Cisco SCE 1000シリーズ

Cisco SCE 1000シリーズ


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート


Cisco SCE 1000シリーズ


Cisco® Service Control Engine(SCE)1000シリーズは、大容量キャリア ネットワークにおいて、ステートフルなアプリケーションおよびセッションベースでの分析、さらにそれらの加入者単位でのIPトラフィック制御を可能にします。

図1 Cisco SCE 1010

製品概要

今、サービス プロバイダーは、加入者のトラフィック パターンを追跡し、ネットワークの帯域リソースを分析および管理するとともに、サービスの差別化を実現する必要性に迫られています。

Cisco SCE 1000シリーズは、大容量かつステートフルなアプリケーションおよびセッションベースでの分類と、あらゆるネットワーク トラフィックの分析と制御を目的として開発されたキャリアグレードの製品です。ハードウェア アクセラレーションと複数の高速Reduced Instruction Set Computer(RISC;縮小命令セット コンピュータ)プロセッサを採用したアーキテクチャ(特許取得)を基盤とするCisco SCE 1000シリーズは、シスコのサービス コントロール テクノロジー ソリューションの重要なコンポーネントです。Cisco SCE 1000シリーズは、トラフィック メータリングおよびトラフィック制御に特化した高性能デバイスであり、IPネットワーク上で最大200万の単方向アプリケーション フローを同時に追跡および管理できる、プログラマブルなコアを装備しています。この拡張性に優れたネットワーク エレメントは、アプリケーション フローのスケーラブルな制御を目的として設計されました。

キャリアやサービス プロバイダーは、メトロ エリア、ケーブル、 DSL 、FTTH、モバイル、またはワイヤレス ネットワークに Cisco SCE 1000 シリーズを配置することで、アプリケーションレベルでの帯域幅の高度な最適化、管理、およびサービス制御機能を実現できます。 Cisco SCE 1000 シリーズは、 2 本の高速ギガビット リンクを使用して集約アクセス デバイスをインターネット バックボーンに接続する、ネットワークのエッジ部分に配置します。

図2 Cisco SCEとブロードバンド対応Cisco Service Controlアプリケーション スイート

サービス アプリケーション

Cisco SCE 1000シリーズは、Cisco SCEファミリ製品の1つです。Cisco SCEをブロードバンド対応Cisco Service Controlアプリケーション スイートと連動させれば、IPトラフィックのアプリケーションレベルでの分類を実行し、特定の加入者またはグループ向けのコンテンツベースのサービスをリアルタイムで制御できます。ブロードバンド対応Cisco Service Controlアプリケーション スイートによって、プログラマブルなアプリケーション検出および加入者間における公平性が提供されます。

ステートベースのプロトコル モニタリングによって、実質的にあらゆる種類のネットワーク アプリケーションに対応する検出および制御が可能です。たとえば、Webブラウジング、マルチメディア ストリーミング、ピアツーピア(P2P)などです。その結果、アプリケーションレベルでトラフィックが最適化され、コスト高なネットワーク リンクの使用やインフラストラクチャのアップグレードを必要とせずに、ネットワーク輻輳を解消します。アプリケーションおよび加入者アウェアネスを基盤とした、コンテンツおよびプレミアムIPサービス用のアプリケーション レベルでのサービスを展開できます。

主な利点

高度なパフォーマンス
シスコのサービス コントロール ソリューションは、レイヤ3~レイヤ7のステートフルなディープ パケット インスペクションを使用して、個々のパケットのペイロードを分析します。Cisco SCE 1000シリーズは、200万の単方向フローをサポートする1本のギガビット リンク上で2 Gbpsのワイヤスピードによる処理とキャパシティを備えた、業界をリードするIPサービス制御ソリューションです。カスタマイズされたASICおよびハードウェア アクセラレーションを使用して、キャリアグレードのパフォーマンスを実現します。

ステートフルなディープ パケット インスペクション
Cisco SCE 1000シリーズは、パケットを個別のイベントとして処理するのではなく、アプリケーション フローごとに個別のトラフィック フローおよびレイヤ7ステートを完全に再構築します。ステート情報を維持することで、動的に割り当てられたポート番号を使用するアプリケーションであっても確実に識別できます。また、Voice over IP(VoIP)やマルチメディアのストリーミング プロトコルに一般的に見られる、複数の関連したフローや新しく発生したフローを持つアプリケーションの追跡も可能です。Cisco SCEはアドミッションポリシーやデータフローのセッション特性といったルールを適用します。

IPトラフィックのアプリケーションレベルでの分類によって、特定の加入者または加入者グループに対するリアルタイム分析およびコンテンツベース サービスの制御を可能にします。リアルタイムの高度な制御機能には、プロトコル固有のステートに基づくトラフィック フロー分析を利用した、きめ細かな帯域シェーピング、割り当て、およびリダイレクションなどがあります。

プログラミング
Cisco SCE 1000シリーズはプログラミングおよび拡張性に優れているので、新しいプロトコルやIPトラフィックの管理要件に応じて、ソリューションを確実に適合させることができます。専用に開発されたプログラミング言語SMLを使用して、アプリケーション レベルでの分析およびトラフィックの最適化という動的な要件に対応するフレキシビリティを提供するとともに、Session Initiation Protocol(SIP)、Real Time Streaming Protocol(RTSP)といった複雑なプロトコルを識別して管理することも可能です。

