Data Center Application Services

Cisco File Engineシリーズ アプライアンス

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

データ シート


Cisco File Engineシリーズ アプライアンス


リモート サイトのファイル サーバの設置、管理、および保護は、企業や組織にとっての大きな課題です。また、法規制の遵守や業務の継続性といったニーズによって、ブランチ オフィスで作成されるデータの保護に対する必要性が高まっています。Total Cost of Ownership(TCO;総所有コスト)はブランチ オフィスのデータ量の増大に伴って増え続け、ファイル サーバやバックアップを個別に管理する現行の体制では、管理作業は煩雑になる一方です。煩雑さの要因には、OS(オペレーティング システム)へのパッチの適用、ウィルス対策ソフトウェアの更新、信頼性の低いバックアップ、およびデータ リカバリの複雑さなどがあります。

企業では、IT管理者と中央集中型のデータ保護インフラストラクチャがすでに整備されたデータ センターで、ファイル サーバおよびストレージを集中管理することが望まれています。しかし、標準的なファイル アクセス プロトコルでは数多くのメッセージ交換が必要とされるため、WAN内に著しい遅延を引き起こし、ユーザの満足度を低下させる結果となります。

Cisco Wide Area File Services(WAFS)ソリューション

Cisco® Wide Area File Services(WAFS)ソリューションを利用すると、すべてのブランチ オフィスのデータを、データ センター内の中央ファイル サーバに統合することが容易になります。WAFSはシスコシステムズ独自の最適化技術によってWANの遅延と帯域幅の制約を克服し、ブランチ オフィスのユーザがWAN経由で中央集中管理ファイルにアクセスする場合でも、LAN上サーバと同様のレスポンスを得ることができます。結果として、TCOの大幅な削減、ブランチ オフィスにおけるデータの保護強化と管理作業の軽減、およびWAN経由の低遅延アクセスが可能になるのです。

Cisco WAFSソリューションには、次のような利点があります。
  • TCOの削減 - WAFSでは、信頼性の低いテープ デバイスを使ったバックアップやファイル サーバの代わりに、即時導入が可能なアプライアンスをブランチ オフィスに設置し、ファイル サービスとプリント サービスに利用することができます。
  • データ保護の強化 - ブランチ オフィスで作成されるすべてのファイルのマスター コピーがリアルタイムでデータ センターに取り込まれるため、ストレージ リソースの保護、管理、および利用方法が改善されます。
  • 管理作業の軽減 - IT管理者は、ファイル サービス(割り当て、バックアップ、障害からの復帰、データの復元、アクセス制御、およびセキュリティ ポリシーなど)をセンターで管理できます。
  • ファイル アクセスの高速化および共有機能 - Cisco WAFSの遅延低減テクノロジーにより、リモート ユーザはLAN上のサーバと同様のアクセス パフォーマンスを得ることができるため、ユーザの生産性が向上し、離れた場所にいるユーザ間の共同作業が容易になります。
WAFSは高度なプロトコル レベルのキャッシング、圧縮、プロトコル固有の遅延低減性、およびネットワーク最適化技術を使用して、データの完全性を確保するためにファイルのコヒーレンシ(一貫性)を維持しながら、WANで用いられる標準ファイルシステム プロトコル(WindowsのCommon Internet File System [CIFS]、UNIXのNetwork File System [NFS])の効率的な動作を実現します。WAFSソリューションでは、クライアント マシンやファイル サーバに特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。WAFSの動作はエンド ユーザからは意識されないため、既存のネットワークおよびストレージ インフラストラクチャとの統合が簡単に行えます。WAFSソリューションには、次のコンポーネントを備えた、即時導入可能なアプライアンスが用意されています。
  • Edge File Engineは、各ブランチ オフィスまたはリモート キャンパスで、ファイル サーバやプリント サーバの代わりに使用します。Edge File Engineを使用すると、ローカルのクライアントは集中管理されているストレージのキャッシュに対して、LAN並みの速度で読み書きを実行できます。
  • Core File Engineは、データ センター内で1つ以上のファイル サーバまたはNetwork Attached Storage(NAS;ネットワーク接続ストレージ)ゲートウェイに接続され、リモートにあるEdge File Engineの代わりに、WANに最適化されたファイル要求を実行します。
  • Cisco WAFS Central Managerを使用すると、すべてのFile Engineアプライアンスのリモート管理とモニタリングを行うことができます。
Cisco WAFSソリューションの特長は、次のとおりです。
  • ファイル サービスのパフォーマンス、スケーラビリティ、および信頼性の高さ
  • ブランチ オフィスにおけるファイル サーバのリモート管理への移行
  • 卓越したデータの完全性
  • 優れたネットワーク統合
  • グローバルなサポートおよびサービス
  • シスコのエンドツーエンドのストレージ ネットワーキング、Business Ready Data Centerソリューション、およびブランチ アーキテクチャの構成要素としての使用

