サービス モジュール

Cisco Prime Network Analysis Module ソフトウェア 5

データ シート





Cisco Prime Network Analysis Module ソフトウェア 5



ネットワークの管理者は、エンド ユーザに安定的かつコスト効率の高い方法でサービスを提供するために、ネットワークおよびアプリケーションに対する多面的な可視性を確保する必要があります。ネットワーク上のトラフィックがどのように使用され、どのように機能しているかを知ることは、ビジネスに不可欠なアプリケーションの提供を管理し、改善するための基盤となります。つまり、Quality Of Service(QoS)ポリシーを確立および検証し、WAN 最適化プロジェクトに着手し、Voice over IP(VoIP)を展開するための基盤です。また、設定変更により、気付かないうちにアプリケーション パフォーマンスが低下した場合にそれを検知するための基盤でもあり、ビジネス プランニング システムのパフォーマンス不良の原因がネットワークではなくアプリケーションであることを証明し、適切な対応が取れるようにするための基盤でもあります。


Cisco Prime™ Network Analysis Module(NAM)ソフトウェアが提供する、ネットワークとアプリケーションに対する総合的な可視性(図 1)により、ネットワーク管理者はネットワーク リソースの利用を最適化し、パフォーマンス関連のトラブルシューティングを行い、エンド ユーザに安定したエクスペリエンスを提供することができます。このソフトウェアは、きめ細かなトラフィック分析、リッチ アプリケーション パフォーマンス メトリック、包括的な音声分析、詳しい状態を把握できるパケット キャプチャを提供するため、シスコ ボーダレス ネットワークおよびシスコ データ センターの管理と運用効率の向上に役立ちます。

図 1 ネットワークおよびアプリケーション パフォーマンスの概要画面

図 1 ネットワークおよびアプリケーション パフォーマンスの概要画面
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


企業およびサービス プロバイダー管理用の Cisco Prime 製品ポートフォリオは、ビジネス重視のフレームワークをベースとした Cisco のアーキテクチャおよびテクノロジーの総合的なライフサイクル管理をサポートします。ワークフロー指向の直感的なユーザ エクスペリエンスを基に構築された Cisco Prime 製品は、IT による生産性、ネットワークのスケーラビリティ、およびネットワーク インフラストラクチャとエンドポイントの制御性を飛躍的に向上させます。

図 2 Cisco NAM 製品ファミリ

図 2 Cisco NAM 製品ファミリ


製品ファミリ概要


Cisco Prime NAM ソフトウェアは、NAM 製品ファミリ(図 2)のすべてでサポートされます。この製品ファミリには、統合サービス モジュール、仮想サービス ブレード、スタンドアロン アプライアンスが含まれ、柔軟な展開を可能にすると同時に、ブランチ オフィスからデータセンターまでのパフォーマンスに対する一貫した可視性を提供することができます。表 1 に NAM 製品ファミリに含まれる製品群を示します。

