Cisco Catalyst 6500 シリーズ

Supervisor Engine 32(Sup32)

ダウンロード
Supervisor Engine 32(Sup32)

Q&A


Supervisor Engine 32(Sup32)


Q.Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32とは、どのようなものですか。

A.Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32(Sup32)は、ワイヤリング クローゼットを対象にしたCisco Catalyst 6500シリーズ モジュラ型スイッチ用の次世代スーパーバイザ エンジンです。Sup32は、ワイヤリング クローゼット向けに安定した一連の機能を低コストで提供します。Policy Feature Card(PFC;ポリシー フィーチャ カード)3Bを標準装備しており、Sup720との間で機能の一貫性が維持されています。Sup32には、ギガビット イーサネット用SFPポートを8ポート搭載したモデルと、10ギガビット イーサネットXENPAKポートを2ポート搭載したモデルがあります。Sup32は、Supervisor Engine 1AおよびPFC2を搭載したSupervisor Engine 2の後継製品として位置付けられています。将来的な拡張性に優れたアーキテクチャが採用されており、簡易なネットワーク管理およびアプリケーション対応機能が利用できます。

Q.Sup32は、レイヤ3ルーティングをサポートしていますか。

A.Sup32は、Multilayer Switch Feature Card(MSFC;マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)2Aを標準装備しており、ハードウェアでレイヤ3ルーティングをサポートする機能を備えています。ただし、Sup32でレイヤ3ルーティングを可能にするソフトウェアは、今後リリースされます。スタティック ルートおよびRouting Information Protocol(RIP)以外をサポートするには、レイヤ3ライセンスを別途購入する必要があります。

Q.Sup32を使用するためのシステム要件は、どのようなものですか。

A.Catalyst 6500シャーシでSup32を使用する場合、高速ファン トレイが必要です。したがって、6スロット、9スロット、または13スロット シャーシで使用するには、最低2500 WのAC電源(110 Vまたは220 Vモード)あるいはDC電源が必要です。3スロット シャーシには、最低950 Wが必要です。Sup32は、Eシリーズ シャーシまたはCisco 7600シリーズ ルータでも使用できます。

Q.Sup32は、どのスロットに装着するのですか。

A.Sup32は、Sup720と同じスロットに装着できます。

  • 6スロットまたは9スロット シャーシでは、スロット5または6
  • 13スロット シャーシでは、スロット7または8
  • 3スロット シャーシでは、スロット1または2

Q.Sup32の10 ギガビット イーサネット ポートでは、どのような製品がサポートされていますか。

A.Sup32は、10ギガビット イーサネット XENPAKをサポートしています。サポートされているXENPAKは、次のとおりです。

  • XENPAK-10GB-CX4(InfiniBand銅ケーブルで15 m)
  • XENPAK-10GB-SR (Fiber Distributed Data Interface [FDDI]のMMF [マルチモード光ファイバ]で26 m、50 um 2000 MHz*km MMFで300 m)
  • XENPAK-10GB-LX4(MMFで300 m)
  • XENPAK-10GB-LR(SMF [シングルモード光ファイバ]で10 km)
  • XENPAK-10GB-ER(SMFで40 km)

ワイヤリング クローゼット アップリンク ソリューションの場合、建物にベース ファイバが敷設されているため、通常はLX4 XENPAKの使用が適切です。

Q.Sup32のバックプレーンと転送速度はどのようなものですか。

A.Sup32は、32 Gbpsバスに接続されたスーパーバイザ エンジンです。Sup32は、スイッチ ファブリックを装備しておらず、またサポートもしていません。転送速度は15 Mppsです。

Q.Sup32は、Sup720と比べてどのような特長がありますか。

A.Sup32は機能面ではSup 720と変わりませんが、価格とパフォーマンスはワイヤリング クローゼット向けのものとなっています。エッジにはSup32を展開して、ディストリビューション レイヤにはSup720を配置し、コア層ではSup720の分散フォワーディングを利用するなど、ネットワーク全体に一貫したサービスを提供することができます。

Q.Sup32では、どのライン カードがサポートされていますか。

A.クラシック ライン カードとCisco Express Forwarding(CEF)256ライン カード(Distributed Forwarding Card [DFC]未搭載)が、すべてサポートされています。

Q.Sup32でサポートされていないのは、どのライン カードですか。

A.Sup32でサポートされていないのは、次のシリーズのライン カードです。

  • WS-X67XX
  • WS-X68XX
  • DFC搭載カード
  • スイッチ ファブリック モジュール(SFM)

