Cisco SCE 8000 シリーズ

Cisco SCE 8000

ダウンロード

データ シート





Cisco SCE 8000


Cisco® Service Control Engine(SCE)8000 シリーズは、キャリアクラスのネットワーク向けに設計された製品であり、大容量でステートフルなアプリケーションへの対応、セッションベースでのトラフィックの分類、およびアプリケーションレベルの IP トラフィックの加入者単位での制御を行えるようにします。Cisco SCE 8000(図 1)は Cisco SCE ファミリの中で最大の処理能力を備えた製品で、複数の 10 ギガビット インターフェイスをサポートします。

図 1 Cisco SCE 8000

図 1 Cisco SCE 8000
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


製品概要

サービス プロバイダーにとって、アプリケーションや加入者の使用パターンを把握し、ネットワーク帯域幅を管理して自社のサービスの拡張や差別化を行うことがこれまで以上に必要になっています。Cisco SCE 8000 は、大容量でステートフルなアプリケーションへの対応やセッションベースでの分類と制御をすべての IP ネットワーク トラフィック上で行えるよう設計された、キャリアネットワーク向け製品であり、Cisco SCE 製品ファミリのハイエンド モデルとして、特許取得済みのハードウェア アクセラレーション機能と複数の高速 RISC プロセッサを採用したアーキテクチャを使用しています。また、単一の IP ネットワーク上で最大 3200 万の単方向アプリケーション セッションを同時に追跡および管理できるプログラマブル コアを搭載しており、IP 次世代ネットワーク(NGN)で必要とされるキャパシティとパフォーマンスに応じて容易に拡張することもできます。

Cisco SCE 8000 は、今日のサービス プロバイダー ネットワークで使用されているさまざまなキャパシティに合わせて構成できます。Cisco SCE 8000 をコア、アグリゲーションのピアリングポイント、およびエッジに組み込めば、帯域幅の最適化、管理、およびサービス制御を高度なアプリケーションレベルで実現できるようになります。Cisco SCE 8000 は接続方式に依存しないため、任意のネットワーク環境(ケーブル、有線接続、またはモバイル IP)で使用できます。Cisco SCE 8000 は、サービス プロバイダー ネットワークのコア、アグリゲーション、およびエッジ エレメントとの接続に、高速の 10 ギガビット イーサネット インターフェイスを使用します。

このようなネットワーク接続の重要な部分で使用される Cisco SCE 8000 は、高性能であるだけでなく、可用性に優れた安定性の高いソリューションでもあります。Cisco SCE 8000 は、可用性と信頼性を高める各種機能を備えており、マルチメディア アプリケーションやサービス レベル契約(SLA)で必要とされる厳しい要件にも対応できる構成となっています。また、シャーシ間およびシャーシ内での冗長化機能を採用することで、ハイ アベイラビリティの確保を可能にしています。複数の Cisco SCE 8000 を組み合わせて使用すると、シングル ポイント障害を回避しながら、ハイ アベイラビリティとフェールオーバーを実現できます。さらに、複数の Cisco SCE 8000 のクラスタ化による N+1 ハイ アベイラビリティ トポロジもサポートしているため、ソリューションの拡張が可能です。Cisco SCE 8000 では、ハイ パフォーマンスとキャパシティの最大化を実現するため、特許を取得したシステム ロジックおよびステートフルなディープ パケット インスペクション技術を採用しています。

このソリューションを活用すると、ステートフルなプロトコル モニタリングにより、Web ブラウジング、マルチメディア ストリーミング、およびピアツーピア(P2P)などのほぼすべての IP ネットワーク アプリケーションを検出して管理できるようになります。Cisco SCE 8000 により、サービス プロバイダーはアプリケーションレベルでトラフィックを最適化し、ネットワークの輻輳を全体的に軽減することで、ネットワーク キャパシティを改善できます。通信事業者の場合、1 枚の処理カードからマルチシャーシ ソリューションに設備を増強していくことで、自社のネットワークを段階的に拡張できるようになります。


サービス アプリケーション

Cisco SCE 8000 は、Cisco SCE ファミリ製品の 1 つです。Cisco SCE と ブロードバンド対応 Cisco Service Control アプリケーションを組み合わせて使用すると、IP トラフィックをアプリケーションレベルで分類し、特定の加入者またはグループに対するコンテンツベース サービスをリアルタイムで制御できるようになります(図 2 を参照)。このソリューションにより、プログラマブルなアプリケーションの検出と加入者の使用パターンの認識が可能になります。

図 2 Cisco Service Control アプリケーションが稼働する Cisco SCE

図 2 Cisco Service Control アプリケーションが稼働する Cisco SCE
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


主な利点

高度なパフォーマンス

シスコのサービス コントロール ソリューションは、ステートフルなディープ パケット インスペクションを使用して、レイヤ 3 〜 7 で個々のパケットのペイロードを分析します。一方、Cisco SCE 8000 はカスタマイズされた ASIC とハードウェア アクセラレーション機能を使用して、シャーシ単位で 2 つまたは 4 つの 10 ギガビット リンクと最大 3200 万の単方向フローをサポートします。これにより、キャリアクラスのパフォーマンスが実現します。

