アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

日本におけるスマートファクトリーの実現
IoT に最適な工場内ネットワークの統合運用管理

 

スマートマニファクチャリング / ITとOTネットワーク相互接続 / 統合運用管理

工場内 IoT ネットワークの最適な統合運用管理とは

ダウンタイムの低減や生産性向上、在庫回転率の改善などを目的としたスマートファクトリー化が注目される中、現在の工場のネットワークはITとOTそれぞれに分割されているため、IoT で欠かせない相互接続や全体管理が難しいという課題が顕在化しています。前回に引き続き日本の製造業向けに、新しいIoTネットワークの最適な全体管理を実現するアプローチについて解説します。

IT部門とOT部門の双方が感じる、相互接続ネットワークへの懸念

シスコ産業用スイッチによって OT と IT ネットワーク間の相互接続が実現できたとして、次に課題となるのが工場ネットワーク全体の運用管理です。

これまで分断して存在した工場内の IT ネットワークと生産設備ネットワークは、IT 部門と生産部門それぞれが個別管理していました。スマートファクトリー化を目指し、相互接続した場合に両部門に次のような懸念が発生します。

IT 部門

  • 生産部門が管理するネットワークにどう接続し、セキュリティを確保すればいいのか分からない

OT 部門

  • 相互接続したネットワークがどこにつながっているのか把握できず、管理が行き届かなくなる

相互接続ネットワークへの懸念を払しょくする、
IT / OT 両部門に適したシスコの管理ソリューション

このような懸念を払しょくするには、IT 部門と OT 部門の双方に適した管理ツールや設計ガイドラインが必要です。ネットワークの専門企業として IT と OT の両面の課題を解決してきたシスコでは、それぞれの部門にとって使いやすさと効果を確保する管理ソリューションを提供しています。

工場ネットワークのイメージとシスコの管理ツール

IT部門向け 工場内ネットワークの統合運用管理を支援 Cisco DNA Center

Cisco DNA Center は、IT部門向けに直感的なネットワーク全体管理を提供します。

トポロジー自動作成、アセット管理、ユーザと端末アクセス権限設定、電波環境可視化管理、障害予測と対策提示・半自動実施など、ネットワーク管理を支援するさまざまな機能を網羅しており、障害発生箇所を通信経路から特定することなどが可能となります。

Cisco DNAC による工場内ネットワークの全体管理

生産部門向け 産業ネットワーク専用可視化管理ツール Cisco IND

Cisco Industrial Network Director(IND)は、「配線が複雑で把握できない」「IP アドレスの重複」「ケーブル抜け落ちを検知できない」「障害発生箇所の特定が困難」といった生産設備ネットワークの管理を、極めて直感的に可能にするツールです。

特別な IT スキルがなくても直感的なインタフェースで誰でも管理でき、産業機器の接続状況も障害箇所もひと目で把握可能。 SNMP(Simple Network Management Protocol)を用い、シスコ製品に限らずあらゆるメーカーのスイッチやアクセスポイントなどがマップ上に自動的に配置され、各種 I/O やコントローラー、EtherNet/IP 端末なども産業用プロトコルを用いて可視化されます。生産設備ネットワークで最も大きな課題である、現状と生涯状況の可視化を実現します。

また、このツールをIT 部門にも共有することで、工場ネットワーク全体の効率的な管理が実現します。

Cisco IND による生産設備ネットワーク可視化管理

シスコ 産業ネットワーク管理ソリューション 3つの特長

生産設備ネットワークに特化した可視化で、直感的な管理を提供

機器、配線、プロトコルを集約し IoTとスマートファクトリー化を実現

通信全監視、自動排除、ポリシー制御など高いセキュリティ機能

ベストプラクティスを集約したデザインガイドも提供

シスコでは、産業用スイッチ機器や管理ツールの提供にとどまらず、ITとOTを集約する検証済みのアーキテクチャとベストプラクティスをひとまとめにした検証済デザインガイドを提供しています。

これまでシスコがグローバルで培ってきたエンタープライズ ネットワークでの豊富なノウハウや知見も生かし、ネットワーク構成とセキュリティの大きく 2 つの側面からニーズやケースに対応する多種多様な解決策をガイドとしてご活用いただけます。

シスコはこれからも、日本の製造業の強みである工場の IoT、スマートファクトリー化に向けた積極的な支援を進めていきます。

検証済デザインガイド(CPwE+SAFE)