Cisco Virtual Topology System

イントロダクション

俊敏性に優れたプログラム可能なデータセンターの構築

Cisco Virtual Topology System は、標準ベースのオープンなソフトウェア オーバーレイ管理およびプロビジョニングのためのシステムです。このシステムは、仮想インフラストラクチャと物理インフラストラクチャの両方のデータセンター ネットワーク ファブリックのプロビジョニングを自動化します。

Cisco Nexus スイッチ製品ポートフォリオ全体に自動化とプログラマビリティの豊富な機能セットを提供し、クラウドベースのサービス導入を促進します。

機能と特長

Virtual Topology System は、サービス プロバイダーや企業の運用チームがデータセンターのオーバーレイ ネットワークのプロビジョニングを管理し、自動化するうえで役立つように設計されています。データセンターの複雑さを低減し、マルチテナント クラウド環境の俊敏性を高めたい組織に最適です。Virtual Topology System の主な機能は次のとおりです。

ファブリック オートメーション

  • オーバーレイ プロビジョニングの自動化:運用がシンプルになり、プロビジョニングにかかる時間が数週間から数秒に短縮されます。
  • 動的なトポロジ検出:レイヤ 2 環境では特に、純粋なソフトウェア オーバーレイ ソリューションよりも運用状況に関する可視性が向上します。
  • アンダーレイ管理:Cisco Data Center Network Manager のような要素管理システムとの統合をサポートします。

オープン スタンダード

  • 標準ベースのプロトコル:Border Gateway Protocol イーサネット VPN(BGP-EVPN)、仮想拡張 LAN(VXLAN)、およびマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)をサポートします。
  • REST API:OpenStack や vCenter などのさまざまなドメイン マネージャおよび仮想インフラストラクチャ マネージャ(VIM)との透過的な統合をサポートします。
  • プログラマビリティ:複数のハイパーバイザをサポートする業界屈指のマルチベンダー デバイス プログラマビリティ

主な利点

投資保護:Virtual Topology System は、プログラマビリティ、自動化、運用のシンプル化といった利点を Nexus スイッチ製品ファミリ全体にもたらします。

ネットワーク プロビジョニングの時間短縮:プロビジョニングの自動化アプローチが仮想ワークロードと物理ワークロードの両方に一貫して適用されるため、アプリケーションの提供にかかる時間が短縮されます。

透過的な統合:OpenStack や vCenter などの既存のマルチベンダー インフラストラクチャおよび運用システムをサポートします。

リソース使用率の向上:柔軟なリソース プールの確保に役立ち、投資回収率の向上と設備投資の削減を実現できます。

スケーラビリティ:オープン スタンダードに基づく BGP-EVPN コントロール プレーンと動的なトポロジにより、VXLAN のスケーラビリティが向上し、ワークロード配置とモビリティ範囲が拡張されます。

サービス プロバイダーのサービス レベル契約(SLA)のサポート:革新的な Cisco Vector Packet Path(VPP)ソフトウェア フォワーディング エンジンと Intel Data Plane Development Kit(DPDK)を基盤とする、業界最高水準のバーチャル フォワーダを活用します。アプリケーションのパフォーマンスを低下させることなくサービスを拡張できます。

関連リソース

お問い合わせ