アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco on Cisco

テクノロジーを通じてビジネス変革を支援。シスコの IT エクスペリエンスをご覧ください。

AI を活用して、手動で送られてくる何千もの注文を迅速に処理

シスコの E-コマース チームは、ファックスや電子メールで送られてくる何千もの注文の処理を高速化するソリューションを必要としていました。そして、機械学習とディープラーニングを利用した独自のソリューションを Cisco UCS 上に構築しました。

Cisco IT の経験から学ぶ

HyperFlex と Intersight によるクラウド管理型インフラストラクチャ

クラウドサービスである Cisco Intersight を使って HyperFlex を管理することで、導入が高速化され、ソフトウェアのアップグレード時間が 400% 短縮されます。またグローバルインベントリを単一のビューで把握することができます。

コスト効率の高い、小規模オフィス向け接続

小規模オフィスでの接続に Cisco Meraki 製品を使用することで、シスコでは、ビジネスと運用でいくつかの利点を享受できます。

SAFe チームの行動をより迅速に。そのために、Cisco Teams にツールチェーンを統合

Cisco Customer Care IT 部門は、Scaled Agile Framework(SAFe; 大規模アジャイル開発フレームワーク)を使用しています。
これにより開発チームは、アジャイル開発手法を大規模に実践できています。SAFe では、7 ~ 9 人のメンバーから成る複数のアジャイル スクラム チームがそれぞれ特定の機能または機能セットを全面的に担当し、各チームが並行して作業を行います。

高度な機械学習とディープラーニングによる IT デジタル化の支援

最近まで、IT 組織は機械学習テクノロジーを、ネットワークまたはシステムで収集したデータから意味のある情報を抽出するための、主にログ分析や傾向分析のために使用していました。現在では、機械学習とディープ ラーニングはパターン ベースの意思決定や予測を行うための使用が増大しており、そのことは IT サービス の導入プロセスの簡素化、およびスピードアップに役立っています。また、サービスの停止や運用コストの削減にも役立っています。

IT エキスパートからのメッセージ

Cisco IT で行っているプロジェクトや最新ニュースについては、ブログをご覧ください。

世界中のシスコ従業員がテレワークに移行した際に、どのように VPN を全従業員に提供したか?

シスコでは 2020 年 3 月から 4 月にまたがる数週間の間に、全従業員がテレワークに移行しました。それに伴い、業務を遂行し、同僚、お客様、家族と連絡を取り合うための手段として、リモート コラボレーションテクノロジーへの依存度が社内全体で急激に高まりました。

Cisco DNA Spacesでワークスペースの密度を測定することで従業員の安全を確保

オフィスに受け入れる従業員の数を増やす前に、ファシリティを担当する Workplace Resources チームは、従業員が社会的距離を理解し、大勢で集まり活動したり、隣との距離をとらずに着席していないか等を確認する必要がありました。

シスコの IT 運用における AI: 金の針を未曾有量の干し草の山から探し出す

お客様から、人工知能(AI)はアナリストが予測しているようなゲーム チェンジャーとなるのかどうかをよく尋ねられます。私が見るところ、答えは間違いなくイエスです。

ローカライズを成功させる 6 つのヒント

ソフトウェアのローカライズは、プロジェクトに最初から組み込まれるのではなく、多くの場合、後から検討されます。2017 年、私たちは東京オフィスで、ソフトウェア フルフィルメントプロセスのローカライズ プロジェクトを開始しました。

関連情報

Cisco IT とネットワークを超えて

シスコの IT 組織には、数多くの話題があります。シスコのリーダーシップや日々の出来事から、イノベーションを発見してください。

Cisco Live

シスコの IT 部門の担当者が、シスコの新しいテクノロジー導入における実体験を共有し、最新のイノベーションのデモを提供します。

Data Center Day

Cisco IT が提供するイベントです。データセンター業界における最新情報をお届けします。