Cisco UCS Manager

Cisco UCS™ Manager リリース4.0 では、複数のシャーシ、Cisco UCS サーバ、および数千の仮想マシンで Cisco ユニファイド コンピューティング™システム (Cisco UCS) のすべてのソフトウェアおよびハードウェア コンポーネントを統合して組み込み管理できます。Cisco UCS Manager は、Cisco UCS Manager 機能すべてで包括的なアクセスのために直感的な GUI、コマンド ライン インターフェイス (CLI)、または XML API を使用して、シングル エンティティとして Cisco UCS を管理します。Cisco UCS Manager の詳細については、Cisco.com の Cisco UCS Manager を参照してください。

このマニュアルには、Cisco UCS Manager リリース 4.0 に関する新機能、解決済みの問題、未解決の問題および回避策の詳細情報が記載されていますこのマニュアルには、次の内容も含まれています。

  • 技術マニュアルが発行された後で見つかった最新情報

  • このリリースに関連付けられているブレードおよびラック サーバやその他の Cisco Unified Computing System(UCS)コンポーネントに関連するファームウェアおよび BIOS

Cisco UCS Manager 4.0(x) への直接アップグレードは、リリース 2.2(8)、3.1(3)、それ以降のリリースからサポートされます。UCS ミニに関して、Cisco UCS Manager リリース 4.0(x) への直接アップグレードは、リリース 3.1(3) およびそれ以降のリリースからサポートされます。詳細については、『Cisco UCS Manager ファームウェア管理ガイド リリース 4.0』を参照してください。

マニュアルの変更履歴

リリース

日付

説明

4.0 (4i)

2020 年 7 月 6 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4i) 向けリリース ノートを作成

2020 年 7 月 23 日

リリース 4.0 (4i) の解決済みの警告のリストに CSCvt64871 および CSCvu11155 を追加。

2020 年 7 月 24 日

CSCvq53066を「未解決の問題」から「解決済みの問題」に移動しました。

4.0 (4h)

2020 年 3 月 23 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4h) 向けリリース ノートを作成

2020 年 4 月3 日

リリース 4.0 (4h) 解決済み警告の CSCvr79388 の説明を更新しました。

リリース 4.0 (4h) の未解決の問題のリストに CSCvt64871 が追加されました。

2020 年 4 月 8 日

動作の変更が追加されました。 txmit クレジット損失が発生しているファイバ チャネル ポートは無効になりました。

2020 年 6 月 12 日

リリース 4.0 (4h) の未解決の問題のリストに CSCvu11155 が追加されました。

4.0 (4g)

2019 年 12 月 9 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4g) 向けリリース ノートを作成

2020 年 1 月 16 日

M3 ブレード サーバのサポートを明確にするために、内部依存関係テーブルが更新されました。

2020 年 2 月27 日

未解決の問題点、 CSCvr76930 での ケーブル SFP-H25G-SFP-H10GB-CU3M を、SFP-H25G-SFP-H10GB-CU5M に修正しました。

4.0 (4f)

2019 年 11 月 5 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4f) 向けリリース ノートを作成

2019 年 12 月 2 日

リリース 4.0 (4f) 解決済み警告の CSCvr40744 の説明を更新しました。

4.0 (4e)

2019 年 9 月 27 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4e) 向けリリース ノートを作成

4.0 (4d)

2019 年 8 月 19 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4d) 向けリリース ノートを作成

4.0 (4c)

2019 年 8 月 1 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4c) 向けリリース ノートを作成

2019 年 10 月 1 日

解決済みの警告リストから CSCvn49417 を削除しました。

4.0(4b)

2019 年 5 月 17 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(4b) 向けリリース ノートを作成

2019 年 5 月 20 日

4.0(4b)カタログ ファイル名が更新されました。

2019 年 6 月 3 日

既知の制限が追加されました。UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトの ASIC 制限がパッシブ ケーブルで追加されました。

4.0(4a)

2019 年 4 月 26 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(4a) 向けリリース ノートを作成

2019 年 5 月 15 日

未解決の問題リストに CSCvp68182 が追加されました。

CSCvp68182 のソフトウェア延期通知が追加されました。

2019 年 11 月 14 日

追加された動作変更 - キャッシュされた IO ポリシーが有効になっている仮想ドライブを作成できません

4.0(2e)

2019 年 5 月 15 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(2e) 向けリリース ノートを作成

4.0(2d)

2019 年 3 月 13 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(2d) 向けリリース ノートを作成

4.0(2b)

2019 年 1 月 19 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(2b) 向けリリース ノートを作成

2019 年 1 月 22 日

リリース4.0(2b) 」の新しいハードウェアで UCS ミニ モデル番号を修正しました。

4.0(2a)

2019 年 1 月 2 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(2a) 向けリリース ノートを作成

2019 年 1 月 8 日

リリース 4.0(2a) の未解決の問題が更新され、CSCvk63036 が含まれるようになりました。

2019 年 3 月 3 日

新しいハードウェアのリストに UCSC V100-32 が追加されました。

4.0(1d)

2018 年 12 月 20 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(1d) 向けリリース ノートを作成

2019 年 9 月 4 日

CSCvq28261 の説明が更新されました。

未解決の問題リストに CSCvr08327 が追加されました。

4.0(1c)

2018 年 10 月 11 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(1c) 向けリリース ノートを作成

4.0(1b)

2018 年 9 月 13 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(1b) 向けリリース ノートを作成

4.0(1a)

2018 年 8 月 14 日

Cisco UCS Manager リリース 4.0(1a) 向けリリース ノートを作成

2018 年 8 月 27 日

L1 ターミナル障害に関する問題 (CSCvm03356、CSCvm03351、および CSCvm03339) がセキュリティ修正のリストに追加されました。

2019 年 6 月 7 日

動作変更が追加されました。WWN プールの WWPN および WWNN 範囲を許可しました

2020 年 2 月 4 日

未解決の問題リストに CSCvr98210 が追加されました。

Cisco UCS Manager リリース 4.0 に移行する主な理由

Cisco UCS Manager リリース 4.0 に移行する主な理由は次のとおりです。

  • UCS 6454 ファブリック インターコネクトのサポート

  • C4200 シャーシおよび Cisco UCS C125 M5 サーバ のサポート

  • UCS M5 サーバでの VIC 1400 シリーズ アダプタ カードのサポート

  • Cisco UCS C480 M5 ML サーバ のサポート

  • UCS Intel ベースの M5 サーバ上の 第二世代インテル® Xeon® Scalable プロセッサ更新および Intel® Optane データセンター永続メモリ モジュールのサポート

  • M5 サーバでのメモリ RAS 機能の向上

  • S3260 ストレージ サーバを使用した新しい SIOC のサポート

  • Hyperflex 3.5 以降のリリースのサポート

  • 新しい周辺機器のサポート

リリース 4.0 の新機能

Cisco UCS Managerリリース 4.0 は、サポートされているすべての UCS ハードウェア プラットフォーム向けの統合ソフトウェア リリースです。

新しいハードウェア機能

新しいソフトウェア機能

リリース 4.0 (4e) の新しいハードウェア

周辺機器(Peripherals)

Cisco UCS 2408 ファブリック エクステンダのサポート (UCS-IOM-2408)

リリース 4.0 (4c) の新しいハードウェア

Intel NVMe P4510/4511 および P4610 ドライブのサポート

Cisco UCS Managerリリース 4.0 (4c) では、ブレードおよびラック サーバ上の次の NVMe ドライブのファームウェア サポートが導入されています。

NMVe ドライブ

ブレード サーバの PID

ラック サーバの PID

Intel P4510 1TB (SSDPE2KX010T8K)

UCSB-NVME2H-I1000

UCSC-NVME2H-I1000

Intel P4510 2TB (SSDPE2KX020T8K)

UCSB-NVME2H-I2TBV

UCSC-NVME2H-I2TBV

Intel P4510 4TB (SSDPE2KX040T8K)

UCSB-NVME2H-I4000

UCSC-NVME2H-I4000

Intel P4510 8TB (SSDPE2KX080T8K)

UCSB-NVMEHW-I8000

UCSC-NVMEHW-I8000

Intel P4610 1.6TB (SSDPE2KE016T8K)

UCSB-NVME2H-I1600

UCSC-NVME2H-I1600

Intel P4610 3.2TB (SSDPE2KE032T8K)

UCSB-NVME2H-I3200

UCSC-NVME2H-I3200

リリース 4.0(4a) の新しいハードウェア

第二世代インテル® Xeon® Scalable プロセッサ

Cisco UCS Manager リリース 4.0(4a) では、次のサーバでの 第二世代インテル® Xeon® Scalable プロセッサのサポートが導入されています。

  • Cisco UCS B200 M5 サーバ

  • Cisco UCS B480 M5 サーバ

  • Cisco UCS C220 M5 サーバ

  • Cisco UCS C240 M5 サーバ

  • Cisco UCS C480 M5 サーバ

  • Cisco UCS S3260 M5 サーバ

Intel® Optane データ センター永続メモリ モジュール

Intel® Optane データ センター永続メモリ モジュールは、第二世代インテル® Xeon® Scalableプロセッサでのみ使用できます。

Cisco UCS Manager リリース 4.0(4a)では、第二世代インテル® Xeon® Scalableプロセッサに基づく次のサーバ上の Intel® Optane DC 永続メモリ モジュールのサポートが導入されています。

  • Cisco UCS B200 M5 サーバ

  • Cisco UCS B480 M5 サーバ

  • Cisco UCS C220 M5 サーバ

  • Cisco UCS C240 M5 サーバ

  • Cisco UCS C480 M5 サーバ

  • Cisco UCS S3260 M5 サーバ

Intel® Optane DC 永続メモリ モジュールは、128 GB、256GB および 512 GB の永続メモリをサポートします。これは、Cisco UCS Manager またはホスト オペレーティング システム ツールを使用して設定できます。

周辺機器(Peripherals)

  • 次のサーバ上の NVIDIA T4 16 GB GPU カード (UCSC GPU-T4-16) のサポート。

    • UCS C220 M5

    • UCS C240 M5

    • UCS C480 M5

  • AMD Radeon Pro V340、2X16GB GB、300W GPU カードのサポート (UCSC-GPU-V340)

  • Cisco UCS 2304V2 ファブリック エクステンダのサポート (UCS-IOM-2304V2)

  • Mellanox MCX4121A-ACAT デュアル ポート 10/25G SFP28 NIC (UCSC-P-M4D25GF) のサポート

  • Cisco UCS C125 M5 サーバを除くすべての UCS M5 サーバ上での QLogic QL45611HLCU シングル ポート 100GbE pCIe NIC (UCSC pcie QS100GF) のサポート。

  • UCS 6454 ファブリック インターコネクト上の Cisco QSFP 40/100 Gb (QSFP-40/100G SRBD) デュアルレート双方向 (BiDi) トランシーバのサポート。

  • 次のサーバ上の Cisco Boot 最適化 M. 2 RAID コントローラ (HWRAID) のハードウェア RAID サポート。

    • Cisco UCS C220 M5 サーバ

    • Cisco UCS C240 M5 サーバ

    • Cisco UCS C480 M5 サーバ

    • Cisco UCS B200 M5 サーバ

    • Cisco UCS B480 M5 サーバ

リリース 4.0(2a) の新しいハードウェア

Cisco UCS C480 M5 ML サーバ

Cisco UCS C480 M5 ML ラック サーバは、ディープ ラーニング専用のサーバです。これは、トレーニング モデル向けにストレージと I/O が最適化されています。Cisco UCS C480 M5 ML サーバ は、スタンドアロンまたは Cisco UCS 管理環境に対応し、 4 RU フォーム ファクタで卓越したストレージ拡張性とパフォーマンスを提供します。以下の機能を装備しています。

  • 8 つの NVIDIA SXM2 V100 32G モジュール(NVLink インターコネクト)

  • 最新のインテル® Xeon® スケーラブル プロセッサ(2 プロセッサ構成をサポート、ソケットあたり最大 28 コアを搭載)

  • 2666 MHz DDR4 メモリに対応した 24 の DIMM スロット(合計で最大 3 テラバイト(TB)のメモリ容量)

  • 最大 4 個の 10/25 または 40/100G Cisco VICs (VIC 1455 および VIC 1495) 用の 4 個の PCI Express (PCIe) 3.0 スロット

  • 最大 24 台のスモール フォーム ファクタ(SFF)2.5 インチ SAS/SATA ソリッドステート ディスク(SSD)およびハードディスク ドライブ(HDD)をサポートする柔軟なストレージ オプション

  • 最大 6 台の PCIe NVMe ディスク搭載可能なドライブオプション

  • Cisco 12 Gbps SAS モジュラ RAID コントローラを専用スロットでサポート

  • M.2 起動用ドライブ (オプション)

  • 組み込みのデュアル 10 ギガビット イーサネット LAN-on-motherboard(LOM)ポート

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ

UCS M5 サーバおよび UCS C125 サーバで次の新規 UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ カードをサポートします。

  • C シリーズ (UCSC-PCIE-C100-04) 向け VIC 1495 40/100G PCIe

  • C シリーズ (UCSC-MLOM-C100-04) 向け VIC 1497 40/100G mLOM

このリリースでは、VIC 1495 または VIC 1497 を使用しているときに、直接接続モードの UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトと C シリーズサーバ間の 40G イーサネット接続のサポートが導入されています。

このリリースでは、B シリーズ用の UCS VIC 1400 シリーズ アダプタが UCS ミニ ファブリック インターコネクトでサポートされています。UCS 6454、UCS 6300 シリーズ、および 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトでは、すべての UCS VIC 1400 シリーズ アダプタがサポートされています。


(注)  

Cisco C シリーズ サーバは、Cisco UCS 6324 ファブリック インターコネクトと Cisco UCS VIC 14xx の組み合わせを使用して Cisco UCS Manager と統合することはできません。



(注)  

同じサーバ上で、異なるシリーズの VIC アダプタをインストールすることはできません。たとえば、同じサーバ上で、UCS VIC 1300 シリーズ アダプタおよび UCS VIC 1400 シリーズ アダプタをインストールできません。


次の表に、Cisco UCS Manager リリース 4.0 (2) でサポートされている VIC 1400 シリーズアダプタ/サーバの組み合わせを示します。

表 1. M5 B シリーズ サーバの VIC 1400 シリーズ アダプタ サポート

FI

IOM

1400 シリーズ VIC アダプタ

VIC 1440

VIC 1440 + ポート エクスパンダ

VIC 1480

VIC 1440 + VIC 1480

UCSB-MLOM-40G-04

UCSB-MLOM-40G-04 + UCSB-MLOM-PT-01

UCSB-VIC-M84-4P

UCSB-MLOM-40G-04 + UCSB-VIC-M84-4P

6200 シリーズ

2204/2208

B480 M5、B200 M5

NA

B480 M5

B480 M5、B200 M5

6300 シリーズ:

2304

B480 M5、B200 M5

B480 M5、B200 M5

B480 M5

B480 M5、B200 M5

2204/2208

B480 M5、B200 M5

NA

B480 M5

B480 M5、B200 M5

6454

2204/2208

2408

注: 2408 (B シリーズ M4 および M5 サーバ) のサポートは、リリース 4.0 (4e) で追加されました。

B480 M5、B200 M5

NA

B480 M5

B480 M5、B200 M5

6324 (UCS ミニ

NA

B480 M5、B200 M5

NA

B480 M5

B480 M5、B200 M5

2204/2208

NA

NA

NA

NA

表 2. M5 C シリーズおよび S シリーズ サーバの VIC 1400 シリーズ アダプタ サポート

FI

FEX

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ

VIC 1455

VIC 1455 および 1457

VIC 1495

VIC 1497

UCSC-PCIE-C25Q-04

UCSC-MLOM-C25Q-04

UCSC PCIE C100 04

UCSC-MLOM-C100-04

6200 シリーズ

直接接続

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C480 M5 ML、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

NA

NA

2232 PP

C220 M5、C240 M5、C480 M5、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

NA

NA

2232-T

NA

NA

NA

NA

6300 シリーズ:

直接接続

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、C480 M5 ML、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、C480 M5 ML、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

直接接続 (ブレークアウト)

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、C480 M5 ML、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

2232 PP

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

NA

NA

2232-T

NA

NA

NA

NA

2348

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

NA

NA

6454

直接接続 (10G/25G)

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、C480 M5 ML、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

NA

NA

2232 PP

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260 -PCISIOC 付き)

C220 M5、C240 M5

NA

NA

2232-T

NA

NA

NA

NA

2348

NA

NA

NA

NA

6324 (UCS ミニ

直接接続 (10G)

NA

NA

NA

NA

直接接続 (ブレークアウト)

NA

NA

NA

NA

サーバおよびアダプタの組み合わせの詳細については、「サーバ仕様シート」を参照してください。

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタを搭載した UCS ミニ

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (2) 以降では、UCS ミニ (6324) ファブリック インターコネクトは、プライマリ シャーシの B シリーズ サーバに対して、次の VIC 1400 シリーズ アダプタをサポートするようになりました。

  • UCSB-MLOM-40G-04 (UCS VIC 1440)

  • UCSB-VIC-M84-4P (UCS VIC 1480)

周辺機器(Peripherals)

  • UCS C240 M5 サーバ用の NVIDIA V100 PCIe PG500-200 250W 32GB GPU カード (UCSC GPU-C240-32) をサポートします。

  • すべての UCS サーバに対して TPM2 (UCSX-TPM2-002-C) をサポートします。

  • HyperFlex でのホットプラグ NVMe ドライブ サポートをサポートしています。

  • UCS 6454 ファブリック インターコネクトの高電圧 DC 1200 ワット電源 (N9K-PUV-1200W) のサポート

  • Intel® OptaneTM NVMe エクストリーム パフォーマンス ドライブのサポート (UCSC-NVMEXP-I750)

  • UCS C125 での QLogic 10G ネットワーク アダプタ カード (UCSC PCIE QD10GC) をサポートしています。

  • UCS C125 での QLogic 25G ネットワーク アダプタ カード (UCSC-PCIE-QD25GF) をサポートします。

  • UCS C480 M5 ML での QLogic 100G ネットワーク アダプタ カード (UCSC-PCIE-QS100GF) をサポートしています。

リリース 4.0(1a) の新しいハードウェア

第 4 世代ファブリック インターコネクト

Cisco UCS 6454 Fabric Interconnect は、Cisco Unified Computing System の中核を成す製品であり、システムのネットワーク接続と管理機能の両方を提供します。また、Cisco UCS 6454 はラインレート、低遅延、ロスレスの 10/25/40/100 ギガビット イーサネット、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)およびファイバ チャネル接続機能を提供します。