図1は、Cisco File Engineシリーズ アプライアンスのコンポーネントを使用したWAFSの構成例です。図2の写真は、Cisco FE 511 File Engineです。

図1 Cisco File Engineを使用したWAFSソリューションの構成例

図2 Cisco 500シリーズFile Engineアプライアンス

製品の説明

Cisco WAFSソリューションには、Cisco 500シリーズFile Engine上で稼働するWAFSソフトウェアが搭載されています。各File Engineは、Edge File Engine、Core File Engine、またはWAFS Central Managerとして使用します。リソースや容量が適切であれば、これらのFile Engineコンポーネントを同一のアプライアンス上で同時に実行させることも可能です。たとえば、比較的小規模な構成では、1つのFile EngineアプライアンスをCore File EngineおよびWAFS Central Managerの両方として用いることが可能です。大規模な構成の場合には、各種コンポーネントを個別のアプライアンス上で実行させる必要があります。

表1 Cisco File Engineを使用したCisco WAFSソリューションの主要な機能と利点
機能 説明および利点
ブランチ ファイル サーバの移行 ファイル サービスとプリント サービスを提供します。Microsoft Systems Management Server(SMS)のような、ソフトウェア イメージやパッチを配布するためのディストリビューション ポイント サービスも含まれます。
プロトコル レベルのキャッシング
  • 高パフォーマンス - バックアップ管理、障害からの復帰、データ セキュリティ、および利用割り当てなどにデータ センターのファイル サービスを使用しながら、データの読み書きにLAN並みのパフォーマンスを発揮します。
  • LAN上のCIFSおよびNFSファイルのキャッシング - データ センターに保管されているファイルは、ブランチ オフィスから見るとローカル ファイルのように見えます。ファイルやディレクトリが変更されると、すぐにローカルのFile Engineに変更が保存され、その後中央集中管理用のファイル サーバにリアルタイムで反映されます。
  • メタデータのローカルでの処理およびキャッシング - ユーザ アクセスを最適化するために、ファイル属性やディレクトリ情報などのメタデータは、ローカルでキャッシングおよび提供されます。
  • 部分的なファイル キャッシング - WAN転送を最適化するために、ファイル全体ではなく、書き込み要求におけるファイルの更新部分のみが送受信されます。ファイル全体をキャッシュする必要がないので、要求範囲のデータを受信し次第、読み込み要求が実行されます。
プロトコル固有の遅延低減
  • ライトバック キャッシング - Edge File Engineからの書き込みをCore File Engineにバッファリングさせて、ファイル サーバに更新情報を非同期で反映させることにより、データの完全性を損なうことなく、効率的な書き込み処理を実現します。
  • ファイルの先読み - アプリケーションがファイルの逐次読み込みを行っている場合、WAFSはユーザ要求を予測してファイルを読み込み、パフォーマンスを向上させます。
  • ネガティブ キャッシング - 欠落ファイルに関する情報を保管して、WAN内の情報のやり取りを軽減させます。
  • Microsoft Remote Procedure Call(MSRPC)の最適化 - 要求と応答をローカルでキャッシングすることにより、WAN経由での情報のやり取りを少なくします。
  • シグナリング メッセージの予測と削減 - 高度なアルゴリズムにより、セマンティックスを損なうことなく、WAN上での情報のやり取りを軽減させます。
WAN帯域幅の最適化 次のような技術を使用して、WAN上で転送されるトラフィック量を最小限に抑え、WANのリンク性能の低さによってユーザが影響を受けないようにします。
  • パイプライン機能 - 接続の持続性、メッセージ キューの優先制御、および非同期処理によって、CIFS要求の効率的なパイプラインとして機能します。
  • TCPの最適化 - ダイナミックなソケットの割り当て、複数ソケットの多重化、およびTCPの最適化により、処理の効率化を可能にします。
  • 拡張セグメント - より情報量の大きな先読みセグメントをWAN経由で取得することにより、トラフィック量を軽減します。
  • 設定変更可能な帯域幅スロットリング - 帯域幅スロットリングおよび遅延に対する最適化の設定を自動的に調整します。
  • セグメント圧縮 - 圧縮アルゴリズムにより、利用するWAN帯域幅を縮小します。
  • WANのQuality of Service(QoS;サービス品質) - インタラクティブなCIFSメッセージに対して、情報量の大きなメッセージよりも高いプライオリティを設定し、スループットとユーザのインタラクティブな操作性を向上させます。
データの完全性 書き込み処理を最適化してパフォーマンスを向上させるだけでなく、クローズ処理を実行する際に、すべてのデータをファイル サーバに安全に保存します。これによって、原因不明のデータ消失、および割り当て超過やディスク障害などからアプリケーションが保護されます。
