Cisco uBR7225VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータ

Cisco uBR7225VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータ

システムの概要





Cisco uBR7225VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータ


サポートされているライン カード

主な特徴

標準のサポート

Q: Cisco® uBR7225VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータについて教えてください。
A: . Cisco uBR7225VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータは、Cisco uBR7100 シリーズのケーブル モデム終端システム(CMTS)の後継機種です。Cisco uBR7225VXR は、2 ラック ユニット(RU)モジュール シャーシに 2 つの RF ケーブル ライン カード スロットを備えた、最新のエントリ/ミドル レベルの CMTS です。Cisco uBR7225VXR は、オープン標準に基づいており、業界最先端の Cisco uBR7246VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータのパワーと信頼性を、あらゆる規模のケーブル事業者にも高いコスト効率で提供します。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータはどのような市場を対象としていますか。
A: Cisco uBR7225VXR は、処理能力の増大に対応できるプラットフォームを必要とし、uBR10012 や uBR7246VXR の処理能力やフォーム ファクタは大き過ぎると考えるケーブル事業者に適しています。Cisco uBR7225VXR は、新興成長市場のケーブル事業者に最適です。これには、中小規模ケーブル事業者が、収益性の高いサービス展開に対応した IP NGN(IP Next-Generation)インフラストラクチャに移行する場合も含まれます。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR ユニバーサル ブロードバンド ルータの一般的な利用法を教えてください。
A: ケーブル事業者、複合型ビジネス、および ISP は、このルータを導入することで、データ、音声、ビデオ サービスを高速配信できる、コスト効率の高い優れたプラットフォームが得られます。この新しい CMTS プラットフォームは、最小限の設備投資とセットアップ時間で、収益性の高いサービスを提供します。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR、uBR7246VXR、uBR7100 シリーズの違いを教えてください。
A: Cisco uBR7225VXR は、設計に大きな進化がありました。このルータは、実績ある Cisco uBR7246VXR とよく似ており、同じテクノロジーを多く利用しています。Cisco uBR7225VXR は Cisco uBR7100 シリーズのような固定構成ではなくプロセッサとライン カード スロットがモジュラ式で、同じフォーム ファクタの Cisco uBR7100 シリーズの 4 倍のアップストリーム ポート密度と 4 倍のダウンストリーム ポート密度を備えています。また、Cisco uBR7246VXR との比較では、アップストリームおよびダウンストリームのポート キャパシティは 50% 増です。Cisco uBR7225VXR は、エントリ レベルとして業界最安の価格を提供すると同時に、処理能力の増大に対応できるモジュール性を維持します。表 1 に、3 つのルータの比較を示します。

表 1 製品比較

6 RU に CMTS を設置する場合 最大シャーシ数 最大モデム カード数 最大ダウンストリーム/アップストリーム ポート数 最大ネットワーク プロセッシング エンジン(NPE)数
Cisco uBR7100 シリーズ 3 3(固定) 3/12 3(固定、NPE-225)
Cisco uBR7246VXR 1 4(モジュール) 8/32 1(モジュール、NPE-G2 以下)
Cisco uBR7225VXR 3 6(モジュール) 12/48 3(モジュール、製品導入時に NPE-G1 のサポート)

Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR ではいくつまでの加入者がサポートされますか。
A: 1 台で最大 5000 の加入者がサポートされます。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR の構成要件を教えてください。
A: Cisco uBR7225VXR は 2 つの RF ケーブル ライン カード スロットをサポートしています。FCS の時点では、3 つの GE ポート(uBR-NPE-G1)を搭載した 1 つの Cisco uBR7200-NPE-G1 プロセッサと互換性があります。Cisco uBR7200-NPE-G1 には、256 MB 以上の DRAM を搭載する必要があります。Cisco uBR7225VXR に複数のブロードバンド プロセッシング エンジン(BPE)が含まれる場合は、最適なパフォーマンスを確保するために Cisco uBR7200-NPE-G1 に 512 MB または 1 GB の DRAM を搭載することをお勧めします。標準のネットワーキング ソフトウェアである Cisco IOS® ソフトウェアは、エンドツーエンドのインターネット接続を提供し、ケーブル ネットワークや IP ネットワークを介した安全性の高い通信を確保するオプションを備えています。Cisco uBR7225VXR は Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2SB(PacketCable™ Multimedia、アドミッション コントロール、Advanced Mode DSG、および SII 機能を含む)でサポートされています。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR には PA や I/O コントローラ スロットがありますか。たとえば、パフォーマンスの低いアプリケーションで、Cisco uBR7200 シリーズ NPE-400 ネットワーク プロセッシング エンジンを使用できますか。
A: いいえ。Cisco uBR7225VXR は、ポート アダプタ(PA)、I/O コントローラ、uBR7200 シリーズ NPE-G1 よりも下位の NPE はサポートしていません。Cisco uBR7225VXR は、Cisco uBR7200 シリーズ NPE-G1 の優れたパフォーマンスをコスト効率よく提供します。この NPE でギガビット イーサネット(GE)WAN 接続が可能なので、PA スロットは不要です。
Return to Top

Q: アプリケーションに GE 以外の T1 などのバックホールが必要な場合はどうなりますか。PA がサポートされていない場合は、どのような選択肢がありますか。
A: シスコでは、Cisco uBR7225VXR の背後に Cisco 1800 シリーズ ルータなどのサービス統合型ルータを使用して、この種のバックホール シナリオでの接続環境を用意することをお勧めしています。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR には冗長電源がありますか。
A: Cisco uBR7225VXR は、Cisco uBR7200 シリーズ NPE-G1 と組み合わせることで冗長電源システムを実現しています。さらに、このプラットフォームは固定構成の CMTS とは異なり、プロセッサとライン カード スロットがモジュラ式なので、テクノロジーの進展に応じて処理能力を将来アップグレードできます。将来、処理能力とプロセッシング エンジンをアップグレードすると、両方の電源が必要になる可能性もあります。
Return to Top

Q: このプラットフォームはアップグレード可能ですか。
A: Cisco uBR7225VXR は固定構成の CMTS プラットフォームとは異なり、プロセッサとライン カード スロットがモジュラ式なので、テクノロジーの進展に応じて処理能力を将来アップグレードできます。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR で DOCSIS 3.0 をサポートする予定はありますか。
A: シスコでは未リリース製品に関する発表は控えていますので、このプラットフォームで DOCSIS 3.0 のサポートを確約することはできません。ただし、Cisco uBR7225VXR のモジュラ式アーキテクチャと、この小型の 2スロット CMTS での NPE-G1 のパフォーマンス レベルから判断すると、Cisco uBR7225VXR用の DOCSIS 3.0 ライン カードを設計することは技術的に実現可能です。これが開発された場合は、ライン カードを取り替えるだけで DOCSIS 3.0 に移行できると考えられます。
Return to Top

サポートされているライン カード

Q: Cisco uBR7225VXR はいくつのケーブル ライン カードをサポートしていますか。また、アップストリームとダウンストリームのポート密度はどのぐらいですか。
A: Cisco uBR7225VXR は2 枚のケーブル ライン カードをサポートしています。市場のエントリ レベルのケーブル ライン カードでは随一のポート密度を持ち、2RU フォーム ファクタで最大 4 つのダウンストリームと 16 のアップストリームを提供します。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR プラットフォームは新しい低価格のケーブル ライン カードをサポートしていますか。既存の Cisco uBR7246VXR シャーシ ライン カードは Cisco uBR7225VXR でサポートされますか。
A: Cisco uBR7225VXR E-16U および E-28U ブロードバンド プロセッシング エンジン(BPE)(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)という 2 つの新しいケーブル ライン カードがあります。これらの新しいBPE は、ホットスワップ可能でスロットに依存しません。uBR7246VXR シャーシとの互換性はありません。互換性機能は、Cisco uBR7225VXR 以外のシャーシへの誤挿入を防止するメカニカル キーイング方式とソフトウェア ロックにより、Cisco uBR7225VXR E-28U および E-16U(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)で有効になります。
Return to Top

