CiscoWorks Campus Manager

CiscoWorks Campus Manager 4.0

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。


データ シート


CiscoWorks Campus Manager 4.0


今日のネットワークは重要なビジネス資産となっており、基本的な接続サービスを管理、監視、設定するための強力なツールが求められています。CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)とともにCampus Managerを使用することで、このようなニーズを満たすことができます。実運用向けに設計されたCiscoWorks Campus Managerは、複雑な物理的および論理的なレイヤ2インフラストラクチャを設定、管理、把握、および表示するための強力なツールを提供します。

CiscoWorks Campus Managerには、次のツールが組み込まれています。

  • ユーザの追跡(およびエンドホスト追跡)
  • 不一致のレポート
  • トポロジー サービス
  • VLAN、Private VLAN(PVLAN;プライベートVLAN)、およびVLAN Trunking Protocol(VTP)の管理
  • スパニングツリーの管理と視覚的な表示
  • ATMの管理
  • パス分析
  • データ抽出エンジン

主な機能と利点

CiscoWorks Campus Managerの主な機能は次のとおりです。

  • データのアクセスと管理を容易にする、わかりやすいワークフローおよびダッシュボードによるユーザ インターフェイス
  • 大規模なレイヤ2ネットワークに対応したインテリジェントな検出機能と、ブラウザからアクセス可能なトポロジー マップへの表示機能(VTPサーバとは独立)
  • VLAN/LAN Emulation(LANE;LANエミュレーション)、PVLAN、およびATMサービスの設定と、それらのサービスへのスイッチ ポートの割り当て
  • SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)ポーリングに基づいたリンクおよびデバイスのステータス表示
  • レイヤ2設定の不一致と、他の多くの新たな物理的および論理的な不一致の識別
  • エンドステーションとレイヤ2およびレイヤ3デバイス間の接続関連の問題に対応する診断ツール
  • ユーザに関する情報をMACアドレス、IPアドレス、NTログイン、またはUNIXホスト名によって自動的に検索し、スイッチド ネットワークへのそれぞれの物理接続に対応付ける機能
  • トポロジー サービスからCisco® CallManagerを視覚的に把握したり起動したりするポイントを提供するとともに、IPアドレス、MACアドレス、およびスイッチ ポートと電話機との関係を追跡
  • 発信元と受信先の電話機間のレイヤ2およびレイヤ3のパス トレース
  • トポロジー マップのVisioへのエクスポート
  • GUIパフォーマンスを改善するJavaプラグイン
  • ユーザ追跡機能とキャンパス管理機能に対応した、HTMLベースで負荷が小さいユーザ インターフェイス
  • SysLocation、SysName、およびIPアドレスまたはサブネット マスク(ネスト レベルが無制限)などの条件に基づき、トポロジー ビュー内で階層型グループを形成可能
  • Spanning Tree Protocol(STP)、Per VLAN Spanning Tree Plus(PVST+)、およびMultiple Spanning Tree Protocol(MSTP)をサポート。設定、推奨レポート、およびSTP構成をオフライン モードでモデル化するためのビジュアライゼーション レポートに対応
  • Secure Sockets Layer(SSL)を使用したクライアント ブラウザとCiscoWorks Campus Managerとの間のセキュアな通信
  • ケーブル内の障害を検出し、開回路、短絡回路、極端な屈曲、圧着、ねじれ、インピーダンスの不一致などの不備を特定するためのTime Delay Reflectometry(TDR)をサポート
  • SNMP Version 3(SNMPv3)をサポート
  • Cisco Secure Access Control Server(ACS)ベースのユーザ ロールをサポート
  • IPv6またはIPv4を使用するデュアル スタック デバイスをサポート
ユーザの追跡

CiscoWorks Campus Managerには、ユーザ追跡ツールが組み込まれています。このツールは、エンドユーザ接続を迅速に検索してトラブルシューティングするために、アクセススイッチ レベルでのエンドステーション接続の検索を支援します。ユーザ追跡によって、広範囲に渡るネットワークの接続性を分析できるため、エンドステーションの通信問題をトラブルシューティングする際に役立ちます。