表 1 Cisco NAM 製品ファミリ

Cisco NAM 製品 Cisco Prime NAM ソフトウェア バージョン 説明
ISR G2 SRE 向け Cisco Prime Network Analysis Module(NAM) 5.1 Cisco ISR G2 SM-SRE-700 シリーズおよび SM-SRE-900 シリーズ プラットフォームに統合される本ソフトウェアは、シスコ ボーダレス ネットワークにおいて、マルチサービスへの可視性、トラフィック分析、およびパフォーマンス保証を提供します。
Cisco ブランチ ルータ シリーズ NAM(NME-NAM) 5.1 このサービス モジュールは、遠隔地のブランチ オフィスをモニタする既存のソリューションとして、第 1 世代と第 2 世代のシスコ サービス統合型ルータ(ISR)を統合し、パフォーマンス モニタリングおよびトラブルシューティング機能を提供します。
Cisco Catalyst® 6500 シリーズ NAM(NAM-3)1 5.0(1T) この次世代の統合型サービス モジュールは、高パフォーマンス トラフィック モニタリング、高度なパケット キャプチャ、および高精度のパフォーマンス分析を 10 ギガビットの速度で行います。高度なハードウェア ベースのフィルタリングによりトラブルシューティング機能を高速化することで、平均復旧/修復時間を大幅に短縮します。企業の構内、データセンターおよび WAN におけるネットワーク リソースの運用管理の簡素化に役立ちます。
Cisco Catalyst® 6500 シリーズおよび Cisco 7600 シリーズ NAM(NAM-1、NAM-2) 5.1 これらの従来のサービス モジュールは、ネットワークとアプリケーションに対する可視性を統合することで、パフォーマンスにかかわる問題を迅速に解決し、ネットワークを通じたアプリケーションの提供を合理化することにも役立ちます。
Cisco NAM アプライアンス(NAM 2204、NAM 2220) 5.1 これらのアプライアンスは Cisco NAM ポートフォリオを拡張したもので、導入に際してネットワーク全体に最大限の柔軟性をもたらします。
Cisco Nexus® 1010 向け Cisco Prime Network Analysis Module 5.1 Cisco Nexus 1010 アプライアンスと統合されているこの仮想サービス ブレードにより、Cisco Nexus 1000V スイッチを使用した仮想マシン(VM)ネットワークの運用に関する理解を深めることができます。
WAAS Virtual Blade(VB)向け Cisco Prime Network Analysis Module 5.1 既存の Cisco Wide Area Application Services(WAAS)のスペースを使用する WAAS VB 向け Cisco Prime NAM は、WAN 導入の最適化におけるアプリケーション パフォーマンスに対する可視性をもたらす、統合ソリューションを提供します。Cisco Prime NAM は、データセンターに配備される WAAS 574 および 674 のアプライアンスに使用できます。

1 2011 年中盤リリース予定。


Cisco Prime NAM ソフトウェアの機能


Cisco Prime NAM ソフトウェアは運用における俊敏性を向上させます。重要なネットワーク情報にすばやくアクセスできるため、アプリケーションのパフォーマンスに関する問題解決を促進し、さらなる最適化のための決断に要する時間を短縮します。ソフトウェア リリース 5.1 は、シスコ ボーダレス ネットワーク向けの Cisco WAAS と組み合わさり、アプリケーションのパフォーマンスを保証する包括的なソリューションの実現に向けて大きな変化を遂げました。

本ソフトウェアの主な特長は次のとおりです。

  • インタラクティブ レポート:あらかじめパッケージされているダッシュボード(図 3)を提供します。これには、高度なフィルタ、コンテキスト対応ナビゲーション、ワンクリック パケット キャプチャなど、モニタリングの簡素化とトラブルシューティングの迅速化をもたらすワークフローや機能が組み込まれています。

