アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

モバイル変革の促進

Apple とシスコはパートナーシップを組み、シスコ ネットワーク上で Apple デバイスの安全かつ高性能なビジネス クラスのエクスペリエンスを創出するため、セキュリティ、ネットワーキングおよびコラボレーション ソリューション開発しています。

詳細を見る
ソリューション

ネットワーキングにおけるモバイル変革

ワイヤレスはネットワーク接続のための好ましいツールになっています。ワイヤレスとモビリティにおける Apple 社とシスコの強みを組み合わせることで、優れた接続性を実現します。両社は、Apple デバイスのワイヤレス エクスペリエンスの最適化をもたらす、より堅牢な企業向けワイヤレス ネットワークを開発しました。

Wi-Fi

Wi-Fi Optimization for iOS、Fast Lane、Wi-Fi Analytics for iOS により、改善されたワイヤレス性能がネットワークとデバイスのオペレーティング システムに組み込まれているため、ほかには何も必要ありません。iPhone や iPad の Wi-Fi エクスペリエンスが向上し、重要なアプリにアクセスしやすく、また、素早いトラブルシューティングが可能になりました。

セキュリティにおけるモバイル変革

従業員が絶えず移動している状況で、いつでもどこでも仕事ができることから、セキュリティが企業にとって重要な構成要素となっています。そこで、Apple とシスコは、モバイル ビジネス環境の保護、サイバー リスクの低減、生産性の向上に向けて協力しています。

両社は、従業員や職員に貸与する iOS デバイスを詳細に可視化および制御できるソリューションを提供しています。iOS 導入を新たな方法で拡大し、セキュリティ対策とセキュリティ監査上の懸念を取り除くことができます。

Cisco Security Connector

iOS デバイスのセキュリティが優れていても、インターネットはそうではありません。Cisco Security Connector により、セキュリティに問題が発生することなく、効果的なワークフォースのモビリティを実現できるようになりました。iOS デバイス上のネットワーク トラフィックの可視化を初めて実現し、いつでもどこでも、悪意のあるサイトへのモバイル接続をブロックすることができます。

サイバーセキュリティおよびサイバー リスク保険

組織にとって、サイバー リスクが最大の関心事項であり、マルウェアが最大の懸念事項となっています。果断な対応が必要です。だからこそ、シスコは業界初のサービスに参画しています。このサービスでは、シスコ、Apple、Aon、そして Allianz の各社が提携し、サイバー リスクの管理に必要な各要素をソリューションとして提供しています。各要素とは、セキュリティ テクノロジー、セキュア デバイス、サイバーセキュリティ ドメインの専門知識、そして強化されたサイバー保険です。

※日本では、サイバーセキュリティおよびサイバーリスク保険の取り扱いはございません。

コラボレーションにおけるモバイル変革

iOS デバイスで、コラボレーションをかつてないほど簡単かつ生産的に実施できるようになりました。ロック画面から着信に応答したり、Siri を使って通話を開始したり、さらに、シスコ ソリューションとの統合により、タップするだけでカレンダー通知から直接ミーティングに参加し、シームレスに画面を共有できます。外出先でのコラボレーションが、これまでになく簡単に実現します。

Cisco Webex

ソリューションの価値はオフィスに広がり、非常に高い生産性を実現します。iOS デバイスにおける Wi-Fi の革新により、もう通話を逃す心配はありません。ミーティングの音声や映像品質も向上しました。ミーティング ルームでは、iPhone や iPad などの iOS デバイスからシームレスに Webex デバイスに接続でき、コラボレーション エクスペリエンスが強化されます。

最新の変革

さらに詳しく

開発者向けソリューション

Cisco DevNet では、既存の Fast Lane Validation Program を拡張します。これは、実際のインフラストラクチャでテストするために費用をかけることなくシスコ インフラストラクチャ上で iOS アプリを検証できる、iOS アプリケーション開発者向けのサービスです。この検証プロセスは間もなく拡張され、iOS 12 のリリースに合わせて 9 種類すべてのサービス タイプが利用可能となります。

Fast Lane でアプリのパフォーマンスを改善し、Cisco DevNet チームと直接やり取りできる方法についてご確認ください。

関連資料