見通しです。*

Cisco DNA による
節約内容を確認する

ROI の計算

ステップ 1:ワイヤレスの拡張

自己診断

すべてのユーザ、顧客、およびデバイスに必要なサービスを提供するためにワイヤレス ネットワークを拡張できますか。

考慮すべきこと

高パフォーマンスと高密度を実現するために最適化されたワイヤレス インフラストラクチャのみが、ユーザ、デバイス、および要求の厳しいアプリケーションの流入に対応できます。

推奨ソリューション

メリット:ワイヤレス ネットワークを 802.11 ac Wave 2 にアップグレードすることで、パフォーマンスを大幅に向上させて、優れたユーザ エクスペリエンスを提供し、アプリケーションをより効率的にサポートできます。

ご存知でしたか。

75 % 以上の IoT の導入で、Wi-Fi 接続が使用されているか、使用される予定です。

出典:IDC PlanScape:Optimizing the WLAN for IoT、IDC、2016 年 6 月

ステップ 2:ネットワーキングの自動化

自己診断

チームは、有線およびワイヤレス ネットワークの複雑さと規模の増加の管理に関する課題を抱えていますか。

考慮すべきこと

インテントベース ネットワーキングへのプロセスは、プロビジョニングや設定などの反復的な管理タスクを自動化して、管理上の負担を軽減することから始めます。

推奨ソリューション

メリット:Cisco DNA Center の自動化機能を使用すると、運用コストを 61 % 削減できます。**自動化機能には、ゼロタッチ プロビジョニング、エンドツーエンドの QoS ポリシーの導入、簡素化されたソフトウェア イメージ管理が含まれます。シスコのサービス チームは、迅速なネットワークの自動化を実現できます。.

ご存知でしたか。

80 ~ 95 % のネットワークの変更は手動で行われています。

出典:McKinsey Study of Network Operations for Cisco - 2016 年

ステップ 3:ユーザとデバイスのセグメント化

自己診断

モバイル ユーザと IoT デバイスの増加およびゲスト Wi-Fi がセキュリティ上の悩みの種になっていますか。

考慮すべきこと

ポリシーベースのネットワークのセグメント化を自動化することで、ユーザとデバイスのグループを簡単に保護でき、ゼロデイ攻撃に対しても、拡散する攻撃のリスクを大幅に削減できます。

推奨ソリューション

メリット:SD-Access を使用すると、一元化されたアイデンティティベースのポリシーとセグメンテーションにより、全社的にすべてのユーザ、デバイス、およびアプリケーションを簡単に保護できます。

存知でしたか。

攻撃者は、24 時間で 100,000 台の IoT デバイスを感染させることができます。

出典:シスコ 2017 年中期サイバーセキュリティ レポート

ステップ 4:IoT 環境への拡張

自己診断

拡張エンタープライズ ネットワーク(保管倉庫、屋外スペースなど)の管理を制御および合理化する必要がありますか。

考慮すべきこと

拡張エンタープライズ全体に一貫性のあるポリシーを適用できる、IT と OT のための単一ネットワークでコスト削減と業務の効率化を実現できることを想像してみてください。

推奨ソリューション

メリット:IoT の SD-Access 拡張を使用すると、ポリシーとセグメンテーションを OT 環境に拡張できます。産業環境、屋外環境、および IoT 環境で拡張制御とセキュリティを確保できます。

ご存知でしたか。

2020 年までに、ネットワーク デバイスの 46 % が Machine-to-Machine または IoT になります。

出典:シスコ VNI レポート - 2016 年