Cisco UCS 6454 54 ポート ファブリック インターコネクトは、1 ラック ユニット(1RU)の 10/25/40/100 ギガビット イーサネット、FCoE、およびファイバ チャネル スイッチで、最大 3.82 Tbps のスループットと最大 54 個のポートを提供します。このスイッチは、40 個の 10/25 Gbps 固定イーサネット、8 個の 1/10/25 Gbps イーサネット、8/16/32G ファイバ チャネル ポート、および 6 個の 40/100 Gbps イーサネット アップリンク ポートを備えています。すべてのイーサーネット ポートは、FCoE をサポートする能力があります。

Cisco UCS C125 M5 サーバ

Cisco UCS Manager 4.0(1) は、UCS 6300 シリーズおよび UCS 6454 ファブリック インターコネクトの Cisco UCS C125 M5 サーバをサポートするようになりました。C125 M5 サーバは、AMD EPYC™ プロセッサに基づく Cisco の最初のサーバです。Cisco UCS C125 M5 サーバ は、Cisco UCS C4200 シリーズ ラック サーバ シャーシに収容されています。各 Cisco UCS C4200 シリーズ ラック サーバ シャーシは、2 〜 4個の Cisco UCS C125 M5 サーバノードをサポートします。Cisco UCS C125 M5 サーバ では、次の周辺機器がサポートされています。

  • デュアル ポート 10Gbase-T および 10G/25G SFP28 OCP カード

  • Cisco 12 G 9460-8i PCIe 12 G SAS RAID コントローラ

  • 32 GB、64 GB、および 128 GB SD カード

  • 32GB マイクロ SD カード


    (注)  

    これは、Cisco UCS Manager では管理されません。


  • 240 GB および 960 GB M.2 SATA SSD ドライブ

  • 16 GB フラッシュ USB ドライブ


    (注)  

    これは、Cisco UCS Manager では管理されません。


  • SD および M.2 SATA 用ミニ ストレージ キャリア

  • オンボード AHCI コントローラ

Cisco UCS S3260 ストレージ サーバ の新世代 SIOC

Cisco UCS S3260 ストレージ サーバ システムは、S3260 M5 サーバを持つ新規サーバ SIOC、UCS-S3260-PCISIOC をサポートしています。この SIOC では、ネットワーク アダプタを交換するための PCIe スロットがあります。これらのスロットでは、Cisco VIC とサードパーティ製のアダプタの両方をサポートしています。さらに、新しい SIOC には 2 つの NVME スロットがあります。サポートされているカードとアダプタの完全なリストについては、『Cisco UCS Manager リリース 4.0 と Cisco UCS S3260 サーバ統合』を参照してください。

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ

UCS M5 サーバで次の UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ カードをサポートします。

  • B シリーズ向け VIC 1440 10/40G mLOM (UCSB-MLOM-40G-04)

  • B シリーズ (UCSB-VIC-M84-4P) のVIC 1480 10/40G PCIe

  • C シリーズおよび S シリーズ (UCSC-PCIE-C25Q-04) 向け VIC 1455 10/25G PCIe

  • C シリーズ (UCSC-MLOM-C25Q-04) の VIC 1497 40/100G mLOM

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (1) では、UCS 6454、UCS 6300 シリーズ、および 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトで UCS VIC 1400 シリーズ アダプタがサポートされています。UCS ミニではサポートされていません。このリリースでは、VIC 1455 または VIC 1457 を搭載した UCS 6454 ファブリック インターコネクトと C シリーズサーバ間の 10G/25G イーサネット接続がサポートされています。


(注)  

同じサーバ上で、異なるシリーズの VIC アダプタをインストールすることはできません。たとえば、同じサーバ上で、UCS VIC 1300 シリーズ アダプタおよび UCS VIC 1400 シリーズ アダプタをインストールできません。


次の表に、Cisco UCS Manager リリース 4.0 (1) でサポートされている VIC 1400 シリーズアダプタ/サーバの組み合わせを示します。

表 3. M5 B シリーズ サーバの VIC 1400 シリーズ アダプタ サポート

FI

IOM

1400 シリーズ VIC アダプタ

VIC 1440

VIC 1440 + ポート エクスパンダ

VIC 1480

VIC 1440 + VIC 1480

UCSB-MLOM-40G-04

UCSB-MLOM-40G-04 + UCSB-MLOM-PT-01

UCSB-VIC-M84-4P

UCSB-MLOM-40G-04 + UCSB-VIC-M84-4P

6200 シリーズ

2204/2208

B480 M5、B200 M5

NA

B480 M5

B480 M5、B200 M5

6300 シリーズ:

2304

B480 M5、B200 M5

B480 M5、B200 M5

B480 M5

B480 M5、B200 M5

2204/2208

B480 M5、B200 M5

NA

B480 M5

B480 M5、B200 M5

6454

2204/2208

B480 M5、B200 M5

NA

B480 M5

B480 M5、B200 M5

表 4. M5 C シリーズおよび S シリーズ サーバの VIC 1400 シリーズ アダプタ サポート

FI

FEX

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ

VIC 1455

VIC 1455 および 1457

UCSC-PCIE-C25Q-04

UCSC-MLOM-C25Q-04

6200 シリーズ

直接接続

C220 M5、C240 M5、C480 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

2232 PP

C220 M5、C240 M5、C480 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

2232-T

NA

NA

6300 シリーズ:

直接接続

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

直接接続 (ブレークアウト)

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

2232 PP

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

2232-T

NA

NA

2348

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

6454

直接接続 (10G/25G)

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

2232 PP

C220 M5、C240 M5、C480 M5、C125 M5、S3260 M5 (UCS-S3260-PCISIOC を使用)

C220 M5、C240 M5

2232-T

NA

NA


(注)  

サーバおよびアダプタの組み合わせの詳細については、「サーバ仕様シート」を参照してください。


周辺機器(Peripherals)

  • C240Hx M5 サーバを搭載した HX-PCIE-OFFLOAD-1 コプロセッサ カードのサポート

  • UCS 6332-16UP ファブリック インターコネクトの高電圧 DC 1200 ワット電源 N9K-PUV-1200W のサポート

  • Intel Optane NVMe Med. C220、C240、C480、B200、B480、S3260、および Hyperflex との同等物を含む M5 サーバのパフォーマンス ドライブ。

  • UCS C220、C240、C480 M5 サーバ上の LSI 9400 8e 外部 SAS HBA をサポートします。

リリース 4.0 (4e) での新しいソフトウェア機能

UCS ファブリック エクステンダ 2408 のサポート

UCS ファブリック エクステンダ 2408 (UCS-IOM-2408) は、UCS 6454 ファブリック インターコネクト上でのみ、B シリーズ M4 および M5 サーバへの 10/25 GbE 接続をサポートすることにより、展開の柔軟性を実現します。

リリース 4.0 (4c) での新しいソフトウェア機能

ADDDC RAS の変更

  • Adaptive Double Device Data 補正 (ADDDC) は、修正されたエラーをモニタし、修正されていないエラーが発生して停止する前に対処することによって、障害が発生した DRAM の動的なマッピングを可能にするメモリ RAS 機能です。デフォルトでは有効になっています。

    ADDDC のスペアリングがメモリ領域を再マップすると、システムは影響を受ける領域をターゲットとするメモリ帯域幅の大幅なワークロードにより、大量のメモリ遅延と帯域幅のペナルティを発生させる可能性があります。ADDDC RAS 障害が報告された後に、障害が発生した DIMM を交換するように予防的メンテナンスをスケジューリングすることを推奨します。

BIOS の更新

  • Select MEMORY RAS 設定トークンのデフォルトは、すべての M5 サーバの最大パフォーマンスからADDDC スペアに変更されました。

Intel ® VMD Enhancements to NVME

4.0(4c) 以降のリリースでは、ローカル ストレージに対するインテル ボリューム管理デバイス (VMD) をサポートします。オプションの VMD ドライバ .iso パッケージは、次のオペレーティング システムの Cisco ダウンロード サイトから入手できます。

  • RHEL 7.3、7.4、7.5、7.6

  • CENTOS 7.3、7.4、7.5、7.6

  • SLES-15、SLES-15 v4

  • Windows 2016、Windows 2019

  • ESXi 6.5 U2、6.7 U1、6.7 U2

  • Ubuntu 18.04.1

VMD によって提供される拡張機能は、PCIe ソリッド ステート ドライブ (SSD) のホットプラグのサポートを提供します。また、コマンド ライン インターフェイスを使用して、ドライブ ステータスを示す点滅パターンを設定することもできます。

リリース 4.0(4a) での新しいソフトウェア機能

新しいハードウェアのソフトウェア有効化 (「新しいハードウェア」の項に記載されています)

Intel® Optane データ センター永続メモリ モジュール

Cisco UCS Manager Release 4.0 (4) では、第二世代インテル® Xeon® Scalable プロセッサに基づく UCS M5 サーバ上の Intel® Optane データ センター永続メモリ モジュールのサポートが導入されています。Intel® Optane DC 永続メモリ モジュールは、第二世代インテル® Xeon® Scalableプロセッサでのみ使用できます。

このリリースでは、Cisco UCS Manager を使用して Intel® Optane DC 永続メモリ モジュールを設定し管理する機能が提供されています。永続メモリ モジュールは、メモリの低遅延とストレージの永続化を実現する不揮発性メモリ モジュールです。永続メモリ モジュールに保存されているデータは、他のストレージ デバイスに比べてすぐにアクセスでき、電源サイクルで保持されます。

Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトの機能強化

  • マルチキャスト MAC フィルタリング: この機能拡張により、ホストは受信するトラフィックのタイプに登録できるようになり、この基準に基づいて vNICs へのトラフィック転送が容易になります。

  • ユニファイド ポートの数が 8 から 16 に増加しました。Cisco UCS Managerリリース 4.0 (4) 以降では、Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトのポート番号付けは次のとおりです。

    表 5. UCS 6454 ファブリック インターコネクトのポート番号付け

    ポート

    説明

    ポート

    説明

    1-16

    ユニファイド ポートは、10/25 Gbps のイーサネットまたは 8/16/32 Gbps ファイバ チャネルとして動作できます。FC ポートは、最初の 4 つのポート(ポート 1 ~ 4)または最初の 8 ポート(ポート 1 ~ 8)で、4 つのポートのグループに変換されます。

    17-44

    各ポートは、10 Gbps または 25 Gbps SFP28 ポートとして動作できます。

    45-48

    各ポートは、1 Gbps、10 Gbps、または 25 Gbps のイーサネット ポートまたは FCoE ポートとして動作できます。

    49 54

    各アップリンク ポートは、40 Gbps または 100 Gbps のイーサネット ポートまたは FCoE ポートとして動作できます。ブレークアウト ケーブルを使用すると、これらのポートの各は 4 x 10 Gbps または 4 x 25 Gbps のイーサネットまたは FCoE ポートとして動作します。

    ポート 49 ~ 54 は、UCS サーバ ポートではなく、イーサネットまたは FCoE アップリンク ポートに接続するときに使用できます。

  • Cisco UCS 6454 Fabric Interconnect のファイバ チャネル スイッチ モードでの FCoE アップリンク ポートをサポートします。

  • FC スイッチ モードと FC エンドホスト モードの両方で、Cisco UCS 6454 Fabric Interconnect ごとに最大 8 つの FCoE SAN アップリンク ポートチャネルがサポートされます。最大 4 つの FC SAN ポート チャネルが Cisco UCS 6454 Fabric Interconnect ごとにサポートされます。

    Cisco UCS 6454 Fabric Interconnect に FC SAN ポート チャネルと FCoE SAN ポート チャネルが混在している場合、合計で 8 個以上ののポート チャネルにすることはできません。

UCS ファブリック エクステンダ 2304V2 のサポート

UCS ファブリック エクステンダ 2304V2 (UCS-IOM-2304V2) は、UCS ファブリック エクステンダ 2304、8 個の 40 ギガビット バックプレーン ポートおよび 4 個の 40 ギガビット アップリンク ポートを備えた I/O モジュールに基づいています。

機能強化

  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) の Consistent Device Naming (CDN) サポート: SLES 12 SP3、SLES 12 SP4、および SLES 15 を含むように CDN サポートが拡張されました。

  • [Intel Speed Select]: [Intel Speed Select] を使用すると、論理プロセッサ コア、頻度、および TDP スレッド設定の数に基づき、3 つの動作プロファイルのいずれかを選択して、CPU のパフォーマンスを最適化できます。BIOS ポリシー内では、Intel の速度選択を設定できます。ブート時に、BIOS はサポートされている CPU を検出し、ユーザーが指定した 3 つのプロファイルのいずれかに設定します。

  • MSwitch ディザスタ リカバリ: この拡張機能を使用すると、破損した MSwitch を回復し、以前動作したファームウェアにロールバックすることができます。

  • 代替 KVM ポート: KVM ポートとして 1024 ~ 49151 のポート番号を設定できます。

  • UCS S3260 M4 および M5 サーバのディスク スクラブ: このリリースでは、UCS S3260 M4 および M5 サーバのディスク スクラブ機能が拡張されています。サービス プロファイルに関連付けられているサーバの場合、サービス プロファイルに使用されているスクラブ ポリシーに基づいて、割り当て解除時にディスク スクラブが行われます。

  • SLES 12 SP4、SLES 15、および RHEL 7.6 上のファイバ チャネルおよび NVMe 上での統合ドライバのサポート。これは、SLES 12 SP3 で以前サポートされていたものに追加されています。このサポートは、UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトおよび UCS 6454 ファブリック インターコネクトで使用できます。ファイバ チャネル上の NVMe は、最大 16 個のインターフェイスをサポートするようになりました。

  • サポートされているすべての Linux プラットフォームで署名付きドライバをサポートしています。すべての Cisco Linux ドライバが暗号化されて署名されるようになりました。これは、サポートされているすべての Linux プラットフォームで、UEFI セキュア ブートとともに使用できることを意味します。UEFI セキュア ブートにより、信頼できるファームウェアとドライバのみがシステム ブート時に実行できるようになり、ブート時にマルウェアに対する脆弱性が低下します。

  • 次のサーバ上の Cisco Boot 最適化 M. 2 RAID コントローラ (HWRAID) のハードウェア RAID サポート。

    • Cisco UCS C220 M5 サーバ

    • Cisco UCS C240 M5 サーバ

    • Cisco UCS C480 M5 サーバ

    • Cisco UCS B200 M5 サーバ

    • Cisco UCS B480 M5 サーバ

リリース 4.0(2a) での新しいソフトウェア機能

新しいハードウェアのソフトウェア有効化 (「新しいハードウェア」の項に記載されています)

Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトの機能強化

このリリースでは、Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトで次の機能のサポートが導入されています。

  • イーサネットおよびファブリック インターコネクト モードをサポートします。

    イーサネット スイッチング モード:

    • VLAN ポート カウント最適化の有効化はサポートされていません。VLAN ポート カウント最適化の有効化を行わず、Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトは 16000 PV カウントをサポートします。

    ファイバ チャネル スイッチング モード:

    • FCoE アップリンクはサポートされていません

  • サポートされたブレークアウト ケーブルを使用して、1 つの QSFP ポートを 4 つの 10/25G ポートに分割をサポートします。これらのポートは、イーサネット アップリンクまたは FCoE アップリンク ポートの 10/25 G スイッチに接続するとしてのみ使用できます。これらは、サーバ ポート、FCoE ストレージ ポート、アプライアンス ポートまたはモニタリング ポートとして設定できません。

  • UCS 6454 ファブリック インターコネクト MAC セキュリティのサポート

Cisco UCS C480 M5 ML サーバ

このリリースでは、 Cisco UCS C480 M5 ML サーバ のサポートが導入されています。

次の機能は、Cisco UCS C480 M5 ML サーバ ではサポートされていません。
  • 背面 NVME ケージおよび PCIe NVME スイッチ カード

  • 背面補助ドライブ ケージ

  • Cisco 12G 9460-8i RAID コントローラ(UCSC-SAS9460-8i)

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタの機能拡張

このリリースでは、UCS M5 サーバで新たに導入された UCS VIC 1495 および1497アダプタのサポートが追加されました。

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタは、次の機能をサポートするようになりました。

  • プライマリ シャーシ上の UCS VIC 1440 および UCS VIC 1480 アダプタでの UCS ミニをサポートしています。

  • ファイバ チャネルでの NVMe をサポートし、ファイバ チャネル NVMe インターフェイスに適用するためのマッピング プロトコルを定義します。このリリースでは、UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトおよび UCS 6454 ファブリック インターコネクトで、FC NVME イニシエータアダプタ ポリシーのサポートが追加されています。

    FC NVME ターゲット および FC ターゲット は、Tech Preview オプションとして使用できます。

  • FC マルチ キュー: FC マルチ キューの強化された I/O キュー範囲のサポート。新しい範囲は、1 ~ 64 のキューです。

  • Windows 2016 VMQ および SET をサポートしています。

  • eNIC ドライバの Tx キューと Rx キューの増加: B シリーズおよび C シリーズ サーバ上のすべての VIC 1400、1300、および 1200 シリーズ アダプタ カードでサポートされています。この速度を効率的に使用するために、Tx キューと Rx キューの数がそれぞれ 8 から 256 に増加しています。eNIC ドライバは、256 Tx キューと 256 Rx キューをサポートするようになりました。ただし、サポートされている Rx キューと Tx キューの最大数は、システム内の CPU コア数を超えることはできません。

Cisco UCS S3260 ストレージ サーバ の新世代 SIOC でのアウトオブバンド NVME サポート

S3260 M5 サーバ用 S3260 UCS-S3260-PCISIOC 新世代 SIOC でのアウトオブバンド NVME をサポートするための機能強化。

機能強化

  • UCS ミニ ファブリック インターコネクト: Cisco UCS Manager リリース 4.0 (2) の機能強化により、Cisco UCS ミニの次の機能強化が導入されました。

    • Cisco UCS ミニ ファブリック インターコネクトは、プライマリ シャーシの B シリーズ サーバに対して、次の VIC 1400 シリーズ アダプタ カードをサポートするようになりました。

      • UCSB-MLOM-40G-04 (UCS VIC 1440)