マルチレベル コヒーレンシ(一貫性) WAFSはCIFSのセマンティックスに準拠してデータおよびメタデータを更新するため、最新版のファイルに素早くアクセスできます。グローバル コヒーレンシはネットワーク間の連携をサポートします。また、ネットワーク内の連携およびホーム ディレクトリ アクセスには、ローカル コヒーレンシを使用してパフォーマンスを向上させることができます。
ポリシーベースのプレポジション機能 ポリシーベースの中央集中型自動ファイル配信によって、ブランチ オフィスに対して更新頻度の少ないファイル(ソフトウェア イメージやパッチ)を中央から転送し、ローカルで利用することができます。欠落したブロックや変更されたファイルの効率的な伝送、コンテンツや送信先の選択、Time-of-Day(ToD)や帯域幅スロットリングの制御といった機能が備えられています。
ハイ アベイラビリティ 次のフェールオーバー メカニズムによって、優れたアベイラビリティが実現されます。
  • Edge File Engine - 持続的なキャッシングおよび自動回復機能により、管理上のオーバーヘッドが軽減されます。クラスタリングおよびフェールオーバーは、Web Cache Communication Protocol(WCCP)またはMicrosoft Distributed File System(DFS)によって提供されます。
  • Core File Engine - データ センターにおけるn+1クラスタリングによって、ロードバランシングとフェールオーバーを実現します。
  • コンフィギュレーションのバックアップとリストア - ハードウェアに障害が発生した場合に、File Engineを素早く交換できます。
容易な統合 アプリケーション、ファイル システム、およびプロトコルに対して影響を与えないので、クライアント マシンやファイル サーバにソフトウェアをインストールする必要がありません。
  • Microsoft WINS、ブロードキャスト ドメイン、またはDFSを使用した利用割り当て、アクセス制御、ファイルサーバ名の指定、およびクライアント リダイレクションに対するWindowsネットワーキングとのトランスペアレントな統合。
  • NT LAN ManagerおよびCIFSのKerberosサポートを用いた、クライアントによるファイル アクセスに対するデータ センター ファイル サーバへのパススルー認証および許可。
  • 「即時」移行を可能にする統合的レプリケーションにより、初期導入時点でブランチ ファイル サーバのデータをデータ センター ファイル サーバに移行可能。
中央集中型制御とモニタリング
  • Webベースの管理ツールと自動プロビジョニング - IT管理者は、各File EngineまたはFile Engineのグループを、リモートからプロビジョニング、設定、およびモニタできます。
  • 包括的な統計情報、ログ、およびレポート機能 - IT管理者は、モニタリングおよびレポート機能を使用して、システムのパフォーマンスと利用効率を最適化できます。
  • SNMPベースのモニタリング、トラップ、およびアラート - サードパーティ製の管理ツールとの統合やトラブルシューティングが容易です。Eメール アラートもサポートされています。
  • トラブルシューティング ツール - システム レポート、ログ、システム稼働履歴、およびデバッグ モードなどを使用して、操作上の問題を迅速かつ効率的に解決できます。
Windowsでのプリント サービス
  • ブランチ オフィス内のネットワーク プリンタに対してプリント サーバとして機能し、包括的なプリンタ サポートを実現します。クライアントは、Microsoftやプリンタ ベンダーから提供されるオリジナルのプリンタ ドライバを使用してレンダリングを実行します。
  • Windowsベースの標準的な設定をサポート。
  • WebベースのGUIを用いたリモート プリント サービスとキュー管理。
  • 標準的プリンタ セキュリティであるプリンタACLをサポートし、Active DirectoryまたはNTドメインの認証と完全統合が可能です。
スケーラビリティ
  • Edge File Engineのスケーラビリティ - Edge File Engineあたり数百人のユーザをサポートできます。パフォーマンスはユーザのアクティビティ、平均的なファイル サイズ、およびWAN帯域幅によって異なります。
  • Core File Engineのスケーラビリティ - Core File Engineはデータ センターのファイル サーバへ転送中のファイルを保存しないため、Core File Engineで必要なディスク容量が最小限で済みます。また、Core File Engineの処理は、Edge File Engineにおける処理の先読みとローカル プロトコル レベルのキャッシングによってオフロードされます。Core File Engineは内部WAFSメカニズムを用い、ロードバランシングとフェールオーバーを行うためのシンプルなクラスタリングを実行して、ステートレスに動作します。この際、サードパーティ製デバイスは不要です。
  • Core File Engineあたり数千人のユーザをサポート - Core File EngineあたりでサポートされるEdge File Engineの数は、Edge File Engineの負荷とWAN帯域幅によって異なります。