マルチ 10 ギガビット ソリューション

Cisco SCE 8000 は、マルチギガビットおよびマルチ 10 ギガビット速度に対応したシスコのディープ パケット インスペクション ソリューションの基盤となります。 シスコは、サービス プロバイダーの IP NGN に対応したディープ パケット インスペクション テクノロジー分野において、業界をリードしています。

Cisco SCE 8000 をクラスタ化すると、各 IP セッションを同一の Cisco SCE 8000 で処理しながら、複数の 10 ギガビット リンクをサポートしたり、IP トラフィックのロード バランシングを行ったりすることができます。このクラスタ構成を使用すると、高い安定性と拡張性を維持し、既存のネットワーク投資を保護しながら、トラフィックの増加に合わせて Cisco SCE 8000 を追加導入できるようになります。これにより、成長に合わせた段階的なソリューションの拡張が可能になります(図 3)。

図 3 マルチ 10 ギガビット ソリューション

図 3 マルチ 10 ギガビット ソリューション
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

ステートフルなディープ パケット インスペクション

Cisco SCE 8000 は、パケットを個別のイベントとして処理するのではなく、アプリケーション セッションごとに個別のトラフィック フローおよびレイヤ 7 ステートを完全に再構築します。ステート情報を維持することで、動的に割り当てられたポート番号を使用するアプリケーションであっても確実に識別できます。また、Voice over IP(VoIP)やマルチメディアのストリーミング プロトコルに一般的に見られる、複数の関連したフローや新しく発生したフローを持つアプリケーションの追跡も可能です。Cisco SCE 8000 は、アドミッション ポリシーやデータ フローのセッション特性といったルールを適用します。

IP トラフィックをアプリケーションレベルで分類することによって、特定の加入者または加入者グループに対するリアルタイム分析やコンテンツベース サービスの制御が可能になります。リアルタイムの高度な制御機能には、プロトコル固有のステートに基づくトラフィック フロー分析を利用した、きめ細かな帯域シェーピング、割り当て、およびリダイレクションなどがあります。

ハイ アベイラビリティ

キャリアクラス ネットワークの必須要件として、すべてのネットワーク エレメントが 24 時間体制で稼働できることが求められます。

2 台の Cisco SCE 8000 をデュアル 10 ギガビット リンクにオーバーレイしたカスケード構成で使用することで、シングル ポイント障害のないハイ アベイラビリティを実現できます。プライマリの Cisco SCE 8000 は 2 本のリンクの IP トラフィックを処理すると同時に、セカンダリ エンジンとの間でステート情報を共有します。 セカンダリ エンジンはプライマリ エンジンに障害が発生した場合に処理を引き継ぎます。この独自のアーキテクチャによって、非対称のトラフィック フローが存在するネットワーク環境でのステートフルなディープ パケット インスペクションが可能になります。また、マルチ 10 ギガビット ソリューションを使用して N+1 のハイ アベイラビリティ構成を実現することもできます。

プログラミング性

Cisco SCE 8000 はプログラミングや拡張が可能なため、新しいプロトコルや IP トラフィックの制御要件に応じて、ソリューションに容易に適合させることができます。また、専用に開発されたプログラミング言語 SML を使用することで、Session Initiation Protocol(SIP)、Real Time Streaming Protocol(RTSP)、および各種 P2P プロトコルなどの複雑なプロトコルを識別して管理できるだけでなく、アプリケーションレベルの分析やトラフィックの最適化という動的な要件にも対応できます。

Cisco SCE 8000 のプログラミング機能を活用することにより、通信事業者はネットワークへの投資を保護しながら、新しいプロトコルやアプリケーションによるニーズの変化に応じて自社のサービス コントロール インフラストラクチャを拡張できるようになります。通信事業者は、アプリケーション トラフィックの包括的なサービス コントロールに対応したフレキシブルで拡張性に優れたネットワーク エレメントである Cisco SCE 8000 を導入することで、設備投資と運用コストを削減できます。

統合性と管理性

Cisco SCE 8000 は、業界標準の Application Programming Interface(API)を通じて既存のネットワーク インフラストラクチャ、管理機能、プロビジョニング、運用、およびサポート システムを統合します。

また、設定、モニタ、および障害管理における透過的な相互運用性を確保するため、CLI(コマンドライン インターフェイス)と Simple Network Management Protocol(SNMP)をサポートする強力な管理機能を備えています。サービスの管理および配信には、Extensible Markup Language(XML)および GUI ベースのインターフェイスを使用できます。


機能

Cisco SCE 8000 は、広範な IP トラフィックを処理しながら、高いスループットおよび多数の加入者の同時サポートを実現します。さらに、フェールオーバー保護機能も備えているため、シングル ポイント障害のないアプリケーションレベルでのトラフィック管理が可能です。この強力なソリューションは、5 ラック ユニット(RU)のフォーム ファクタで構成されています(表 1)。

表 1 機能と利点

機能 利点
トラフィック処理
プログラマブルなプロトコル検出機能
  • 600 以上のプロトコルをサポート
  • 新たなプロトコルに対応する拡張性
  • 適応性に優れたピアツーピア(P2P)認識
  • 非対称トラフィック分類のサポート
差別化された Class of Service(CoS; サービス クラス)

