アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

場所を問わずに仕事ができるようにするお手伝いをします。

関連資料を見る

ルータの仕組み

ルータがスモールビジネスと世界を安全に結びつけ、ラップトップやプリンタなどのデバイスを接続する方法について説明します。

ルータの機能

ルータは、コンピュータやその他のデバイスをインターネットに接続します。ルータはディスパッチャとして機能し、情報の転送に最適なルートを選択します。ルータによって、世界規模でビジネスを展開したり、セキュリティの脅威から情報を保護したりできるほか、優先するコンピュータを決定することもできます。

ルータが必要な理由

ルータは、複数のデバイスをインターネットに接続したり、デバイスを相互に接続するために役立ちます。また、ルータを使用してデバイスのローカルネットワークを作成することもできます。これらのローカルネットワークは、デバイス間でファイルを共有する場合や、従業員がソフトウェアツールを共有できるようにする場合に役立ちます。

ルータがないと、ビジネスのデータが適切な場所に送信されません。たとえば、ドキュメントを印刷する場合、そのドキュメントを別のコンピュータやスキャナではなくプリンタに送信するためにルータが必要です。

モデムとルータの機能の違い

モデムは、インターネット サービス プロバイダー(ISP)を介してビジネスをインターネットアクセスに接続します。一方、ルータは、モデムを含むネットワーク内の多数のデバイスを接続します。ルータが配置されていると、モデムやその他のデバイスは、ある場所から別の場所にデータを転送できます。

Cisco Meraki のクラウドネットワークを無料でお試しいただけます

ルータのタイプ

有線ルータ

有線ルータは、通常、ネットワークケーブルを介してモデムまたはワイドエリアネットワーク(WAN)に直接接続されます。このルータには、通常、モデムと接続してインターネットと通信するためのポートがあります。

ワイヤレスルータ

ルータは、同じワイヤレス標準規格をサポートするデバイスにワイヤレスで接続することもできます。ワイヤレスルータは、インターネットとの間で情報を送受信できます。

ルータによるルーティングの仕組み

ルーティングの定義

ルーティングとは、IP パケット(Internet Protocol(IP)アドレスを持つデータのパッケージ)をネットワーク間で転送する機能です。ルータの役割は、ビジネス内のネットワーク間を接続し、これらのネットワーク内のトラフィックを管理することです。ルータには、一般に、ルータが他のネットワークに接続することを可能にする複数のネットワーク インターフェイス カード(NIC)があります。

ネットワーク全体でのデータ転送の高速化

ルータは、ネットワークに接続されたデバイス間の最速のデータパスを計算し、それらのパスに沿ってデータを送信します。これを行うために、ルータはいわゆる「メトリック値」または優先順位番号を使用します。ルータが同じ場所への 2 つのルートを選択できる場合、最も低いメトリックのパスを選択します。このメトリックはルーティングテーブルに保存されます。

ルーティングテーブルの作成

ルータに保存されているルーティングテーブルは、ネットワーク内のすべての可能なパスのリストです。ルータは、ネットワーク内の別の場所に転送する必要がある IP パケットを受信すると、パケットの宛先 IP アドレスを調べ、ルーティングテーブルでルーティング情報を検索します。

ネットワークの管理者は、ルーティングの問題のトラブルシューティングに役立つため、ルーティングテーブルに慣れておく必要があります。たとえば、ルーティングテーブルの構造とルックアッププロセスを理解していると、特定のルーティングプロトコルに精通しているかどうかに関係なく、ルーティングテーブルの問題を診断できます。

一例として、予期されるすべてのルートがルーティングテーブルに含まれているにもかかわらずパケット転送が予期どおりに機能していないとします。このような場合、パケットの宛先 IP アドレスを検索する方法を知っていれば、パケットが転送されているかどうか、パケットが別の場所に送信されている理由、またはパケットが破棄されているかどうかを判断することができます。

ルータの管理

ネットワークのルーティングオプションを変更する必要がある場合は、ルータにログインしてソフトウェアにアクセスします。たとえば、ルータにログインして、ログインパスワードの変更、ネットワークの暗号化、ポート転送ルールの作成、ルータのファームウェアの更新を行うことができます。

ルータをビジネスに活用する方法

アプリケーションの共有

ルータを使用すると、従業員がビジネスアプリケーションに容易にアクセスできるようになり、生産性が向上します。特に、従業員がリモートオフィスなどの本社外で働いている場合に役立ちます。ルータによって、VoIP、ビデオ会議、Wi-Fi ネットワークなどの特殊なサービスを実現することもできます。

情報へのアクセスを高速化

ルータを配置することにより、企業は、顧客への対応を改善するとともに、顧客情報へのアクセスを容易にすることができます。これらは、顧客が質問に対する迅速な回答や個別化されたサービスを要求する場合に非常に役立ちます。ルータを使用して高速かつ高信頼性のスモール ビジネス ネットワークを構築することで、従業員は、顧客のニーズにより迅速かつインテリジェントに対応できるようになります。

運用コストの削減

ルータにより、最終的な収益を向上させることができます。スモールビジネスでは、プリンタやサーバなどの機器やインターネットアクセスなどのサービスを共有することで、コストを削減できます。ルータを使用して構築された高速かつ高信頼性のネットワークは、ビジネスの成長とともに拡張することもできるため、ビジネスの拡大に合わせてネットワークを再構築し、新しいデバイスを購入しつづける必要はありません。

セキュリティの向上

ルータが組み込み型のファイアウォールまたは Web フィルタリングを提供し、着信データを検査して必要に応じてブロックする場合は、貴重なビジネスデータを攻撃から保護するために役立ちます。

セキュアなリモート接続の実現

ルータは、他の従業員と通信したりビジネスアプリケーションを使用する必要があるモバイルワーカーにセキュアなリモートアクセスを提供するために役立ちます。これは、昼夜を問わずいつでも重要なビジネス情報を共有する必要がある仮想チームや在宅勤務者がいる多くの企業にとって一般的なシナリオです。

ルータによるスモール ビジネス ネットワークの構築

ビジネスグレードのスイッチとルータへの投資

コンシューマ製品またはホームネットワーキング製品では、ビジネスの成長にともなう課題に対応できません。

将来的に拡張できるネットワークの構築

これにより、ビデオ監視、VoIP、統合メッセージング、ワイヤレスアプリケーションなどの機能を必要に応じて追加できます。

優れた信頼性と冗長性を持つルータの選択

これにより、自然災害などの予期せぬ破壊的なイベントから迅速に回復するために必要なビジネス継続性が提供されます。

詳細は以下をご確認ください。

セキュリティ

シスコのリソースは、セキュリティの状況を把握し、ビジネスを保護するための技術を選択する際に役立ちます。

コラボレーション

これらのツールや記事は、ビジネスの規模を拡大し、つながりを維持するために重要なコミュニケーションの決定に役立ちます。

ネットワーキング

ネットワークを設計および保守するための適切な決定を下し、ビジネスの成功につなげる方法について説明します。

リソースセンター

これらのニーズを満たし、ビジネスの拡大と成功につなげるために役立つ手引き、チェックリスト、およびその他のヒントをご紹介します。