Cisco Energy Management Suite

Cisco EnergyWise Suite データ シート

データ シート





Cisco EnergyWise Suite



Cisco EnergyWise™ Suite は、データセンターやオフィス環境のエネルギー コスト削減とエネルギー消費量の最適化を目指すお客様をサポートし、 IP に接続する全システムの電力を表示、測定、管理する製品およびサービス ファミリです。Cisco EnergyWise Management ソフトウェア、Cisco EnergyWise ディスカバリ サービス、Cisco EnergyWise 最適化支援サービスを組み合わせ、ネットワークに接続されているすべてのデバイスのエネルギー消費量と使用率を視覚的に把握できます。また、Cisco EnergyWise Management は、エネルギーの総コストを削減するためのアクティブな電源管理機能も備えています。


図 1 は、エネルギー使用量を視覚的に把握し、エネルギー コストの削減を促進する Cisco EnergyWise Suite のエネルギー 管理方法を略図化したものです。


製品およびサービス


  • オフィス向け Cisco EnergyWise Management:エネルギー使用量の継続的な可視化、分析、ポリシーベースのエネルギー管理機能を提供し、オフィス環境全体の IT エネルギー コスト削減を促進します。このソフトウェア ソリューションは、PC、Mac、IP フォン、アクセス ポイント、プリンタ、スイッチ、ルータなど、分散型オフィス内のすべての IP 接続デバイスやシステムをベンダーを問わずネットワークベースで監視します。
  • データセンター向け Cisco EnergyWise Management:エネルギー使用量の継続的な可視化、分析、ポリシーベースのエネルギー管理機能を備え、データセンターのエネルギー使用量を 100 % 可視化できます。このソフトウェア ソリューションは、物理サーバ、仮想サーバ、ルータ、スイッチ、配電ユニット(PDU)、ストレージ デバイスなど、データセンター内のすべてのデバイスやシステムをベンダーを問わずネットワークベースで監視します。
  • Cisco EnergyWise Fast Start:Cisco EnergyWise Management を購入して、エネルギー使用量の可視化やコスト削減を本格的に開始する前に、機能限定版のソフトウェアを 90 日間無料で試用できるライセンスです。Fast Start ライセンスでは、データセンターおよびオフィス環境内にある全デバイスの監視機能、Power over Ethernet、Cisco EnergyWise に対応するデバイスの管理機能、基本的なレポート機能、投資回収率の計算機能を利用できます。
  • Cisco EnergyWise ディスカバリ サービス:お客様の IT 資産の詳細なエネルギー ベンチマークや可視化を実行できます。この 90 日間のサービス契約では、Cisco EnergyWise Management ソフトウェアのリモート インストール、詳細なデータの収集、お客様のエネルギー ベースライン データの測定、隔週のエネルギー検出レポート、Cisco EnergyWise Management ソフトウェアを使用した場合に実現できる個別のコスト削減の要約といったサービスを利用できます。
  • Cisco Energy Manager 最適化支援サービス:IT インフラストラクチャのエネルギー最適化に焦点を置いた 12 ヵ月間のサブスクリプション サービスです。Cisco EnergyWise Management ソフトウェアは、最適化サービスに付属しており、ネットワークでの一元管理、データセンターでのエネルギー使用量の 100 % 可視化、オフィス全体のエネルギー コスト削減を実現します。

可視化


Cisco EnergyWise Management は、データセンターおよび分散型オフィス内のすべてのデバイスやシステムをベンダーを問わずネットワークベースで監視して、エネルギー使用量を継続的に可視化できます。

測定


Cisco EnergyWise Management は、高度なエネルギー分析機能を備えています。日付、時刻、場所、デバイス、アプリケーションなどをグループ化して、エネルギー使用量や CO2 排出量を分析することで、エネルギー効率や削減の機会を正確に特定できます。

管理


Cisco EnergyWise Management は、計画、シミュレーション、最適化、ポリシー適用、イベント駆動ルールを通じて、可用性やユーザの生産性に影響を与えずに、エネルギー コストの削減およびエネルギー効率の向上を実現します。

図 2 は、Cisco EnergyWise Management を使用する利点を示しています。


機能


  • エネルギーの可視化:分散型オフィスおよびデータセンター全体のエネルギー消費量、コスト、使用率を包括的に可視化できます。物理的な位置、事業部、データセンターの列、ラック、スロット、デバイス、仮想マシンなどでまとめたエネルギー使用量を表示できます。
  • 即効性のあるコスト削減:管理ポリシーを有効にした時点から、SLA を満たし、パフォーマンスに悪影響を及ぼすことなくエネルギー コストを削減できます。
  • 強力な分析とレポート機能:エネルギー削減および CO2 排出量削減の数値化、正当化、および優先順位付けを容易に行うことができます。
  • アラート機能:しきい値を設定して、電力、使用率、温度の条件に基づいてアラートを設定できます。

利点


  • エネルギー消費量、エネルギー コスト、CO2 排出量をリモートで管理、分析、および制御することが可能です。
  • ネットワークに接続されているすべての IT 資産を自動検出します。
  • デバイス単位でのエネルギー消費量を動的に計算します。
  • ネットワークベースのアーキテクチャ:
    • デバイス側でのソフトウェアのインストールが不要です。
    • ネットワークの再構成が不要です。
    • 高価なハードウェア計測器が不要です。
    • 面倒なメンテナンス、構成、パッチの適用が不要です。
  • 短期間での導入
  • 数週間や数ヵ月ではなく数時間または数日で効果を実現します。

オフィス、およびデータセンターの機器をサポート


  • デスクトップおよびラップトップ:
    • Windows
    • Mac
    • Linux
    • シン クライアント
    • 仮想デスクトップ
  • モニタ
  • プリンタ
  • コピー機
  • Voice over IP(VoIP)電話
  • ルータ
  • スイッチ
  • アクセス ポイント
  • 仮想サーバ
  • 物理サーバ
  • ストレージ デバイス
  • ルータ
  • スイッチ
  • 配電ユニット(PDU)
  • 無停電電源装置(UPS)
  • サーバ ルーム用空調機(CRAC)
  • その他

Cisco EnergyWise Management をインストールする場合のハードウェアの最低要件

4 GB の RAM、デュアル コア、20 GB 以上の空きディスク容量、Windows 2008 以降のサーバ
詳細については、こちらの Web サイトをご覧ください。http://www.cisco.com/jp/go/energywise/