繰り返し発生する WAN サービスのコストは、一般的なエンドユーザ環境のサポート コストの 21 ~ 25 % になります。*

ステップ 1:ハイブリッド WAN への移行

自己診断

増大する WAN 帯域幅のコストが IT 予算を奪い、他の重要なイニシアチブを遅らせていませんか?

考慮すべきこと

コストのかかる MPLS 接続をインターネットや LTE/3G/4G リンクで補完したり置き換えたりすることによって、使用可能な帯域幅を増やすとともにコストを削減することができます。

推奨ソリューション

メリット:WAN サービスの料金が削減されるとともに管理が大幅に簡素化されることで、WAN OpEx コストを最大 40 % 節約できます。

ご存知でしたか。

企業はハイブリッド WAN および SD-WAN によってコストを 20 % 節約できると見込んでいます。

出典:IDC Worldwide SD-WAN Survey Special Report、2016 年 5 月

詳細はこちら

SD-WAN の概要

ステップ 2:SD-WAN の展開

自己診断

管理を簡素化し、WAN および分散ブランチ管理の OpEx を削減する手段を持っていますか。

考慮すべきこと

クラウドからのブランチのポリシーベース管理を一元化することにより、管理タスクを簡素化および自動化できます。

推奨ソリューション

メリット:すべてのブランチを集中管理コンソールからプロビジョニング、モニタ、および設定することができます。シスコ サービスのエキスパートは、SD-WAN ソリューションの詳細設計の作成と導入を成功させるための支援を提供します。

ご存知でしたか。

組織はネットワーク自体よりもネットワークの運用に 3 倍多くの時間を費やしています。

出典:Study of network operations for Cisco、McKinsey、2016 年

ステップ 3:ブランチへの接続の保護

自己診断

ブランチへの接続にインターネット ブロードバンドを使用することに関するセキュリティ上の懸念から、計画が減速していませんか。

考慮すべきこと

ブランチとデータを適切に保護するには、VPN、セグメンテーション、セキュアなインターネット直接アクセス、および各ブランチの次世代ファイアウォールを含む完全なブランチ セキュリティ ソリューションが必要です。

Recommended solutions

メリット:ユーザとアプリケーションを安全に接続し、WAN のエッジからクラウドにわたってデータを保護することができます。

ご存知でしたか。

9 % のセキュリティ プロフェッショナルが、攻撃からの防御が最も難しいのはクラウド インフラストラクチャとモバイル デバイスだと回答しています。

出典:シスコ 2017 年中期サイバーセキュリティ レポート

詳細はこちら

簡素化の方法を確認

ステップ 4:ユーザ エクスペリエンスの改善

自己診断

ブランチへの接続にインターネット ブロードバンドを使用する場合、パフォーマンスとユーザ エクスペリエンスに関する懸念が生じますか。

考慮すべきこと

WAN 分析、アプリケーション対応のパス最適化、優先順位付け、および仮想化クラウド ルータを使用することにより、SLA を満たし、ユーザの期待に応えるオンプレミスおよびクラウド アプリケーションのパフォーマンスを実現できます。

推奨ソリューション

メリット:Cisco SD-WAN ソリューションは、ネットワーク、アプリケーション、およびデバイス データによって分析と学習を行い、アプリケーションと SaaS のエクスペリエンスを最適化します。

ご存知でしたか。

2020 年までに、WAN エッジ インフラストラクチャ更新イニシアチブの 50 % 以上が SD-WAN に基づいて行われる見通しです。

出典:Gartner、Technology Insight for Software-Defined WAN (SD-WAN)、Andrew Lerner、Neil Rickard、Ted Corbett、2017 年