発注情報

表2に、Cisco File Engineのハードウェアおよびソフトウェアの製品番号を示します。発注情報の詳細については、次のURLを参照してください。
http://www.cisco.com/jp/product/how_to_order.shtml

表2 Cisco File Engineの製品番号
製品番号 説明
FE-511-K9 Cisco FE 511(80 GB シリアルATA [SATA]ディスク ドライブ×1、WAFSソフトウェア、50ユーザ ベースのライセンスを含む)
SF-WAFS-50-K9 Cisco FE 511の50ユーザ追加ライセンス

ハードウェアの仕様

表3に、Cisco File Engineのハードウェア プラットフォームの仕様を示します。

表3 Cisco File Engine(Cisco FE 511)のハードウェア プラットフォームの仕様
機能または説明 仕様
CPU 2.8 GHz
Synchronous DRAM(SDRAM) 512 MB
基本内部ストレージ 80 GB
ネットワーク インターフェイス 10/100/1000BASE-T×2
フラッシュ メモリ 128 MB
電力 300W AC
ラックユニット(RU) 1 RU
外部コネクタ シリアル ポート×1
外形寸法 高さ:43.7 mm(1.72インチ)、幅:440 mm(17.3インチ)、奥行:508 mm(20インチ)
重量 最大重量:12.7 kg(28ポンド)
ユニバーサル入力 入力電圧:ローレンジ100-127 VAC、ハイレンジ200-240 VAC
最大電力 300W(115~230 VAC)
動作温度 10~35°C(50~95°F)
非動作温度 -40~60°C(-40~140°F)
湿度 非動作時:8~80%
高度 最大高度:2,133 m(7,000フィート)
適合規格 CEマーキング
安全基準
  • UL 1950
  • CSA-C22.2 No. 950
  • EN 60950
  • IEC 60950
EMC(電磁適合性)
  • FCC Part 15(CFR 47)クラスA
  • ICES-003クラスA
  • EN 55022クラスA(UTPケーブル使用)
  • CISPR22クラスA(UTPケーブル使用)
  • ASNZ 3548クラスA(UTPケーブル使用)
  • VCCIクラスA(UTPケーブル使用)
  • EN 55024
  • EN 50082-1

シスコのサービスおよびサポート ソリューション

シスコのサポート ソリューションは、数々のプロアクティブなソリューションを通じて、お客様の成功を確かなものにします。シスコのサービスおよびサポートには、計画、設計、実装、運用、および最適化に関するソリューションが用意されています。シスコ製品の購入と同時にシスコのサービスおよびサポートが利用可能となり、お客様は幅広いリソースをすぐにご使用になれます。シスコのサービスおよびサポート ソリューションを利用すると、お客様は業務コストの削減をはじめとするさまざまなメリットを得ることができ、ネットワークへの投資効果を高めることが可能です。

Cisco File Engineのユーザは、Cisco SMARTnet®メンテナンスおよびCisco SMARTnet Onsiteサービスを利用できます。詳細については、次のURLを参照してください。
http://www.cisco.com/jp/service/contact/



お問い合わせ