      • UCSB-VIC-M84-4P (UCS VIC 1480)

    • VIC 1300 シリーズ アダプタ カードを搭載した Cisco UCS ミニ ファブリック インターコネクトは、次の機能をサポートするようになりました。

      • usNIC

      • VXLAN

      • NetFlow

  • スロー ドレイン: Cisco UCS Manager リリース 4.0(2) には、Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトで QoS 低速ドレインの検出と緩和機能が導入されています。この機能は、ネットワークで輻輳を引き起こしている低速ドレイン デバイスを検出することを可能にするさまざまな機能拡張を行い、さらに輻輳回避も提供します。

  • 合理化した RAID0 設定: Cisco UCS Manager は、LUN 設定オプションを使用した個々 の RAID0 LUN にディスク スロットの範囲を設定する機能を提供します。

  • B シリーズ M5 サーバでの SED セキュリティ ポリシーのサポート: Cisco UCS Manager リリース 4.0 (2) は、SED セキュリティ ポリシーを UCS B シリーズ M5 サーバに拡張します。

  • ファブリック インターコネクトに接続されている UCS C シリーズ サーバでの Redfish バージョン1.01 をサポートします。

  • NVMe ドライブの残量: NVMe 統計情報は、そのワークロードに基づいて NVMe ドライブで残量を表示するように強化されています。

  • パラレル ディスク アップデート: 複数のディスクでのパラレル ファームウェア アップデートをサポートします。

  • UCS M5 サーバのブート時間を短縮するための最適化されたメモリ初期化とテスト プロセスのサポート: Cisco UCS Manager リリース 4.0 (2) では、UCS M5 サーバのブート時間を改善するために次の BIOS トークンが導入されています。

    • 適応型メモリ トレーニング コントロール

    • OptionROM 起動最適化コントロール

    • BIOS Tech メッセージ レベル コントロール

    3 つのトークンすべてのデフォルト値が有効になっています。

  • デバイス コネクタの証明書マネージャ: 証明書マネージャでは、信頼できる証明書のリストを表示し、有効な信頼できる証明書をインポートできます。

リリース 4.0(1a) での新しいソフトウェア機能

新しいハードウェアのソフトウェア有効化 (「新しいハードウェア」の項に記載されています)

Cisco UCS 6454 Fabric Interconnect

このリリースでは、40/100ギガビットアップリンクポートを使用してファブリック内の10/25ギガビットポートをサポートするCisco UCS 6454 Fabric Interconnectが導入されました。『Cisco UCS Manager リリース 4.0 スタートアップ ガイド』には、専用ポートに関する詳細情報が掲載されています。

サポートされている新機能

Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトには、次の新機能が導入されています。

  • 40/100 ギガビット アップリンク ポートを使用してファブリック内の 10/25 ギガビット ポートをサポートします。

  • VIC 1400 シリーズ アダプタ カードのサポート

  • 内部使用のために予約された 128 個の追加の VLAN

  • ポートのエラー修正 (FEC) 設定の転送

サポートされていないレガシー機能

次の機能は、Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトではサポートされていません。

  • 非ポート チャネル モードでのシャーシ検出ポリシー

  • 非ポート チャネル モードでシャーシの接続ポリシー

  • イーサネットまたは FC スイッチング モード

  • ダイナミック vNICs を使用したサービス プロファイル

  • マルチキャストの最適化

  • Netflow

  • MAC セキュリティ

  • 分散仮想スイッチへのポート プロファイルの割り当て

  • VMFEX

異なる構成の機能

次の機能は、Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトでは別に設定されています。

  • ユニファイド ポート:Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトは最大 8 個のユニファイド ポートをサポートします。これらは FC として設定できます。

  • VLAN 最適化: Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトでは、PV カウントは次のようになります。

    • VLAN ポート数の最適化が無効になっている場合: 16000

    • VLAN ポート数の最適化が有効になっている場合: 64000

Cisco UCS C125 M5 サーバ

このリリースでは、 Cisco UCS C125 M5 サーバ のサポートが導入されています。

次に、 C125 M5 サーバと他のラック サーバの 2 つの主な違いを示します。

  • パワー キャッピングは Cisco UCS C125 M5 サーバ ではサポートされません。

  • Cisco UCS C125 M5 サーバでは、接続しているすべてのサーバに対して同じ[Fan Speed Policy]が選択されていることを確認します。Cisco UCS Managerは最後に関連付けるサーバの[Fan Speed Policy]を適用します。すべてのサーバに対して同じ [Fan Speed Policy] を選択することで、最後に関連付けるサーバに関係なく希望の [Fan Speed Policy] が選択されます。

UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ

UCS M5 サーバでの UCS VIC 1400 シリーズ アダプタ カードをサポートします。

これらのアダプタでは、次の新機能のサポートが追加されました。

  • Windows 用の VxLAN および NVGRE カプセル化によるステートレス オフロード

  • Windows 向け VMMQ

  • ESXi および Linux の UDP RSS

  • IPv6 ヘッダのサポート

  • NetFlow

  • QoS のサポート

  • UCS VIC 1455 および 1457 アダプタを使用したポート チャネルのサポート


    (注)  

    Cisco UCS Manager リリース 4.0(1) では、UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトに直接接続しているラックサーバ上で、VIC 1455 または 1457 アダプタ間の FC/FCoE 単一リンク ポート チャネルのみサポートしています。



    (注)  

    ポート チャネルでは、両方のポートの速度が同じである必要があります。


次の機能は、UCS VIC 1400 シリーズ アダプタではサポートされていません。

  • Hyper-V 用 VM-FEX

  • VMware 用 VM-FEX

  • ダイナミック vNIC

  • UCS VIC 1455 および 1457 アダプタ上の 4 つのメンバ ポートを持つポート チャネル

  • Cisco UCS C125 M5 サーバ の usNIC

Cisco UCS S3260 ストレージ サーバ の新世代 SIOC

新しいサーバ SIOC UCS-S3260 UCS-S3260-PCISIOC および VIC 1400 シリーズ アダプタ カードを搭載した S3260 M5 サーバをサポートします。

機能強化

  • Hyperflex 3.5 リリース機能の事前有効化サポート

  • キー管理サーバとの統合をサポートする C480 M5 での KMIP クライアントのサポート

  • Cisco UCS Manager で管理されている C シリーズおよび S シリーズ M4 サーバ上の PXE ブート デバイスでの IPv6 オプションをサポートします。

  • ログイン プロファイル機能をサポートします。ログインの試行が失敗した後、特定の期間、Cisco UCS Manager へのログイン要求をブロックする機能を提供します。この機能は現在、UCS 6454 ファブリック インターコネクトおよび Cisco UCS Manager リリース 4.0 (1) 以降のリリースでのみサポートされています。

Cisco UCS Manager リリース 4.0 で廃止されたハードウェアおよびソフトウェア

Cisco UCS Manager リリース 4.0 では、UCS B シリーズ M2 世代のブレード サーバはサポートされていません。Cisco UCS Managerリリース4.0 は、Cisco UCS Managerの以前のリリースで廃止されたハードウェアまたはソフトウェアをサポートしていません 。

C シリーズ ラックマウント サーバ向け Cisco UCS Manager および Cisco UCS C シリーズ リリース互換性マトリックス

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバは、内蔵スタンドアロン ソフトウェア (Cisco Integrated Management Controller (Cisco IMC)) によって管理されます。しかし、C シリーズ ラックマウント サーバを Cisco UCS Manager と統合すると、Cisco IMC ではサーバを管理しません。

Cisco UCS Manager リリースには、対応する C シリーズ スタンドアロン リリースと以前の C シリーズ スタンドアロン リリースの一部が組み込まれています。たとえば、Cisco UCS Manager リリース 4.0 (1) は、M5 サーバ用の C シリーズ スタンドアロン リリース 4.0 (1) と、すべての M3 および M4 サーバのリリース 3.0 (4) と統合されています。そのため、C シリーズ スタンドアロン リリースでサポートされているすべての M5、M4、および M3 サーバをサポートします。

次の表には、C シリーズ ラックマウント サーバの Cisco UCS Manager および C シリーズ ソフトウェア スタンドアロン リリースを示します。

表 6. C シリーズ サーバ向け Cisco UCS Manager および C シリーズ ソフトウェア リリース

Cisco UCS Manager リリース

C シリーズ スタンドアロン リリースが含まれています

C シリーズ スタンドアロン リリースでサポートされる c シリーズ サーバ

4.0(4)

4.0(4)

C220 M5、C240 M5、C480 M5、S3260 M5、 C480 M5 MLのみ

4.0(2)

C220 M4、C240 M4、C460 M4、S3260 M4、 C125 M5のみ

3.0 (4)

すべての M3

4.0(2)

4.0(2)

C220 M4、C240 M4、C460 M4、C220 M5、C240 M5、C480 M5、S3260 M4、S3260 M5、C125 M5C480 M5 ML のみ

3.0 (4)

すべての M3

4.0(1)

4.0(1)

C220 M4、C240 M4、C460 M4、C220 M5、C240 M5、C480 M5、S3260 M4、S3260 M5、C125 M5 のみ

3.0 (4)

すべての M3

3.2(3)

3.1(3)

C220 M5、C240 M5、C480 M5、S3260 M5 のみ

3.0 (4)

すべての M3/M4

3.2(2)

3.1(2)

C220 M5、C240 M5、C480 M5 のみ

3.0(3)

すべての M3/M4

3.2(1)

3.1(1)

C220 M5、C240 M5 のみ

3.0(3)

すべての M3/M4

3.1(3)

3.0(3)

すべての M3/M4

3.1(2)

2.0(13)

すべての M3/M4

3.1(1)

2.0(10)

C220 M4、C240 M4 のみ

2.0(9)

その他のすべての M3/M4

2.2(8)

2.0(12)

C460 M4 のみ

2.0(10)

C220 M4、C240 M4 のみ

1.5 (9)

C420-M3、C260-M2、C460-M2 のみ

2.0(9)

その他のすべての M3/M4

システム要件

Cisco UCS Central 統合

Cisco UCS Manager リリース4.0 は、Cisco UCS Central リリース 2.0 (1f) 以降にのみ登録できます。

サポートされるオペレーティング システム

サポートされているオペレーティング システムの詳細については、インタラクティブな『UCS ハードウェアおよびソフトウェアの互換性』マトリックスを参照してください。

サポートされる Web ブラウザ

Cisco UCS Manager GUI

Web ブラウザ

HTML5

Microsoft Internet Explorer 11 以降

Mozilla Firefox 45 以降

Google Chrome 45 以降

Apple Safari バージョン 9 以降

Opera バージョン 35 以降

ネットワーク要件

デバイス コネクタ機能を使用するには、HTTPS プロキシを設定する必要があります。『Cisco UCS Manager 管理者用管理ガイド』には、デバイス コネクタの設定に関する詳細情報が掲載されています。

バージョンをまたがるファームウェアのサポート

Cisco UCS Manager の A バンドル ソフトウェア(Cisco UCS Manager、Cisco NX-OS、IOM、FEX ファームウェア)は、サーバ上で以前のリリースの B バンドルまたは C バンドル(ホスト ファームウェア(FW)、BIOS、Cisco IMC、アダプタ FW およびドライバ)と同時に使用できます。

次の表に、Cisco UCS 6200、6300 および 6454 ファブリック インターコネクトでサポートされる A、B、および C バンドルの混在バージョンを示します。

表 7. Cisco UCS 6200、6300、6454ファブリック インターコネクトでサポートされる混在 Cisco UCS リリース

インフラストラクチャのバージョン(A バンドル)

ホスト FW のバージョン(B または C バンドル)

2.2(8)

3.1(3)

3.2(1)

3.2(2)

3.2(3)

4.0(1)

4.0(2)

4.0(4)

2.2(8)

6200

6200

6200

6200

6200

6200

6200

6200

3.1(3)

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

3.2(1)

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

3.2(2)

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

3.2(3)

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

6200、6332、6332-16UP

4.0(1)

6200,6332、6332 16UP、6454

6200,6332、6332 16UP、6454

6200,6332、6332 16UP、6454

4.0(2)

6200,6332、6332 16UP、6454

6200,6332、6332 16UP、6454

6200,6332、6332 16UP、6454

4.0(4)

6200,6332、6332 16UP、6454

6200,6332、6332 16UP、6454

6200,6332、6332 16UP、6454

次の表に、Cisco UCS Mini ファブリック インターコネクトでサポートされる A、B、および C の混在バンドル バージョンを示します。

表 8. Cisco UCS Mini ファブリック インターコネクトでサポートされる混在 Cisco UCS リリース

インフラストラクチャのバージョン(A バンドル)

ホスト FW のバージョン(B または C バンドル)

3.1(3)

3.2(1)

3.2(2)

3.2(3)

4.0(1)

4.0(2)

4.0(4)

3.1(3)

6324

6324

6324

6324

6324

6324

6324

3.2(1)

6324

6324

6324

6324

6324

6324

3.2(2)

6324

6324

6324

6324

6324

6324

3.2(3)

6324

6324

6324

6324

6324

6324

4.0(1)

6324

6324

6324

4.0(2)

6324

6324

6324

4.0(4)

6324

6324

6324

次の表に、4.0(4)A バンドルを備えたすべてのプラットフォームでサポートされる、B および C バンドルの混在バージョンを示します。

表 9. 4.0(4)A バンドルを備えたすべてのプラットフォームでサポートされる、B、C バンドルの混在バージョン

インフラストラクチャのバージョン(A バンドル)

Host FW Versions (B, C Bundles)

4.0(4)

6200

6300

6324

6454

ucs-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin ucs-6300-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin ucs-mini-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin

ucs-6400-k9 -bundle-infra。4.0.x.xxx.A.bin

2.2(8)

(B、C バンドル)

対応

3.1(3)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

3.2(1)、3.2(2)、3.2(3)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

4.0 (1)、4.0 (2)、4.0 (4)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

対応

次の表に、4.0(2)A バンドルを備えたすべてのプラットフォームでサポートされる、B および C バンドルの混在バージョンを示します。

表 10. 4.0(2)A バンドルを備えたすべてのプラットフォームでサポートされる、B、C バンドルの混在バージョン

インフラストラクチャのバージョン(A バンドル)

Host FW Versions (B, C Bundles)

4.0(2)

6200

6300

6324

6454

ucs-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin ucs-6300-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin ucs-mini-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin

ucs-6400-k9 -bundle-infra。4.0.x.xxx.A.bin

2.2(8)

(B、C バンドル)

対応

3.1(3)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

3.2(1)、3.2(2)、3.2(3)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

4.0 (1)、4.0 (2)、4.0 (4)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

対応

次の表に、4.0(1)A バンドルを備えたすべてのプラットフォームでサポートされる、B および C バンドルの混在バージョンを示します。

表 11. 4.0(1)A バンドルを備えたすべてのプラットフォームでサポートされる、B、C バンドルの混在バージョン

インフラストラクチャのバージョン(A バンドル)

Host FW Versions (B, C Bundles)

4.0(1)

6200

6300

6324

6454

ucs-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin ucs-6300-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin ucs-mini-k9-bundle-infra. 4.0.x.xxx.A.bin

ucs-6400-k9 -bundle-infra。4.0.x.xxx.A.bin

2.2(8)

(B、C バンドル)

対応

3.1(3)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

3.2(1)、3.2(2)、3.2(3)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

4.0 (1)、4.0 (2)、4.0 (4)

(B、C バンドル)

対応

対応

対応

対応


重要

バージョンをまたがるファームウェアを設定する場合は、サーバのエンドポイントのファームウェアのバージョンが Cisco UCS ドメイン の設定に対応するようにする必要があります。


内部的な依存関係

ここでは、Cisco UCS ハードウェアと Cisco UCS Manager のバージョン間の相互依存について説明します。

  • DIMM などのサーバ FRU アイテムのバージョン依存関係は、サーバ タイプによって異なります。

  • ファンや電源などのシャーシのアイテムは、Cisco UCS Manager のすべてのバージョンで動作します。

6200シリーズ、6332シリーズ、および 6454 ファブリック インターコネクトとコンポーネント

ブレード サーバ


(注)  

ファームウェア設定が混在すると、最小サーバ バンドルが最小ソフトウェア バージョンに対応していることを推奨します。インフラストラクチャは、最小ソフトウェア バージョン以上である必要があります。


表 12. ブレード サーバの最小ホスト ファームウェア バージョン

サーバ

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6200 シリーズ FI

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6332、6332-16UP FI

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6332、6332-16UP FI

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6454 FI

推奨されるソフトウェア バージョン

UCS 6200 シリーズ FI

UCS 6332、6332-16UP FI

UCS 6454 FI

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2304

UCS-IOM-2304V2

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2408 *

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2408 *

* UCS-IOM-2408 は、UCS 6454 FI および VIC 1300/1400 を持つ M4 および M5 でサポートされています。

B22 M3 E5-2400

B22 M3 E5-2400 v2

注: M3 サーバは、6454 FI と 2408 IOM の組み合わせをサポートしていません。ただし、6454 FI と 2208 IOM、および 6454 FI と 2204 IOM の組み合わせをサポートしています。

2.2 (8a)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B200 M3 E5-2600

B200 M3 E5-2600 v2

注: M3 サーバは、6454 FI と 2408 IOM の組み合わせをサポートしていません。ただし、6454 FI と 2208 IOM、および 6454 FI と 2204 IOM の組み合わせをサポートしています。

2.2 (8a)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCS C220 M3

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B200 M5

3.2(1d)

3.2(1d)

3.2(1d)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B260 M4 E7-2800 v2

B260 M4 E7-4800 v2

B260 M4 E7-8800 v2

B260 M4 E7-4800 v3

B260 M4 E7-8800 v3

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B260 M4 E7-4800 v4

B260 M4 E7-8800 v4

2.2 (8b)

2.2 (8b)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B420 M3 E5-4600

B420 M3 E5-4600 v2

2.2 (8a)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B420 M4 E5-4600 v3

B420 M4 E5-4600 v4

2.2 (8a)

2.2 (8b)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B460 M4 E7-4800 v2

B460 M4 E7-8800 v2

B460 M4 E7-4800 v3

B460 M4 E7-8800 v3

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B460 M4 E7-4800 v4

B460 M4 E7-8800 v4

2.2 (8b)

2.2 (8b)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

B480 M5

3.2(2b)

3.2(2b)

3.2(2b)

4.0 (4i)

4.0(1a)