図 3 ホストのトラフィック分析用ダッシュボード

図 3 ホストのトラフィック分析用ダッシュボード

図 3 ホストのトラフィック分析用ダッシュボード


  • サイト ベースのモニタリング:ネットワーク トポロジをミラーリングするために作成した論理グループ別またはサイト別に、ネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンスを確認できます。たとえば、地域別、部門別、または管理している顧客のネットワーク別にサイトを作成し、サイトごとにパフォーマンス データを確認できます。この機能により、サイト別のサービス レベル目標を追跡したり、パフォーマンス関連の問題を解決したり、最適化ポリシーを適用したりすることが容易になります。
  • アプリケーション パフォーマンス インテリジェンス:TCP ベースのアプリケーション パケットがネットワークを通じてクライアントからデータセンターに転送され、データセンターから再び外部に転送される際に、それらのパケットを分析します。トランザクションを意識したこの分析を行うことで、エンド ユーザのエクスペリエンスを特徴付けることができ、アプリケーションの応答時間にかかわる問題がネットワーク、サーバ、アプリケーション自体のいずれにあるのかを特定します。
  • 音声品質分析:Mean Opinion Score(MOS)および、ジッタやパケット損失といった主要なパフォーマンス インジケータ(KPI)により、エンド ユーザが体験する音声サービスの品質を把握し改善します。MOS は ITU-T 勧告 G.107 をベースに算出されるため、音声品質の特徴を正確に評価できます。あらかじめパッケージされているダッシュボードを使用してモニタリングとリアルタイム トラブルシューティングを組み合わせることで、エンド ユーザのサービス レベルを向上させます。
  • Cisco Performance Agent(PA)によるレポート:ISR 880、ISR 890、および Cisco IOS®ソフトウェア リリース 15.1(4)T 搭載の ISR G2 プラットフォームでサポートされる Cisco PA を使用して、リモート ブランチ オフィスにおけるアプリケーションの応答時間およびトラフィック統計情報を可視化して提供します。WAAS Express と合わせて導入することで、この機能は WAN の最適化が実行されるネットワークのエンドツーエンド ビューを表示し、コスト効率の高いスケーラブルなソリューションを提供します。
  • フローベースおよびパケットベースのトラフィック モニタリング:どのアプリケーションがネットワーク上で動作しているのか、どの程度の量のネットワーク リソースが使用されているのか、誰がこれらのアプリケーションやリソースを使用しているのかを特定します。アプリケーション、ホスト、カンバセーション、Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)、VLAN に関するトラフィック統計情報を通知する、リアルタイム レポートおよび履歴レポートを提供します。
  • Cisco WAAS Central Manager(WCM)との統合:WCM を使用してパフォーマンス レポートへ簡単にアクセスできるため、WAN 最適化による効果をすばやく評価および検証できます。WCM との統合により、WAN 最適化の一環としてアプリケーション パフォーマンス モニタリングおよびトラブルシューティングを実現する最も包括的なソリューションが得られます。総合的な管理エクスペリエンスにより、ユーザの生産性を向上させ、Cisco Borderless Networks Application Velocity ソリューションの管理性を強化します。
  • ネットワークベースのアプリケーション認識(NBAR):Cisco Prime NAM ソフトウェアは、ネットワークベースのアプリケーション認識(NBAR)によって生成される標準化されたアプリケーション識別子をサポートするようになりました。これに基づき、アプリケーションの検出および識別を行い、ネットワーク全体で一貫してアプリケーションを認識できるようになります。NAM は、Cisco Performance Agent および Cisco Catalyst® 6500 シリーズ スイッチなどのネットワーク プラットフォームおよびテクノロジーからの NetFlow バージョン 9 のデータ エクスポートの一環としてこれらの識別子を受信します。
  • 組み込みのパフォーマンス データベースを使用した履歴分析:計算されたデータを保存するため、過去の事例を振り返って、あるイベントが発生した際にネットワークで何が起こったかを知ることができます。このデータを使用して、予想外のパフォーマンス問題を分析したり、最適化の必要性を査定したりすることができます。
  • 詳しい状態を把握できるデータ分析のための Web ベース キャプチャ:重大な問題の解決に役立てるために、パケットをキャプチャします。キャプチャは、Web ブラウザを使用してどのデスクトップからでも実行できます。トリガーベースのキャプチャ、デコード、フィルタ、Packet Capture Error Scan などの広範囲なキャプチャ機能を備え、問題箇所を迅速に突き止めて解決します。
  • 標準規格に基づいた API:社内の管理対象アプリケーションまたは任意のサードパーティ ベンダーのレポート作成アプリケーションとの統合を促進します。NAM の設定と計算済み NAM データのエクスポートが容易になるため、付加価値を高め、既存の投資を増強することができます。Cisco Prime NAM 5 ソフトウェアは、設定用に Representational State Transfer(REST)/XML-ベースの API を、データ エクスポート用に NetFlow バージョン 9 を採用しています。
  • いつでもどこでもアクセス可能:どのデスクトップからでも、Web ベースのアクセスが可能なため、リモート サイトにスタッフを派遣したり、WAN 接続経由で大量のデータを中央サイトに送信したりする必要がなくなります。

