アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

SD-WAN の概要

今 SD-WAN にする理由

従来型の WAN

従来の WAN(ワイドエリアネットワーク)の役割は、ブランチまたはキャンパスのユーザが、データセンター内のサーバでホストされているアプリケーションに接続できるようにすることでした。一般的には、専用の MPLS 回線を使用してセキュリティや信頼性の高い接続を確保していましたが、クラウド中心の世界では機能しません。

IT 部門が抱える現在の課題

時代は変わりました。企業が複数のクラウドにわたって SaaS/IaaS(Infrastructure-as-a-Service)アプリケーションを使用するようになるにつれ、IT 部門は、ユーザのアプリケーション エクスペリエンスが低下していることを認識するようになっています。これは、古い時代に設計された WAN が、クラウドの採用によるかつてないトラフィックの急増に対応できていないことが原因です。クラウド利用によるトラフィックの急増は、管理の複雑化、不安定なアプリケーション パフォーマンス、データの脆弱性の原因となります。

企業がインターネットやクラウドの利用を拡大するにつれ、深刻な脅威やコンプライアンスの問題にさらされます。従業員、パートナー、請負契約者、ベンダー、ゲストなどのさまざまなユーザがアプリケーションにアクセスする場合、企業の重要な資産を保護することはきわめて困難です。WAN でブロードバンドを有効にすると、セキュリティ要件がより厳格になり、IT 部門は、ユーザエクスペリエンス、セキュリティ、システムの複雑化のバランスをいかに取るかという課題に直面します。

新しい WAN

新しいビジネスモデルによって、新たなネットワークモデルの必要性が増しています。

SD-WAN は、IT 部門が抱える現在の課題を解決するソリューションです。ネットワーク接続に対する SD-WAN の新しいアプローチによって運用コストを削減し、マルチサイト環境におけるリソースの使用状況を改善できます。ネットワーク管理者は帯域幅をより効率的に使用し、セキュリティやデータプライバシーを維持しながら、クリティカルなアプリケーションで優れたパフォーマンスを確保できます。

SD-WAN の利点

従来型の WAN アーキテクチャは、エンタープライズ、ブランチ、データセンターに限られていました。組織がクラウドベースのアプリケーションを SaaS や IaaS の形態で利用するようになると、世界中に分散したアプリケーションにアクセスすることでトラフィックが急増し、従来型の WAN アーキテクチャでは対応できなくなりました。

この問題は、IT にさまざまな影響を与えています。従業員の生産性は、SaaS アプリケーションのパフォーマンスが低下すれば影響を受けます。専用回線およびバックアップ回線を効率的に使用できなければ、WAN のコストが上昇する可能性があります。IT 部門は、複数の種類のデバイスを利用するさまざまなタイプのユーザを、複数のクラウド環境に接続するという難しい課題に日々対応しています。

IT 部門は、SD-WAN を利用することで、ルーティング、脅威防御、費用のかかる回線の効率的な削減、シンプルな WAN ネットワーク管理を実現できます。SD-WAN には、以下のようなビジネス上の利点があります。

アプリケーション エクスペリエンスの向上

  • すべてのクリティカルなエンタープライズ アプリケーションで、高い可用性と安定したサービスを実現
  • あらゆるネットワークの状況に対応可能な、複数のハイブリッド アクティブ-アクティブ リンク
  • アプリケーション認識型ルーティングでアプリケーション トラフィックを動的にルーティングし、効率的な配信とユーザエクスペリエンスの向上を実現
  • コストの高いマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)サービスを、経済性に優れた柔軟なブロードバンド(セキュア VPN 接続など)に更新することで OpEx を削減

セキュリティの強化

  • アプリケーション認識型のポリシー、エンドツーエンドでのセグメンテーション、リアルタイムのアクセス制御
  • 適切な場所に統合型脅威防御を適用
  • ブロードバンド インターネット接続およびクラウドに対するトラフィックのセキュリティを確保
  • NGFW、DNS セキュリティ、NGAV を利用してセキュリティ機能をブランチやリモートのエンドポイントに分散

最適なクラウド接続

  • WAN をマルチパブリッククラウドにシームレスに拡張
  • Microsoft Office 365、Salesforce などの主要な SaaS アプリケーションのパフォーマンスをリアルタイムに最適化
  • Amazon Web Services(AWS)や Microsoft Azure などのクラウドプラットフォームでのワークフローを最適化

シンプルな管理

  • WAN、クラウド、セキュリティの設定や管理を一元化したクラウド型の管理ダッシュボード
  • あらゆるロケーション(ブランチ、キャンパス、クラウド)に対するテンプレートベースのゼロタッチプロビジョニング
  • ビジネス分析や帯域幅予測に活用できる、アプリケーションおよび WAN のパフォーマンスに関する詳細なレポート