アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco SD-WAN ソリューションの概要

すべてのプラットフォームで一貫したアプリケーション エクスペリエンスを維持しながら、あらゆるユーザを、あらゆる場所やクラウドにセキュアに接続します。

PDF のダウンロード デモを見る

はじめに

アプリケーションをクラウドに移行するには、信頼性に優れた高速な接続が必要です。接続するエンドポイントの増加によって、帯域幅への負担が重くなり、センシティブなネットワークが脅威や脆弱性にさらされるのに伴い、IoT のパフォーマンスへの要求がいっそう高くなっています。一方で、従業員のモバイル化が進み、場所を問わない最適なパフォーマンスが必要になっています。

企業にとって対応が非常に困難な状況ではありますが、Cisco SD-WAN を使用すれば、自信を持って切り抜けることが可能です。信頼を積み重ねてきたシスコのプラットフォームとソフトウェア定義型の効率を兼ね備えた Cisco SD-WAN は、WAN 全体に及ぶ卓越した可視性や、エンド ユーザのための最適な接続環境、そしてネットワークを保護する最も包括的なセキュリティ プラットフォームを実現します。

概要:Cisco SD WAN ファブリック

Cisco SD-WAN vManage コンソールを利用して、データセンター、ブランチ、キャンパス、コロケーション施設に接続する SD-WAN オーバーレイ ファブリックを迅速に確立し、ネットワーク速度、セキュリティ、効率性を改善できます。テンプレートとポリシーが設定されると、Cisco SD-WAN アナリティクスが接続やコンテキストの問題を特定し、接続性にかかわらず、ユーザが宛先に到達するまでの最適なパスを判断します。

ホスト元がクラウドであってもオンプレミスであっても、Cisco vBond および vSmart オーケストレーション/コントローラ プラットフォームが SD-WAN 接続デバイスの認可を検証し、ネットワーク インフラストラクチャを認証してプロビジョニングします。SD-WAN プラットフォームが接続されると、オーバーレイ ルーティング効率の管理、最新のポリシーのリアルタイムな反映、シスコのフルメッシュ型暗号化配信における鍵交換の処理が実施され、ユーザを必要なアプリケーションへと導く最適なパスが判断されます。

Cisco SD-WAN はサードパーティの API 統合をサポートしているため、日常の運用においてさらに高度な簡素性、カスタマイズ、自動化を達成できます。さらに、Cisco SD-WAN には、Border Gateway Protocol(BGP)、Open Shortest Path First(OSPF)、Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)、Internet Protocol version 6(IPv6)など、すべてのエンタープライズ SD-WAN 導入環境にとって重要な、一般的なルーティング プロトコルが含まれています。

vManage と呼ばれる単一のダッシュボードを通じて、Cisco SD-WAN は以下を提供します。

  • トランスポートの独立性:Cisco SD-WAN はネットワークのダウンタイムをゼロにし、インターネット、MPLS、ワイヤレス 4G LTE などの複数の接続におけるアプリケーションの柔軟性を自動化します。
  • ネットワーク サービス:たった数回のクリックで、豊富なネットワーキングおよびセキュリティ サービスが提供されます。WAN 最適化、クラウド セキュリティ、ファイアウォール、IPS、URL フィルタリングを SD-WAN ファブリック全体の必要な任意の場所に、単一のロケーションから展開できます。
  • エンドポイントの柔軟性:Cisco SD-WAN では、必要な任意の場所に SD-WAN ファブリックを拡張することで、ブランチ、キャンパス、データセンター、クラウド環境にかけて接続性を簡素化できます。物理的か仮想的かを問わず、Cisco SD-WAN プラットフォームには比類のないほど豊富な選択肢があり、お客様の特定のビジネス ニーズを確実に満たすことができます。

Cisco SD-WAN の利点 - クラウドファーストのアーキテクチャ

Cisco SD-WAN では、ユーザは単一のダッシュボードから WAN 全体の接続性を管理できます。しかし、クラウド プラットフォームにはより速く、信頼性と効率性が高い方法で接続できます。