Q: Cisco uBR7246VXR でサポートされるライン カードのうち、新しい Cisco uBR7225VXR シャーシで利用できるのはどれですか。これらのライン カードは、新しい Cisco uBR7225VXR シャーシ内で Cisco uBR7225VXR E-28U および E-16U(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)と共存できますか。
A: Cisco uBR7225VXR でサポートされる Cisco uBR7246VXR 用のライン カードは、Cisco uBR7200 シリーズ MC16U および MC28U ブロードバンド プロセッシング エンジンです。これらのライン カードは、Cisco uBR7225VXR 内で Cisco uBR7225VXR E-28U および E-16U(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)と共存できます。現在ネットワークに Cisco uBR7246VXR を設置していたり、Cisco uBR7225VXR の増設を計画しているケーブル事業者にとっては、両方のシャーシで動作するライン カードに標準化する機会になります。
Return to Top

Q: Cisco uBR7200 シリーズ MC16U と MC28U が Cisco uBR7225VXR シャーシで動作するにもかかわらず新しいライン カードが設計されたのはなぜですか。
A: より小型のシステムに適合させるために、Cisco uBR7225VXR MC16U および MC28U からメモリなどのコンポーネントを除去することで、コストを最適化しました。これによってライン カードの価格が下がり、新興成長市場や小規模のお客様のニーズに応えることができます。
Return to Top

Q: 新しいライン カードと現行のライン カードの違いは何ですか。
A: 新しいライン カードで大きく違うのは、メモリなどのコンポーネントが削減されていることです。
Return to Top

主な特徴

Q: Cisco uBR7225VXR E-28U および E-16U BPE(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)ライン カードの主な特徴について教えてください。
A: 柔軟性に富んだ、包括的な製品設計により、Cisco uBR7225VXR E-28U および E-16U(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)ライン カードは、以下を提供します。
  • イングレス ノイズを除去する高度な物理レイヤ(PHY)
  • A-TDMA(Advanced Time-Division Multiple Access)機能
  • 高度なスペクトル管理
  • パフォーマンスの向上により、サポート可能な加入者とサービスが増えたオンボード プロセッサ
  • 柔軟なソフトウェア MAC ドメイン構成または仮想インターフェイス
  • 周波数スタッキングによるケーブル配線の削減
  • 1 枚のライン カードで DOCSIS®、European DOCSIS(Euro-DOCSIS)、および J-DOCSIS に準拠
  • 内蔵アップコンバータ:モデルに応じて、1 枚のライン カードに 1 つまたは 2 つのダウンストリーム モジュレータと 8 つまたは 6 つのアップストリーム バースト レシーバを実装
  • Cisco uBR7225VXR E-28U および E-16U(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)は、特許取得済みのシスコ テクノロジーを利用して、特定のアップストリーム チャネルの CNR(Carrier-to-Noise Ratio)を判定。この手法は、他の CMTS ベンダーにはないシスコの差別化要因です。これらの BPE は DOCSIS 仕様に適合しています(ダウンストリーム CNR が 35 dB、アップストリーム作業が 25 dB)。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR では透過ブリッジ モードはサポートされていますか。
A: いいえ。Cisco uBR7225VXR はブリッジ機能をサポートしていません。Cisco uBR7225VXR がサポートするのは、ルーティング モードのみです。ルーティング オペレーションは、Cisco CMTS ルータの一般的なデフォルト モードです。DHCP サーバや各インターフェイス経由で送信されるパケットの制御など、Cisco IOS ソフトウェアの幅広いルーティング機能を利用できます。ケーブル インターフェイスとポート アダプタ インターフェイス間のブリッジ オペレーションは、通常、DOCSIS CMTS インストールでは使用されません。パフォーマンスとセキュリティに潜在的な問題があるためです。
Return to Top

