Cisco Nexus 9372PX スイッチ

イントロダクション

スモール フォーム ファクタのパフォーマンスと拡張性

Cisco Nexus 9372PX スイッチは、ラインレートのレイヤ 2 およびレイヤ 3 機能セットをコンパクトなフォーム ファクタで提供します。このスイッチは、3 層アーキテクチャ向け、およびリーフ/スパイン型アーキテクチャのリーフ ノードとして使用できる柔軟なスイッチ プラットフォームです。Cisco NX-OS モードまたはアプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)モードで動作するオプションを使って、小規模企業、大規模企業、およびサービス プロバイダーのアーキテクチャに導入できます。

ビデオ データ シート

ビデオ データ シート

Nexus 9300 シリーズについて (6:19 min)

データ シートを読む
データセンターのパフォーマンスの向上

データセンターのパフォーマンスの向上

ファイバ インフラストラクチャをアップグレードすることなく、非常に低いコストで 40 Gbps の速度を実現します。(4:45 min)

ビデオを観る [英語]

機能と特長

Cisco Nexus 9372PX スイッチは、48 個の 1/10 Gbps Small Form Pluggable Plus(SFP+)ポートと 6 個の Quad SFP+(QSFP+)アップリンク ポートを備えています。すべてのポートはラインレートであり、1 ラックユニット(1RU)のフォーム ファクタで 1.44 Tbps のスループットを提供します。Nexus 9372PX の利点は次のとおりです。

アーキテクチャ上の柔軟性

  • 従来型とリーフ/スパイン型の両方のアーキテクチャに対応した、トップオブラックまたはミドルオブロー ファイバベースのサーバ アクセス接続を含む
  • Cisco ACI アーキテクチャ向けのリーフ ノード サポートをロードマップで提供
  • Cisco Nexus 2000 ファブリック エクステンダのサポートにより、拡張性の向上と管理のシンプル化を実現

多機能

  • パフォーマンス、復元力、拡張性、管理性、およびプログラマビリティを確保するように設計された Cisco NX-OS ソフトウェアの改良バージョンを提供
  • ACI 対応のハードウェア インフラストラクチャにより、ユーザは自動化されたポリシーベースのシステム管理アプローチを最大限に活用可能
  • Virtual Extensible LAN(VXLAN)ルーティングをサポート
  • 競合他社のスイッチの機能を上回る 25 MB の追加バッファ

高可用性と効率に優れた設計

  • 高密度な非ブロック アーキテクチャ
  • ホットアイル/コールドアイル型の構成への容易な導入
  • ホットスワップ可能な冗長構成の電源モジュールおよびファン トレイ

運用のシンプル化

  • Power-On Auto Provisioning(POAP)のサポートにより、ソフトウェアのアップグレードと設定ファイルのインストールをシンプル化
  • インテリジェントな API により、HTTP/HTTPS インフラストラクチャ上で実行するリモート プロシージャ コール(RPC、JSON または XML)を介したスイッチ管理が可能
  • Python スクリプトによる、スイッチのコマンドライン インターフェイス(CLI)へのプログラム的なアクセス
  • ホット/コールド パッチとオンライン診断

投資保護

  • シスコの 40 Gbps 双方向トランシーバ [英語] により、既存の 10 ギガビット イーサネットのマルチモード ケーブル設備を 40 ギガビット イーサネットに再利用できる
  • より高速なアクセス スイッチング インフラストラクチャに移行するデータセンター向けに 1 Gb および 10 Gb のアクセス接続をサポート

仕様の概要

Nexus 9372TX は以下をサポートしています。

  • 1 RU フォーム ファクタで 1.44 Tbps の帯域幅
  • 1/10 Gbps SFP+ 固定ポート× 48
  • アップリンク接続用の 40 Gbps QSFP+ 固定ポート× 6(認定セキュリティ監査機関(QSA)アダプタを介して 10 Gb ポートに変換可能)
  • 1 〜 2 マイクロ秒の遅延
  • 前面から背面、背面から前面への切り替えが可能なエアーフロー設定
  • 80 PLUS プラチナ規格に準拠した、ホットスワップ可能な冗長構成の 1+1 電源
  • ホットスワップ可能な冗長構成の 2+1 ファン トレイ

お問い合わせ