アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

仮想 PBX とは

仮想 PBX(構内交換機)は、ローカルのハードウェアと固定電話の接続性が必要な従来の PBX に置き換わるように設計された、クラウドベースのビジネス電話システムです。

仮想PBXの機能

仮想 PBX の仕組みを教えてください。

従来の PBX は専用の電話ネットワークに接続するために固定電話とローカルハードウェアを使用しましたが、仮想 PBX はクラウドベースのソフトウェアと VoIP(ボイス オーバー インターネット プロトコル)を使用することで同じ機能を提供します。

VoIP は IP アドレスを使用して内線を特定するため、物理的な電話線と内線番号の必要がなくなります。そのため、インターネットに接続されたビジネスのローカルネットワークも電話ネットワークとして機能します。

従来のPBXと何が違うのですか

従来の PBX と仮想 PBX のいずれも転送、会議、メッセージ、留守番電話など、ビジネス電話システムの標準となっている機能を利用できます。ただし、仮想 PBX には他にも機能と利点があります。

仮想 PBX の利点

  • ハードウェアの削減

    仮想 PBX はインターネットアクセスおよびデータと同じネットワーク上で実行されるため、専用のハードウェアまたはインフラストラクチャは必要ありません。

  • セットアップが簡単

    クラウドベースの仮想 PBX は、ハードウェアの設置が必要なシステムよりも速く起動できます。

  • 拡張性

    迅速でセットアップにハードウェアが不要な仮想 PBX は、成長予定のビジネスや様々な場所での接続性が必要なビジネスに特に適しています。

  • コストの削減

    長期的に見れば、仮想 PBX はローカルでホストされる従来の PBX よりもコストを削減できます。

  • IT 管理の軽減

    通常、仮想 PBX プロバイダーがトラブルシューティング、パフォーマンス監視、ソフトウェアアップデートを担当します。

  • 柔軟な転送

    仮想 PBX は通話をルーティングするために IP アドレスを使用するため、転送をより簡単に管理できます。転送された通話を受けるために必要なのは、電話のヘッドセットとインターネット接続だけです。

  • Web ベースの管理インターフェイス

    通常、サービスプロバイダーはアカウントおよびネットワーク管理に向けて、分析ツールとレポート生成を利用できる Web ベースのインターフェイスを提供しています。

  • 常に最新のシステム

    ハードウェアシステムは、常にアップグレードしていなければ旧式となってしまいます。優れた仮想 PBX のプロバイダーは、常に最新のテクノロジーを組み込み、最新の製品を提供できるように努力しています。

  • 統合が容易

    IP アドレスを土台としているため、仮想 PBX は顧客関係ソフトウェアや自動音声応答ツールのような外部のアプリケーションと接続できるように設計されています。

  • 電話の柔軟性

    IP ベースのシステムによって、エンドユーザは IP フォン、固定電話、ソフトフォン(コンピュータに接続されたヘッドセット)を使用できます。

詳細は以下をご確認ください。

セキュリティ

シスコのリソースは、セキュリティの状況を把握し、ビジネスを保護するためのテクノロジーを選択する際に役立ちます。

ネットワーク

ネットワークを設計および保守するための適切な決定を下し、ビジネスの成功につなげる方法について説明します。

コラボレーション[英語]

これらのツールや記事は、ビジネスの規模を拡大し、つながりを維持するために重要なコミュニケーションの決定に役立ちます。

ツールとヒント

これらのニーズを満たし、ビジネスの拡大と成功につなげるために役立つ手引き、チェックリスト、およびその他のヒントをご紹介します。