このCisco SCE 1000シリーズのプログラミング能力を活用することによりネットワークへの投資保護を確保し、新しいプロトコルやアプリケーションによるニーズの変化にサービス コントロール インフラを対応させていくことができます。アプリケーション トラフィックの包括的なサービス コントロールを目的とした、フレキシブルで拡張性に優れたネットワーク エレメントであるCisco SCE 1000シリーズを導入することで、イニシャルコストやランニング コストが抑えられ、TCO(総所有コスト)の削減につながります。

統合性と管理性
Cisco SCE 1000シリーズは、業界標準のApplication Programming Interface(API)を通じて既存のネットワーク インフラストラクチャ、管理機能、プロビジョニング、運用、およびサポート システムを統合します。

設定、モニタ、障害管理を実行するCLI(コマンドライン インターフェイス)およびSimple Network Management Protocol(SNMP)をサポートする強力な管理機能によって、配置と相互運用をトランスペアレントかつ簡単に行うことができます。サービスの管理および配信には、Extensible Markup Language(XML)およびGUIベースのインターフェイスを使用できます。

機能

Cisco SCE 1000シリーズは、広範なIPトラフィックを管理するとともに、クラス最高のスループットおよび多くの加入者とフローの同時サポートを提供します。コンパクトな1.5 RUフォーム ファクタで、この強力なソリューションを実現します(表1)。

表1 Cisco SCE 1000シリーズの特長

トラフィック処理
プログラマブルなプロトコル検出機能
  • 600以上のプロトコルをサポート
  • 新たなプロトコルに対応する拡張性
  • 適応性に優れたP2P認識
トンネリング サポートおよびステートフルなレイヤ7ディープ パケット インスペクション
  • Multiprotocol Label Switching Traffic Engineering(MPLS-TE)
  • MPLS-VPN
  • VLAN
  • Layer 2 Tunneling Protocol(L2TP)
差別化されたClass of Service(CoS;サービス クラス) サポート:
  • Differentiated Services(DiffServ)
  • Type of Service(ToS)
容量とパフォーマンス
最大スループット 2 Gbps
同時処理可能な加入者数 最大40,000
同時処理可能な単方向フロー数 最大2,000,000
Reliability, Availability, Serviceability(RAS;信頼性、可用性、サービス性)とフェイルオーバー
フェイルオーバー アクティブとスタンバイの2本のギガビット リンクに2台のCisco SCE 1000シリーズを配置可能
バイパスによるリンク保護
  • バイパス機能内蔵
  • 外付け光バイパス モジュール(オプション)
電源冗長性
  • 電源冗長構成対応
入力電源
  • デュアルAC/DC電源
統合性と管理性
統合性 業界標準のAPIによる統合:
  • プロビジョニング システム
  • Operational Support System(OSS;オペレーション サポート システム)
  • 管理システム
  • 課金システム
管理性 強力な管理機能:
  • GUIのインターフェイスによるサービス管理
  • CLIおよびSNMPによる設定、モニタ、障害管理


製品仕様

表2 Cisco SCE 1000シリーズの仕様

仕様 説明
モデル
Cisco SCE 1010
管理インターフェイス
10、100 MbpsイーサネットRJ-45
コンソール インターフェイス
RS-232 RJ-45×2
インターフェイス
2ポート ギガビット イーサネット1000BASE-SX(850 nm)または1000BASE-LX(310 nm)
重量
8.35 kg(18.41ポンド)
寸法(高さ×幅×奥行)
9×44×46 cm(3.54×17.3×18インチ)
実装
標準の19インチ ラックマウント(2 RU)
温度
-5~55°C(23~131°F)
湿度
5~95%(結露しないこと)
電力
100~240 VAC、47~63 Hz、200 W
-36~-72 VDC、200 W AC/DC、デュアルPSU(デュアル入力電源付き)
EMC FCC part 15、すべてのCEマーキング、EN500 82-1
安全基準 UL 60950、ULC 60950、IEC 60950
電気通信に関する安全基準 NEBS Level 3 Design、ETS 300-019


発注情報

表3 Cisco SCE 1000シリーズの発注情報

製品名 製品番号
Cisco SCE 1010 Service Control Engine SCE1010
Cisco Service Control Operating System Software SCOS
Cisco Service Control Engine Series Bandwidth License for 1 Gbps LIC-SCE1000-1G
Cisco Service Control Application Suite for Broadband Release 2.1, view only SCAS-BB-VO-R21
Cisco Service Control Application Suite for Broadband Release 2.1, capacity control SCAS-BB-CC-R21
Cisco Service Control Application Suite for Broadband Release 2.1, tiered control SCAS-BB-TC-R21


サービスおよびサポート

シスコは、お客様のネットワークを支援するためのさまざまなサービス プログラムを提供しております。シスコのサービス プログラムは、スタッフ、プロセス、ツール、およびパートナーを統合した独自のサポート体制のもとに提供され、お客様から高い支持と信頼を得ています。シスコは、お客様のネットワークへの投資を最大限に活用し、ネットワーク運用を最適化するとともに、最新アプリケーションに対応できるようにネットワークを整備し、よりインテリジェントなネットワークを構築することによって、お客様の事業拡大を支援しています。シスコのサービスの詳細については、サービスプログラムをご覧ください。



お問い合わせ