利点のまとめ


Cisco Prime NAM ソフトウェアは、適切な情報を迅速に入手できるという点で、新たな基準を確立しています。アプリケーション パフォーマンスの低下に関するヘルプ デスクへの問い合わせに対応するためのデータ、Cisco WAAS の導入前後のアプリケーション パフォーマンスを把握するためのデータ、御社の海外拠点の VoIP パフォーマンスの堅牢性を確認するためのデータ、あるいは物理サーバから仮想マシンへの移行によってアプリケーション パフォーマンスも飛躍的に向上したかどうかを知るためのデータなど、必要なデータがすぐに手に入ります。

問題の検出と解決を迅速に行うことで運用効率を改善

Cisco Prime NAM ソフトウェアは、問題の切り分けと根本原因の分析をより迅速に行い、数週間や数日かかっていたパフォーマンス問題の解決時間を、数時間や数分に短縮することができます。新しいグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)には、インタラクティブ レポート、コンテキスト対応ナビゲーション、ワンクリック パケット キャプチャなど、問題解決プロセスを加速させる直感的な機能があらかじめダッシュボードにパッケージされています。この組み込みのワークフローにより、アプリケーションの問題をネットワーク、アプリケーション、サーバのいずれかに切り分けることができます。NAM では、パフォーマンス低下の影響を受けているクライアントのエンドポイントに加え、応答時間の遅れの原因になっている可能性のあるサーバを特定できます(図 4)。ネットワーク上の問題は、VLAN、Differentiated Service(DiffServ; 差別化サービス)、ホスト、カンバセーション ペア、アプリケーションの使用に関する詳細な情報が含まれる包括的なトラフィック分析ビューを使用して、さらに詳しく調査することができます。該当のトラフィックを突き止め、パケットベースのデータを使用して「より深部への探査」を行うことで、パフォーマンスを低下させている問題を迅速に見きわめて対処できます。パケットレベルの異常を示すこの Packet Capture Error Scan 機能を使用することで、運用の生産性を向上させ、キャプチャしたパケット全体を手動で分析するといった手間のかかる作業を回避することができます。

図 4 アプリケーション パフォーマンスのトラブルシューティング ワークフロー

図 4 アプリケーション パフォーマンスのトラブルシューティング ワークフロー


Cisco Prime NAM ソフトウェア 5 に組み込まれたパフォーマンス データベースにより、過去の事例を振り返って、パフォーマンスを低下させたイベントが発生した際に何が起こったかを把握できます。このバックトラックを利用すれば、予想外のパフォーマンス問題が発生した場合でも効果的に対応し、改善策を実行して、問題の再発を最小限に抑えることができます。これにより、エンド ユーザに対するサービス レベル全体が向上します。

アプリケーションとサービスの提供を簡素化

アプリケーションのパフォーマンスを管理するには、プロファイリング、ベースライン決定、コントロール、最適化、トラブルシューティングなど、アプリケーション提供のすべての段階において完全な可視性が確保されている必要があります。Cisco Prime NAM ソフトウェアは、エンド ユーザ エクスペリエンスの特徴を分析するだけでなく、アプリケーション提供のサイクル全体を通してパフォーマンスの可視性を提供することができる、アプリケーションのパフォーマンス分析を実行します。また、応答時間、トランザクション時間、データ転送時間、再送信時間など、トランザクション ベースの統計情報を包括的にまとめたものを提供します。Cisco Prime NAM ソフトウェアを使用することで、TCP ベースのビジネス アプリケーションのパフォーマンス傾向をモニタおよび分析でき、しきい値に基づく予防的アラートが可能になるため、パフォーマンスに関する問題に先手を打って対応することができます。パフォーマンス データを集積し、ネットワーク トポロジをミラーリングするために作成したサイト別に分けることができます。サイトベースのモニタリングは、それぞれのサイトに関連するサービス レベル目標を追跡するためだけでなく、パフォーマンスに関する問題を迅速に切り分けて解決するためにも使用できます。これにより、そのサイトのエンド ユーザへの影響を最小限に抑えることができます。