Q: 新しい CMTS プラットフォームの魅力を教えてください。
A: シスコには、オープン システムの確固たる伝統と、あらゆる市場セグメントに対応する製品ポートフォリオがあります。ケーブル事業者のサービスと運用上のニーズはますます拡大しています。シスコはその優れたネットワーキングの専門知識と業界におけるリーダーシップを活かして、これらのニーズに対応します。主に、次のような利点があります。
  • エントリ レベルの CMTS として業界最安の価格によるコスト効率と、処理能力の増大に対応できるモジュール性の維持
  • エントリ レベルのケーブル ライン カードとしては業界最高クラスのポート密度
  • 標準規格への適合により、ケーブル事業者がサービスを集約して投資回収率を最大化し、高度な IP サービスの展開を加速することを促進
  • 1 枚のライン カードで DOCSIS、Euro-DOCSIS、および J-DOCSIS をサポートすることによる、運用コストの節約と設備投資の抑制
Return to Top

標準のサポート

Q: Cisco uBR7225VXR は CableLabs® OpenCable™ DSG(DOCSIS Set-Top Gateway)仕様に対応していますか。
A: Cisco uBR7225VXR は DSG 仕様に対応しています。ケーブル事業者は DSG を使用することで、独自のスタンドアロン ビデオ サーバの代わりに CMTS を介して、アップストリームおよびダウンストリームのビデオ トラフィックを直接送信できます。DOCSIS でデジタル変換したキャリアにアウトオブバンド(OOB)メッセージングを組み込むことにより、ケーブル モデムやセットトップ ボックス(STB)のデータ トラフィックを共有 DOCSIS チャネル上で統合できます。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR は CableLabs の認定を受けていますか。
A: Cisco uBR7225VXR はまだ CableLabs の認定を受けていません。Cisco uBR7225VXR は、PacketCable 1.1、DOCSIS 1.1、Euro-DOCSIS 2.0、および PCMM(PacketCable Multimedia)の規格に基づいており、ケーブル事業者は投資を保護し、次世代型マルチサービス ネットワークとの互換性を確保できます。Cisco uBR7225VXR E-16U および E-28U(製品番号 UBR-E-28U および UBR-E-16U)は、1 枚のライン カードで DOCSIS、Euro-DOCSIS、および J-DOCSIS をサポートするように設計されています。シスコでは、uBR7225VXR の出荷開始時に、DOCSIS 2.0 認定(S-CDMA を除く)および PacketCable 2.0 を申請する予定です。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR で S-CDMA はサポートされていますか。
A: シスコは CableLabs プロセスをサポートし、DOCSIS、PacketCable、DSG、PCMM などの製品認定を申請してきた実績があります。ただし、市場からのフィードバックによると、S-CDMA は今日提供されているサービスにとって必ずしも不可欠ではありません。顧客からは S-CDMA ではなくチャネル ボンディングや IPv6 のような革新テクノロジーの開発を求められているので、シスコは、現世代の DOCSIS 2.0 ライン カードには S-CDMA を実装しないことにしました。シスコは DOCSIS 2.0 の A-TDMA 部分をサポートし、Cisco CMTS 製品の tComLabs DOCSIS 2.0 A-TDMA 認定を取得しています。ヨーロッパでは、S-CDMA は EuroDOCSIS 2.0 仕様のオプションです。Euro CableLabs 認定試験によって示されているように、シスコ製品は、S-CDMA に対応していないことを除けば、あらゆる分野で DOCSIS 2.0 に完全準拠しています。
Return to Top

Q: Cisco uBR7225VXR はCableLabs および tComLabs に準拠していますか。
A: Cisco uBR7225VXR は、DOCSIS 1.1 および 1.0、Euro-DOCSIS 2.0、1.1、および 1.0、PacketCable 1.1 に対応しています。加えて、PCMM(PacketCable Multimedia)に対応しているので、ケーブル事業者は、通信レベルの CMTS で独自の次世代型マルチメディア サービスを展開できます。
Return to Top

お問い合わせ