Cisco SD-WAN vManage コンソールでは、IaaS および PaaS 環境での仮想プライベート ゲートウェイの導入を簡単に自動化できます。Cisco SD-WAN onRamp は、ホスティング インフラストラクチャの異常を監視しながら、必要に応じて IPsec ルートを調整することでサービスの配信とパフォーマンスを確保し、顧客を最寄りのアプリケーション サイトに安全に接続します。

Cisco SD-WAN onRamp によって、既存のマルチテナント ゲートウェイや面倒な手動プロセスを必要とせずに、IaaS/PaaS クラウド環境への高度な自動接続が実現します。Cisco SD-WAN を利用することで、クラウド トラフィックに対する即時の可視性、導入環境の制御、管理の自動化による利便性の向上が実現できます。

さらに、Cisco SD-WAN onRamp によって、お客様や関係者が日常の業務で使用する SaaS アプリケーションを最適化できます。

 

vManage ダッシュボードを通してアンダーレイ パフォーマンスを監視することで、Cisco SD-WAN onRamp はユーザに向けて SaaS アプリケーションへの最も速く信頼性の高いパスを自動的に選択するため、ユーザは場所を問わずリアルタイムで意思決定ができます。制御できないレイヤ 3 サービスの中断が生じた場合でも、Cisco SD-WAN onRamp が必要に応じて調整し、関係者の稼働時間を継続的に確保します。

 

シスコは、世界トップクラスのネットワーキング企業として、ルーティングの標準を定義しました。また、最大規模のエンタープライズ サイバー セキュリティ プロバイダーとして、何千というお客様をエンドツーエンドで保護しています。

Cisco SD-WAN を選択すれば、適切な場所に適切なセキュリティを迅速に導入し、信頼性の高い認定プラットフォームを管理することができます。これらはすべて単一のダッシュ ボードから実施できます。Cisco vManage コンソールで数回クリックするだけで、ネットワーク全体を即座に保護して、ビジネスのコンプライアンス、継続性、成功を確保しながらリスクを軽減することができます。

Cisco SD-WAN によって、シスコ ルータは、アプリケーション認識型のエンタープライズ ファイアウォール、IPS、URL フィルタリング、継続的な DNS モニタリング機能を備えた高度なマルチレイヤ セキュリティ デバイスへと進化します。その結果、データセンター、ブランチ、キャンパスなど場所を問わずに、エンド ユーザをさまざまなセキュリティ脅威から保護することができます。さらに、Cisco SD-WAN は、ネットワーク トラフィックをエンドツーエンドでセグメント化することで、データ漏洩や内部関係者による脅威からビジネスを保護できます。

安定したアプリケーション エクスペリエンス

Cisco vManage コンソールからアクセスできる高度な vAnalytics エンジンを使用して、WAN の問題を特定するために必要な可視化を関係者に対してすばやく実現できます。vAnalytics には以下のような追加コンポーネントがあります。

  • SD-WAN ファブリック全体のアプリケーションとインフラストラクチャに対するエンド ツー エンドの可視性
  • 障害の相関関係、顧客横断型ベンチマーキング、アプリケーション パフォーマンス スコアに関するリアルタイムの情報
  • パフォーマンス予測のための仮想シナリオ
  • アプリケーション プロビジョニング/帯域幅増大/ブランチ拡張に関する計画の支援
  • 既存のポリシー、テンプレート、優先設定に基づいたインテリジェントな推奨機能
  • 安定したパフォーマンスを実現するアプリケーションの QoS 分類およびポリシー変更

さらに、イベント関連付けエンジンが強化された Cisco SD-WAN vAnalytics が、無駄なイベント raw データの選別に寄与します。コンテキスト分析機能によって、サービス中断の警告を発生させるタイミングを判断します。そのため、誤検出や不要なエスカレーションが劇的に減少し、IT 部門が重要な事項に集中できる時間が増えます。

Cisco SD-WAN は、MPLS であろうとクラウド エッジ外であろうと、ネットワーク全体におけるあらゆる接続に対して、高度な分析、モニタリング、自動化を実現します。Cisco SD-WAN を利用すれば、成功に必要なアプリケーションを、最適な速度と最高のパフォーマンスでユーザに提供できます。認定された信頼性の高いハードウェアで、ビジネス アプリケーションに一貫してセキュアにアクセスでき、生産性の向上とユーザ エクスペリエンスの強化が実現します。