WAN 最適化イニシアチブを最大限活用

Cisco Prime NAM ソフトウェアは、WAAS 環境内でアプリケーション パフォーマンスの可視性をエンドツーエンドで提供します。この可視性により、Cisco WAAS を効率的に活用して、アプリケーション パフォーマンスを向上させることができます。WAAS の全セグメントのパフォーマンス メトリックの中でも特に、アプリケーションの応答時間、トランザクション時間、最適化されたパススルー トラフィックの帯域幅使用量、LAN/WAN データ スループットを測定してレポートします。本ソフトウェアは、WAN 最適化の恩恵を最も多く受けそうなサイトおよびアプリケーションの候補を特定することに役立ちます。また、アプリケーションおよびネットワーク パフォーマンスに与える WAAS の影響を数値化し、検証することができます。このリアルタイムの可視性は、現在進行中の最適化をさらに向上させたり、パフォーマンス低下問題のトラブルシューティングを行ったりするためにも使用できます。図 5 は、アプリケーションのトランザクション時間に対する Cisco WAAS の影響を示しています。

図 5 アプリケーション パフォーマンスに対する Cisco WAAS の影響

図 5 アプリケーション パフォーマンスに対する Cisco WAAS の影響


優れた音声品質分析により音声サービス レベルを改善

共有ネットワーク インフラストラクチャ上で音声とデータのコンバージェンスを行うと、音声品質の管理に関して新たな課題が生じます。音声はリアルタイムのアプリケーションであり、パケット損失やジッタなどのネットワーク パラメータに大きく影響されます。Cisco Prime NAM ソフトウェアは、音声ストリームをリアルタイムで分析し、音声品質のモニタに必要な MOS 値などの重要なパフォーマンス情報を提供することができます。また、最も低い音声品質が確認されたサイト、エンドポイント、RTP ストリームをすばやく特定し、そのパフォーマンスの問題をさらに調査するために役立つ情報を提供します。Cisco Prime NAM ソフトウェアは、音声品質低下のトラブルシューティングやエンド ユーザのエクスペリエンス向上のために活用できる、数多くの機能を備えています。たとえば、NAM は QoS/DiffServ レポートに対する可視性をもたらすため、QoS 計画における想定事項の検証に役立ちます。また、ビジネス上の重要性が低いその他のアプリケーションの影響によると考えられる音声のパフォーマンスの低下を迅速に切り分けることもできます。

仮想スイッチング レイヤに対する運用上の可視性を拡張

ミッション クリティカルなワークロードを仮想サーバに移行する場合、エンドツーエンドのサービス提供を管理するには、仮想スイッチング インフラストラクチャに対する可視性が不可欠となります。Cisco Prime NAM ソフトウェアの利用により、導入した Cisco Nexus 1000V の動作状況を把握し、仮想スイッチング インフラストラクチャの管理を簡素化することができます。仮想マシン間のトラフィック、仮想インターフェイスの統計情報、アプリケーションの応答時間に対しても可視性を拡張できるため、パフォーマンスにかかわる問題のトラブルシューティングに役立ちます。ネットワークの使用状況を分析すると、ネットワークの効率を高め、動的なリソース割り当てや仮想マシンへの移行などのイベントをサポートすることにも役立ちます。

ネットワーク全体の可視化により、リスクを低減し、管理を簡素化

Cisco Prime NAM を使用すると、新規アプリケーションの展開、データセンターの統合、WAN の最適化などの IT イニシアチブに取り組む際に、ネットワークを詳しく把握することでリスクを軽減できます。これにより、このような取り組みの際に、安定したパフォーマンス レベルを確保し、ネットワーク リソースの使用を最適化し、ビジネスに対する影響を最小限に抑えることができます。また、リソースの使用状況やトラフィックの傾向を分析することで、インフラストラクチャのどのような変化も予測することができます。結果的に、Cisco NAM は、ビジネス ニーズの変化に対応する IT の俊敏性向上に役立つのです。

