高速 WAN インターフェイス カード

Cisco ISR 1800、2800、3800 対応シリアルおよび非同期高速 WAN インターフェイス カード

Q&A





Cisco ISR 1800、2800 および 3800 シリーズ対応シリアルおよび非同期高速 WAN インターフェイス カード


シスコのシリアルおよび非同期 High-speed WAN Interface Card(HWIC; 高速 WAN インターフェイス カード)は、Cisco ISR 1800、2800、および3800 シリーズ対応の柔軟性に富んだ接続を実現します。これにより、WAN アグリゲーション、レガシー プロトコル転送、コンソール サーバ、およびダイヤル アクセス サーバなどのアプリケーションの使用が可能になります。HWIC を適切に組み合わせることで、リモート ネットワーク管理、外部ダイヤルモデム アクセス、低密度 WAN アグリゲーション、レガシー プロトコル転送、高ポート密度のサポートなど一般的なネットワーク問題に対応した、コスト効率に優れたソリューションを実現できます。

Q:新しい HWIC について教えてください。
A:シスコシステムズでは、Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ向けに、次の 5 つのシリアルおよび非同期 HWIC を提供しています。
  • Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ 4 ポート シリアル高速 WAN インターフェイス カード(HWIC-4T) - 高速シリアル ポート× 4
  • Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ 4 ポート非同期/同期高速 WAN インターフェイス カード(HWIC-4A/S) - 低速非同期/同期ポート× 4
  • Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ 8 ポート非同期/同期高速 WAN インターフェイス カード(HWIC-8A/S-232) - 低速非同期/同期ポート× 8、EIA-232 のみ
  • Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ 8 ポート非同期高速 WAN インターフェイス カード(HWIC-8A) - 非同期 EIA-232 ポート× 8
  • Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ 16 ポート非同期高速 WAN インターフェイス カード(HWIC-16A) - 非同期 EIA-232 ポート× 16

同期シリアル ポートは通常、次のネットワーク ソリューションで使用されます。

  • Cisco High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データ リンク コントロール)、PPP(ポイントツーポイント プロトコル)、またはフレームリレー カプセル化を使用する WAN リンク - これらの HWIC は最大 8 つの同期シリアル ポートを備えているので、低密度の WAN アグリゲーションに適しています。
  • レガシー プロトコル転送 - 既存の装置への接続には、同期シリアル ポートと IBM Systems Network Architecture(SNA)、Synchronous Data Link Control(SDLC)プロトコル、Binary Synchronous Communications Protocol(Bisync)、X.25プロトコルを使用できます。Cisco IOS ソフトウェアは、TCP/IP ネットワーク経由のレガシー トラフィック転送機能を提供します。これにより、レガシー トラフィック用の高価な専用線を使用する必要がなくなります。これらの HWIC は最大 8 つの同期シリアル ポートを備えているので、低/中密度のレガシー プロトコル転送アプリケーションに適しています。より高密度な同期ポートについては、NM-16A/S 16 ポート同期/非同期ネットワーク モジュールを参照してください。

非同期ポートは通常、次のソリューションで使用されます。

  • コンソール サーバおよびターミナル サーバ - シスコのサービス統合型ルータを他のネットワーク装置のコンソール ポートやクラフト ポートに接続することができ、ネットワーク内のどこからでもコンソール ポートまたはクラフト ポートにアクセス可能となります。このソリューションは、ネットワーク内の装置のリモート管理に適しています。Cisco IOS ソフトウェアの豊富なセキュリティ機能を使用すると、権限のあるユーザだけがポートにアクセスできるように設定することができます。
  • ダイヤル アクセス サーバ - 非同期ポートを備えたサービス統合型ルータは外部モデムに接続することができ、ダイヤル アクセス サーバへのアクセスを実現します。これにより、ネットワークに低密度のダイヤルイン アクセスを実行できます。内蔵モデムを使用したダイヤル アクセス サーバ ソリューションについては、8 ポートおよび 16 ポート アナログ モデム ネットワーク モジュールを参照してください。
Q:1 つの HWIC 上の各ポートをそれぞれ異なるアプリケーション用に使用することはできますか。
A:はい。

Q:これらのシリアル HWIC では、どのようなコネクタとケーブルを使用するのですか。
A:HWIC-4T および HWIC-4A/S では、WIC-2T および WIC-2A/S で使用されるのと同じシスコ スマート シリアル コネクタとケーブルを使用します。HWIC-8A/S-232、HWIC-8A、および HWIC-16A では、新しい高密度コネクタとそれに対応する新しいケーブルを使用します。

HWIC-8A/S-232 の各コネクタは、4 つの非同期/同期ポートをサポートします。使用可能なケーブルについては、表 1 を参照してください。

表 1 高密度同期/非同期ケーブル

製品番号 ケーブル タイプ 長さ コネクタ タイプ
CAB-HD4-232FC 4 ポート EIA-232 DCE 3 m(10 フィート) メス DB-25
CAB-HD4-232MT 4 ポート EIA-232 DTE 3 m(10 フィート) オス DB-25