自動収集機能によって、エンドユーザ ステーションとレイヤ2接続情報のテーブルが作成されます。このテーブルはソートおよび照会が可能なため、管理者はネットワーク上のユーザを簡単に検索できます。ユーザは、名前、IPフォン、MACアドレス、およびIPアドレスによって識別できます。さらに、スイッチ ポートおよび接続先スイッチ、あるいはポート アドレスへのVLANおよびVTP割り当てによっても識別できます。スイッチ ポートごとの重複MACアドレスや重複IPアドレスなどの定義済みのレポートを使用することで、管理者はモバイル ユーザやポート ポリシーへの違反を特定できます。

さらに、ユーザ追跡ツールは、レイアウトなどの複数のカスタマイズ可能なオプション、クエリおよびクイック クエリを事前に定義する機能、さらに、スイッチポートの使用状況レポートなどの新しいレポートをサポートしています。レポートは、最近使用されているスイッチ ポート、未使用のスイッチ ポート、または無効なスイッチ ポートを識別するうえで役立ちます。

不一致のレポート
この機能は、検出されたネットワークの物理的および論理的な構成におけるネットワーク上の矛盾点、異常、または設定エラーに関するレポートを提供します。このレポートを使用すれば、次のような設定エラーを簡単に識別できます。

  • リンク速度の不一致
  • リンクの全二重/半二重モードの不一致
  • トランクの不一致
  • 無効化されているUplinkFast
  • 無効化されているBackboneFast
  • 無効化されているハイ アベイラビリティ機能

トポロジー サービス
トポロジー サービス ツールを使用すると、ネットワーク内の物理サービスと論理サービスを表示、監視、および設定できます。

主な機能は次のとおりです。

  • デバイス、リンク、およびポート別に詳細なネットワーク情報を表示
  • 物理サービスと論理サービスの表示
  • ネットワーク ビューからCiscoWorks CiscoViewやResource Manager Essentials(RME)などのネットワーク管理ツールを起動
  • ATMデバイスの設定、管理、および監視
  • ネットワークを論理的に分割し、VLANを使用するワークグループを管理
  • LANEサービスの作成と管理により、 複数のATMデバイスに渡ってVLANを拡張
  • VLAN構成を簡素化するため、ポート、デバイス、およびトランクの属性とVTPドメインごとのポート情報を表示
  • 物理的または論理的なネットワークのセットアップにおける矛盾点と誤設定に関するレポートを表示
  • SNMP SysLocation、SysName、およびIPアドレスまたはサブネット マスク(複数のネスト レベルを持つ)によって階層型グループを作成することで、トポロジー ビューを簡素化

VLAN、PVLAN、およびVTPの管理
CiscoWorks Campus Managerには、VLANおよびLANE要素を作成、変更、または削除したり、スイッチ ポートをVLANに割り当てたりするための使いやすいGUIが用意されています。VLANが作成または変更されると、ポートとユーザに関する変更が瞬時に更新されてスイッチに送信されるため、所属する各スイッチを個別に更新し設定する必要はありません。VLANが選択されると、テーブル ビューには所属するポート、ポートのステータス、およびスイッチの情報が表示されます。トポロジー マップを起動すると、VLAN接続に所属するデバイスとリンクがグラフィカルに強調表示されます。追加のマッピング ツールを使用すれば、ユーザはスパニングツリーの状態、VTPトランク、スイッチポートのリンク、および既存のLANEサービス要素を表示できます。

CiscoWorks Campus Managerの主な機能は次のとおりです。

  • 所属するポート、デバイス、リンク、およびポート ステータスに関する情報を表形式で表示するVLANサマリー ビュー
  • 管理を簡素化するVLAN(トランスペアレントVLANを含む)およびVLANメンバーシップのグラフィカルなセットアップ機能
  • 運用および技術的な作業をさらに効率化するために、LANE設定サービスをVLAN設定ツールに統合
  • 管理者が、さまざまな条件を指定して迅速な検索を行ったり、選択したスイッチ ポートを個々にまたは一括してVLANに割り当てたりするための専用インターフェイスを用意
  • スイッチ接続を簡単かつ視覚的に把握するためにVLAN設定を論理的に表示
  • 接続問題とリンクの不一致を明確に示す、自動化された不一致レポート
  • 管理作業および設定作業を軽減する、VLANメンバーシップの自動登録
  • PVLANの作成と削除、プロミスキャス ポート、および隔離、コミュニティ、または双方向コミュニティの作成をサポート
  • Route Switch Module(RSM;ルート スイッチ モジュール)、Multilayer Switch Feature Card(MSFC;マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)、レイヤ2およびレイヤ3デバイス、外部ルータ上でのVLAN間ルーティング
  • ドメインごとのVTPサポート、VTP v3サポート、VTPレポート、VTPビュー

