Cisco Catalyst 6500 シリーズ Secure Socket Layer(SSL)サービス モジュール

イントロダクション


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco Catalyst 6500 シリーズ をご覧ください。

 

Cisco Catalyst 6500 シリーズと Cisco 7600 シリーズのインターネット ルータ用Cisco Secure Socket Layer (SSL) Services Module は、迅速で安定した動作を保証すると同時に、包括的でセキュアなコンテンツ ネットワーキングを提供し、パフォーマンスを劇的に向上させ、Web 対応アプリケーションのセキュリティを向上させます。これはWebサイトでサポートされているセキュアな接続を増やすことを意味し、SSLプロトコルを使用したプロセッサ負荷の高いトラフィックの保護に関わるタスクをオフロードすることにより可能にします。

SSL を Cisco Content Switching Module(CSM)と統合すると、Web サーバでのリソース負荷の高い機能による負担が軽減される一方で、暗号化されたトラフィック、また暗号化されていないトラフィックの両者が加速されるため、高機能、スケーラブル、かつセキュアなサーバのロード バランシング ソリューションが提供されます。

主要機能

  • 認証の最適化 - Web サーバーへのユーザー データを暗号化して、 プライバシー、機密性、認証機能を提供します。SSL ではモジュールに備わっている広範囲の認証が使われるので、認証管理を集中化し、個別のサーバーでの認証管理の必要性を解消し、また、各サーバーごとの認証コピーではなく単一の認証コピーのみを必要としていることによりコストが削減されます。
  • 絶対的なパフォーマンス - 業界で最速の SSL セッション セットアップ レートと大量の暗号化スループットを提供します。モジュールあたりで 2,500 件の接続セットアップ/秒(シャーシあたりでは 12,000 件)。50,000 件の同時クライアント接続(シャーシあたりでは 200,000 件)を維持しながら、モジュールあたり 300 Mbps の大量暗号化スループット(シャーシあたりでは 1.2 Gbps)。
  • パーシステンスの維持 - Cisco CSM(Integrated Mode)を運用中に、複数のクライアントが新しいセッション ID を要求した場合もパーシステンスが維持されます。
  • Server の SSL 負荷軽減 - SSL プロセスを統合して、すべての SSL 関連タスクを実行することにより、サーバは高速に処理可能なクリアテキストのトラフィックを処理することに集中できます。

製品資料

データ シート

お問い合わせ