4.0 (4i)

[Rack Servers]

表 13. ブレード サーバの最小ホスト ファームウェア バージョン

サーバ

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6200 シリーズ FI

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6332、6332-16UP

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6454

推奨されるソフトウェア バージョン

UCS 6200 シリーズ FI

UCS 6332、6332-16UP FI

UCS 6454

C22 M3 および M3L

2.2 (8a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C24 M3、M3L、および M3S2

2.2 (8a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C220 M3

2.2 (8a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C220 M4

2.2 (8a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C220 M5

3.2(1d)

3.2(1d)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C240 M3

2.2 (8a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C240 M4

2.2 (8a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C240 M5

3.2(1d)

3.2(1d)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C460 M4 E7-2800 v2

C460 M4 E7-4800 v2

C460 M4 E7-8800 v2

C460 M4 E7-4800 v3

C460 M4 E7-8800 v3

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C460 M4 E7-8800 v4

2.2 (8b)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C480 M5

3.2(2b)

3.2(2b)

4.0(1a)

4.0 (4i)

S3260 M4

3.1(2b)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

S3260 M5

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

C125 M5

NA

4.0(1a) 4.0(1a)

4.0 (4i) (UCS 6332、UCS 6332-16UP FI、および UCS 6454 のみ)

C480 M5 ML

4.0(2a)

4.0(2a)

4.0(2a)

4.0 (4i)

アダプタ

表 14. アダプタの最小ソフトウェア バージョン

アダプタ

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6200 シリーズ FI

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6332、6332-16UP

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6332、6332-16UP

最小ソフトウェア バージョン

UCS 6454

推奨されるソフトウェア バージョン

UCS 6200 シリーズ FI

UCS 6332、6332-16UP FI

UCS 6454

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2304

UCS-IOM-2304V2

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2204

UCS-IOM-2208

UCS-IOM-2408 *

* UCS-IOM-2408 は、UCS 6454 FI を持つ M4 および M5 でサポートされています。

191 UCSC-P-M4D25GF (Mellanox MCX4121A-ACAT デュアル ポート 10/25G SFP28 NIC)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

UCSC QS100GF (QLogic QL45611HLCU 100GbE)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

4.0 (4i)

UCSC C100-04 (UCS VIC 1495)

NA

4.0(2a)

4.0(2a)

NA

4.0 (4i)(UCS 6332、6332-16UP FI の場合のみ)

UCSC-MLOM-C100-04 (UCS VIC 1497)

NA

4.0(2a)

4.0(2a)

NA

4.0 (4i)(UCS 6332、6332-16UP FI の場合のみ)

UCSB-MLOM-40G-04 (UCS VIC 1440)

4.0(1a)

4.0(1a)

4.0(1a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSB-VIC-M84-4P (UCS VIC 1480)

4.0(1a) 4.0(1a) 4.0(1a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-C25Q-04 (UCS VIC 1455)

4.0(1a) 4.0(1a) 4.0(1a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

204 UCSC-MLOM-C25Q-04 (UCS VIC 1457)

4.0(1a) 4.0(1a) 4.0(1a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-BD16GF (Emulex LPe31002 デュアルポート 16G FC HBA)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-ID40GF (Intel XL710 アダプタ)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-IQ10GF (Intel X710-DA4 アダプタ)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-ID10GF (Intel X710-DA2 アダプタ)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

XXV710-DA2 (Intel XXV710-DA2 アダプタ)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-ID10GC (Intel X550-T2 アダプタ)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

N2XX-AIPCI01 (Intel X520 デュアル ポート アダプタ)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-ID25GF (Intel X710 25Gb デュアル ポート BaseT)

3.2(3a)

3.2(3a)

3.2(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-QD25GF (QLogic QL41212H 25GbE)

3.2(2b)

3.2(2b)

3.2(2b)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-QD40GF (QLogic QL45212H 40GbE)

3.2(2b)

3.2(2b)

3.2(2b)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-IQ10GC (Intel X710-T4)

3.2(2b)

3.2(2b)

3.2(2b)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC QD16GF (QLogic QLE2692-CSC)

3.2(1d)

3.2(1d)

3.2(1d)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-C40Q-03 (UCS VIC 1385)

UCSC-MLOM-C40Q-03 (UCS VIC 1387)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCS-VIC-M82-8P (UCS VIC 1280)

UCSB-MLOM-40G-01 (UCS VIC 1240)

UCSB-MLOM-PT-01 (Cisco ポート エクスパンダ カード)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSB-MLOM-40G-03 (UCS VIC 1340)

UCSB-VIC-M83-8P (UCS VIC 1380)

UCSC-MLOM-CSC-02 (UCS VIC 1227)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-CSC-02 (UCS VIC 1225)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-F-FIO-1000MP (Cisco UCS Fusion ioMemory – PX600、1.0 TB)

UCSC-F-FIO-1300MP (Cisco UCS Fusion ioMemory – PX600、1.3TB)

UCSC-F-FIO-2600MP (Cisco UCS Fusion ioMemory – PX600、2.6TB)

UCSC-F-FIO-5200MP (Cisco UCS Fusion ioMemory – PX600、5.2TB)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSB-FIO-1600MS (Cisco UCS Fusion ioMemory Mezzanine SX300、1.6TB)

UCSB-FIO-1300MS (Cisco UCS Fusion ioMemory Mezzanine PX600、1.3TB)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-INVADER-3108

UCSC-NYTRO-200GB (Cisco Nytro MegaRAID 200GB コントローラ)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-MLOM-C10T-02 (UCS VIC 1227T)

UCSC-PCIE-C10T-02 (UCS VIC 1225T)

UCSC-F-FIO-785M (C シリーズ サーバ用 Cisco UCS 785 GB MLC Fusion ioDrive2)

UCSC-F-FIO-365M (C シリーズ サーバ用 Cisco UCS 365 GB MLC Fusion ioDrive2)

UCSC-F-FIO-1205M (C シリーズ サーバ用 Cisco UCS 1205GB MLC Fusion ioDrive2)

UCSC-F-FIO-3000M (C シリーズ サーバ用 Cisco UCS 3.0TB MLC Fusion ioDrive2)

UCSC-F-FIO-1000PS (ラック M4 用 UCS 1000 GB Fusion ioMemory3 PX Performance ライン)

UCSC-F-FIO-1300PS (UCSC-F-FIO-1300PS)

UCSC-F-FIO-2600PS (ラック M4 用 UCS 2600 GB Fusion ioMemory3 PX Performance ライン)

UCSC-F-FIO-5200PS (ラック M4 用 UCS 5200GB Fusion ioMemory3 PX Performance ライン)

5 UCSC-F-FIO-6400SS (C シリーズ用 UCS 6400GB Fusion ioMemory3 SX Scale ライン)

UCSC-F-FIO-3200SS (C シリーズ用 UCS 3200GB Fusion ioMemory3 SX Scale ライン)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC PCIE E14102B (Emulex Oce14102b-f-F)

2.2 (8a)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-IQ10GF (Intel X710-DA4 アダプタ)

UCSC-PCIE-ID10GF (Intel X710-DA2 アダプタ)

UCSC-PCIE-ID40GF (Intel XL710 アダプタ)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-F-I80010 (Intel P3700 HHHL 800GB NVMe PCIe SSD)

UCSC-F-I12003 (Intel P3600 HHHL 1200GB NVMe PCIe SSD)

UCSC-F-I160010 (Intel P3700 HHHL 1600GB NVMe PCIe SSD)

UCSC-F-I20003 (Intel P3600 HHHL 2000GB NVMe PCIe SSD )

UCS-PCI25-40010 (Intel P3700 400GB NVMe PCIe SSD)

UCS-PCI25-8003 (Intel P3600 800GB NVMe PCIe SSD)

UCS-PCI25-80010 (Intel P3700 800GB NVMe PCIe SSD)

UCS-PCI25-16003 (Intel P3600 1600GB NVMe PCIe SSD)

UCSC-F-H19001 (UCS Rack PCIe/NVMe Storage 1900GB HGST SN150)

UCSC-F-H38001 (UCS Rack PCIe/NVMe Storage 3800GB HGST SN150)

UCS-PCI25-38001 (UCS PCIe/NVMe2.5"SFF Storage 3800GB HGST SN100)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC QD32GF (Qlogic QLE2742)

N2XX-ACPCI01-AQPCI05 (Qlogic QLE2562)

UCSC Q2672 (Qlogic QLE2672-CSC)

UCSC BD32GF (Emulex LPe32002)

UCSC BS32GF (Emulex LPe32001)

N2XX-ACPCI01-AEPCI05 (Emulex LPe12002)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-E16002 (Emulex LPe16002-M6 16G FC rack HBA)

3.2(1d)

3.2(1d)

4.0(1a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-ID10GC (Intel X550 デュアルポート 10GBase-T NIC)

3.1(2b)

3.1(3a)

3.1(3a)

4.0(1a)

4.0 (4i)

その他のハードウェア

すべてのシャーシ、ファブリック インターコネクト、ファブリック エクステンダ、拡張モジュール、および電源については、最新のソフトウェア バージョンを使用することを推奨します。混合環境の最小ソフトウェア バージョンを確認するには、バージョンをまたがるファームウェアのサポート を参照してください。次に、サポートされている他のハードウェアのリストを示します。

表 15. UCS 6454 ファブリック インターコネクトでサポートされるハードウェア

タイプ

詳細

シャーシ

UCSC-C4200-SFF

N20 – N20-C6508

UCSB-5108-DC

UCSB-5108-AC2

UCSB-5108-DC2

UCSB-5108-HVDC

ファブリック インターコネクト

UCS 6454

ファブリック エクステンダ

Cisco UCS 2204XP

Cisco UCS 2208XP

Cisco Nexus 2232PP

Cisco Nexus 2232TM-E

Cisco UCS 2408

電源モジュール

N9K-PUV-1200W

UCSB-PSU-2500HVDC

UCSB-PSU-2500DC48

UCSC-PSU-930WDC

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-930WDC

UCSC-UCSC-PSUV2-1050DC-1050DC

UCSC-PSU1-770W

UCSC-PSU1-1050W

UCSC-PSU2-1400

UCSC-PSU2V2-1400W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-650 W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-1200W

UCSB-PSU-2500ACPL

UCSB-PSU-2500ACDV

N20-N20-PAC5-2500W-2500W

表 16. UCS 6332、UCS 6332-16UP ファブリック インターコネクトでサポートされるハードウェア

タイプ

詳細

シャーシ

N20 – N20-C6508

UCSB-5108-DC

UCSB-5108-AC2

UCSB-5108-DC2

UCSB-5108-HVDC

ファブリック インターコネクト

UCS 6332UP

UCS 6332-16UP

ファブリック エクステンダ

Cisco UCS 2208XP

Cisco UCS 2204XP

Cisco Nexus 2232PP

Cisco Nexus 2232TM-E

Cisco UCS 2304

Cisco UCS 2304V2

Cisco Nexus 2348UPQ

電源モジュール

UCSB-PSU-2500HVDC

UCSB-PSU-2500DC48

UCSC-PSU-930WDC

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-930WDC

UCSC-UCSC-PSUV2-1050DC-1050DC

UCSC-PSU1-770W

UCSC-PSU1-1050W

UCSC-PSU2-1400

UCSC-PSU2V2-1400W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-650 W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-1200W

UCSB-PSU-2500ACPL

UCSB-PSU-2500ACDV

N20-N20-PAC5-2500W-2500W

N9K-PUV-1200W


(注)  

40G バックプレーン設定は、22xx IOM には適用されません。


表 17. UCS 6200 ファブリック インターコネクトでサポートされるハードウェア

タイプ

詳細

シャーシ

N20 – N20-C6508

UCSB-5108-DC

UCSB-5108-AC2

UCSB-5108-DC2

UCSB-5108-HVDC

ファブリック インターコネクト

UCS 6248UP

UCS 6296UP

ファブリック エクステンダ

UCS 2208XP

UCS 2204XP

Cisco Nexus 2232PP

Cisco Nexus 2232TM-E

拡張モジュール

UCS-FI-E16UP

電源モジュール

UCSB-PSU-2500HVDC

UCSB-PSU-25004DC48

UCSC-PSU-930WDC

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-930WDC

UCSC-UCSC-PSUV2-1050DC-1050DC

UCSC-PSU1-770W

UCSC-PSU1-1050W

UCSC-PSU2-1400

UCSC-PSU2V2-1400W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-650 W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-1200W

UCSB-PSU-2500ACPL

UCSB-PSU-2500ACDV

N20-N20-PAC5-2500W-2500W

GB コネクタ モジュール、トランシーバ モジュールおよびケーブル

次に、Gb コネクタ モジュール、トランシーバ モジュール、サポートされているケーブルのリストを示します。


(注)  

  • 特定のファブリック インターコネクトでサポートされているトランシーバ モジュールとケーブルは、そのファブリック インターコネクトと互換性のあるすべての VIC アダプタ、IOM、または FEX でサポートされているとは限りません。トランシーバ モジュールの詳細な互換性マトリックスについては、次を参照してください。https://www.cisco.com/c/en/us/support/interfaces-modules/transceiver-modules/products-device-support-tables-list.html

  • たとえば、S クラス トランシーバ QSFP 40 G-SR4 S は FCoE をサポートしていません。


表 18. サポートされているトランシーバ モジュールおよび GB コネクタ モジュール用ケーブル

Gb コネクタ モジュール

トランシーバ モジュールおよびケーブル

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの FC

DS-SFP-FC8G-SW

DS-SFP-FC8G-LW

DS-SFP-FC16G-SW

DS-SFP-FC16G-LW

DS-SFP-FC32G-SW

DS-SFP-FC32G-LW

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの 100-Gb

QSFP-40/100G-SRBD

QSFP-100G-SR4-S

QSFP-100G-LR4-S

QSFP-100G-SM-SR

QSFP-100 G-CU1M

QSFP-100G-CU2M

QSFP-100G-CU3M

QSFP-100G-AOC1M

QSFP-100G-AOC2M

QSFP-100G-AOC3M

QSFP-100G-AOC5M

QSFP-100G-AOC7M

QSFP-100G-AOC10M

QSFP-100G-AOC15M

QSFP-100G-AOC20M

QSFP-100G-AOC25M

QSFP-100G-AOC30M

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの 40-Gb

QSFP-40G-SR4

QSFP-40G-SR4-S

QSFP-40G-SR-BD

QSFP-40G-LR4

QSFP-40G-LR4-S

QSFP-40G-ER4

WSP-Q40GLR4L

QSFP-H40G-CU1M

QSFP-H40G-CU3M

QSFP-H40G-CU5M

QSFP-H40G-ACU7M

QSFP-H40G-ACU10M

QSFP-H40G-AOC1M

QSFP-H40G-AOC2M

QSFP-H40G-AOC3M

QSFP-H40G-AOC5M

QSFP-H40G-AOC10M

QSFP-H40G-AOC15M

UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトの 40-Gb

SFP-10G-SR に接続された外部 x10G スプリッタを使用した 4x10G モードの QSFP-40G-SR4

QSFP-40G-CSR4

QSFP-40G-LR4

QSFP-40G-LR4-S

QSFP-40G-SR-BD

QSFP-40G-SR4

QSFP-40G-SR4-S

FET-40G

QSFP-4SFP10G-CU1M

QSFP-4SFP10G-CU3M

QSFP-4SFP10G-CU5M

QSFP-4X10G-AC7M

QSFP-4X10G-AC10M

QSFP-4X10G-AOC1M

QSFP-4X10G-AOC2M

QSFP-4X10G-AOC3M

QSFP-4X10G-AOC5M

QSFP-4X10G-AOC7M

QSFP-4X10G-AOC10M

QSFP-H40G-ACU7M

QSFP-H40G-ACU10M

QSFP-H40G-AOC1M

QSFP-H40G-AOC2M

QSFP-H40G-AOC3M

QSFP-H40G-AOC5M

QSFP-H40G-AOC7M

QSFP-H40G-AOC10M

QSFP-H40G-AOC15M

QSFP-H40G-CU1M

QSFP-H40G-CU3M

QSFP-H40G-CU5M

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの 32-Gb FC

DS-SFP-FC32G-SW

DS-SFP-FC32G-LW

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの 25-Gb

SFP-25G-SR-S

SFP-H25G-SFP-H10GB-CU1M

SFP-H25G-CU2M

SFP-H25G-SFP-H10GB-CU3M

SFP-H25G-CU5M

SFP-H25G-AOC1M

SFP-H25G-AOC2M

SFP-H25G-AOC3M

SFP-H25G-QSFP-4X10G-AOC5M

SFP-H25G-QSFP-4X10G-AOC7M

SFP-H25G-QSFP-4X10G-AOC10M

UCS 6454 および UCS 6332UP ファブリック インターコネクトの場合は 16 Gb

DS-SFP-FC16G-LW

DS-SFP-FC16G-SW

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの 10-Gb

SFP-10G-SR

SFP-10G-SR-S

SFP-10G-LR

SFP-10G-LR-S

SFP-10G-ER

SFP-10G-ER-S

SFP-10G-ZR

SFP-10G-ZR-S

FET-10G

(注)   

FET-10G はファブリック インターコネクトと IOMs/FEXs 間でのみサポートされています。

SFP-10G-LRM

SFP-H10GB-CU1M

SFP-H10GB-CU2M

SFP-H10GB-CU3M

SFP-H10GB-CU5M

SFP-H10GB-ACU7M

SFP-H10GB-ACU10M

SFP-10G-AOC1M

SFP-10G-AOC2M

SFP-10G-AOC3M

SFP-10G-AOC5M

SFP-10G-AOC7M

SFP-10G-AOC10M

UCS 6300 および 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトの 10-Gb

SFP-10G-SR

SFP-10G-SR-S

SFP-10G-LR

SFP-10G-LR-S

SFP-H10GB-CU1M

SFP-H10GB-CU2M

SFP-H10GB-CU3M

SFP-H10GB-CU5M

SFP-H10GB-ACU7M

SFP-H10GB-ACU10M

FET-10G

1SFP-10G-AOC1M

SFP-10G-AOC2M

SFP-10G-AOC3M

SFP-10G-AOC5M

SFP-10G-AOC7M

SFP-10G-AOC10M

UCS 6454 および UCS 6332UP ファブリックインターコネクト用の 8-Gb FC

DS-SFP-FC8G-SW

DS-SFP-FC8G-LW

UCS 6300 および 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトの 4-Gb FC

DS-SFP-FC4G-SW

DS-SFP-FC4G-LW

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの 1-Gb

GLC-TE

GLC-SX-MMD

SFP-GE-T

UCS 6300 および 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトの 1-Gb

GLC-TE

GLC-SX-MM

GLC-LH-SM

1 SFP-10G-AOC ケーブルは、Cisco 1455 および 1457 VIC カードでのみサポートされています。

(注)  