サポート:

  • Differentiated Services(DiffServ)
  • Type of Service(ToS)バイト
容量とパフォーマンス 1
最大スループット 30 Gbps 2
同時処理可能な加入者数 最大 1,000,000
同時処理可能な単方向フロー数 最大 32,000,000
最大フロー オープン レート 毎秒 1500 万フロー 3
Reliability, Availablity, Serviceability(RAS; 信頼性、可用性、サービス性)とフェールオーバー
ハイ アベイラビリティ
  • デュアル カスケード型のシステム設計による冗長性とフェールオーバー保護
  • N+1 の冗長構成とロード バランシングを可能にするマルチ 10 ギガビット ソリューション
バイパスによるリンク保護 内蔵または外付け光バイパス モジュール(10 ギガビット リンクごとに 1 つ)
Field-Replaceable Unit(FRU) 電源装置、ファン モジュール、サービス コントロール モジュール、Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)、SPA インターフェイス プロセッサ(SIP)、XFP 光カード、光バイパス モジュール
電源冗長性
  • 電源冗長構成対応
  • ファン冗長構成対応
入力電源 AC/DC 電源(デュアル入力)
統合性と管理性
統合性

業界標準のAPIによる統合:

  • プロビジョニング システム
  • Operation Support System(OSS; オペレーション サポート システム)
  • 管理システム
  • 課金システム
管理性

強力な管理機能:

  • GUI インターフェイスによるサービス管理
  • CLI および SNMP による設定、モニタ、障害管理

1 SCE8000-SCM-E カードを 2 枚搭載した Cisco SCE 8000 の容量とパフォーマンス

2 トラフィックの構成によって異なる

3 Cisco SCE 8000 で処理が開始されるすべてのフロー


製品仕様

表 2 Cisco SCE 8000 の製品仕様

仕様 説明
モデル Cisco SCE 8000
管理インターフェイス 10/100/1000 Mbps イーサネット RJ-45 × 2
コンソール インターフェイス RS-232 RJ-45 × 2
光バイパス インターフェイス RJ-11 × 2、光バイパスのソフトウェア アクティブ化が可能
インターフェイス

2/4 ポート 10 ギガビット イーサネット(次の XFP 光カードをサポート)

  • シングルモード ファイバ(LR) 1310 nm
  • シングルモード ファイバ(ER) 1550 nm
  • シングルモード ファイバ(ZR) 1550 nm
  • マルチモード ファイバ 850 nm
重量 42.25 Kg/92.95 ポンド(フル搭載時、光バイパスを除く)
寸法(高さ × 幅 × 奥行) 22.23 × 44.45 × 55.25 cm(8.75 × 17.5 × 21.75 インチ)
温度 公称 0 〜 40°C(32 〜 104°F)、保管時:–20 〜 65°C(–4 〜 149°F)
湿度 相対湿度:動作時:10 〜 85%、保管時:5 〜 95%(結露しないこと)
電力

所要電力

  • AC:110(85 〜 130)または 240(170 〜 260)VAC、47 〜 63 Hz
  • DC:–41 〜 –72 VDC
  • 1000 W/3415 Btu:SCM ブレード × 1(ディープ パケット インスペクション処理)構成の場合、または 1600 W/5464 Btu:SCM ブレード × 2 構成の場合
冷却と通気 冗長構成の冷却ファン
適合認定

電磁適合性:

  • FCC Part 15(CFR 47)クラス A、ICES-003 クラス A、EN55022 クラス A
  • CISPR22 クラス A、AS/NZS CISPR22 クラス A、VCCI クラス A、EN55024
  • ETS300 386、EN50082-1、EN61000-3-2、EN61000-3-3

適合認定:

  • UL 60950、IEC 60825-1、IEC 60825-2、IEC 60950、EN 60950、EN 60825-1、EN 60825-2
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-00、AS/NZS 3260-1993、21CFR1040
安全性および環境に関する適合認定

GR-63-Core NEBS Level 3 および GR-1089-Core NEBS Level 3 の認定を申請中

  • ETSI 300 019 Storage Class 1.1、ETSI 300 019 Transportation Class 2.3
  • ETSI 300 019 Stationary Use Class 3.1
最小ソフトウェア リリース Cisco Service Control Software リリース 3.1.6


発注情報

表 3 Cisco SCE 8000 の発注情報

製品名 製品番号
Cisco SCE 8000 SCE8000
Cisco SCE 8000(10GE インターフェイス × 2) SCE8000-2X10GE-E
Cisco SCE 8000(10GE インターフェイス × 4) SCE8000-4X10GE-E
Cisco Service Control Application View Only SCA-BB-VO-R3
Cisco Service Control Application Capacity Control SCA-BB-CC-R3
Cisco Service Control Application Tiered Control SCA-BB-TC-XXX-R3


サービスおよびサポート

シスコは、お客様がそのネットワーク サービスを最大限に活用するため、各種サービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツールをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。サービスについての詳細は、以下の URL を参照してください。

お問い合わせ