Cisco Catalyst 4900M スイッチ

小型フォーム ファクタの半固定型アグリゲーション スイッチ

Catalyst 4900M は、小型フォーム ファクタ(2RU)に柔軟にギガビット イーサネットと 10 ギガビット イーサネットを導入することができ、高パフォーマンスのワイヤスピード サービスとハイ アベイラビリティを必要とする、スペースに制約のある導入に最適なソリューションです。

Catalyst 4900M はデータセンター スイッチング製品の 1 つとして、次の機能を提供します。

  • 高パフォーマンス
  • 低遅延
  • 10/100/1000 イーサネット
  • 10 ギガビット イーサネット
  • ラックマウント タイプのサーバ用のトップオブラック アクセス レイヤ スイッチング ソリューション

Catalyst 4900M は、ブランチ オフィス向けスイッチ製品の 1 つとして、Collapsed LAN(CLAN; コラプスト LAN)やコアの分散展開に必要なワイヤスピードのサービスを提供します。Catalyst 4900M は、独自の半固定型アーキテクチャを採用しているため柔軟性に優れており、まずはギガビット イーサネットを導入し、必要に応じて 10 ギガビット イーサネットにコスト効率よく移行することができます。

Catalyst 4900M には、8 つの固定ワイヤスピード 10 ギガビット イーサネット ポートと 2 つのハーフスロットがあり、次のカードを組み合わせて使用できます。

  • 20 ポートのワイヤスピード 10/100/1000(RJ-45)ハーフカード
  • 8 ポート(2:1)10 ギガビット イーサネット(X2)ハーフカード(Cisco TwinGig コンバータ モジュール互換)
  • 4 ポートのワイヤスピード 10 ギガビット イーサネット(X2)ハーフカード
注目のコンテンツ

低遅延の取引環境に関する STAC のテストで抜群の好結果

商社は Cisco Catalyst 4900M スイッチを使用して、データ遅延を短縮することができます。
> 詳しくはこちら(PDF - 979KB) [英語]

STAC による発表

Securities Technology Analysis Center(STAC)は、シスコがイノベーション スポンサーとして Catalyst 4900 シリーズ スイッチを提供することを発表しました。
> 詳しくはこちら [英語]

 

お問い合わせ先

カタログガイドブック

Cisco Catalyst スイッチ ガイド

Cisco Catalyst スイッチ ガイド(2014年6月版) [PDF: 11.1MB] Cisco Catalyst シリーズの最新ラインナップをまとめたガイドブックです。