光ファイバの最大敷設長は、300 メートルに制限されています。これは、802.3X/802.1Qbb Priority PAUSE が使用されているためです。SFP-10G-LR はファブリック インターコネクトと FEX の間でサポートされますが、それでも 300 m の制限が適用されます。


Cisco UCS ミニおよびコンポーネント

UCS ミニでサポートされるシャーシ

表 19. UCS ミニ シャーシの最小ソフトウェア バージョン

シャーシ

最小ソフトウェア バージョン

推奨されるソフトウェア バージョン

UCSB-5108-AC2

3.0(1e)

4.0 (4i)

UCSB-5108-DC2

3.0 (2c)

4.0 (4i)

UCS ミニでサポートされるブレード およびラック サーバ

表 20. UCS ミニ上のブレードおよびラック サーバの最小ホスト ファームウェア バージョン

サーバ

最小ソフトウェア バージョン

推奨されるソフトウェア バージョン

B200 M5

3.2(1d)

4.0 (4i)

B200 M3

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCS C220 M3

3.1(3a)

4.0 (4i)

B260 M4

3.1(3a)

4.0 (4i)

B420 M3

3.1(3a)

4.0 (4i)

B420 M4

3.1(3a)

4.0 (4i)

B460 M4

3.1(3a)

4.0 (4i)

B480 M5

3.1(3a)

4.0 (4i)

B22 M3

3.1(3a)

4.0 (4i)

C220 M3

3.1(3a)

4.0 (4i)

C240 M3

3.1(3a)

4.0 (4i)

C220 M4

3.1(3a)

4.0 (4i)

C240 M4

3.1(3a)

4.0 (4i)

C460 M4

3.1(3a)

4.0 (4i)

C220 M5

3.2(1d)

4.0 (4i)

C240 M5

3.2(1d)

4.0 (4i)

C480 M5

3.2(2b)

4.0 (4i)

UCS ミニ対応アダプタ

アダプタ

最小ソフトウェア バージョン

推奨されるソフトウェア バージョン

UCSB-MLOM-40G-04 (UCS VIC 1440)

UCSB-VIC-M84-4P (UCS VIC 1480)

4.0(2a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-IQ10GC (Intel X710-T4)

UCSC-PCIE-QD25GF (QLogic QL41212H 25GbE)

UCSC-PCIE-QD40GF (QLogic QL45212H 40GbE)

3.2(2b)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-C40Q-03 (UCS VIC 1385)

UCSC-MLOM-C40Q-03 (UCS VIC 1387)

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCS-VIC-M82-8P (UCS VIC 1280)

UCSB-MLOM-40G-01 (UCS VIC 1240)

UCSB-MLOM-PT-01 (Cisco ポート エクスパンダ カード)

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCSB-MLOM-40G-03 (UCS VIC 1340)

UCSB-VIC-M83-8P (UCS VIC 1380)

UCSC-MLOM-CSC-02 (UCS VIC 1227)

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCSC-PCIE-CSC-02 (UCS VIC 1225)

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCS ミニでサポートされるファブリック インターコネクト

ファブリック インターコネクト

最小ソフトウェア バージョン

推奨されるソフトウェア バージョン

Cisco UCS 6324

3.1(3a)

4.0 (4i)

セカンダリ シャーシでサポートされる UCS ミニ ファブリック エクステンダ

ファブリック エクステンダ

最小ソフトウェア バージョン

推奨されるソフトウェア バージョン

UCS 2204 XP

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCS 2208 XP

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCS ミニでサポートされる電源装置

電源モジュール

最小ソフトウェア バージョン

推奨されるソフトウェア バージョン

UCSB-PSU-2500ACDV

UCSB-PSU-2500DC48

UCSC-PSU-930WDC

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-930WDC

UCSC-UCSC-PSUV2-1050DC-1050DC

UCSC-PSU1-770W

UCSC-PSU2-1400

UCSC-PSU2V2-1400W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-650 W

UCSC-UCSC-PSU2V2-930DC-1200W

3.1(3a)

4.0 (4i)

UCS ミニでサポートされる Gb コネクタ モジュール

Gb ポート速度接続には、現在のソフトウェア バージョンを使用することを推奨します。次に、Gb コネクタ モジュールとサポートされているケーブルのリストを示します。


(注)  

特定のファブリック インターコネクトでサポートされているトランシーバ モジュールとケーブルは、そのファブリック インターコネクトと互換性のあるすべての VIC アダプタ、IOM、または FEX でサポートされているとは限りません。トランシーバ モジュールの詳細な互換性マトリックスについては、次を参照してください。https://www.cisco.com/c/en/us/support/interfaces-modules/transceiver-modules/products-device-support-tables-list.html


Gb コネクタ モジュール

トランシーバ モジュールおよびケーブル

40GB

SFP-10G-SR に接続された外部 x10G スプリッタを使用した 4x10G モードの QSFP-40G-SR4

QSFP-4SFP10G-CU1M

QSFP-4SFP10G-CU3M

QSFP-4SFP10G-CU5M

QSFP-4X10G-AC7M

QSFP-4X10G-AC10M

QSFP-4X10G-AOC1M

QSFP-4X10G-AOC2M

QSFP-4X10G-AOC3M

QSFP-4X10G-AOC5M

QSFP-4X10G-AOC7M

QSFP-4X10G-AOC10M

10 Gb

SFP-10G-LR

SFP-10G-LR-S

SFP-10G-LR-X

SFP-10G-SR

SFP-10G-SR-S

SFP-10G-SR-X

SFP-H10GB-CU1M

SFP-H10GB-CU2M

SFP-H10GB-CU3M

SFP-H10GB-CU5M

SFP-H10GB-ACU7M

SFP-H10GB-ACU10M

SFP-10G-AOC1M

SFP-10G-AOC2M

SFP-10G-AOC3M

SFP-10G-AOC5M

SFP-10G-AOC7M

SFP-10G-AOC10M

8 Gb

DS-SFP-FC8G-SW

DS-SFP-FC8G-LW

4 Gb

DS-SFP-FC4G-SW

DS-SFP-FC4G-LW

1 Gb

GLC-TE

GLC-LH-SM

GLC-SX-MM

アップグレードとダウングレードのガイドライン

  • Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトを搭載したシステムでは、Cisco UCS Manager リリース 4.0 からダウングレードできません。

    詳細なアップグレード パスについては、『Cisco UCS Managerファームウェア管理ガイド、リリース4.0 』の「Cisco UCS Manager リリース4.0 へのファームウェア アップグレード」を参照してください。

  • ITE-ON 1050W PSU が搭載されているシステムをリリース 4.0(2) Cisco UCS Manager よりも前のリリースにダウングレードしないでください。Cisco UCS Manager リリース 4.0(2) からダウングレードされたときに、LITE-ON 1050W PSU を搭載した UCS C240 M5 サーバのボード コントローラのアクティブ化は、検出プロセス中に失敗する可能性があります。

  • Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトを搭載したシステムでは、このモードが 4.0 (2) よりも前のバージョンではサポートされていないため、ファブリック インターコネクトでイーサネットまたは FC スイッチ モードが有効になっている場合、Cisco UCS Manager リリース 4.0(2) からダウングレードできません。

    また、ネットワーク制御ポリシーでポート セキュリティが有効になっている場合、4.0 (2) よりも前のバージョンではサポートされていないため、Cisco UCS Manager リリース 4.0 (2) からのダウングレード中は無効になります。

  • NVMe の Intel Volume Management Device (VMD) を使用してシステムをアップグレードまたはダウングレードする場合、OS のインストール後に、BIOS で VMD が有効または無効になっていると、システムは起動に失敗します。OS のインストール後に BIOS 設定を変更しないでください。

  • ファブリック インターコネクトまたはサーバ (B シリーズおよび C シリーズ) を Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4c) から 4.0 (4d) にアップグレードする場合、FSM は検証をスキップし、ファームウェアのアップグレードはリブートせずに完了します。

機能カタログ

Cisco UCS Manager 機能カタログは調整可能なパラメータ、文字列、およびルールのセットです。Cisco UCS では、カタログを使用して、サーバの新しく承認された DIMM やディスク ドライブなどのコンポーネントの表示と設定可能性を更新します。

機能カタログは Cisco UCS Manager に組み込まれていますが、更新を簡単にするために単一のイメージ ファイルとしてもリリースされる場合があります。

次の表に、このリリースで追加された PID を示し、UCS ソフトウェア リリースを対応する機能カタログ ファイルにマッピングします。

表 21. バージョンのマッピング

UCS リリース

カタログ ファイル名

このリリースの追加 PID

4.0 (4i)

ucs-catalog.4.0.4h.T.bin

UCS B200 M5、C220 M5、および C240 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6238R

  • UCS-CPU-I6240R

  • UCS-CPU-I6242R

  • UCS-CPU-I6246R

  • UCS-CPU-I6248R

  • UCS-CPU-I6226R

  • UCS-CPU-I6258R

  • UCS-CPU-I5220R

UCS B200 M5、C220 M5、C240 M5、UCS S3260 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6230R

  • UCS-CPU-I5218R

  • UCS-CPU-I4214R

  • UCS-CPU-I4215R

UCS B200 M5、UCS B480 M5、C220 M5、C240 M5、C480 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I8253

4.0 (4h)

ucs-catalog.4.0.4h.T.bin

UCS B200 M5、C220 M5、および C240 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6238R

  • UCS-CPU-I6240R

  • UCS-CPU-I6242R

  • UCS-CPU-I6246R

  • UCS-CPU-I6248R

  • UCS-CPU-I6226R

  • UCS-CPU-I6258R

  • UCS-CPU-I5220R

UCS B200 M5、C220 M5、C240 M5、UCS S3260 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6230R

  • UCS-CPU-I5218R

  • UCS-CPU-I4214R

  • UCS-CPU-I4215R

UCS B200 M5、UCS B480 M5、C220 M5、C240 M5、C480 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I8253

4.0 (4g)

ucs-catalog (4.0.4)

UCS B200 M5、C220 M5、および C240 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I4214R

  • UCS-CPU-I4210R

  • UCS-CPU-I3206R

4.0 (4f)

ucs-catalog 4.0.4. .bin

4.0 (4e)

ucs-catalog 4.0.4 の e.164

UCS B200 M5、B480 M5、C220 M5、C240 M5、および C480 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6238

  • UCS-CPU-I6238M

  • UCS-CPU-I6238L

  • UCS-CPU-I5220S

  • UCS-CPU-I6226

  • UCS-CPU-I6234

  • UCS-CPU-I6240L

  • UCS-CPU-I6240M

  • UCS-CPU-I6246

  • UCS-CPU-I5218B

UCS C220 M5、C240 M5、B200 M5、B480 M5、C480 M5、および S3260 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6222V

  • UCS-CPU-I6262V

UCS C220 M5、C240 M5、および B200 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I5218N

UCS C220 M5、C240 M5、B480 M5、および B200 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6230N

UCS C220 M5、C240 M5、C480 M5、および B200 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6252N

ドライブ:

  • UCS-SD76TSB61X-EV

  • UCS-SD76T61X-EV

ファブリック エクステンダ:

  • UCS-IOM-2408

4.0 (4d)

ucs-catalog 4.0.4 d. .bin

ドライブ:

  • UCS-SD480G2HNK9

  • UCS-SD480G2HBNK9

  • UCS-SD960G2HTNK9

  • UCS-SD960G2HBNK9

  • UCS-SD38T2HTNK9

  • UCS-SD38T2HBNK9

  • S3260-2SD38K9

4.0 (4c)

ucs-catalog 4.0.4 の e.164

  • UCSC-NVME2H-I1000

  • UCSB-NVME2H-I1000

  • UCSC-NVME2H-I2TBV

  • UCSB-NVME2H-I2TBV

  • UCSC-NVME2H-I4000

  • UCSB-NVME2H-I4000

  • UCSC-NVMEHW-I8000

  • UCSB-NVMEHW-I8000

  • UCSC-NVME2H-I1600

  • UCSB-NVME2H-I1600

4.0(4b)

ucs-catalog 4.0.4 b. .bin

4.0(4a)

ucs-catalog (4.0.4)

UCS B200 M5C220 M5C240 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I3204

  • UCS-CPU-I4208

  • UCS-CPU-I4210

  • UCS-CPU-I4214

  • UCS-CPU-I4215

  • UCS-CPU-I4216

  • UCS-CPU-I5215

  • UCS-CPU-I5217

  • UCS-CPU-I5218

  • UCS-CPU-I5220

  • UCS-CPU-I5222

  • UCS-CPU-I6230

  • UCS-CPU-I6240

  • UCS-CPU-I6242

  • UCS-CPU-I6244

  • UCS-CPU-I6248

  • UCS-CPU-I6254

  • UCS-CPU-I6252

  • UCS-CPU-I8260

  • UCS-CPU-I8268

  • UCS-CPU-I8270

  • UCS-CPU-I8276

  • UCS-CPU-I8280

  • UCS-CPU-I5215M

  • UCS-CPU-I8260M

  • UCS-CPU-I8276M

  • UCS-CPU-I8280M

  • UCS-CPU-I5215L

  • UCS-CPU-I8260L

  • UCS-CPU-I8276L

  • UCS-CPU-I8280L

  • UCS-CPU-I4214Y

  • UCS-CPU-I6240Y

  • UCS-CPU-I8260Y

UCS B480 M5 および C480 M5 の CPU:

  • UCS-CPU-I5215

  • UCS-CPU-I5217

  • UCS-CPU-I5218

  • UCS-CPU-I5220

  • UCS-CPU-I5222

  • UCS-CPU-I6230

  • UCS-CPU-I6240

  • UCS-CPU-I6242

  • UCS-CPU-I6244

  • UCS-CPU-I6248

  • UCS-CPU-I6254

  • UCS-CPU-I6252

  • UCS-CPU-I8260

  • UCS-CPU-I8268

  • UCS-CPU-I8270

  • UCS-CPU-I8276

  • UCS-CPU-I8280

  • UCS-CPU-I5215M

  • UCS-CPU-I8260M

  • UCS-CPU-I8276M

  • UCS-CPU-I8280M

  • UCS-CPU-I5215L

  • UCS-CPU-I8260L

  • UCS-CPU-I8276L

  • UCS-CPU-I8280L

  • UCS-CPU-I6240Y

  • UCS-CPU-I8260Y

UCS S3260 M5 の CPU:

  • UCS-CPU-I4214

  • UCS-CPU-I5218

  • UCS-CPU-I5220

  • UCS-CPU-I6240

メモリ:

  • UCS-MR-X16G1RT-H

  • UCS-MR-X32G2RT-H

  • UCS-MR-X64G2RT-H

  • UCS-ML-X64G4RT-H

  • UCS-ML-128G4RT-H

Intel® Optane DC 永続メモリ

  • UCS-MP-128GS-A0

  • UCS-MP-256 G-A0

  • UCS-MP-512 G-A0

ファブリック エクステンダ:

  • UCS-IOM-2304V2

GPU:

  • UCS C240 M5、C220 M5、C480 M5 での UCSC-GPU-16

  • UCSC-GPU-V340

ネットワーク インターフェイス カード:

  • UCSC-P-M4D25GF

  • UCSC-PCIE-QS100GF

ハードウェア RAID コントローラ:

  • UCS-M2-HWRAID

4.0(2e)

ucs-catalog 4.0.2 の e.164

4.0(2d)

ucs-catalog 4.0.2 d. .bin

4.0(2b)

ucs-catalog (4.0.2)

4.0(2a)

ucs-catalog (4.0.2)

Cisco UCS ラックマウント サーバ

  • UCSC-C480-M5ML

UCSC-C480-M5ML の CPU:

  • UCS-CPU-8180

  • UCS-CPU-8176

  • UCS-CPU-8170

  • UCS-CPU-8164

  • UCS-CPU-8160

  • UCS-CPU-8153

  • UCS-CPU-6152

  • UCS-CPU-6148

  • UCS-CPU-6138

  • UCS-CPU-6140

  • UCS-CPU-6130

  • UCS-CPU-8168

  • UCS-CPU-8158

  • UCS-CPU-8156

  • UCS-CPU-6154

  • UCS-CPU-6150

  • UCS-CPU-6142

  • UCS-CPU-6132

  • UCS-CPU-6144

  • UCS-CPU-6136

  • UCS-CPU-6126

  • UCS-CPU-6146

  • UCS-CPU-6134

  • UCS-CPU-6128

  • UCS-CPU-5122

  • UCS-CPU-4116

  • UCS-CPU-6142M

  • UCS-CPU-8180M

UCSC-C480-M5ML の メモリ:

  • UCS-MR-128G8RS-H

  • UCS-MR-X64G4RS-H

  • UCS-ML-X64G4RS-H

  • UCS-MR-X32G2RS-H

  • UCS-ML-X32G2RS-H

  • UCS-MR-X16G1RS-H

  • UCS-MR-X16G2RS-H

UCSC-C480-M5ML の PSU:

  • UCSC-PSU1-フル W

UCSC-C480-M5ML のファン モジュール:

  • UCSC-FAN-C480M5

UCSC-C480-M5ML の Cisco VIC:

  • C シリーズおよび S シリーズ (UCSC-PCIE-C25Q-04) 向け VIC 1455 10/25G PCIe

  • C シリーズ (UCSC-PCIE-C100-04) 向け VIC 1495 40/100G PCIe

UCSC-C480-M5ML の NIC:

  • Qlogic QLE45611HLCU シングル ポート 100G NIC (UCSC-PCIE-QS100GF)

UCSC-C480-M5ML の HDD:

  • UCS-HD900G15K12N

  • UCS-HD12TB10K12N

  • UCS-HD18TB10K4KN

  • UCS-HD2T7K12N

UCSC-C480-M5ML の SSD:

  • UCS-SD16T123X-EP

  • UCS-SD32T123X-EP

  • UCS-SD120GM1X-EV

  • UCS-SD240GM1X-EV

  • UCS-SD480GM1X-EV

  • UCS-SD960GM1X-EV

  • UCS-SD16TM1X-EV

  • UCS-SD19TM1X-EV

  • UCS-SD38TM1X-EV

  • UCS-SD76TM1X-EV

UCSC-C480-M5ML のフラッシュ ドライブ:

  • UCS-USBFLSHB-16GB

UCSC-C480-M5ML の GPU:

  • NVIDIA SXM2 V100 32GB Nvlink モジュール (UCSC-GPUV100SXM32)

UCSC-C480-M5ML の NVMe ドライブ:

  • UCSC-NVMEHW-H3200

C480-M5ML のミニ ストレージ キャリア:

  • UCS-MSTOR-SD

  • UCS-MSTOR-M2

C480-M5ML の SD カード:

  • UCS-SD-64G-S

  • UCS-SD-128G

UCSC-C480-M5ML のマイクロ SD カード:

  • UCS-MSD-32G

UCSC-C480-M5ML の M.2 SATA SSD:

  • UCS-M2-240GB

  • UCS-M2-960GB

UCSC-C480-M5ML の RAID コントローラ:

  • UCSC-RAID-M5HD

Cisco VIC アダプタ:

  • C シリーズ (UCSC-PCIE-C100-04) 向け VIC 1495 40/100G PCIe

  • C シリーズ (UCSC-MLOM-C100-04) 向け VIC 1497 40/100G mLOM

すべての UCS サーバの TPM2:

  • UCSX-TPM2-002-C

UCS 6454 ファブリック インターコネクトの高電圧 DC 1200 ワット電源装置:

  • N9K-PUV-1200W

M5 サーバ用 Intel Optane NVMe エクストリーム パフォーマンス ドライブ:

  • UCSC-NVMEXP-I750

C240 M5 サーバの GPU:

  • V100-32G: NVIDIA V100 PCIe PG500-200 250W 32GB GPU

UCSC C125 用の QLogic ネットワーク アダプタ カード:

  • UCSC-PCIE-QD10GC: 10G ネットワーク アダプタ カード

  • UCSC-PCIE-QD25GF: 25G ネットワーク アダプタ カード

4.0(1d)

ucs-catalog 4.0.1 c. .bin

ドライブ:

  • UCS-SD480GBHBNK9

  • UCS-SD960GBHBNK9

  • UCS-SD38TBHBNK9

  • UCS-SD480GBHTNK9

  • UCS-SD960GBHTNK9

  • UCS-SD38TBHTNK9

4.0(1c)

ucs-catalog (4.0.1)

4.0(1b)

ucs-catalog (4.0.1)

4.0(1a)

ucs-catalog (4.0.1)

Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクト:

  • UCS FI-6454

Cisco UCS ラックマウント サーバ

  • UCSC-C125

C125 M5 のシャーシ:

  • UCSC-C4200-SFF

UCSC C125 の CPU:

  • UCS-CPU-7601

  • UCS-CPU-7551

  • UCS-CPU-7501

  • UCS-CPU-7451

  • UCS-CPU-7401

  • UCS-CPU-7351

  • UCS-CPU-7301

  • UCS-CPU-7281

  • UCS-CPU-7261

  • UCS-CPU-7251

  • UCS-CPU-7551P

  • UCS-CPU-7401P

  • UCS-CPU-7351P

UCSC C125 のメモリ:

  • UCS-MR-128G8RS-H

  • UCS-MR-X64G4RS-H

  • UCS-ML-X64G4RS-H

  • UCS-MR-X32G2RS-H

  • UCS-MR-X16G1RS-H

  • UCS-MR-X16G2RS-H

  • UCS-MR-X8G1RS-H

UCSC-C125 の OCP NIC:

  • UCSC-OCP-QD10GC

  • UCSC-OCP-QD25GF

UCSC C125 のストレージ コントローラ:

  • UCSC-SAS9460-8i

UCSC C125 の SD カード:

  • UCS-SD-32G-S

  • UCS-SD-64G-S

  • UCS-SD-128G

UCSC-C125 のマイクロ SD カード:

  • UCS-MSD-32G

UCSC-C125 の M.2 SATA SSD:

  • UCS-M2-240GB

  • UCS-M2-960GB

UCSC-C125 のフラッシュ USB ドライブ:

  • UCS-USBFLSHB-16GB

UCSC-C125 のミニ ストレージ キャリア:

  • UCS-MSTOR-SD

  • UCS-MSTOR-M2

Cisco VIC アダプタ:

  • B シリーズ向け VIC 1440 10/40G mLOM (UCSB-MLOM-40G-04)

  • B シリーズ (UCSB-VIC-M84-4P) のVIC 1480 10/40G PCIe

  • C シリーズおよび S シリーズ (UCSC-PCIE-C25Q-04) 向け VIC 1455 10/25G PCIe

  • C シリーズ (UCSC-MLOM-C25Q-04) の VIC 1497 40/100G mLOM

HX NVMe サーバ:

  • HXAF220C-M5SN

C240HX M5 サーバを搭載した PCIe 圧縮および暗号化 CPU オフロード カード

  • HX-PCIE-OFFLOAD-1

Intel Optane NVMe Med. M5 サーバのパフォーマンス ドライブ:

  • UCSC-NVMEXP-I375

  • UCSB-NVMEXP-I375

  • UCSC-NVMEXP-I750

  • UCSB-NVMEXP-I750

セキュリティ修正

次のセキュリティ上の問題が解決されます。

リリース

不具合 ID

CVE

説明

4.0(4j)4.1(2a)

CSCvu53094

CVE-2020-11022

1.2 から 3.5.0 のバージョンの jQuery ソフトウェア パッケージを使用している Cisco UCS Manager および UCS 6400 シリーズ ファブリック インターコネクトには、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) ID によって影響を受ける可能性があります。

  • CVE-2020-11022:jQuery バージョン 1.2 以上かつ 3.5.0 以前では、HTML をサニタイズした後でも、信頼できないソースから jQuery の DOM 操作方法のいずれか (ie.html()、.append()、その他) に HTML を渡して、信頼できないコードを実行する可能性があります。この問題は、jQuery 3.5.0 で修正されています。

4.0 (4i)

CSCvt86093

  • CVE-2020-0548

  • CVE-2020-0549

Intel® プロセッサに基づく Cisco UCS M5 サーバは、次の一般的な脆弱性およびエクスポージャ (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受けます。

  • CVE-2020-0548:一部のIntel®プロセッサでのクリーンアップ エラーにより、認証されたユーザがローカル アクセスによる情報開示を有効にできる場合があります。

  • CVE-2020-0549:一部のIntel®プロセッサの一部のデータ キャッシュ エビクションでのクリーンアップ エラーにより、認証されたユーザがローカル アクセスによる情報開示を有効にできる場合があります。

このリリースには、Cisco UCS M5 サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新された Cisco UCS M5 サーバの SINIT ACM が含まれています。

4.0 (4i)

CSCvq33385

CVE-2016-2183

最新の CiscoSSL 1.0.2 6.2.341 には、リストされている一般的な脆弱性およびエクスポージャ (CVE) ID によって識別される、Cisco UCS Manager の OpenSSL 脆弱性の緩和が含まれるようになりました。

4.0 (4h)

CSCvs81686

  • CVE-2020-0548

  • CVE-2020-0549

Intel® プロセッサに基づく Cisco UCS M5 サーバは、次の一般的な脆弱性およびエクスポージャ (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受けます。

  • CVE-2020-0548、一部の Intel® プロセッサのクリーンアップ エラーは、認証されたユーザに対しローカル アクセスを通じて情報開示を可能にすることがあります。

  • CVE-2020-0549、一部の Intel® プロセッサにおけるデータ キャッシュ消去でのクリーンアップ エラーは、認証されたユーザに対しローカル アクセスを通じて情報開示を可能にすることがあります。

このリリースには、Cisco UCS M5 サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新された Cisco UCS M5 サーバの SINIT ACM が含まれています。

4.0 (4g)

CSCvr54409

CSCvr54415

  • CVE-2019-11135

  • CVE-2019-0151

  • CVE-2019-0152

  • CVE-2019-11136

  • CVE-2019-11137

  • CVE-2019-11139

  • CVE-2019-11109

Intel® プロセッサに基づく Cisco UCS M5 サーバは、次の一般的な脆弱性およびエクスポージャ (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受けます。

  • CVE-2019-11135 (TSX Asynchronous Abort Advisory) 条件は、特定の 2 世代 Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、 8 世代Intel® CoreTMプロセッサ ファミリー、9 世代Intel® CoreTM プロセッサ ファミリー、および 10 世代Intel® CoreTM プロセッサ ファミリーに影響を与え、ローカル アクセスを持つサイド チャネルを介して認証されたユーザーが情報開示可能になる可能性があります。

  • CVE-2019-0151 (CPU Local Privilege Escalation Advisory) は、特定の Intel® 4 世代 Intel®CoreTMプロセッサ、5 世代 Intel®Core TM プロセッサ、 6 世代 Intel® Core プロセッサ、 7 世代 Intel®Core TMプロセッサ、 8 世代 Intel®コアTMプロセッサ、Intel® Xeon® プロセッサ E3 v2/v3/v4/v5/v6 ファミリ、 Intel® Xeon® プロセッサ E5 v3/v4 ファミリ、Intel® Xeon®プロセッサ E7 v3/v4 ファミリ、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ 第 2 世代、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®プロセッサ D-1500/D-2100)、Intel® Xeon® プロセッサ E-2100/E3100、および Intel® Xeon®プロセッサ W-2100/W-310 に影響を与えます (Intel ® TXT の十分なメモリ保護によって、権限を持つユーザーがローカル アクセスによる権限の昇格を有効にした場合)。これにより、Intel® TXT 保護をバイパスする可能性があります。

  • CVE-2019-0152 (CPU ローカル特権エスカレーション・アドバイザリ) は、特定のインテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサー、インテル® Xeon ® プロセッサー D-2100、D-3100、インテル® Xeon ® プロセッサー W-2100、W-3100 に影響を与え、メモリ保護が不十分な場合、特権ユーザーがローカル アクセスを通じて特権特権のエスカレーションを可能にする可能性があります。これにより、システム管理モード (SMM) と Intel® TXT 保護がバイパスされる可能性があります。

  • システム ファームウェアの不十分なアクセス コントロールによって、権限のあるユーザーが潜在的に権限の上昇、サービスの拒否、ローカル アクセスを介した情報開示が可能になる可能性がある場合、CVE-2019-11136 (BIOS 2019.2 IPU Advisory) は、2 世代 Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon Xeon ® プロセッサ D ファミリーに影響を与えます。

  • システム ファームウェアでの入力検証が不十分なことによって、権限のあるユーザーが潜在的に権限の上昇、サービスの拒否、ローカル アクセスを介した情報開示が可能になる可能性がある場合、CVE-2019-11137 (BIOS 2019.2 IPU Advisory) は、 2 世代 Intel®Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®プロセッサ D ファミリー、Intel® Xeon®プロセッサ E5 v4 ファミリー、Intel® Xeon®プロセッサ E7 v4 ファミリー、Intel ® Atom®プロセッサ C シリーズに影響を与えます。

  • CVE-2019-11139 (Voltage Modulation Technical Advisory) 特定の Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサの電圧変調に関する脆弱性により、権限のあるユーザーがローカル アクセスを介してサービス拒否が可能になる可能性があります。

  • CVE-2019-11109: バージョン SPS_E5_04.01.04.297.0, SPS_SoC-X_04.00.04.101.0, および SPS_SoC-A_04.00.04.193.0 より前の Intel®サーバー プラットフォーム サービスのサブシステムでのロジックの問題により、権限のあるユーザーがローカル経由でサービス拒否を有効にできる場合があります。

このリリースには、Cisco UCS M5 サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新された マイクロコードおよび Secure Initialization (SINIT) Authenticated Code Modules (ACM) が含まれています。

4.0 (4g)

CSCvr54413

CSCvr54414

CSCvr54416

  • CVE-2019-0151

  • CVE-2019-11137

Intel® プロセッサに基づく Cisco UCS M4 サーバは、次の一般的な脆弱性およびエクスポージャ (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受けます。

  • CVE-2019-0151 (CPU Local Privilege Escalation Advisory) は、特定の Intel® 4 世代 Intel®CoreTMプロセッサ、5 世代 Intel®Core TM プロセッサ、 6 世代 Intel® Core プロセッサ、 7 世代 Intel®Core TMプロセッサ、 8 世代 Intel®コアTMプロセッサ、Intel® Xeon® プロセッサ E3 v2/v3/v4/v5/v6 ファミリ、 Intel® Xeon® プロセッサ E5 v3/v4 ファミリ、Intel® Xeon®プロセッサ E7 v3/v4 ファミリ、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ 第 2 世代、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®プロセッサ D-1500/D-2100)、Intel® Xeon® プロセッサ E-2100/E3100、および Intel® Xeon®プロセッサ W-2100/W-310 に影響を与えます (Intel ® TXT の十分なメモリ保護によって、権限を持つユーザーがローカル アクセスによる権限の昇格を有効にした場合)。これにより、Intel® TXT 保護をバイパスする可能性があります。

  • システム ファームウェアでの入力検証が不十分なことによって、権限の昇格、サービス拒否、またはローカル アクセスによる情報漏えいが可能になる可能性がある場合、CVE-2019-11137 (BIOS 2019.2 IPU Advisory) は、 2 世代 Intel®Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®プロセッサ D ファミリー、Intel® Xeon®プロセッサ E5 v4 ファミリー、Intel® Xeon®プロセッサ E7 v4 ファミリー、Intel ® Atom®プロセッサ C シリーズに影響を与えます。システム ファームウェアでの入力検証が不十分な場合、特権ユーザーが潜在的に有効にできる可能性があります。特権のエスカレーション、サービス拒否、またはローカル アクセスによる情報漏えい。

このリリースには、Cisco UCS M4 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新された Cisco UCS M4 サーバのマイクロコードおよび SINIT ACM が含まれています。

4.0 (4g)

CSCvr54411

CVE-2019-0151

Intel® プロセッサに基づく Cisco UCS B シリーズおよび C シリーズ M3 サーバは、次の一般的な脆弱性およびエクスポージャ (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受けます。

  • CVE-2019-0151 (CPU Local Privilege Escalation Advisory) は、特定の Intel® 4 世代 Intel®CoreTMプロセッサ、5 世代 Intel®Core TM プロセッサ、 6 世代 Intel® Core プロセッサ、 7 世代 Intel®Core TMプロセッサ、 8 世代 Intel®コアTMプロセッサ、Intel® Xeon® プロセッサ E3 v2/v3/v4/v5/v6 ファミリ、 Intel® Xeon® プロセッサ E5 v3/v4 ファミリ、Intel® Xeon®プロセッサ E7 v3/v4 ファミリ、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ 第 2 世代、Intel® Xeon®スケーラブル プロセッサ、Intel® Xeon®プロセッサ D-1500/D-2100)、Intel® Xeon® プロセッサ E-2100/E3100、および Intel® Xeon®プロセッサ W-2100/W-310 に影響を与えます (Intel ® TXT の十分なメモリ保護によって、権限を持つユーザーがローカル アクセスによる権限の昇格を有効にした場合)。これにより、Intel® TXT 保護をバイパスする可能性があります。

このリリースには、Cisco UCS B シリーズおよび C シリーズ M3 サーバの BIOS 改定が含まれます。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新された Cisco UCS M3 サーバの SINIT ACM が含まれています。

4.0 (4f)

CSCvq19565

CVE-2019-11479

CVE-2019-11478

このバグは、次の CVE ID によって識別される Linux カーネルに影響する脆弱性について製品を評価するために提出されました。

  • CVE-2019-11479: 低 MSS 値による超過したリソース消費

  • CVE-2019-11478: SACK Slowness または Excess リソース使用状況

TCP ネットワーキング脆弱性では、Linux カーネルへの影響を特定しています。最小セグメント サイズおよび TCP Selective Acknowledgement (SACK) 機能に特に関連する脆弱性。もっとも深刻なダブである「SACK Panic」によって、最新の Linux カーネルでリモートでトリガされるカーネル パニックとなる可能性があります。

6200 シリーズ ファブリック インターコネクトを搭載した Cisco UCS サーバは、Linux カーネルの脆弱性のあるバージョンが含まれていることが確認されています。ただし、製品は、次の脆弱性の影響を受けません。

CVE-2019-11477: SACK カーネル パニック

この脆弱性に対処するソフトウェア アップデートは、すでに Cisco からリリースされています。脆弱性に対処する回避策はありません。

上で一覧になっている脆弱性に関する詳細は、http://cve.mitre.org/cve/cve.html で確認できます

4.0 (4f)

CSCvq21317

CVE-2019-11477

CVE-2019-11478

CVE-2019-11479

このバグは、次の CVE ID によって識別される Linux カーネルに影響する脆弱性について製品を評価するために提出されました。

  • CVE-2019-11477: SACK パニック

  • CVE-2019-11478: SACK Slowness または Excess リソース使用状況

  • CVE-2019-11479: 低 MSS 値による超過したリソース消費

TCP ネットワーキング脆弱性では、Linux カーネルへの影響を特定しています。最小セグメント サイズおよび TCP Selective Acknowledgement (SACK) 機能に特に関連する脆弱性。もっとも深刻なダブである「SACK Panic」によって、最新の Linux カーネルでリモートでトリガされるカーネル パニックとなる可能性があります。

6400 シリーズ ファブリック インターコネクトを搭載した Cisco UCS サーバは、Linux カーネルの脆弱性のあるバージョンが含まれていることが確認されています。

この脆弱性に対処するソフトウェア アップデートは、すでに Cisco からリリースされています。脆弱性に対処する回避策はありません。

上で一覧になっている脆弱性に関する詳細は、http://cve.mitre.org/cve/cve.html で確認できます

4.0 (4f)

CSCvm80093

CVE-2019-1966

Cisco UCS ファブリック インターコネクトへの特定コマンドの CLI 実装での脆弱性により、認証されたローカルの攻撃者が CLI をエスケープし、デバイスの基盤となるオペレーティング システムに不正にアクセスできるようになっている可能性があります。

攻撃者はこの脆弱性を悪用して CLI をエスケープし、ルート ユーザーの権限を使用し、基盤となるオペレーティング システムで任意のコマンドを実行する可能性があります。攻撃者は有効なデバイス クレデンシャルを必要となります。