Cisco NAM 製品ファミリにより柔軟な導入が可能に

Cisco NAM 製品ポートフォリオではフォーム ファクタを選択でき、ネットワーク全体で導入を柔軟に行うことができます。これは、安定したエンドツーエンドのアプリケーション パフォーマンス レベルを実現するために必要な、包括的な可視性の確保に役立ちます。例として図 6 に示されているシナリオでは、Cisco Catalyst 6500 シリーズ NAM-3 または Cisco NAM アプライアンスをデータセンター内に導入し、リモート サイトに提供される TCP ベースのアプリケーションのパフォーマンスをモニタすることができます。

図 6 統合ネットワークおよびアプリケーション パフォーマンスのネットワーク全体にわたる可視性

図 6 統合ネットワークおよびアプリケーション パフォーマンスのネットワーク全体にわたる可視性


ISR G2 SRE 向け Cisco Prime NAM をブランチ オフィスに導入すると、そこで送受信されるトラフィックに対する完全な可視性が得られます。これにより、そのブランチ オフィスで提供されているアプリケーションのパフォーマンスを総合的に把握することができます。

Nexus 1010 向け Cisco Prime NAM をデータセンター内に導入することで、仮想マシン ネットワークに対する可視性が得られます。

このファミリ内の製品が持つフィーチャ セットには、多少の違いがあります。フィーチャ セットの詳細については、それぞれの製品データ シートをご覧ください。

発注情報


Cisco NAM 製品ファミリに関連する発注情報は、それぞれのデータ シートに記載されています。

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」ページを参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

シスコおよびそのパートナーが提供するサービス


シスコおよびパートナー各社が提供するスマートで個別化されたサービスによって、テクノロジーへの投資のビジネス価値をすばやく引き出すことができます。ネットワーキングに関する深い専門知識と、広範にわたるシスコ パートナー エコシステムに支えられ、シスコのサービスは強力なビジネス プラットフォームとしてお客様のネットワークを適切に計画、構築、および運営するお手伝いをいたします。お客様の目的が、ビジネス チャンスをすばやくつかんで顧客からの高まる期待に応えることであっても、運用効率を向上させ、コストの削減、リスクの低減、または成長の促進を実現することであっても、シスコはそれを支援するサービスをご用意しています。シスコのサービスの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/services/ を参照してください。

表 2 に Cisco Network Analysis Module 用のハードウェア、OS、およびアプリケーション サポートを提供するテクニカル サービスを示します。

表 2 Cisco Network Analysis Module 用のシスコ テクニカル サービス

テクニカル サービス
Cisco SMARTnet サービス
  • 世界各地から Cisco Technical Assistance Center(TAC)への 24 時間アクセス
  • Cisco.com の豊富なリソース、コミュニティ、およびツールへの無制限のアクセス
  • 翌営業日対応、8 × 5 × 4 、24 × 7 × 4、および 24 × 7 × 2 対応の高度なハードウェア交換1 およびオンサイト部品交換と取り付け
  • ライセンス対象フィーチャ セット内のオペレーティング システム ソフトウェアの継続的なアップデート2
Cisco Software Application Support(SAS)
  • アプリケーション ソフトウェア メンテナンスおよびマイナー アップデート
  • 世界各地からソフトウェア アプリケーションのエキスパートである Cisco TAC エンジニアへの 24 時間対応アクセス
  • Cisco.com の豊富なリソース、コミュニティ、およびツールへの無制限のアクセス

注釈:

1 高度なハードウェア交換は、さまざまなサービス レベルの組み合わせで利用できます。たとえば、8 × 5 × NBD は、一般的な 8 時間の営業時間中に、週 5 日間(対象地域内の一般的な営業日)、翌営業日(NBD)の配送を予定して発送が開始されることを意味します。NBD が利用できない場合は、同日発送が提供されます。制約事項については、各サービスの詳細な説明をお読みください。
2 シスコ オペレーティング システムのアップデートには、ライセンス対象のフィーチャ セット内のメンテナンス リリース、マイナー アップデート、およびメジャー アップデートが含まれます。

関連情報


Cisco NAM 製品ファミリの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/nam/ を参照するか、最寄りの代理店までお問い合わせください。あるいは、Cisco NAM 製品のマーケティング グループ nam-info@cisco.com までお問い合わせください。