SD-WAN プラットフォーム

ハードウェアでもソフトウェアでも、シスコは品質向上や技術革新に取り組み、お客様のビジネスが新たなステージに到達できるように支援しています。Cisco SD-WAN も例外ではありません。単一の WAN ファブリックでビジネスをマルチクラウド環境に拡張できる Cisco SD-WAN では、さまざまな導入オプションを管理し、プロビジョニングすることができます。Cisco SD-WAN 対応のデバイスは、ブランチおよびキャンパス、本社、データセンター、コロケーション施設に展開できます。

ブランチおよびキャンパス

物理、仮想、クラウドのルーティング オプションによって、Cisco SD-WAN を Cisco vEdge、CSR 1000v、ISR 1000、ISR 4000 ルータに展開できます。また、ネットワーク機能仮想化(NFV)では、ENCS 5000 や UCS E シリーズ プラットフォームなどの Cisco SD-Branch ソリューションを使用して展開できます。

本社、データ センター、コロケーション施設

Cisco SD-WAN には、物理、仮想、クラウド ルーティングのオプションが用意されており、Cisco CSR 1000v、ASR 1000 ルータに導入できます。また CSP 5000 プラットフォームで地域別ハブ ソリューションを使用して、ネットワーク機能仮想化(NFV)と併せて導入することも可能です。Cisco SD-WAN で、ビジネス ニーズに対応した、環境に最適なプラットフォームをお選びください。

ブランチ

ISR 1000

  • 最大 350 Mbps
  • ファンレス
  • 有線とワイヤレスの統合アクセス

ISR 4000

  • 最大 3 Gbps
  • モジュラ型
  • コラボレーション
  • UCS E シリーズでのコンピューティング

vEdge 100

  • 100 Mbps
  • 4G LTE およびワイヤレス

vEdge 1000

  • 最大 1 Gbps
  • 固定

アグリゲーション

ASR 1000

  • 2.5 ~ 200 Gbps
  • 仮想ハードウェア サポートによる高性能サービス
  • ハードウェアとソフトウェアの冗長性

vEdge 2000/5000

  • 10 Gbps/20 Gbps
  • モジュラ型

仮想

ISRv

  • 50 Mbps ~ 2.5 Gbps
  • 仮想エンタープライズクラス ネットワーキング
  • X86 コンピューティング プラットフォームで動作
  • ENFV オーケストレーションおよび管理

Cisco ENCS

  • サービス チェーンの仮想機能
  • モジュラ型 WAN 接続
  • サードパーティ製サービスおよびアプリを使用可能

Cloud

CSR 1000V

  • 10 Mbps ~ 10 Gbps
  • Cisco DNA 仮想化
  • エンタープライズ ルーティング、セキュリティ、管理対象をクラウドまで拡張

vEdge Cloud

  • 10 ~ 100 Mbps
  • オーバーレイを パブリック クラウドに拡張

ライセンス

WAN 向け Cisco DNA™ では、クラウドからでもオンプレミスでも、別々のライセンスやサブスクリプション期間を管理する必要なく、柔軟に SD-WAN を利用できます。サブスクリプション期間を 3 年または 5 年に設定できる、以下のような各種 Cisco DNA™ ライセンス パッケージを用意しており、お客様に自由に選択していただくことが可能です。

  • Cisco DNA™ Essentials:基本的な接続、SD-WAN、セキュリティ、アプリケーションの可視化に対応
  • Cisco DNA™ Advantage:柔軟な接続、高度な SD-WAN、高度なセキュリティ、アシュアランスおよびアプリケーション主導のポリシーに対応
  • Cisco DNA™ Premier:高度な SD-WAN、高度なセキュリティ、アプリケーション主導のポリシー、ネットワーク分析、WAN 全体の最適化に対応

 

サービス

シスコのサービスは、世界中の IT チームをサポートし、最も高度で安全な、デジタル ビジネス向けインテリジェント プラットフォームの設計、管理、維持を支援します。人材のギャップを埋め、リスクを管理し、優れたサービスを提供し、変化への対応を先取りします。