スパニングツリーの管理
CiscoWorks Campus Managerは、Per VLAN Spanning Tree(PVST)、MSTP、Multi-Instance Spanning Tree Protocol(MISTP)などのキャンパス ネットワーク内のSTPを管理するための最先端の機能を備えています。

主な機能は次のとおりです。

  • STPパラメータを使用したSTPの設定
  • ネットワークの展開におけるスパニング ツリーに関するレポート
  • トポロジー マップにスパニング ツリーを視覚的に表示
  • 推奨される最適なルート、インスタンスの削減の推奨、推奨されるVLAN/インスタンス間のマッピングなど、STPに関する推奨レポート
  • Spanning Tree Protocol Visualizerを使用すると、ユーザは、STPパラメータの変更をモデル化およびテストしてから、ネットワークに実際に適用することができます。

ATMの管理
CiscoWorks Campus Managerは、複雑なATMネットワークを管理し、設定を簡素化し、そのパフォーマンスを監視するためのグラフィカルなツールを提供します。ATMネットワークはトポロジー マップで表示されます。さらに、論理的なVLANおよびATMドメイン ビューによって、ATMスイッチやLANE要素もグラフィカルに表示されます。

主な機能は次のとおりです。

  • Switched Virtual Circuit(SVC;相手先選択接続)およびPermanent Virtual Circuit(PVC;相手先固定接続)を含むATMスイッチを自動検出
  • SVCおよびPVCの接続チェック
  • 接続診断を支援するエンドツーエンドの仮想回線パスのトレースと分析
  • LANEのトラブルシューティングとパフォーマンス分析
  • ビデオやConstant-Bit-Rate(CBR;固定ビット レート)サービスなどの一般的なトラフィックの設定を簡素化するためのQuality of Service(QoS;サービス品質)テンプレート
  • ソフトPVCの簡単な設定
  • ATM Remote Monitoring(RMON)データの収集と分析

パス分析
パス分析は、ネットワーク上の2つの特定のデバイス間の接続をトレースする運用および診断ツールであり、その対象として、2点の間を流れるパケットが経由した物理パスおよび論理パスが含まれます。

パス分析は、ユーザ追跡、トポロジー サービス、およびリアルタイムのスパニングツリー情報を使用して、ネットワーク内の2つのエンドポイントまたはIPフォン間のレイヤ2およびレイヤ3の接続状態を判別します。トレース結果は、レイヤ2およびレイヤ3のデバイス、パスの方向、およびリンク タイプを示すグラフィカルなトポロジー ビューと、特定のインターフェイス、IPアドレス、VLAN、およびリンクタイプの情報を示す表形式の両方で提供されます。

データ抽出エンジン
このユーティリティは、CiscoWorks Campus Managerアプリケーション データ(ユーザ追跡、トポロジー、および不一致)へのサーブレットとコマンドラインによるアクセスを提供します。このユーティリティを使用すると、Extensible Markup Language(XML)形式でデータを抽出できます。

発注情報

CiscoWorks Campus Managerは、CiscoWorks LMSのコンポーネントの1つです。CiscoWorks LMSは、シスコの販売代理店から購入できます。

シスコ製品の購入方法の詳細は、「発注方法」を参照してください。

サービスおよびサポート

シスコは、お客様のネットワークを支援するためのさまざまなサービス プログラムを提供しております。シスコの画期的なサービス プログラムは、スタッフ、プロセス、ツール、およびパートナーを統合した独自のサポート体制のもとに提供され、お客様から高い支持と信頼を得ています。シスコは、お客様のネットワークへの投資を最大限に活用し、ネットワーク運用を最適化するとともに、最新アプリケーションに対応できるようにネットワークを整備し、よりインテリジェントなネットワークを構築することによって、お客様の事業拡大を支援しています。シスコのサービスの詳細については、サービス プログラムをご覧ください。



お問い合わせ