Virtual Private Networks(VPNs)

イントロダクション

シスコは、IP および MPLS インフラストラクチャの両方に対して、レイヤ 2 およびレイヤ 3 の Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)テクノロジーの包括的なポートフォリオを提供しています。


シスコのレイヤ 2 VPN では、さまざまなサービス プロバイダー インフラストラクチャのニーズに対応します。レイヤ 2 VPN では、MPLS ベースのコア ネットワークには Cisco AtoM、「ネイティブ IP」ベースのコア ネットワークには Layer 2 Tunneling Protocol version 3(L2TPv3)というレイヤ 2 トンネリング プロトコルが使用されます。どちらのプロトコルもサイトツーサイトの高速レイヤ 2 接続を実現し、フレームリレー、イーサネット、HDLC、および ATM といったレイヤ 2 接続テクノロジーをサポートします。また、レイヤ 2 VPN は、Virtual Private LAN Service(VPLS)などの新しいマルチポイント テクノロジーもサポートします。


レイヤ 3 では、Cisco IPSec、GRE、および MPLS/BGP VPN といった VPN テクノロジーが使用されます。これらは、IP あるいは MPLS を基盤とした VPN でサポートされる IP 伝送テクノロジーと捕らえることができます。これらの IP レイヤにおける技術により、カスタマー トラフィックや複雑なルーティングを管理するインテリジェントなコントロール プレーンが提供されます。


Cisco VPN テクノロジーによってもたらされる利点は、次のとおりです。

  • 1 つのネットワークであらゆるアクセスを実現
  • プロトコル、プラットフォーム、およびプロビジョニング機能のすべてを提供
  • TOC(総所有コスト)の削減
  • サービス プロバイダーおよび大企業が必要とする柔軟性、スケール、およびサービスの実現
関連テクノロジー

お問い合わせ