Cisco のセキュリティ脆弱性ポリシーに関する追加情報については、次の URL を参照してください。

セキュリティ脆弱性ポリシー

4.0 (4f)

CSCvp56979

CVE-2019-9213

6400 シリーズ ファブリック インターコネクトを搭載した Cisco UCS サーバには、次の共通の脆弱性およびエクスポージャによって識別される脆弱性の影響を受けるサードパーティ ソフトウェアが含まれています。

CVE-2019-9213: Linux カーネル expand_downwards 関数ヌルポインタの逆参照の脆弱性

この脆弱性に対処するソフトウェア アップデートは、すでに Cisco からリリースされています。

上記の脆弱性の詳細については、 http://cve.mitre.org/cve/cve.htmlを参照してください。

4.0 (4e)

CSCvp62709

CSCvp69717

CVE-2019-11358

Cisco UCS Manager および UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトには、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) ID によって特定されたクロスサイト スクリプトの脆弱性の影響を受ける可能性がある、jQuery ソフトウェアのバージョンが含まれています。

CVE-2019-11358

Cisco のセキュリティ脆弱性ポリシーに関する追加情報については、次を参照してください。

セキュリティ脆弱性ポリシー

4.0 (4e)

CSCvn23535

CSCvn23538

CVE-2019-1963

Cisco FXOS ソフトウェアおよび Cisco NX-OS ソフトウェアにおける、Simple Network Management Protocol(SNMP)の入力パケット プロセッサの脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者が、該当デバイスの SNMP アプリケーションを予期せず再起動する可能性があります。

この脆弱性は、SNMP パケットで抽象構文記法 1 (asn.1) エンコードされた変数の検証が不適切であることに起因します。攻撃者は、該当デバイスの SNMP デーモンに巧妙に細工された SNMP パケットを送信することにより、この脆弱性を不正利用する可能性があります。エクスプロイトが成功すると、攻撃者は SNMP アプリケーションを複数回再起動し、システム レベルの再起動が行われ、サービス妨害 (DoS) 状態になる可能性があります。

この脆弱性に対処するソフトウェア アップデートは、すでに Cisco からリリースされています。脆弱性に対処する回避策はありません。

このアドバイザリは、次のリンク先で確認できます。

Cisco FXOS および NX OS ソフトウェアにより認証された Simple Network Management Protocol におけるサービス妨害 (Dos) の脆弱性

4.0 (4c)

CSCvp27917

CVE-2018-12126

CVE-2018-12127

CVE-2018-12130

CVE-2019-11091

Cisco UCS B シリーズ M3 ブレード サーバは、Intel® Xeon®Sandy Bridge E5-2600 および Ivy Bridge E5 2600 v2 製品ファミリ プロセッサに基づいており、Microarchitectural Data Sampling (MDS) を使用して、他のアプリケーションによって CPU で処理されるデータへのアクセスを取得するエクスプロイトの亜種に対して脆弱です。

  • CVE-2018-12126 (Microarchitectural Store Buffer Data Sampling) は、CPU のストア バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12127 (Microarchitectural Load Port Data Sampling) は、CPU のロード バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12130 (Microarchitectural Fill Buffer Data Sampling) は、CPU のライン フィル バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • 17 CVE-2019-11091 (Microarchitectural Data Sampling Uncacheable Memory) は、CPU の到達不能なメモリに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

このリリースには、Cisco UCS M3 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新されたマイクロコードが含まれています。

上で一覧になっている脆弱性に関する詳細は、http://cve.mitre.org/cve/cve.html で確認できます

4.0 (4c)

CSCvq66225

CVE-2019-9836

Linux オペレーティング システムを実行している仮想マシンでユーザーが選択可能な AMD セキュア暗号化機能を使用した、AMD EPYCプロセッサに基づく Cisco UCS C シリーズ サーバでは、暗号化テクノロジーの動作を操作することによって暗号キーが侵害される可能性があります。このリリースには、このリスクを軽減するための BIOS リビジョンが含まれています。この脆弱性の詳細については、 https://www.amd.com/en/corporate/product-securityを参照してください。

4.0 (4c)

CSCvp12424

CVE-2019-1559

Cisco UCS Manager には、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受ける可能性がある、OpenSSH プロトコルのバージョンが含まれています。

  • CVE-2019-1559

    アプリケーションで致命的なプロトコル エラーが発生し、SSL_shutdown () を 2 回呼び出すと、データの復号化に使用される可能性があるパディング oracle のように動作する可能性があります。

この問題は、OpenSSL ソフトウェア アップデートによって解決されます。詳細については、https://tools.cisco.com/security/center/viewAlert.x?alertId=59697 を参照してください。

4.0(4b)

4.0(2e)

CSCvo21412

CSCvp30013

CVE-2018-12126

CVE-2018-12127

CVE-2018-12130

CVE-2019-11091

Cisco UCS M4 サーバおよび Hyperflex M4 サーバは、Intel® Xeon®プロセッサ E7 v2、V3、および v4 製品ファミリ プロセッサに基づいており、Microarchitectural Data Sampling (MDS) を使用して、他のアプリケーションによって CPU で処理されるデータへのアクセスを取得するエクスプロイトの亜種に対して脆弱です。

  • CVE-2018-12126 (Microarchitectural Store Buffer Data Sampling) は、CPU のストア バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12127 (Microarchitectural Load Port Data Sampling) は、CPU のロード バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12130 (Microarchitectural Fill Buffer Data Sampling) は、CPU のライン フィル バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • 17 CVE-2019-11091 (Microarchitectural Data Sampling Uncacheable Memory) は、CPU の到達不能なメモリに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

このリリースには、Cisco UCS M4 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新されたマイクロコードが含まれています。

4.0(4b)

4.0(2e)

CSCvp28016

CVE-2018-12126

CVE-2018-12127

CVE-2018-12130

CVE-2019-11091

Cisco UCS M4 サーバおよび Hyperflex M4 サーバは、Intel® Xeon®プロセッサ E5、V3、および v4 製品ファミリ プロセッサに基づいており、Microarchitectural Data Sampling (MDS) を使用して、他のアプリケーションによって CPU で処理されるデータへのアクセスを取得するエクスプロイトの亜種に対して脆弱です。

  • CVE-2018-12126 (Microarchitectural Store Buffer Data Sampling) は、CPU のストア バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12127 (Microarchitectural Load Port Data Sampling) は、CPU のロード バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12130 (Microarchitectural Fill Buffer Data Sampling) は、CPU のライン フィル バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • 17 CVE-2019-11091 (Microarchitectural Data Sampling Uncacheable Memory) は、CPU の到達不能なメモリに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

このリリースには、Cisco UCS M4 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新されたマイクロコードが含まれています。

4.0(4b)

4.0(2e)

CSCvp31847

CVE-2018-12126

CVE-2018-12127

CVE-2018-12130

CVE-2019-11091

Cisco UCS M5 サーバおよび Hyperflex M5 サーバは、Intel® Xeon®プロセッサ スケーラブル プロセッサに基づいており、Microarchitectural Data Sampling (MDS) を使用して、他のアプリケーションによって CPU で処理されるデータへのアクセスを取得するエクスプロイトの亜種に対して脆弱です。

  • CVE-2018-12126 (Microarchitectural Store Buffer Data Sampling) は、CPU のストア バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12127 (Microarchitectural Load Port Data Sampling) は、CPU のロード バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • CVE-2018-12130 (Microarchitectural Fill Buffer Data Sampling) は、CPU のライン フィル バッファに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

  • 17 CVE-2019-11091 (Microarchitectural Data Sampling Uncacheable Memory) は、CPU の到達不能なメモリに影響を及ぼし、UCS Manager リリースに含まれる更新されたマイクロ コードと、適切なベンダーから関連するオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチを適用することによって対処されます。

このリリースには、Cisco UCS M5 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、これらの脆弱性の緩和に必要な更新されたマイクロコードが含まれています。

4.0(2a)

CSCvm35067

CVE-2018-3655

Cisco UCS C シリーズ サーバには、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受ける可能性がある、Intel®コンバージド セキュリティ管理エンジン (CSME) のバージョンが含まれています。

  • CVE-2018-3655

物理的なアクセス権を持つ攻撃者は、これらの脆弱性を使用して次のことを行うことができます。

  • Intel® CSME アンチリプレイ保護をバイパスすることにより、Intel CSME 内に保存された秘密に対するブルートフ ォース攻撃の可能性を許容します。

  • Intel® MEBX パスワードへの不正アクセスを取得する

  • Intel® csme ファイル システム ディレクトリ、またはサーバ プラットフォーム サービスと信頼できる実行環境 (Intel® txe) データ ファイルの整合性を改ざんします。

このリリースには、Cisco UCS M5 世代 C シリーズ サーバの BIOS 改定が含まれています。

4.0(1d)

CSCvm19864

CVE-2016-3115

Cisco UCS Manager および UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトには、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受ける可能性がある、OpenSSH プロトコルのバージョンが含まれています。

  • CVE-2016-3115

この脆弱性に対処するソフトウェア アップデートは、すでに Cisco からリリースされています。

4.0(1c)

CSCvk20775

CVE-2018-3655

Cisco UCS B シリーズ サーバには、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受ける可能性がある、Intel®コンバージド セキュリティ管理エンジン (CSME) のバージョンが含まれています。

  • CVE-2018-3655

物理的なアクセス権を持つ攻撃者は、これらの脆弱性を使用して次のことを行うことができます。

  • Intel® CSME アンチリプレイ保護をバイパスすることにより、Intel CSME 内に保存された秘密に対するブルートフ ォース攻撃の可能性を許容します。

  • Intel® MEBX パスワードへの不正アクセスを取得する

  • Intel® csme ファイル システム ディレクトリ、またはサーバ プラットフォーム サービスと信頼できる実行環境 (Intel® txe) データ ファイルの整合性を改ざんします。

このリリースには、Cisco UCS M5 世代 B シリーズ サーバの BIOS 改定が含まれています。

4.0(1a)

CSCvm03356

CVE-2018-3615

CVE-2018-3620

CVE-2018-3646

Cisco UCS B シリーズ M3 サーバおよび C シリーズ M3 サーバは、CPU の投機処理とデータ キャッシュのタイミングを使用して権限情報を識別するエクスプロイトに対して脆弱な、Intel®プロセッサに基づいています。これらのエクスプロイトは、総称して L1 Terminal Fault (L1TF) と呼ばれています。

  • CVE-2018-3615 (SGX に影響) は Foreshadow とも呼ばれ、既存の Cisco UCS サーバに影響を与えます。これは、Cisco UCS M5 および旧世代サーバと、HyperFlex M5 および旧世代サーバは Intel® SGX テクノロジーを使用しないためです。

  • CVE-2018-3620 (OS/システム管理モードに影響) および CVE-2018-3646 (仮想マシン モニタに影響) は、Intel® による L1 Terminal Fault 攻撃とも呼ばれます。これらの脆弱性は、サーバ ファームウェア バンドルに含まれている Intel®から更新されたプロセッサ マイクロ コードを適用することによって軽減されます。また、該当するベンダーからのオペレーティング システムとハイパーバイザのパッチも適用されます。

このリリースには、Cisco UCS M3 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、CVE-2018-3620 (OS/SMM) および CVE-2018-3646 (VMM) の緩和に必要な、更新されたプロセッサ マイクロ コードが含まれています。これらの脆弱性を軽減するために、適切なベンダーからのオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチも必要になる場合があります。

詳細については、次の Cisco セキュリティ アドバイザリを参照してください。

CPU サイドチャネル情報漏えいの脆弱性: 2018 年 8 月

4.0(1a)

CSCvm03351

CVE-2018-3615

CVE-2018-3620

CVE-2018-3646

Cisco UCS B シリーズ M4 サーバ、C シリーズ M4 サーバ、S3260 M4 ストレージ サーバ、HyperFlex M4 サーバは、CPU の投機処理とデータ キャッシュのタイミングを使用して権限情報を識別するエクスプロイトに対して脆弱です。これらのエクスプロイトは、総称して L1 Terminal Fault (L1TF) と呼ばれています。

  • CVE-2018-3615 (SGX に影響) は Foreshadow とも呼ばれ、既存の Cisco UCS サーバに影響を与えます。これは、Cisco UCS M5 および旧世代サーバと、HyperFlex M5 および旧世代サーバは Intel® SGX テクノロジーを使用しないためです。

  • CVE-2018-3620 (OS/システム管理モードに影響) および CVE-2018-3646 (仮想マシン モニタに影響) は、Intel® による L1 Terminal Fault 攻撃とも呼ばれます。これらの脆弱性は、サーバ ファームウェア バンドルに含まれている Intel®から更新されたプロセッサ マイクロ コードを適用することによって軽減されます。また、該当するベンダーからのオペレーティング システムとハイパーバイザのパッチも適用されます。

このリリースには、Cisco UCS M4 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、CVE-2018-3620 (OS/SMM) および CVE-2018-3646 (VMM) の緩和に必要な、更新されたプロセッサ マイクロ コードが含まれています。これらの脆弱性を軽減するために、適切なベンダーからのオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチも必要になる場合があります。

詳細については、次の Cisco セキュリティ アドバイザリを参照してください。

CPU サイドチャネル情報漏えいの脆弱性: 2018 年 8 月

4.0(1a)

CSCvm03339

CVE-2018-3615

CVE-2018-3620

CVE-2018-3646

Cisco UCS B シリーズ M5 サーバ、C シリーズ M5 サーバ、および HyperFlex M5 サーバは、CPU の投機処理とデータ キャッシュのタイミングを使用して権限情報を識別するエクスプロイトに対して脆弱な、Intel®プロセッサに基づいています。これらのエクスプロイトは、総称して L1 Terminal Fault (L1TF) と呼ばれています。

  • CVE-2018-3615 (SGX に影響) は Foreshadow とも呼ばれ、既存の Cisco UCS サーバに影響を与えます。これは、Cisco UCS M5 および旧世代サーバと、HyperFlex M5 および旧世代サーバは Intel® SGX テクノロジーを使用しないためです。

  • CVE-2018-3620 (OS/システム管理モードに影響) および CVE-2018-3646 (仮想マシン モニタに影響) は、Intel® による L1 Terminal Fault 攻撃とも呼ばれます。これらの脆弱性は、サーバ ファームウェア バンドルに含まれている Intel®から更新されたプロセッサ マイクロ コードを適用することによって軽減されます。また、該当するベンダーからのオペレーティング システムとハイパーバイザのパッチも適用されます。

このリリースには、Cisco UCS M5 世代サーバの BIOS 改定が含まれています。これらの BIOS 改定には、CVE-2018-3620 (OS/SMM) および CVE-2018-3646 (VMM) の緩和に必要な、更新されたプロセッサ マイクロ コードが含まれています。これらの脆弱性を軽減するために、適切なベンダーからのオペレーティング システムおよびハイパーバイザ パッチも必要になる場合があります。

詳細については、次の Cisco セキュリティ アドバイザリを参照してください。

CPU サイドチャネル情報漏えいの脆弱性: 2018 年 8 月

4.0(1a)

CSCvg58650

  • CVE-2017-5718

Cisco UCS 6200 および 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトには、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) ID によって特定された脆弱性の影響を受ける可能性がある、Intel Core プロセッサの Intel システム ファームウェアのバージョンが含まれています。

  • CVE-2017-5718 は、サーバ ファームウェア バンドルに含まれている Intel から更新されたプロセッサ マイクロ コードを適用することによって対応されます。また、該当するベンダーからのオペレーティング システムとハイパーバイザのパッチも適用されます。

このリリースには、脆弱性に対処するための BIOS リビジョンが含まれています。

4.0(1a)

CSCvh25150

CVE-2017-3883

Cisco Firepower Extensible Operating System (FXOS) および NX OS システム ソフトウェアの認証、許可、アカウンティング (AAA) の実装における脆弱性により、認証されていないリモート攻撃者が該当デバイスのリロードを引き起こす可能性があります。

この脆弱性は、影響を受けるデバイスがブルート フォース ログイン攻撃などの高レートのログイン試行を受信したときに、NX OS システム マネージャがキープアライブ メッセージを受信しないようにするために発生します。システム メモリは、同じ条件下で FXOS デバイスの動作が低下する場合があり、これにより、AAA プロセスが予期せず再起動したり、デバイスのリロードが発生したりする可能性があります。

攻撃者は、AAA セキュリティ サービスを使用して設定されたデバイスに対してブルート フォース ログイン攻撃を実行することで、この脆弱性をエクスプロイトする可能性があります。エクスプロイトに成功した場合、攻撃者は脆弱性の影響を受けるデバイスをリロードさせることができます。

この脆弱性に対処するソフトウェア アップデートは、すでに Cisco からリリースされています。脆弱性に対処する回避策があります。

詳細については、次の Cisco セキュリティ アドバイザリを参照してください。

Cisco FXOS および NX OS システムソフトウェアの認証、許可、およびアカウンティングにおけるサービス妨害 (Dos) の脆弱性

4.0(1a)

CSCva61699

Common Weakness Enumeration (CWE) IDs:

  • 525

  • 933

  • 16

  • 311

  • 200

HTTP 応答および影響を受ける Cisco UCS Manager について、次のセキュリティ脆弱性が特定されました。

  • キャッシュ制御およびプラグマ HTTP ヘッダー セットが不完全または設定されていません

  • Web ブラウザ XSS 保護が有効になっていません

  • X: Content-type オプションのヘッダーがありません

  • セキュアなページに混合コンテンツが含まれています

  • プライベート IP が公開されています

これらのセキュリティの脆弱性のうち、Cisco はこのリリースで次の点に対処しています。

  • Web ブラウザ XSS 保護が有効になっていません

  • X: Content-type オプションのヘッダーがありません

またはキャッシュ制御およびプラグマの HTTP ヘッダー セットが不完全または設定されていない場合の脆弱性は、次の理由により修正されません。

  • キャッシングの無効化の結果、GUI のパフォーマンスが低下します

  • キャッシングを無効にすると、KVM の起動が影響を受けます

4.0(1a)

CSCvi95784

  • CVE-2017-15715

  • CVE-2018-1303

  • CVE-2018-1301

  • CVE-2018-1302

  • CVE-2018-1283

  • CVE-2018-1312

  • CVE-2017-15710

以前の Cisco UCS Manager リリースで使用されていた Apache バージョンは、リストされている共通の脆弱性および露出 (CVE) ID の影響を受けていました。これらの CVE ID のほとんどは低リスクであり、Cisco UCS Manager には適用されません。

