Cisco CNS Netflow Collection Engine

Cisco CNS NetFlow Collection Engine Version 5.0


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

目次



データ シート





Cisco CNS NetFlow Collection Engine Version 5.0


Cisco® CNS は、ソフトウェアとアプライアンス ベースのアプリケーションで構成されています。これらのアプリケーションは、スケーラブルなネットワーク構成、設定、サービス保証モニタリング、およびオンデマンド サービス デリバリをサポートしています。また、Cisco CNS のテクノロジーは、組み込まれたデバイス インテリジェンスを介して、ネットワーク エレメントと密接に結びついています。CNS は、管理機能をシスコ製デバイスに統合することで Capital Expenditure(CapEx; 資本コスト)を削減し、手動で行われていた処理を自動化することで Operational Expenditure(OpEx; 運用コスト)を削減します。さらに、新しいサービスやビジネス モデルを通して収益増大の機会を提供します。


製品概要

Cisco CNS NetFlow Collection Engine(NFC)テクノロジーは、重要なアプリケーションを測定するためのネットワーク管理インフラストラクチャを効率的に実現します。たとえば、ネットワーク トラフィック アカウンティング、従量制のネットワーク課金、ネットワーク容量の分析およびプランニング、ネットワークの Quality of Service(QoS; サービス品質)と Service-Level Agreement(SLA; サービス レベル アグリーメント)のパフォーマンス監視、需要統計、サービス プロバイダーと企業における不正利用と DoS の検出機能などがあります。Cisco CNS NFC は、NFC データ レコードをエクスポートする複数のデバイスから、高速、スケーラブル、かつ経済的な方法でデータを収集します。このエンジンは、データ量の削減とデータ処理を実行し、エンドユーザ アプリケーションがフィルタ処理された NFC データに簡単にアクセスできるようにします。シスコは現在、複数のパートナーと協力して、Cisco CNS NetFlow ベースの課金、プランニング、およびモニタリングに対応した包括的なソリューションを提供しています(図 1 を参照)。

図 1 プログラマブル ネットワーク アーキテクチャ

図 1 プログラマブル ネットワーク アーキテクチャ
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


ビジネスにおける課題への対応

企業やサービス プロバイダーは、CapEx および OpEx をコントロールしなければならない課題に直面しています。また、高品質のパフォーマンス SLA の範囲内でタイムリーなサービス情報を提供し、WAN 帯域の輻輳を回避しなければなりません。そのためには、効率的な導入戦略が必要です。Cisco CNS NFC は、Fault, Configuration, Accounting, Performance, and Security(FCAPS)モデルのアカウンティング カテゴリにおいて、プログラマブルなネットワーク レイヤに不可欠な製品であり、次のようなアプリケーションに対して測定技術を提供します。

  • ネットワーク トラフィック アカウンティング
  • 従量制のネットワーク課金
  • ネットワーク キャパシティの分析およびプランニング
  • ネットワーク QoS
  • SLA パフォーマンスの監視
  • 需要統計
  • サービス プロバイダーと企業における不正利用と DoS の検出機能

Cisco CNS NFC Version 5.0 の特長は、次のとおりです。

  • 特定のシスコ ネットワーク デバイスの IP および Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)/VPN ネットワークで、パフォーマンスを集約、監視、およびレポートするための独自の機能を備えています。
  • MPLS ネットワークのための機能:
    • QoS レポートの Differentiated Services Code Point(DSCP)および EXP ビットを NFC データにマッピングして、トラフィックの分類、優先順位付け、および輻輳をレポートすることで、一定の帯域幅を必要とするミッションクリティカルなアプリケーションの状況を把握できるようにします。
    • Provider Edge to Provider Edge(PE-PE)トラフィック量をレポートするオプションの第 2 層モジュールを提供します。
  • FCC 271 に準拠している Incumbent Local Exchange Carrier(ILEC)は、LATA 間ネットワークで AS 間トラフィックを表示できるので、ピアリング ポイントを識別して、ピアリング契約交渉をサポートできます。
  • Network Data Analyzer(NDA)に代わる、柔軟でローエンドのレポート ツールを提供する Web ベースの GUI インターフェイスが組み込まれています。
  • 柔軟なソフトウェアおよびアプライアンス パッケージ オプションにより、分散型の配備トポロジーをサポートします。
  • 顧客およびパートナーのアプリケーションと統合するために、API が改善されています(Programmable Network Interface)。

図 2 に、オプションの MPLS PE-PE トラフィック マトリクス モジュールを使用した 2 層配備オプションを示します。このモジュールは、複数の NFC から収集した NetFlow データを、PE-PE 単位で提供される単一のトラフィック フローに集約して、MPLS コア ネットワーク トラフィックを分析します。

図 2 NFC データ アグリゲーション

図 2 NFC データ アグリゲーション
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


システム要件

表 1 Cisco CNS NFC Version 5.0は、次のプラットフォームで動作します。

Cisco CNS NFC リリース バージョン 対応するシスコ ネットワーク要素 最小システム要件 HP-UX Solaris
Cisco CNS NFC Version 5.0
  1. シスコ製ルータ
  2. NetFlow Feature Card(NFFC;NetFlow フィーチャ カード)を装備した Cisco Catalyst® 5000 シリーズ スイッチ
  3. Cisco Catalyst 6000 シリーズ スイッチ
1 GB 以上の RAM、36 GB のディスク領域 HP-UX Version 11 Solaris Version 2.9


注: Cisco CNS NFC Version 5.0 は、Cisco NDA Version 3.6 をサポートしておりません。すでに Cisco CNS NFC Version 4.0 をお使いいただいている場合、Web ベースのインターフェイスによるレポート機能を利用するには、Cisco CNS NFC Version 5.0 にアップグレードする必要があります。Web ベースのインターフェイスは新しく追加された機能で、NDA Version 3.6 に類似していますが、より柔軟なレポートを提供します。

お問い合わせ