Q.FCS時点でのSup32は、どのイメージをサポートしていますか。

A.Sup32の初期リリースでは、CatOS 8.4をサポートしています。

SC6K-S323K8-8.4 Catalyst 6000 Sup 32 PFC3フラッシュ イメージ、Rel 8.4 cat6000-sup32pfc3k8
SC6K-S323K9-8.4 Catalyst 6000 Sup 32 PFC3フラッシュ イメージ(Secure Shell [SSH;セキュア シェル]装備)、Rel 8.4 cat6000-sup32pfc3k9
SC6K-S323CVK8-8.4 Catalyst 6000 Sup 32 PFC3フラッシュ イメージ(CV装備)、Rel 8.4 cat6000-sup32pfc3cvk8
SC6K-S323CVK9-8.4 Catalyst 6000 Sup 32 PFC3フラッシュ イメージ(CVおよびSSH装備)、Rel 8.4 cat6000-sup32pfc3cvk9

Q.FCS時点でのSup32では、どのようなPFC3B機能がサポートされていますか。

A.次の機能がハードウェアでサポートされています。ただし、機能によっては条件があります。次の表に、PFC3Bでサポートされている機能と条件を示します。

機能 サポート
コントロール プレーン レート リミッタ あり
双方向PIM あり
IPv6 ハードウェアでサポート、ただし対応IOSが必要
Multiprotocol Label Switching(MPLS;マルチプロトコル ラベル スイッチング) ハードウェアでサポート、ただし対応IOSが必要
Enhanced Remote Switched Port Analyzer(ERSPAN) ハードウェアでサポート、ただし対応IOSが必要
Network Address Translation(NAT;ネットワーク アドレス変換)/Port Address Translation(PAT;ポート アドレス変換) ハードウェアでサポート、ただし対応IOSが必要
Generic Routing Encapsulation(GRE;総称ルーティング カプセル化)トンネリング ハードウェアでサポート、ただし対応IOSが必要

Q.初期リリースのソフトウェアで、USBポートは使用できますか。

A.いいえ。USBポートは、今後リリースされるソフトウェアで利用できます。

Q.Sup32は、外付けコンパクト フラッシュをサポートしていますか。

A.はい。Sup32は、1つの外付け用コンパクト フラッシュ スロットをサポートしています。Sup32は従来のブートフラッシュの代わりに、内蔵コンパクト フラッシュ ブートディスクもサポートしています。

Q.内蔵コンパクト フラッシュのデフォルトの記憶容量はどれだけですか。

A.内蔵コンパクト フラッシュのデフォルトの記憶容量は256 MBで、フィールド アップグレードはできません。

Q.Sup32に標準装備されているDRAMの記憶容量はどれだけですか。

A.基板およびMSFC2Aの両方に標準で256MB DRAMが搭載されており、どちらも512 MBまたは1 GBにフィールド アップグレードが可能です。

Q.8ポートのSup32では、いくつのアップリンク ポートを同時にアクティブにできますか。

A.Sup 32シングル構成の場合、8つのアップリンク ポートをすべて同時にアクティブにできます。冗長構成の場合は、16のアップリンク ポートをすべて同時にアクティブにできますが、15 Mppsというバス速度の制限があるため、すべてのポートが同時にライン レートで動作するわけではありません。

Q.10ギガビット イーサネットSup32では、いくつのアップリンク ポートを同時にアクティブにできますか。10 ギガビット イーサネット アップリンクのオーバーサブスクライブ係数は、どれだけですか。

A.冗長構成の場合、4つの10ギガビット イーサネット ポートをすべて同時にアクティブにできます。標準的なトラフィック パターンの場合、1つのスーパーバイザ エンジン構成で、10 ギガビット イーサネット アップリンクは2:1のオーバーサブスクライブになっています。実際の帯域は、パケット サイズとトラフィック パターンによって異なります。

Q.Sup32でサポートされている外付けコンパクト フラッシュのサイズは、いくつですか。

A.Sup32の外付けコンパクト フラッシュはオプションです。出荷時にサポートされているコンパクト フラッシュは、MEM-C6K-CPTFL64M、MEM-C6K-CPTFL128M、およびMEM-C6K-CPTFL256Mです。

Q.Sup32の詳細について教えてください。

A.次のURLにあるデータ シートを参照してください。
http://www.cisco.com/jp/product/hs/switches/cat6500/prodlit/c6500se32_ds.shtml