デフォルトのオープン ポート

次の表に、Cisco UCS Manager リリース 4.0 で使用されるデフォルトのオープン ポートを示します。

ポート

インターフェイス

プロトコル

トラフィック タイプ

ファブリック インターコネクト

使用法

22

CLI

SSH

TCP

UCS 6200 シリーズ

UCS 6300シリーズ

UCS 6400 シリーズ

Cisco UCS Manager CLI アクセス

80

XML

HTTP

TCP

UCS 6200 シリーズ

UCS 6300シリーズ

UCS 6400 シリーズ

Cisco UCS Manager GUI およびサードパーティ管理ステーション。

クライアント ダウンロード

443

XML

HTTP

TCP

UCS 6200 シリーズ

UCS 6300シリーズ

UCS 6400 シリーズ

Cisco UCS Manager ログイン ページ アクセス

Cisco UCS Manager XML API アクセス

743

KVM

HTTP

TCP

UCS 6200 シリーズ

UCS 6300シリーズ

UCS 6400 シリーズ

CIMC Web サービス / ダイレクト KVM

843

xmlPolicy

Adobe Flash

[TCP]

UCS 6200 シリーズ

UCS 6300シリーズ

KVM ランチャで使用される Adobe Flash ポート

5661

HTTPD

[TCP]

UCS 6400シリーズ

内部通信

Cisco UCS Manager リリース 4.0(4f) で無効

7162

HTTPD

[TCP]

UCS 6400シリーズ

内部通信

Cisco UCS Manager リリース 4.0(4g) で無効

7546

CFS

CFSD

[TCP]

UCS 6400シリーズ

Cisco ファブリック サービス

Cisco UCS Manager ネットワーク管理ガイド リリース 4.0には、オープン TCP ポートと UDP ポートの完全なリストが用意されています。

Libfabric およびオープン MPI

Libfabric およびオープン MPI オープン ソース パッケージの Cisco usNIC サポートは、コミュニティ web サイト (http://libfabric.org/および http://www.open-mpi.org/ それぞれ) から簡単に利用できます。

Cisco UCS Manager リリース 3.1 (3) 以降のリリースには、オープン MPI バイナリ パッケージは含まれていません。通常の Cisco ソフトウェア チャネルを介して配布される今後の UCS ソフトウェア ドライバ バンドルには、libfabric パッケージ用のバイナリが含まれていない可能性があります。Cisco エンジニアは、Libfabric およびオープン MPI コミュニティの両方において引き続きアクティブであり、通常のコミュニティまたは商用の ISV サポート メカニズム (IBM スペクトラム MPI など) を通じて積極的に開発を行い、ユーザーをサポートします。

解決済みの不具合 (p.11)

リリースで解決済みのバグには、Cisco バグ検索ツールを使用してアクセスできます。この Web ベース ツールから、この製品やその他のシスコ ハードウェアおよびソフトウェア製品でのバグと脆弱性に関する最新情報を保守する Cisco バグ追跡システムにアクセスできます。


(注)  

Cisco Bug Search Tool にログインしてこのツールを使用するには、Cisco.com アカウントが必要です。アカウントがない場合は、アカウントを登録できます。


Cisco Bug Search Tool の詳細については、Bug Search Tool(BST)ヘルプおよび FAQ を参照してください。

リリースで解決済みの問題 4.0 (4i)

次の問題はリリース 4.0 (4i) で解決済みです。

不具合 ID

症状

影響を受ける最初のバンドル

リリースで解決済み

CSCvt55829

下に示す PID の SanDisk Lightning II ソリッド ステート ドライブ (SSD) LT0400MO および LT1600MO は、40,000 時間正常に動作した後、利用可能な残りストレージ スペースが 0 GB であると報告するようになります。電源サイクル イベントの後に、SSD はオフラインになって使用できなくなり、データ損失が発生します。また、サービス作業で同時に複数のドライブを取り付けていた場合には、すべてのドライブでそうなる可能性があります。

この問題の影響を受ける SSD の PID は、次の通りです。

  • (400GB) UCS-SD400G1KHY-EP、UCS-SD400G12S4-EP、UCS-C3X60-12G240

  • (1.6TB) UCS-SD16TG1KHY-EP、UCS-SD16TB12S4-EP、UCS-C3X60-12G2160

この問題は解決されました。

3.2(1d)C

4.0 (4i)C

CSCvt37895

ファブリック エクステンダを介してファブリック インターコネクトに接続されている Cisco C シリーズ統合サーバは、クラスタのフェールオーバーまたはシャロー ディスカバリ中に、ファブリックポートのリンクフラップを検出します。

この問題は解決されました。

4.0 (4e)A

4.0 (4i)A

CSCvq80554

Cisco モデル M4 サーバでは、BMC が HCL ファイル変更の通知を送信できませんでした。

この問題は解決されました。

4.0 (1c) A

4.0 (4i)A

CSCvs61735

UCS Manager は、Cisco 6400 シリーズ ファブリック インターコネクトの IOM の全体的なステータスを正確には提供しませんでした。

この問題は解決されました。

4.0(1a)A

4.0 (4i)A

CSCvm59040

VIC 1225 アダプタが搭載された Cisco スタンドアロン C シリーズサーバ上のホストでは、180日以上の稼働時間の経過後に、メモリ不足が発生して、ネットワーク接続が失われることがあります。

この問題は解決されました。

4.0(1a)B および C

4.0 (4i)B および C

CSCvt27869

6200 シリーズ ファブリック インターコネクトで OOB メモリアクセスが検出され、ファブリック インターコネクトが再起動します。

この問題は解決されました。

4.0(1a)A

4.0 (4i)A

CSCvt08435

6300シリーズ ファブリック インターコネクトでは、IOM 2304 で SNMP をモニタしている間、HIF ポート数が断続的にゼロに低下し、サードパーティのモニタリング アプリケーションはトラフィックが高いと報告されます。

4.0(4b)A

4.0 (4i)A

CSCvu07675

UCS 管理型の統合 C シリーズ ラック サーバへのファームウェアの自動インストールは、SAS コントローラのアクティブ化に失敗しました。

4.0(4b)C

4.0 (4i)C

CSCvt65210

1400 シリーズ ファブリック インターコネクトでは、アップリンク ポートのフラップ中に vif_vifid_reserve が失敗しました。

4.0 (4h)A

4.0 (4i)A

CSCvs46320

6400 ファブリックインターコネクトに接続されている UCS サーバは、UCS Manager で設定された時間やタイムゾーンとの同期を失うことがあります。

4.0(1a)A

4.0 (4i)A

CSCvu14656

BIOS を次のいずれかのバージョンにアップグレードすると、M5 サーバの起動が、メモリ テストの手順で停止します。

  • C220M5.4.1.1c.0.0404202345

  • C240M5.4.1.1c.0.0405200025

  • B200M5.4.1.1c.0.0404202345

4.0 (4h)C

4.0 (4i)C

CSCvu16418

Cisco UCS Manager 4.0(4g)ファームウェアを実行している Cisco UCS 6400 シリーズ ファブリック インターコネクトでは、アップストリーム MDS で カーネル パニック が発生しても、UCS ファイバ チャネル(FC)ポートはオンラインのままになります。構成によっては、この状況により、MDS が動作不能であっても UCS FC アップリンクがオンラインのままになることがあります。これにより、ピン接続された vHBA が起動したままになり、OS が FC インターフェイスが正しく機能していないことを認識できなくなります。

この問題は解決されました。

4.0 (4g)A

4.0 (4i)A

CSCvt29474

ファイバ チャネル(FC)ストレージ ユニットに直接接続されたスイッチド モードの Cisco UCS 6332-16UP ファブリック インターコネクト(FI)では、FC インターフェイスの多数のリンク リセット(LR)またはリンク リセット応答(LRR)により、任意の FI リンクが使用できなくなります。

この問題は解決されました。

4.0(2a)A

4.0 (4i)A

CSCvt44506

Cisco UCS Manager は、グラフィック処理ユニット (GPU) カードの複数のデルタ イベントを受信します。

この問題は解決されました。

4.0 (4h)C

4.0 (4i)C

CSCvs35747

まれに、6300 シリーズ ファブリック インターコネクトの FC アップリンク接続とクレジットが失われると、FC ポートでのトラブルシューティングに必要なポート/リンク/速度 FSM 情報などの重要な情報が失われることがあります。

FC ポートの問題のロギングが拡張され、fc-mac 出力にポート/リンク/速度 FSM 情報が表示されるようになりました。

4.0(1b) A

4.0 (4i)A

CSCvt38091

Cisco UCS Manager リリース 4.0 (4e) にアップグレードした後、B200-M5 ブレード サーバに次のようなメッセージが表示されました。

モデル名 UCS-FI-6332-16UP のホスト名が、診断テストの失敗を報告しました。

「'回復済み:サーバ 1/6 (サービス プロファイル:(プロファイル名) アクセス不能」

この問題は解決されました。

4.0 (4e)B

4.0 (4i)B

CSCvs97236

C460 M4 C シリーズ ラック サーバがパトロール スクラブ中に修正不能な ECC エラーを検出すると、切り捨てられたシステム アドレス (4 KB ページ境界) をマシン チェック バンクに記録します。iMC Demand Scrubber が修正不能な ECC エラーを検出すると、完全な「キャッシュ ライン」(切り捨てられていない) アドレスをマシン チェック バンクに記録します。

この切り捨てられたメモリ アドレスは、アドレスを物理 DIMM に転送変換するために使用されます。システムの装着状況と構成によっては、修正不能な ECC エラーを記録する SEL メッセージが正しい DIMM を指していない可能性があります。

この問題は解決されました。

デマンド スクラブ中に検出された修正不能な ECC エラーは、物理 DIMM に正しく変換されます。

4.0 (4h)C

4.0 (4i)C

CSCvs73313

Cisco UCS M5 サーバを長期にわたって使用した場合、bladeAG プロセスがクラッシュし、サーバでシャロー ディスカバリがトリガされることがあります。この条件は、内部メモリ リークのために発生します。

この問題は解決されました。

4.0(4a)A

4.0 (4i)A

CSCvt64871

Cisco UCS C480 M5 サーバおよび Cisco UCS 480 M5 ML サーバでは、ADDDC 仮想ロックステップをアクティブ化した後、まれに応答が停止して、再起動する場合があります。これにより、メモリ システムの #IERR と M2M タイムアウトが発生します。

詳細については、以下を参照してください。

4.0 (4c)B

4.0 (4i)B

CSCvu11155

BIOS を次のいずれかのバージョンにアップグレードすると、第2世代 Intel® Xeon® スケーラブル プロセッサを搭載した Cisco UCS B シリーズ、C シリーズ、および S シリーズ M5 サーバでパフォーマンスが低下する可能性があります。

  • C240M5.4.0.4r.0.0305200743

  • C220M5.4.0.4p.0.0224200755

  • B200M5.4.0.4l.0.0305202307

  • B480M5.4.0.4m.0.0305202307

  • S3X60M5.4.0.4o.0.0224200755

4.0 (4h)B および C

4.0 (4i)B および C

CSCvq53066

Cisco UCS Manager 4.0(2d) から Cisco UCS Manager 4.0(4b) へのファームウェアの自動アップグレード中に、統合ラック サーバの SAS コントローラ ファームウェアがアクティブになりません。

4.0(4b)

4.0 (4i)

リリースで解決済みの問題 4.0 (4h)

次の問題はリリース 4.0 (4h) で解決済みです。

不具合 ID

症状

影響を受ける最初のバンドル

リリースで解決済み

CSCvr83759

UCS Manager 3.2(3c) から 4.0(4c) にアップグレードした後、openSSH または SecureCRT を「パスワード」認証で使用すると、UCS Manager ファブリック インターコネクトへのブレード サーバ アクセスが失敗します。

この問題は解決されました。

4.0(1a)A

4.0 (4h)A

CSCvr98210

アプライアンス ポートまたは FCoE ストレージ ポートを搭載したシステムで Cisco UCS Manager リリース 3.2 からリリース 4.0 以降にアップグレードする場合、LLDP はデフォルトで無効になります。FCoE または LLDP を必要とする接続は、動作を停止する可能性があります。

この問題は解決されました。

4.0(4b)

A

4.0 (4h)A

CSCvr91399

次の BIOS トークンは、Cisco UCS Central から UCS Manager にプッシュされるときに、プラットフォームのデフォルトにリセットされます。

SelectMemoryRASConfiguration

LocalX2Apic

BMEDMAMitigation

この問題は解決されました。

4.0(1a)A

4.0 (4h)A

CSCvq76790

Cisco IMC またはファブリック インターコネクトのファームウェア アップグレード後、物理レイヤ1の問題またはファイバ チャネル ポートのポート モードの設定ミスが原因で、Cisco IMC とファブリック インターコネクト間の接続が失われます。

この問題は解決されました。

4.0(2b)A

4.0 (4h)A

CSCvr74792

Cisco UCS Manager リリース 4.0(2d) で動作している Cisco UCS 6454 ファブリック インターコネクトは、カーネルのパニックとウォッチドッグ タイマーのタイムアウトによりリブートされます。これは、PSU ファン データのアクセスにより、カーネルのスピンロックが生じて発生します。

この問題は解決されました。

4.0(1a)A

4.0 (4h)A

CSCvr95365

Cisco UCS Manager リリース 4.0(1a) からリリース 4.0(4b) へのファームウェア アップグレード後、Cisco 12G モジュラ SAS HBA コントローラを搭載した Cisco UCS C240 M5 サーバの検出は、次のエラーで失敗します。

mc_attrib_set_suboem_id は SubOEM ID を設定できませんでした

この問題は解決されました。

4.0(4a)C

4.0 (4h)A

CSCvp71363

VIC 1457 アダプタを搭載した UCS C240 M5 サーバが、UCS ファブリック インターコネクトとの直接接続連携を介して Cisco UCS Manager によって管理されているシステムでは、次の障害が未使用ポートまたは未接続ポートに表示されます。

アダプタ アップリンク インターフェイス x/y/z リンク ステート:使用できません。Please verify connectivity to Fabric Interconnect. シャーシの確認が必要な場合があります。

この問題は解決されました。

4.0(2d)A

4.0 (4h)A

CSCvr15733

負荷の下では、MLOM-UCSC-MLOM-C25Q-04-04 バージョン 4.0(4b) を動作させている Cisco vNIC 1400 シリーズは、レート制限のシャットオフに関する既知の問題が原因で永続的に停止します。

この問題は解決されました。

4.0(1a)B

4.0 (4h)A

CSCvs35789

UCS 6454 ファブリック インターコネクトにフェールオーバーが発生すると、HIF ポートがダウンして、トラフィックがしばらくの間中断します。したがって、ファブリック インターコネクトを再起動すると、接続を回復させるためにさらに時間がかかります。

平均遅延が減少します。

4.0 (4c)A

4.0 (4h)A

CSCvs63073

QoS スクリプトの実行中、Cisco UCS 6400 シリーズのファブリック インターコネクトは、スピンロックの状態で発生したシステム ウォッチドッグのタイムアウトによりクラッシュします。

システム ウォッチドッグのタイムアウトの原因になったスピンダウン状態は、解決されました。

4.0(1a)A

4.0 (4h)A

CSCvr46327

UCS 2208 IOM を UCS 2408 IOM で置き換えると、仮想イーサネット インターフェイスは使用できなくなります。仮想イーサネット インターフェイスは、 show interface virtual ステータス コマンドの出力では利用できませんが、NXOS の show interface brief コマンドの出力では使用できます。

この問題は解決されました。

4.0 (4d)A

4.0 (4h)A

CSCvs51200

Cisco UCS C シリーズ M5 サーバでは、次の条件下で UEFI ブート LUN が機能しなくなります。

  • OS が ESXi リリース 6.0 アップデート 3 または 6.5 アップデート1 の場合

  • IQN がプロファイルレベルで定義されている場合

  • 少なくとも1つの iSCSI vNIC が複数のターゲットでブートするように設定されている場合

この問題は解決されました。

4.0 (4f)A

4.0 (4h)A

CSCvr79388

Cisco UCS Intel® プロセッサ ベース M5 サーバでは、ADDDC 仮想ロックステップをアクティブ化した後、まれに応答が停止して、再起動する場合があります。これにより、メモリ システムの #IERR と M2M タイムアウトが発生します。

詳細については、以下を参照してください。

(注)   

この問題は、Cisco UCS C480 M5 および Cisco UCS 480 M5 ML サーバでも引き続き発生します。詳細については、「未解決の問題」セクションの「CSCvt64871」を参照してください。

4.0 (4c)B

4.0 (4h)B

CSCvr79396

Cisco UCS M5 サーバでは、仮想ロック ステップ (VLS) のスペアリング コピーが早期に終了して、ロック ステップ領域で誤った値が導き出されます。

この問題は解決されました。

4.0 (4e)B

4.0 (4h)B

CSCvs25524

Cisco UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトでは、VDC デバッグ ログによって一時ディレクトリがいっぱいになるため、次のメッセージがコンソールログに表示されます。

FI6332-DC3-A %SYSMGR-2-TMP_DIR_FULL: システムの一時ディレクトリの使用率が予期せずに 80% を超えました (System temporary directory usage is unexpectedly high at 80%)

この問題は解決されました。

4.0(4b)A

4.0 (4h)A

CSCvs88880

Cisco VIC 1455/1457/1495/1497 アダプタの電源が入ったままの状態で、スタンドアロン Cisco IMC または Cisco UCS Manager の管理課にある C シリーズ サーバをリブートした場合、次のようになります。

  • Cisco IMC では、VIC アダプタを管理したり、アダプタ設定を表示/変更したりすることができなくなる可能性があります。

  • Cisco VIC 1455/1457/1495/1497 アダプタを使用して cisco IMC と Cisco UCSM の間を接続すると、Cisco UCS Manager が Cisco IMC との接続を失う可能性があります。

4.0(1a)

4.0 (4h)A

CSCvr70687

新しい Cisco UCS C240 M5 サーバは検出に失敗するか、次のエラー メッセージを表示して応答しなくなります。

CimcVMedia Error: Error retrieving vmedia attributes 
list-MC Error(-6)

この同じ問題は、FI の再起動またはアップグレード後、すべての Cisco UCS C240 M5 サーバで発生することがあります。

この問題は解決されました。

4.0 (4d)A