HWIC-8A/S および HWIC-16A コネクタは 1 つあたり 8 つの非同期ポートをサポートします。シスコの非同期ケーブルは、一方の端に高密度コネクタを備え、もう一方の端に 8 つの RJ-45 プラグを備えています。他の装置への接続は、RJ-45/DB-25 アダプタで行います。使用可能なケーブルについては、表 2 を参照してください。

表 2 高密度非同期ケーブル

製品番号 ケーブル タイプ 長さ コネクタ タイプ
CAB-HD8-ASYNC 8 ポート EIA-232 3 m(10 フィート) RJ-45
CAB-HD8-KIT 8 ポート EIA-232、および CAB-25AS-MMOD × 8 3 m(10 フィート) オス DB-25
CAB-25AS-MMOD RJ-45/DB-25 アダプタ 適用外 オス DB-25
CAB-25AS-FDTE RJ-45/DB-25 アダプタ 適用外 メス DB-25


Q:HWIC インターフェイスでサポートされる最大速度はいくつですか。
A:HWIC-4T は、ポートごとに最大 8 Mbps までサポートします。HWIC-4A/S および HWIC-8A/S-232 は、ポートごとに最大 256 kbps までサポートします。5 タイプの HWIC はすべて、最大 230.4 kbps までの非同期速度をサポートしています。

Q:HWIC-4T は 4 つの全ポートで 8 Mbps で稼働できますか。
A:はい。

Q:サービス統合型ルータでは、4 つの HWIC-4T を全ポートで 8 Mbps で稼働できますか。
A:はい。この構成は、システム スループットの合計と使用可能な HWIC スロット数によってのみ制限されます。

Q:これらの HWIC をサポートしているルータはどれですか。
A:Cisco ISR 1800、2800、および 3800 シリーズ の HWIC スロットでサポートされています。HWIC-4T および HWIC-16A は、Cisco ISR 1800 シリーズではサポートされていません。

Q:これらの HWIC は、Cisco 1600、1700、2600、3600、または 3700 シリーズでサポートされていますか。
A:いいえ。HWIC は、サービス統合型ルータでのみサポートされています。

Q:HWIC-8A/S-232 の製品番号に「-232」が付いているのはなぜですか。
A:HWIC-8A/S-232 は、Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)モードまたは Data Communications Equipment(DCE; データ通信装置)モードで、EIA-232 のみをサポートします。EIA-449、EIA-530、EIA-530A、V.35、または X.21 はサポートしていません。

Q:HWIC-4T および HWIC-4A/S でサポートされるプロトコルを教えてください。
A:DTE モードまたは DCE モードでは EIA-232、EIA-449、V.35、およびX.21を、DTE モードでは EIA-530 と EIA-530A をサポートしています。

Q:これらの HWIC がサポートしない機能はありますか。
A:Airline Product Set(ALPS)のサポート機能は含まれていません。ALPS をサポートする場合は、NM-4A/S、NM-8A/S、または NM-16A/S を使用してください。

Q:これらの HWIC では新しい機能を提供していますか。
A:はい。新しい機能は次のとおりです。

  • HWIC フォーム ファクタのポート数の増加
  • 同期ポートの着信クロック レートを DTE モードで測定可能(Cisco IOS ソフトウェアの show controller コマンドを参照)
  • 同期/非同期ポートの同期速度が最大 256 kbpsまで向上
  • 非同期速度が最大 230.4 kbpsまで向上
  • 入力信号操作機能をサポート
Q:「入力信号操作」機能とは何ですか。
A:入力信号操作とは、物理インターフェイス上の入力信号を無視したり、入力信号の状態を表示したり、入力信号の変化を監視したりすることが可能な Cisco IOS ソフトウェアの機能です。


入力信号の無視

Cisco IOS ソフトウェアでは、物理インターフェイス上の入力信号の一部をデフォルトでアサートする必要があります。入力信号操作を使用すると、入力信号を無視するようにシリアル インターフェイスを設定できます。構文を表 3 に示します。

表 3 入力信号操作

モード 必要な入力信号 入力信号を無視するための構文
DTE CTS、DCD、DSR [no] ignore {cts | dcd | dsr}
DCE RTS、DTR [no] ignore {dtr | local-loopback | rts}



入力信号の状態の表示

Cisco IOS ソフトウェアでは、show コマンドを使用して物理インターフェイス上の入力信号の状態を表示します。

  • 同期通信用に設定されたシリアル インターフェイスの場合、Cisco IOS ソフトウェアの show interface コマンドを実行します。
  • 非同期通信用に設定されたシリアル インターフェイスの場合、Cisco IOS ソフトウェアの show line コマンドを実行します。

入力信号の変化の監視

  • Cisco IOS ソフトウェアでは、物理インターフェイス上の入力信号の変化を監視するためのデバッグ コマンドが新しく追加されました。ユーザは、[no] debug serial lead-transitions [serial slot/port] コマンドを使用して、入力信号の変化をデバッグできます。